マインドマップの作成に使えるアプリ・ツール5選|iPhone・Android対応アプリも

マインドマップを書くなら便利なアプリ・ツールを使うべし!

新人

マインドマップのメリットや書き方について勉強したけど、いざ書くとなると難しいな…
アプリやツールを使えば意外と簡単よ。手書きよりも時短になるはず!

先輩

新人

マインドマップを書くアプリやツールがあるんですか?それはいい情報ですっ!

マインドマップは仕事やプライベートでも役立ちますが、「絵心がないからなぁ…」と諦めている人もいるはず。また、一度手書きしてみたところ、思いのほか時間がかかってしまったという経験がある人もいるかもしれません。

今回は、手書きに自信がない方でも、あっという間にマインドマップを作成できるアプリ・ツールをご紹介していきます。企画・プレゼンや目標管理、自己分析までいろいろな用途で活用してみてくださいね!

マインドマップの作成におすすめのアプリ・ツール5選

マインドマップを作成するうえで、パソコンやiPad、AndroidやiPhoneなどのスマホで使えるアプリ・ツールもたくさんあります。今回は多くの人が使っている定番アプリから、ちょっと個性派のマイナーなツールまで5つ厳選しました。

①:迷ったらこれ!定番のアプリは「XMind」

筆者もマインドマップを書くときに愛用しているアプリが「XMind」です。世界的にも広く使われているアプリで、マインドマップを書きたいならまずは使ってみて損はありません。日本語で使えることもおすすめできるポイントです。

無料版でも十分すぎるほど使えるのですが、XMindの公式サイトからWindows版またはMac OS版のソフトウェアをダウンロードして使います。有料版になると、クラウドサービスの「XMind Cloud」を使えるようになり、複数のユーザーでマインドマップを共有・編集することが可能となります。

実際に無料版で使えるデザインの一例はこちらになります。

無料で使えるデザインもたっぷりで、充実の機能です。「Enter」や「tab」のキーで簡単に単語を追加していけますし、並べ替えや削除も容易。まずは無料版で使い勝手を確かめて、会社でシェアしながら使いたいと思えば、有料版にするのがいいですね。

なお、XMindではスマホ・タブレット用のアプリがありませんが、AndroidやiOSのスマホと互換性のあるアプリも存在します。

②:パソコン・スマホで同期できる「MindMister」

ユーザー数が1,000万人以上であり、受賞歴もあるツールです。こちらもマインドマップを作るアプリ・ツールとしては定番となります。MindMisterの最大の強みともいえるのが、パソコンとスマホで同期しながらひとつのマインドマップを編集できるという点です。

マインドマップは基本的に大きな画面で作成した方が全体像をとらえやすくなりますが、出先でちょっと思いついたことを入力したいときもあります。MindMisterを使えば、ベースはパソコンで作成しておいて、出先で思いついたときに軽く編集するということが可能となるのです。

パソコン版の場合、Web上でマインドマップを作成することになるため、先述したXMindとは違いソフトウェアをダウンロードする必要がありません。ユーザー登録は必要になりますが、手軽に使い始められます。

③:シンプルなツールを希望する人におすすめの「Simple Mind Free」

こちらはアプリのネーミング通り、とてもシンプルなマインドマップ作成ツールです。もともとスマホ版に作られたアプリであるため、スワイプ・タップなどで操作できる仕様になっています。あれこれと複雑な機能は不要で、スマホでマインドマップを作成するウエイトが大きいのであれば、おすすめできるアプリです。

ただ、シンプルとはいってもマインドマップの中に画像データなどのメディアを追加する機能もあり、見た目の美しさを重視することも可能です。

職場や電車の中などどこにいてもスマホで手軽にマインドマップを作ってメモがわりにしたい方は、Simple Mind Freeを利用してみてはいかがでしょうか?

④:Googleのサービスと親和性の高い「MindMup」

マインドマップを書くためのツールをお探しの方は、「仕事効率化」などに関心をお持ちのことが多いため、Googleの各種サービスを利用されているかもしれません。MindMupはGoogleのサービスと親和性が高く、Googleドライブで使うことができるのです。しかも、Chromeに機能としてプラスすることも可能です。

また、無料プランであればユーザー登録の必要がなく、サイトにアクセスしたらすぐにマインドマップの作成を開始できます。GoogleドライブかMindMupのクラウド(100KB、6ヶ月まで保存可能)に作成したマインドマップを保存していく形になります。

ちなみに、月額2.99ドルの「Personal Gold」プランもあり、他に同じプランに入っているユーザーと共同編集が可能となるなど、うれしい機能が使えるようになります。

⑤:宇宙をイメージしたマインドマップ「Mindly」

こちらは個性派のマインドマップ作成ツールです。一般的なマインドマップは放射状に広がっていくのですが、こちらは「宇宙」のようなイメージでマップを作成していきます。

単語は円の中に記入していき、円をひとつ削除したら、ブラックホールに吸い込まれるという仕様になっています。プレゼンなどに使えるキャッチーなマインドマップを作成できるかもしれませんね。

先輩

定番のアプリから、ちょっと個性的なアプリまで、いろいろあるわね!あなたはどのアプリでマインドマップを書く?

パソコンやiPhoneでマインドマップを作ってみよう!

WindowsやMacにインストールするアプリもあれば、Web上・クラウド上で使用できるアプリもあります。そして、iPadやiPhone、Androidスマホで使えるアプリもいくつかあります。

多くの場合は無料版がありますが、どれも無料とは思えないほどたくさんの機能があり、きれいなマインドマップを作成することができます。有料版のアプリになると、複数のユーザーで共同編集ができることもあるので、ニーズがあればビジネスシーンでの使用を検討してみるといいでしょう。

マインドマップのアプリやツールを使って、短い時間で思考の整理をしてみてくださいね!