オルタナティブの意味とは?異なる2つの意味・語源・関連語まで徹底解説

オルタナティブの意味は2つ!

「オルタナティブ」は「二者択一」「代わりとなる新しいもの」という2つの意味を持つカタカナ語です。

正確な意味は知らなかったとしても、「オルタナティブ」は人気ゲーム「Fate」「バイオハザード」や、ライトノベル「ソードアート・オンライン」のスピンオフ作品のタイトルになっていたり、ロックのジャンルのひとつにもなっています。ゲームやアニメ、音楽が好きな方には馴染みのある言葉かもしれませんね。

この記事では「オルタナティブ」をビジネスでも使えるように詳しい意味や使い方を紹介します。ぜひ読んでみてください。

二者択一

「オルタナティブ」のひとつ目の意味「二者択一」はわかりやすいですよね。AかBかどちらかを選ぶときに使います。

例文:A社の提案とB社の提案、どちらが我が社のためになるのかを吟味しオルタナティブしなければならない。
「オルタナティブ」は「二者択一」の意味。ビジネスもプライデートでも人は様々な「二者択一」を繰り返しています。重要な場面で選択を誤らないように、情報収集のアンテナは広く張り巡らせておきましょう。

代わりとなる新しいもの

「オルタナティブ」のふたつ目の意味は「代わりとなる新しいもの」。古いものから新しいものへ、プライデートでもビジネスでも様々なものが変化しながら日常や経済は回っていきます。

「代わりとなる新しいもの」という意味の「オルタナティブ」は様々なシーンで登場します。ここからは「オルタナティブ」がどのような使われ方をするのか詳しくみていきましょう。

オルタナティブの語源はラテン語

「オルタナティブ」は「変える」という意味のラテン語が語源になっています。英語表記にすると「alternative」。

「alternative」は2つあるものからどちらかを選択すべき状況、二者択一の、代わりになる、代替の、慣習的やり方を選ばない、新しいという意味の言葉です。

オルタナティブの使い方例

ビジネスや日常の会話で「代わりとなる新しいもの」という意味の「オルタナティブ」がどのように使われているのか、例文でみていきましょう。

例文①

例文:古いやり方は安心感がある。けれどオルタナティブを否定し、従来のやり方に固執ばかりしていては企業は衰退してしまう。

経験は安心を、未知への挑戦は恐れや気持ち悪さをもたらします。でも、時代はどんどん進化していきますよね。恐れを乗り越え「代わりとなる新しいもの」を受け入れる勇気がビジネスマンには必要です。

例文②

例文:原子力発電を否定するならば風力、太陽光、地熱など原子力に代わるオルタナティブなエネルギーに転換するためのリスクを知り、費用負担を受け入れる覚悟が必要だ。

風力、太陽光、地熱など自然エネルギーと呼ばれている「代わりとなる新しい」エネルギーにも環境に影響を与えるリスクがあります。環境への影響を抑えるためには、私たちが腹を据えて省エネに取り組むことが必要です。

また、自然エネルギー変換コストは私たちが支払っている電気料金にもうすでにプラスされています。毎月の電気料金の明細を確認してみてください。「再エネ賦課金」という項目の金額がその費用負担です。

とは言え、原子力や火力発電も補助金や発電にかかる費用は税金や電気料金で賄われていますし、この先発生する原発事故の処理費用や温暖化対策費用の出どころも税金や電気料金からとなることでしょう。自然エネルギーだから高い、従来の発電方法なら安いとは一概に判断できませんね。

例文②

例文:異業種の人の話にはオルタナティブのヒントがたくさん詰まっている。

自分が知らない異業種を経験している人と話をすると、自分の業界での常識とは違う常識で物事が動いていて驚いたり、そんなこと考えたこともなかったというような新しい発想に出会えたり、様々な気づきがありますよね。

「代わりとなる新しいもの」が内輪の話し合いでみつけられない時には外に目を向けるのもひとつの手ですよ。

実はパソコンのAltキーはオルタナティブの意味!?

