ソリューションの意味とは?ビジネス用語?英語・類語・使い方例文・サービスとの違いまで徹底解説

ソリューションとは、困まってることを解決してあげること!

ITソリューションやビジネスソリューションというように、現代では当たり前に使われている『ソリューション』は、困っていることを明確にし、解決方法を導き出し、具体的な解決策を講じるという意味合いで使われています。

ソリューションの意味を詳しく解説

ソリューションは英語ではsolutionと表記し、解決・解明・溶解・溶液といった意味があります。

しかし現代社会においては『ITソリューション』『ビジネスソリューション』など、IT業界やビジネス社会で『問題を解決する』『具体的な解決策を講じる』といった意味合いで使われることが一般的となっています。

ソリューションを提供する?具体例を使い方例文で解説

化学の世界においては『溶解』『溶液』という意味合いで使われることが多いかもしれませんが、ここでは一般的に『解決』というような意味合いで使われることが多いビジネス社会においての使い方例をいくつかご紹介しておきます。

【例文1】
私共の会社では、お客様の様々なお悩みにあわせたソリューションを提供しています。

【例文2】
〇〇さんに相談すると、火の中に入れられドロドロに溶けていく鉄のように、容易に問題を溶かして解決してくれますよね。ほんとうにソリューションスキルの高い人だと思います。

【例文3】
色々な問題を解決することを目的とした『ソリューションビジネス』も増えてきて、○○ビジネスソリューション株式会社、〇〇株式会社ビジネスソリューション部門といった組織も存在するようになりました。

ソリューションとサービスの違い

私達が日常的に使っている『サービス』という言葉には、次のような意味があります。

■人のために尽力すること。
■お客様をもてなすこと。
■値引をしたりオマケをつけたりすること。

例えば、充電スペースを開放している行為はサービスになりますが、端末の使い方がわからないと悩んでいる人の問題を解決してあげる行為はソリューションになります。

また、『ソリューション・サービス』という言葉もよく耳にしたり、ネット上で目にすることも多いかと思いますが、お客様が抱えている問題を解決することをおもてなしとしている、解決する為に尽力するというように考えればわかりやすいのではないでしょうか。

ソリューションの類語

『問題を解決する』『具体的な解決策を講じる』というソリューションという言葉に類似する言葉がありますので、ここではいくつか紹介させていただきます。

システムインテグレーション

「こんなシステムが欲しいなぁ」と思っているお客様の要望に合わせ、色々なネット機器、ハードウェア、ソフトウェアを構築することを『システムインテグレーション』といいます。このシステムインテグレーションには、運用のお手伝いをすることも含まれています。

お客様のネット環境に対しての悩みを解決するという面でみると、これも一つの類語といえるでしょう。

そして、このシステムインテグレーションを仕事にしている人のことを『システムインテグレーター』といいます。

同じような言葉として『キャパシティプランニング』という言葉がありますが、こちらにはシステム開発やシステムの改修をする際に、記憶容量や回線の容量、処理の性能、必要な台数などを具体的に見積もって、システムの構築をするという意味があります。

「solve(サルヴ)」と「resolve(リゾルブ)」

『解決する』という意味を表す言葉として、『solve(サルヴ)』『resolve(リゾルブ)』という言葉がありますので、この二つについても少し解説をしておきますね。

【solve(サルヴ)】
普通に翻訳にかけると『解決する』と表記される言葉で、問題を解決する方法や解答をみつけて完全に解決することをいいます。
「この試験の問題が解けなかった」「今起きている問題を解決する」というときには『solve(サルヴ)』を使います。

【resolve(リゾルブ)】
普通に翻訳にかけると『解決』表記されるので、solveとの違いはちょっとわかりにくいのですが、こちらの言葉にはどこに問題があるのか?それを解決するにはどうすればいいのか?ということを考え、解決に向かって折り合いをつけるという意味合いで使われます。

Solveと違い、完全解決には至っていない状況の為、場合によっては次のアクションが必要になってくる場合や不満が残ってしまうこともあります

今目の前で起こっている口論を終わらせるという場合は、その場で問題はすべて解決していないこともあるので『resolve(リゾルブ)』を使います。

ソリューションの関連語

ソリューション・サービス株式会社、やITソリューションなど、ソリューションという言葉には色々と関連する言葉が存在していますが、ここではその中からいくつかピックアップして解説しておきます。

ソリューション営業

企業内の組織として『ソリューション課』や『ソリューション部門』という部署が設置されているところがあり、その中で営業活動を行っている人は『ソリューション営業』という肩書になっている場合があります。

この人達は、「あなたが抱えている問題点を見つけ出して、それを解決に導いていくサービスを行います。」という部署に所属している営業マンということになります。

ソリューションアーキテクト

『ソリューション』と『アーキテクト(architect)』という言葉が合成されているIT業界で使われている言葉で、お客様の事業計画や要望しているシステムについてしっかりと理解して開発して運用に至らせ、利用状況を見ながらさらに良くなるような提案をすることもある仕事のことを指します。

ソリューションカンパニー

『ソリューション』と『カンパニー(会社)』が一緒になっている言葉で、顧客となる企業が抱える問題に対し、ソリューション(解決方法)を提案することを企業の業務内容として掲げている企業のことをいいます。

簡単にいうと、顧客企業のアドバイザーの役割としている企業ということになりますね。

ソリューションプロバイダー

Windows NTやBackOffice Serverなど、マイクロソフトの製品を用いてシステムの構築や運営を行うサービスを提供している、マイクロソフトから認定を受けている企業のことを指します。

ソリューション力を磨こう!

何かを実行している中で、常にスムーズにいくことばかりではなく、問題が起きるということは多々あることです。

その都度、何が課題なのか?どうすれば解決できるのか?ということを実行に移さなければ前に進むことはできないので、ビジネスで成功し、さらに向上していくためには『ソリューション』は必要不可欠な要素といえるでしょう。

顧客あってのビジネスにおいてはソリューションは基本理論ですので、この『ソリューション力』を磨いてさらなる成長を遂げて欲しいと思います。