dodaの電話はしつこい?電話面談~求人連絡との上手な付き合い方

dodaに登録して、電話面談の申し込みもした…。これで後は、電話を待つだけだな。

あら、面談をするってことは、転職エージェントサービスも使うのね?
はい、dodaのキャリアカウンセリングは、電話でできるみたいなんですよ~!

そうなの。でも、dodaのエージェントサービスって求人案内の電話が多すぎるってウワサなのよね~。大丈夫かしら?
↓↓doda(デューダ)の特徴や口コミが知りたい方はこちら!
doda(デューダ)の評判は?特徴や口コミを紹介!【dodaで働いていた方へのインタビューあり】

dodaの電話カウンセリングとは


dodaのキャリアカウンセリングは、エージェントサービスに申し込むと受けられます。転職エージェントでは、アドバイザーが個々の条件に適した求人を紹介してくれますが、そのためのキャリア相談やこちらの希望条件を伝えるために行うものです。一般的には、直接来社してオフィスで行うものやオンライン、電話などで行うものがあります。

コロナ対策として面談は電話に変更中

dodaでは、キャリアカウンセリングを基本的にはオフィスで行ってきましたが、コロナ対策の一環として来社面談をなくし、すべて電話面談に切り替えています。直接顔をみて話せないですが、来社の手間が省けて、利便性はよさそうです。
参考 【お知らせ】新型コロナウィルス感染拡大防止にともなうdodaサービス体制についてdoda

電話カウンセリングの準備

dodaで電話カウンセリングを受けるなら、まずは提出する書類を丁寧に作成しておくことをオススメします。カウンセリングでは、自分の職歴やスキル、資格を元に転職相談をするため、それらの情報を記した履歴書や職務経歴書が必要です。

dodaの登録時に職歴などを入力しておくだけでも問題ありません。その際には、できるだけ多くの情報を伝えるために、丁寧に項目に回答しておくことが大切です。

電話カウンセリングで聞かれること

電話カウンセリングでは、履歴書と職務経歴書ではわからない情報を伝える必要があります。とくに希望条件や生かしたいスキル、経験、得意なことなど、求人紹介や自己アピールで使うことは、しっかり伝えたい部分です。書類や入力内容から伝わりにくい部分の補足をし、齟齬のないようにしておきましょう。

面談では、具体的に以下のような質問が想定されます。スムーズなやり取りのためにあらかじめ回答を準備しておきましょう。

  • これまでの経歴・仕事内容
  • 転職理由やキャリアビジョン
  • 転職先に求める具体的な希望条件
  • アピールできる強みや実績
  • 他社での選考状況

企業との面接ではないから、ネガティブなことも正直に話して大丈夫!話しにくい退職理由もぜいたくかと思える希望条件も、すべて伝えてみましょう。
dodaのキャリアカウンセリングの内容は?評判や断られたときの対応まで紹介

dodaの電話がしつこい?着信の理由

dodaでは、キャリアカウンセリングが終わるとその場で求人紹介をしてくれます。カウンセリング時に紹介された求人に気に入ったものがなかったら、その後は電話やメールなどで求人紹介や転職サポートを引き続き行ってくれます。

ところが、dodaで転職活動している人の中には、「電話連絡が多すぎる」「しつこい」と感じる人も多いようです。しつこいと感じるほど、dodaからの着信は多いのでしょうか?そして、どんな電話がたくさんかかってくるのでしょうか?

キャリアカウンセリングのお誘い

dodaでは、転職エージェントサービスに登録すると、キャリアカウンセリングを受けることが必要です。そのため、キャリアカウンセリングの申し込みをするまで、お誘いの連絡が来る可能性があります。

カウンセリングを受けたくなければ、転職エージェントサービス以外に、転職サイトだけ、スカウトサービスだけを利用することも可能です。エージェントサービスを利用しなければ、キャリアカウンセリングの必要はなく、お誘いの連絡もありません。

しかし、転職エージェントサービスに登録していないのに、キャリアカウンセリングのお誘いの連絡がかかってきたという口コミがありました。

通常、キャリアカウンセリングのお誘いはメールが多くなっています。

ぼくはキャリアカウンセリングの誘いの電話はなかったけど、メールはたくさんもらったな…

非公開求人案内

dodaのサービスを利用する人が「電話がしつこい」「電話が多すぎ」と感じるのは、この求人案内のせいかもしれません。dodaの非公開求人は、誰でもみられる転職サイトには出ていないため、紹介したい求人があると直接、求職者に電話をかけることになります。

