「ご配慮」とは?意味や使い方・英語表現を解説!「お気遣い」など類語との使い分けも紹介

「ご配慮」は相手の心遣いに対して使える言葉

新人

ご配慮いただきありがとうございました!
これからもよろしく頼むよ。

上司

新人

早く一人前になれるよう頑張ります!

「ご配慮」は、相手から受ける心遣いに対して使用できる言葉です。

ビジネスシーンでも使用頻度が高く、相手の心遣いに対して「ご配慮いただき」を使ったお礼のフレーズや、「ご配慮くださいますよう」を使った依頼のフレーズとして使用されています。

「ご配慮」の類語
・ご高配
・お心遣い
・お気遣い

「ご配慮」は敬語?言葉の意味

「ご配慮」は心遣いや心をくばるとの意味をもつ「配慮」に接頭辞「ご」を加え形成されています。

敬語であるため、目上の人や上司に対して使える表現です。

「ご配慮」を使った例文

「ご配慮」の使い方を例文とともに確認していきましょう

「ご配慮ください」

「ご配慮ください」は、相手に依頼する際に使えるフレーズです

・撮影はお断りしております。ご配慮ください。
・新製品は数に限りがございますので、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。

「ご配慮ください」を使った文章は、禁止事項をお守りくださいと注意を促すフレーズとしての意味をもっています。しかし、「ください」は命令形であるため、言われた人は不快感をもつ可能性もあります。

配慮してほしいと相手に依頼する場合は「ご配慮くださいますようお願い申し上げます」など丁寧な表現を使用することで相手にもよい印象が与えられます。

「ご配慮くださり/ご配慮いただきありがとうございます」

「ご配慮いただきありがとうございます」は、配慮してもらったことに対するお礼のフレーズです

・この度は、ご配慮いただきありがとうございます。
・いろいろとご配慮いただきありがとうございます。
・ご配慮くださりありがとうございます。

「配慮」の大小にかかわらず、相手からの心遣いに関して感謝の気持ちを伝えることが可能です。

「ご配慮を賜り」

「ご配慮を賜り」は「もらう」の謙譲語「賜る」を使用したフレーズです。相手から「配慮や心遣いをいただく」との意味になります

・ご配慮を賜りまして深く御礼申し上げます。
・ご配慮を賜りまして、衷心より御礼申し上げます。

「衷心(ちゅうしん)より」は「心から」「心底」との意味として使える表現です。

「ご配慮痛み入ります」

「痛み入ります」は、相手から受けた行為に対して、申し訳ないと恐縮する気持ちを表すフレーズです。

「ご配慮痛み入ります」となることで、配慮や心遣いに関して恐縮しながらも相手に感謝の意を表すことが可能です

「ご配慮」の類語との使い分け

「ご配慮」の意味や使い方を知るとともに、似た意味をもつ類語も確認しておきましょう

類語を知っておくことで、シチュエーションに沿った使い方ができます。

ご高配

「ご高配」は相手からの配慮や気遣いに対して感謝を示す言葉です。ビジネスシーンにおいては挨拶文や締めの文章としてよく使われます

・平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

ビジネスシーンにおいて挨拶の定型文として非常によくつかわれる文章です。「いつもお気遣いいただきありがとうございます」と丁寧に表現しています。

・ご高配を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

こちらは締めの文章としてよく使われます。「ご配慮や心遣いを今後もよろしくお願いします」と丁寧に表現した文章です。

※「ご高配」をより詳しく解説している下記記事もおすすめです!↓↓
「ご高配」とは?読み方や言葉の意味・類語・英語表現を徹底的にまとめた

お心遣い

「ご配慮」自体が相手の心遣いに対する言葉であるため、「お心遣い」に言い換えが可能です。「お心遣い」は相手からの親切や思いやりに対して使える言葉です

・温かいお心遣いに感謝しております。
・お心遣いいただき誠にありがとうございます。

相手からの心遣いに対してお礼を述べる表現です。

お気遣い

「お気遣い」はあれこれ気を使ってくれたことに対する言葉です

・温かいお気遣いに感謝しております。
・お気遣いいただき誠にありがとうございます。

こちらは、相手の気遣いに対してお礼を述べる際の表現です。

・どうぞお気遣いなく。
・お気遣いなさらないでください。

「お気遣い」は相手からの気遣いに対し、断りをいれる際にも使うことができます。

※「お気遣い」をより詳しく解説している下記記事もおすすめです!↓↓
「お気遣い」はどんな時に使える表現?「お心遣い」との意味の違いや類語をチェック!

「ご配慮」の英語表現は?

「ご配慮」は英語で・・・
your consideration
と表現できます。

「ご配慮ください」など「ご配慮」を使った英語表現・例文

今すぐ使える例文はこちら!

・I pray for your shooting. Please consider.
⇒撮影はお断りしております。ご配慮ください。
・There is a limit in the number of new products and therefore I am asking you for your consideration.
⇒新製品は数に限りがございますので、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。
・Thank you for your consideration this time.
⇒この度は、ご配慮いただきありがとうございます。
・Let me express my sincere gratitude towards your consideration.
⇒ご配慮を賜りまして深く御礼申し上げます。

「ご配慮」をビジネスシーンで正しく使おう!

「ご配慮」は相手から受ける心遣いに対して使用できる言葉です。現実のビジネスシーンでは上司や部下、取引先など、さまざまな場面で配慮が使われています。

特に新卒1~3年目までの社会人のみなさんは、周りからのサポートや配慮を受ける機会も多いかと思います。そんな、ありがたいサポートに対し、「ご配慮」を使ってお礼の気持ちがしっかり表現できるビジネスパーソンを目指しましょう