CHEWY女子座談会第2回 〜女子力がちょっとアレな女性ライターが語るビジネスメイクあれこれ

CHEWYでビジネス系記事を手掛けている女性ライター3人が、ビジネスの場で求められるメイクについて語りました。

ビジネスシーンでは、たしなみとして?当然のこととして?扱われている女性のメイクアップ。どのようなメイクをどれくらいするのが適切なのか、知っていますか?
座談会第2回目の今回は、(それほど女子力が高いとは言えない)CHEWY女子ライターがそれぞれの体験を元にビジネスメイクのあり方を追求します。

本日の参加メンバー
みや:在宅ライター歴10年。教職・経理職を経てライターに。ちょっとゲスい。
つか:駆け出し中の編集者。基本オフィスで仕事をしている。前職はフォトグラファー。落ち着いてると言われるが、そそっかしい一面あり。
ゆき:医療職から転職し、リモートでライティング・編集などの仕事に従事。自由でマイペース。

毎日のメイク、辛くない?

在宅ワークのみやゆきは自宅から、つかは会社のPCからのテレビ電話座談会がスタートします。

つか「今日はよろしくお願いします!」
みや「こんにちは~。」
ゆき「よろしくお願いします。」
つか「今日は女子座談会ということで、女子のビジネス上の悩みや困りごとなどをセキララに語ってみたいと思います。今、何かお困りのこととか、ありますか?」

みや「これからの季節、肌が乾燥して化粧のりが悪くなりますよね〜。」
ゆき「短いミーティングのために身支度するのって、辛いですよね。30分かけてメイクして、30分でミーティング終わるみたいな。」
つか「ちょっとでも人に会うならメイクは絶対という・・・」
ゆき「メイク必要なかったら、楽ですよね~。」
つか「もっと気軽にミーティングできそう~!」

オフィスで必要なメイクって?

ここでふと素朴な疑問…。オフィスで最低限求められるメイクってどれくらい?

みや「メイクは社会人女性のマナーのように言われるけど、…オフィスではどれくらいのメイクをしたらいいんだろう?
つか「男性は関係ないけど、女性は・・・」
みや「そうそう、男の人のヒゲを剃れ!なら、分かりやすいけど、メイクって濃さとか程度があいまいじゃないですか。」
つか「確かに〜。」
みや「どこまでがマナーで、皆、どれくらい塗ってるか知りたい!ファンデーションは必要?口紅塗っておけばOK?とか。」
つか「今日は会社だから、私は日焼け止めとファンデーション…コンシーラーしてます。マスカラとかまゆげとか~。あ、でも口紅は塗るときと塗らないときがあるかな。」

スクリーンショット㏋

みや「男の人ってさ、ファンデーション塗っているかどうかなんて、分からないんじゃない?口が赤ければ、化粧してるって思いそう(笑)」
つかゆき「(笑)」
みや「どこからがマナーなんだ!社内規則に書いてあるのか~~~~!」

ゆき「そういえば、以前関わったお仕事では、メイクのルールが厳しくて・・・。」
つかみや「どんな???」

職種によってメイクの必要性が違う?

あいまいなメイクの基準。ところが会社によってはメイクの仕方が決められているところも?

ゆき「イベントのお仕事だったんですが、マニュアルにノーメイクNGって書いてありました。」
つか「え~?」
ゆき「反対に華美な化粧もダメで。就業前の事前研修として、メイク講座も設けられていました。」
つか「そういえば、販売の仕事してる友達もメイク講座があるって言ってた・・・」
ゆき「そうですね、他にもホテルのお仕事などはやはり、メイクの方法に厳しいみたいです。」
みや「華美って!あいまいすぎてわからないよ!!」
ゆき「多分、つけまつげとかがダメで・・・確かにあいまいですけど(苦笑)」

つか「でも、つけまはNGだけど、まつげエクステンションはいいの?マスカラは?とか、線引きが難しそうですね。」
ゆき「そうそう。分かりにくいですよね。でもナチュラルなラインならOKですね。カラーコンタクトレンズは不自然だからダメかな~」

販売系メイクルール(例)

  • 華美なメイクNG
  • つけまつ毛NG
  • カラーコンタクトレンズNG
  • 不自然でないナチュラルメイク

つか「ということは、逆に人に会わないような仕事の場合だと、そこまでメイクのルールは厳しくないのかしら?」
ゆき「そうみたいですね、工場のライン作業やバックヤード系などは自由度が高そう。」
みや「ハイ!私、以前、設備屋さんで事務してました!!メイクしなくても大丈夫でした!!」
つか職種によってはメイクを奨められたりルールが決まっていたりするのですね。メイクも仕事のうちというか・・・」
みや「仕事でメイクしなければいけないというなら、メイク用具も支給してくれないかな!!タダならメイクしますっ!!」

ゆきのワンポイントアドバイス!
ゆき「販売系でも派手なアパレルとかなら、逆につけまつげが歓迎されたりするかも・・・!
販売に限らず、サービス業・接客業などでは、メイクのルールが決まっていることもあるけれど、

職場やお店の雰囲気にもよる
客層にもよる

・・・ので、職場の人の様子をみて『どこまで』というラインを参考にすることも大切ですよ!」

CHEWYメイク講座開催なるか!?

つか「CHEWYでもメイク講座、やってみたいですね。画像での紹介もしようかな?」
みや「鼻とか、まゆげとか、パーツだけなら顔出ししますよ!販売職に就いて、講座受けてこようかな♪」
ゆき「画像が必要なところはイラストにしましょう!(華麗なるスルー)」

本日のまとめ

・オフィスメイクは職種によって必要性が違う
・職場によってはルールが決められている
・販売・サービス・接客業全般はメイクマナーに厳しい傾向

オフィスメイクの現状について何となく分かってきたCHEWY女子ライター3人組。今後は具体的なメイク方法も調べていこうと決意を新たにしました。

次回予告

つか「私はオフィスに顔出すからメイクが必要だけど、お二人は在宅だから楽そうだなぁ」
みや「うん!今も顔洗いっぱなし!」
ゆき「(苦笑)確かに楽ですよね。実はそれ以外にもリモートワークのメリットは感じてて・・・」

メイクの話からリモートワークの働き方へ・・・。今増えつつある在宅ワーカーについて、女性らしい観点もはさみつつ語ります。

ノマドワーカーとはどんな職種?女性ワーカーの筆者が持ち物・仕事場所まで徹底解剖