オーセンティックの意味とは?英語・語源・同意語や具体例まで徹底解説

オーセンティックとは、信頼できる本物のこと!

オーセンティックは、一般の企業の中ではあまり耳にすることはないかもしれませんが、ファッション業界や建築業界では『信頼できる本物』『正統派である』という意味あいでよく使われています。

今回の記事では、他にも色んなシーンで使うことができるこの『オーセンティック』という言葉の意味や使い方、類義語などについてわかりやすく解説していきます。

オーセンティックの意味を詳しく解説

オーセンティックは、英語で『authentic』と表記し、語源はギリシャ語で『根源となる』という意味の言葉だったとされています。

主にファッション・ホテル業界で使われるビジネス用語

オーセンティックは、日本においては『正統派の』『正真正銘の』の他、『着こなしが本格的』という意味を指す場合もあり、主にファッション業界やホテル業界で使われています。

『オーセンティックなホテル』と言えば、格式高くサービスも充実している、伝統的で本格的な王道のホテルを意味します。

また、ファッション誌などで『オーセンティックな英国紳士スタイル』と書かれてあれば、正統派の英国紳士スタイルであることを指します。

オーセンティックの具体例「パティック・フィリップ」

1839年にポーランド人であるアントニ・パテックとフランチシェック・チャペックによって立ち上げられたスイスの高級時計メーカーです。デキるビジネスマンの間では必須アイテムだといわれているほどの時計で、人によっては「時計はパティック・フィリップとそれ以外の二種類しかない」という評価をするほどです。

どんなに古い時計でも、無償というわけにはいきませんが、パティック・フィリップの商品であれば永久修理保証がついていることもあり、『一生もの』の時計というイメージが定着しています。

これらの点を総合して見てみても、パティック・フィリップは『信頼できる本物の時計』まさに『オーセンティックな時計』を提供しているといえるのではないでしょうか。

オーセンティックの意味をさらに詳しく!

オーセンティックを辞書で調べると次のような意味が並んでいます。

■本物の
■真正な
■確実な
■信頼できる
■正統派の

どれをとってみても安心感を与えてくれたり、言われると嬉しくなるような意味をもっていますよね?

An authentic signature(本人の署名)
An autentic report(信頼すべき報告)
Autentic chinese cuisine(本場の中華料理)

英文の例をいくつか見てみても、『信頼できるもの』『本物』ということを表す言葉だということがわかります。

そしてこのオーセンティックという言葉は日本ビジネスの中でも英語の意味と同じような意味合いをもって頻繁に使われており、ファッション業界、ホテル業界、建築など芸術要素が加わっている業界で特に多く用いられているようです。

正統派という意味の同意語はオーソドックス

オーセンティックと同じような意味合いをもつ言葉として『オーソドックス』というものがあります。この『オーソドックス』という言葉には、『正統派』『正統な』という意味がありますが、主に宗教の世界において正統派であるということを表現する言葉だとされています。

日常会話の中でも、『オーソドックスなデザイン』『オーソドックスなお店』という使い方をしますよね?このように、現代社会においては一般的に正統派であるという意味合いで使われています。

オーセンティックにも正統派という意味がありますので、以下のようにわけて考えるとわかりやすいでしょう。

■一般的な考えにおいて正統派である=オーソドックス
■本物であり信頼できるという意味での正統派=オーセンティック

本物という意味の同意語はジェニュイン(genuine)

『本物である』『信頼できる』という意味でオーセンティックという言葉が使われているということをこれまででお話してきました。

そして、同意語としてジェニュイン(genuine)という言葉があり、辞書で調べてみると以下のような意味が書かれています。

■本物の
■正真正銘の
■純粋な
■偽りのない

これだけを見れば、オーセンティックもジェニュインも同じように思えるかと思いますが、使い分けをするとすれば、こういった感じでしょう。

■Apple社純正品、製造メーカー認証部品⇒ジェニュイン(genuine)
■三ツ星レストランの料理⇒オーセンティック(authentic)

権威的な要素が入っている場合にはオーセンティック(authentic)を使うというように覚えているといいかもしれませんね。

本物という意味の対義語はレプリカ

「この展示品はレプリカです」「安いと思ったらレプリカか」という感じで当たり前に使われている『レプリカ』という言葉は、オーセンティックの対義語ともいえる言葉です。

英語では『replica』と表記し、次のような意味をもっています。

■美術品などの複写・複製。
■競技会などで優勝杯を返還した後の複製の杯。

もともとは本来の制作者によって作られた複製品のことを指していましたが、今では複製品を作った人については問われないのが一般的となっています。

関連語「オーセンティック・ユニフォーム」

スポーツ選手等が着用するものと同じ仕様で作られたユニフォームのことを『オーセンティック・ユニフォーム』といいます。

野球やサッカー観戦などでファンの人達がユニフォームを着ているのを見かけますが、その多くは見かけだけを真似して作られたレプリカですが、中にはこだわりをもってオーセンティック・ユニフォームを着ている人がいます。

「君はレプリカでしょ?こっちはオーセンティック!」と言われると日本語で「偽物でしょ?」と言われるよりはちょっと表現がやわらかい気がしますね。

英語の言葉に着目!authenticのauthとは?