パソコンのキーボードには「Alt」と書かれているキーがありますよね。正式名称は「オルタネイトキー(Alternate key)」、通称「Altキー(オルトキー)」と呼ばれるこのキーは「オルタナティブ」と関係があるキーです。この見出しでは「Altキー」の役割を紹介します。

Ctrl+Alt+Del

「Ctrl」「Alt」「Del」の3つのキーを同時に押すと、パソコンを起動したときや画面ロックを解除した時に表示されるログイン画面の呼び出しや、タスクマネージャを起動することができます。

タスクマネージャを立ち上げればフリーズしたアプリケーションや不具合で閉じれなくなったウィンドウを強制的に終了させることができます。ただし、このやり方で強制終了させると操作中のデータが保存されないことがほとんどなので、本当に困ったときのみ使用することをおすすめします。

その他のAlt+○○

その他のAlt+○○でできることを紹介します。

Alt + F4→プログラム終了してウィンドウを閉じる
Alt + Tab→ウィンドウ切り替え
Alt + Prt Sc→一番前に出ているウィンドウをキャプチャ(画面の映像を画像化して保存)する
Alt+SPACEを押しながらN→ウィンドウの最小化
Alt+Eを押しながらC→コピー

など。

オルタナティブの意味に隠されたニュアンス

「Altキー」は他のキーと組み合わせることで、キーボードを通常使用しているときに各キーに割り振られている役割とは違う動作をさせることができます。

通常使用の役割ではないということは「主流ではない」「メインではない」ということですよね。「Altキー」はサブ的な働きをさせることができるキー。

「Altキー」と意味が関係する「オルタナティブ」も「代わりとなる新しいもの」という意味の他に「主流ではない」「メインではない」という意味を持っています。

オルタナティブの関連語

「オルタナティブ」の意味はつかめましたか?この見出しではオルタナティブの関連語を紹介します。

オルタナティブ・インベストメント

オルタナティブ・インベストメントは従来の伝統的投資対象とは違う新しい投資先に投資することを言います。代替投資と呼ばれることもあります。

伝統的投資対象とは株式や債券、投資信託などの商品のこと。従来の資本設計はこれらの商品に資産を分散投資するのが基本と言われていました。

対してオルタナティブ・インベストメントの投資対象にはヘッジファンドやベンチャー・キャピタルなどがあります。

オルタナティブ・スクール

オルタナティブ・スクールはアメリカで生まれた教育改革のひとつ。子どもの個性を尊重し、子どもがそれぞれの興味に基づいて自律的・主体的に学べるように学習内容や行事などに選択肢を多く設けたカリキュラムが組まれている学校のことです。

子どもを支援する大人は教師という立ち位置ではなく、サポートスタッフに徹するという特徴があります。「モンテッソリー」「イエナプラン」「フレネ」「二イル」「シュタイナー」「サドベリー・バレー」などが有名。

オルタナティブ・テクノロジー

オルタナティブ・テクノロジーとは経済効率優先の科学技術を反省し、「持続可能な社会」を目指すという観点から従来の科学技術の代わりに選ばれるようになった新たな科学技術のこと。

太陽熱利用、風力発電、生ゴミからのメタンガス製造など。

オルタナティブな発想で一回り大きな社会人に成長しよう!

新しいことに挑戦するのは怖いですよね。従来の方法はある程度筋道が決まっていて大きく失敗する恐れも少ない。挑戦して失敗するくらいなら、ある程度安パイな選択肢を選びたくなるのも人間の性ですよね。

でもここで楽な方に流れてしまうとそれ以上の成長は望めなくなります。特にビジネスでの現状維持は衰退につながってしまうので大問題。オルタナティブな発想ができる、オルタナティブな発想を受け入れることができるビジネスマンになりましょう!