希望条件に合う求人が出るたびに電話がかかってくるため、人によっては、たしかに「しつこい」と思う可能性はあります。

事務連絡・求人応募後の調整など

dodaでは、たまに事務連絡や求人応募をした後の日程調整のためなどに電話をかけることもあります。しかし、この電話は件数も多くありませんし、自分で応募した後なので理由がはっきりしており、しつこいとは感じないでしょう。また、応募後の電話は急ぎや大切な内容のこともあるため、応募したからにはしっかりと対応したいものです。

dodaの電話は本当にしつこい?口コミ評判を調査

dodaの電話はしつこい、多いというウワサはありますが、実際にdodaの電話連絡について皆がどう思っているのか、調査してみました。

dodaの電話連絡についてのいい口コミ

電話連絡の頻度やタイミングに関する口コミではありませんが、担当者の電話対応を高く評価する人もいました。

dodaの電話連絡についての悪い口コミ

【総評】やはりちょっとしつこいみたい…

dodaの電話連絡の頻度はやはり、なかなか高く、「しつこい」と感じる人もいるようでした。出にくい時間帯にかかる電話に辟易している人もいます。

ただし、電話でのキャリアカウンセリングについては高評価で、受けてみても損はないようです。

電話の多さはともかく、電話カウンセリングは受けてみたいなぁ。dodaの電話と上手に付き合うコツはないのだろうか?

dodaの電話と上手に付き合うために

dodaの電話連絡の多さは、実は利用者側のちょっとした工夫で抑えることもできます。dodaの電話と上手に付き合って、サービスのよいとこ取りを目指しましょう。

絞り込み条件を厳しくする

dodaの求人紹介の電話を減らすなら、希望条件を厳しくすることをオススメします。希望条件が厳しければ、電話連絡も減りますが、的外れな求人紹介も減って、ムダな求人を閲覧する手間も減るでしょう。

条件次第では、まったく紹介がなくなったり、それほど減らなかったりすることもあるので、その調節は少し面倒かもしれません。

都合のいい時間を伝えておく

キャリアアドバイザーに直接、電話をかけてもいい時間を伝えておくのもオススメです。dodaではキャリアアドバイザー以外から非公開求人の紹介が来ることもありますが、指定された時間を守ってくれるようになります。

キャリアアドバイザーを変えてもらう

担当になったアドバイザーがしつこいため、電話が多くなることもあります。こちらの希望時間を伝えても、電話が減らないと感じたら、担当者を変えてもらうのもよいでしょう。フォームから申し込めますし、担当者変更はよくあることなので、気兼ねなくお願いしましょう。

時間が経つと減っていく可能性も

dodaだけでなく転職サービス全般にいえることですが、求人紹介の電話が多いのは初めのうちだけです。とくに積極的な反応のない利用者に対しては、時間とともに電話も減っていきます。

しかしせっかく登録したのに、電話を無視するのは避けたいところです。電話を無視すると、やる気がないと思われ、求人紹介の優先順位を下げられる恐れがあります。

電話がしつこいほどくるのは、求人が多いということだから、ある意味ありがたいことだよね。

そうよ!無視したくなるほど頻繁に電話がかかってくる場合は、先述した「都合のいい時間を伝えておく」ことや「キャリアアドバイザーを変えてもらう」ことで対処してくださいね。

dodaの電話が多すぎて困る時は

dodaからの電話が多すぎて困った時の最終手段として、いくつかの方法を紹介します。条件絞り込みやアドバイザーへの連絡でも減らなかった電話も、以下の方法ならなくすことが可能です。ただし、不便になることもあるため、最後の手段として使いましょう。

各種サービス停止

電話が多いのは、求人紹介の電話が必要なサービスを利用しているためです。それならば、電話のかかる可能性のあるサービスを停止すれば電話はなくなります。

スカウトサービスとエージェントサービスが、電話による連絡があるサービスです。この二つを利用していた人は、サービスを止めてみると電話から解放されます。ただし、希望に合う求人を紹介される機会も失うため、慎重に検討しましょう。

↓↓転職サイトdodaのみ使ってみたい方はこちらの体験記事をどうぞ。
【体験談】doda(デューダ)を使ってみた!デメリットも赤裸々に

メールに切り替え

エージェントサービスを停止せずに電話だけを止めたいなら、連絡をすべてメールに切り替えるのもオススメです。メールに切り替えれば、いつでも自分の都合に合わせて情報も得られ、電話対応に追われることもありません。メールにしたい時は、自分の担当者に直接申し出するときちんと対応してもらえます。

退会

本当に最後の最後に使う手段ですが、退会してしまうという手もあります。ただし、退会すると入力した情報も消えてしまいますし、退会後数日は再登録もできません。退会は転職が成功した時など、本当にdodaが必要なくなったときのみにしましょう。

dodaの電話は大事な要件もあるため上手に付き合って

dodaからの電話は、キャリアカウンセリングのお誘いや求人紹介など、いろいろな理由でかかってきます。中には大事な要件もありますし、無視するのはよくありません。

dodaでは、コロナ対策として面談も電話のみになりましたし、電話のやり取りは重要なもの。少なくとも応募しているときなどは、重要な電話も多いため、出る必要があります。

とはいえ、多すぎる電話連絡は少々困りものです。電話をもらっても、受けられないなら、減らしてもらいましょう。