オーセンティック/authenticの最初の文字『auth』を調べると、『認証』という意味が出てきます。

また、authがつく単語が他にもいくつか紹介されており、どれも『本物である』とか『認められている』というような意味が含まれる言葉となっています
■authorized(認定の・認可など)
■authority(権限・権威など)
■authoress(女流作家)
■author(著者・作家・立案者など)

auth=オーセンティケーション(authentication)

『auth』がつく単語は、前の項目でご紹介した他にもオーセンティケーション(authentication)という言葉があります。

ざっくりとは『認証』という意味ですが、インターネットサービスを利用する際に、IDやパスワードで本人確認をする、という意味あいで使われています。

authが付く関連語:オーソリティ(authority)

ここまでの項目で『auth』がつく言葉の中でもご紹介したauthorityには、権限・権威の他にも以下のような意味があります。

■権力者、支配者
■(与えられた)権限、職権
■(行政の権力をもっている)官庁、機関

これらの意味を見ても想像がつくかと思いますが、組織の中で大きな力をもっている人や機関を表現する時にauthorityが使われています。

オーセンティックの関連語

オーセンティックという言葉が使われている関連語は、この記事の中でも紹介したオーセンティック・ユニフォームの他にもたくさんありますので、いくつかピックアップしてみました。

オーセンティック・デニム

オーセンティック・ジーンズと紹介されていることもありますが、一般的なモデルとはちょっと違う仕様で作られているモデル、ワンランク上のモデルの製品という意味でよく使われています。

オーセンティック・バー

お洒落にお酒を楽しめるショットバーやダイニングバーには行ったことがあるという人も多いでしょう。そんな数あるバーの中に『オーセンティック・バー』と呼ばれるバーがあります。

長いバーカウンターが設置されており、棚にたくさんのウイスキーやリキュールがずらりと並べられている重厚感のある格式の高い『正統なバー』を指します。

オーセンティックインテリア

材質やデザインにこだわったインテリアを指しているブランドもありますが、インテリアの世界では一般的に落ち着いた品のあるデザインであることを意味しています。

オーセンティックオイル

エッセンシャルオイルやヘアオイル、ボディオイルなど、オイル製品に使われる言葉で、不純物を含まず、天然成分で作られているオイルやオーガニック成分が豊富なオイルを指しています。

オーセンティックを名前に使っている店舗

オーセンティックという言葉がどいういう意味をもっているのかはだいたいご理解いただけたことでしょう。それではここで、オーセンティックを店名として使っている店舗をいくつか紹介させていただきます。

ドレスを販売するオーセンティックさん

120年前に呉服屋から始まったお店で、結婚式や披露宴などで着るドレスや着物をオリジナルで作っており、他にも神社挙式や写真婚のプロヂュースも行っています。

銀座、新宿、鎌倉、横浜、大阪、海外拠点としてバリでも展開をしています。以前は広尾にも店舗がありましたが、今は閉店となっています。(2018年9月時点情報)

https://authentique.jp/

ハンバーガー屋のオーセンティックさん

東京の赤坂にあるハンバーガーレストランで、2017年度、2018年度の百名店に選ばれた人気店です。

https://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13030795/

ベトナム料理屋のオーセンティックさん

浅草にあるベトナム料理のお店です。千葉県の松戸にもお店があるようですが、こちらは不定期ですので、営業案内についてはその都度公式ブログで確認するほうがよさそうです

公式ブログはこちら
https://authentique.at.webry.info/

食べログ情報はこちら

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13124107/

オーセンティックといえば?Vans(バンズ)のスニーカー

1966年に創業を開始したスニーカーブランドで、創業当初はカスタムオーダーで受注生産という形式で営業をしていました。

シンプルでどんな服装にも合うデザインで、テニスシューズよりもしなやかでグリップに優れているワッフルソールはスケーターに大人気となり、それが次第に拡大していきました。

今でもほとんど変わらないデザインで愛され続けているバンズ(Vans)は、今では『コンバース』のオールスターや『アディダス』のスタンスミスらと並ぶ、スニーカーの大定番といっていいのではないでしょうか。

https://www.abc-mart.net/shop/r/r0831b5/

オーセンティックと呼ばれる人になろう!

『信頼できる本物である』という意味で使われるオーセンティック。ビジネスの世界において、信頼感というものはとても大切ですし、信頼できる人でないと、安心して仕事は任せられません

あなたも会社内で「あの人にお願いすれば間違いない!」と誰もに言われるオーセンティックな人を目指して頑張ってください。