転職活動中に妊娠が発覚!どうすれば?そんな時の対処法をアドバイス

新人

去年結婚した僕の同期、早くも奥さん、おめでたらしいです。
へぇ、よかったじゃない!ちゃんとお祝いしないとね。

先輩

新人

それが奥さん、転職活動中だったらしく…うれしい反面、予定より早くて複雑みたいです

妊娠の時期を完璧にコントロールできる人はいませんよね。転職活動中に妊娠が発覚することも、決して珍しくはありません。でも予定外の思いがけないタイミングだと、パニックになる人も。今回は、そんな時の対処法を解説します。

転職希望なのに妊娠がわかったら?

先輩

キャリアの節目と妊娠の時期は、重なりやすいもの。女性にとっては切実な問題だよね。

転職活動の最中に妊娠がわかった場合、その進捗度合によって対処すべき方法がかわります

転職先がまだ決まっていない場合

まだ転職活動途中で、内定先が確保できていない場合は、転職活動をいったん停止することをおすすめします。

そもそも、企業は人員が不足しているからこそ採用を行っています。入社後、短期で産休に入ることがわかっている人に、内定を出すのはよほど特殊なケースに限られます。

体調を優先する意味でも、転職活動の継続はおすすめできません

既に内定を得ている場合

内定先が決まっている時は、妊娠の事実を速やかに先方に伝えましょう。内定を断られる可能性もありえますが、状況次第で入社を認めてもらえるケースもあります。

レアケースながら、転職直後でも育休等の育児支援を活用できることも。企業によって対応が異なりますので、ご自身の希望を伝えた上で、先方の判断を仰ぎましょう。

現職を続けるという選択肢も

在職中の場合は、そのまま現職に留まるという選択肢を再考しましょう。勤続期間によっては、育休などの支援を受けやすいという方も多いでしょう。本当に退職するメリットがあるかどうか、慎重に検討しましょう。

妊娠を隠して転職活動を続けるのはNG

新人

ぶっちゃけ、妊娠を隠して転職しても、ばれませんよね?入社してからの報告でもよくないですか?

確かに妊娠を隠して転職活動を続けることは不可能ではありませんが、やはりおすすめできません。妊娠の事実を隠して入社しても、いずれわかってしまうこと。結果的に、会社からの信頼を損ねることになりかねません。

通常、新たな仕事を始めてから習熟するまでには、一定の期間が必要です。理由が出産であっても、採用した人材が短期間で業務から離れるのは、企業にとって痛手に他なりません。仮に復職できても、気持ちよく受け入れてもらえるかどうか疑問です。

また多くの企業では、入社直後の社員には育休取得を認めていません。転職者側の福利厚生の観点からも、マイナスでしょう。

出産後も働き続けたいと思うような職場であればなおさら、出産を隠すデメリットの方が大きいといえます。
妊娠の希望は伝えるべき?妊活中の転職活動の注意点を解説 転職 妊娠転職後の妊娠は1年待った方が良い?転職と妊娠のタイミングとは?

それでも活動を続けたい場合は?

先輩

妊娠中の転職活動は、ハードル高いしおすすめできないけど、絶対NGってわけでもないよ。

前述した通り、妊娠中に転職活動を成功させるのは容易ではありません。しかしながら、以下のケースなら可能性があります。

特別なスキルや経験が必要な職種

特殊な資格やスキルが必要な業務で、即戦力と判断される場合は、妊娠中でも採用される可能性はあります。

そこまででない場合も、出産や育児に理解のある会社なら、妥協点を見いだせるかもしれません。

例えば、当初は契約社員として採用し、育児が落ち着いてから正社員に登用するなど、変則的な雇用形態であれば、受け入れできるという企業もあります。ご自身の状況や要望を伝えた上で、相談する価値はあります。

ただし、応募前の段階では、出産にどの程度理解を示してもらえるかは未知数です。通常の転職活動より格段に苦労が多いのは、間違いありません。

在宅や短期の仕事を探す

育児が落ち着くまでの間は、在宅や短期でできる仕事に特化するのも一つの手段です。正社員のポジションにこだわると、転職活動の負荷はどうしても大きくなりがち。一定期間のことと割り切って仕事を探す方が合理的かもしれません。

転職はお互いの合意があってこそ

妊娠した人が安定した職場を見つけたいと考えるのは、当然のことでしょう。一方、受け入れ側の企業にも、採用に至る事情があります。お互いのニーズがうまく折り合えば、妊娠中の転職活動も不可能ではありません。

転職の成功には、求職者と企業、双方のニーズの合致が必要不可欠です。妊娠しても転職活動を続けたいなら、ご自身の状況や希望を応募先に率直に伝えた上で、合意点が見いだせないか粘り強く模索していきましょう。