レバテックフリーランスは使える?メリット・デメリットと評判を紹介

エンジニアとしての経験も増えてきた。そろそろ独立したいけど、自分でクライアントを探せるか心配…

レバテックフリーランスに登録してみたらどうかな?自分の力だけで取引先を探すより、効率的かも知れないよ!
レバテックって、エンジニア専門の転職エージェントだよね?フリーランスへのサービスもあるんだ。

レバテックフリーランスの基本情報

レバテックフリーランスは、ITエンジニア・クリエイター専門エージェント「レバテック」のフリーランス向けサービスです。そのほかに、エンジニア・クリエイターの転職をサポートするレバテックキャリアがあります。IT系の仕事探しの支援に長けた無料サポートで、自分らしく働ける場をみつけられそうです。

フリーランスエンジニア専門エージェント

レバテックフリーランスは、IT・Web領域における人材紹介事業を手掛けるレバテック株式会社のエージェントサービスのひとつです。レバテックでは、ITエンジニア・クリエイターのフリーランスと転職を支援しており、IT・Web領域に特化した専門性の高いサービスを提供しています。

レバテックフリーランスでは、エージェントサービスとして、業界や技術トレンドに精通したアドバイザーが専属サポートしてくれます。専属の担当者が案件の提案から商談設定、契約サポートまで行い、不安定なフリーランスの収入安定を助けます。

常駐型案件が多い

レバテックフリーランスは、フリーランス専門ですが、その中でも常駐型案件がメインとなっています。業務委託・常駐フリーランス専門エージェントとして、週5日安定的に働ける案件がメインです。

常駐型は企業のニーズが高く、レバテックフリーランスでは2016年の実績として年間1,100件以上の求人・案件を扱っています。

拠点は東京・大阪・福岡・名古屋

レバテックフリーランスは、拠点が東京ほか3都市にあります。遠方からのサポート利用は可能ですが、取り扱っている案件数が拠点の周辺エリアに多くなっているため、地方によっては利用しにくい可能性も。

拠点から離れたエリアは、案件数がかなり少なく、登録しても紹介が難しいこともあります。

僕は埼玉県で探したいんだけど…

関東なら9,600件あるんだけど、埼玉県だけで絞り込むと50件以下になっちゃうみたいだよ。

レバテックフリーランスのメリット

レバテックフリーランスのメリットは、専門性や業界大手の強みをいかした案件数や紹介の質など。良さを具体的にチェックしておきましょう。

業界最大級の案件数と高単価

レバテックフリーランスの魅力は、業界最大級の案件数と単価の高さです。レバテックフリーランスを運営する「レバテック株式会社」は、大手エージェントとして各企業に太いパイプをもっており、それを利用して優良な案件を多数保有しています。

低マージンで仕事を受けられるエンド企業直請け案件*が多いため、フリーランス側がより高い報酬を受け取ることが可能です。利用者の平均年収は862万円と発表されています。

*エンド企業直請け案件:業務の大元となる会社から直接依頼される案件のこと

専門性が高い

レバテックフリーランスは、業界特化型エージェントとして15年の実績をもつ老舗エージェントです。豊富な実績とともに、業界の動向や専門知識を常にキャッチアップし続け、キャリアカウンセリングにいかしています。

業界、現場の動向、専門知識を駆使し、フリーエンジニア独自のキャリアを的確に生かせる案件の提案から書類作成、技術課題や面接の対策をサポートします。

マッチング精度が高い

レバテックフリーランスでは、専門知識が豊富なコーディネーターが、フリーランスと企業側のマッチングを行っています、コーディネーターは年に3,000回以上も取引先と打ち合わせを行い、企業の求める人材をヒアリングしています。ニーズを知り尽しているため、マッチングミスも起こりにくくなります。

独自の特典・フォローも充実

フリーランスになると、会計処理など本業以外の作業が増えたり会社員時代に使っていた健康診断などの福利厚生がなくなったりします。会社員時代より雑務やリスクが増えて、不安に感じるフリーランスもいるでしょう。

レバテックフリーランスでは、無料の税理士の紹介や参画者優待サービスなども利用でき、エンジニアとしての本業に心置きなく専念できる環境をサポートします。また、正社員求人紹介、エンジニア向け無料イベントなどもあり、フリーになってからも業界の転職情報や最新情報を得られます。

レバテックフリーランスのデメリット

レバテックフリーランスは、優良な案件もサービスも充実していますが、使いにくい点もあります。デメリットもチェックして、自分との相性を判断しましょう。

在宅案件やリモート案件が少ない

レバテックフリーランスは、基本的に常駐案件メインで、在宅案件やリモート案件は少なめです。そのため、本業の傍ら、自分のペースで副業したい、子育てしながら自宅で働きたいなど、柔軟な働き方は難しくなります。

地方は案件が少なめ

レバテックフリーランスは、4拠点の周辺エリア以外の案件が少なくなっています。そのため、拠点から離れた地方で常駐案件を探す人にも向いていません。

特に、北海道や東北地方などは、検索条件選択画面にも載っていません。また、九州も福岡県福岡市以外のエリアは案件数がかなり限られます。

未経験案件が少ない

レバテックフリーランスの紹介している案件は、基本的に何らかのスキルが求められる内容です。経験者優遇がほとんどで、未経験可の案件は少なくなっています。未経験可能な案件も、最低限のITスキルや他業種、他言語のスキルなどを求められます。

レバテックフリーランスの口コミ

Twitterからレバテックフリーランスの評判や印象を集めました。比較的よい口コミが多く、使いやすい印象です。

いい口コミ

フリーランスで働いているエンジニア・クリエイター、実際に利用した人から信頼を得ています。マージンは高いと評価している人もいますが、自分の報酬について不満はないとのことです。

悪い口コミ

やはり、レバテックフリーランスは、在宅案件がないため使えないと感じる人もいるようでした。また、未経験でレバテックフリーランスに登録しようとしても無駄足になってしまうこともあります。まずは紹介されたスクールで学ぶのも一つの手でしょう。

レバテックフリーランスの始め方・使い方

手順

レバテックフリーランスに興味が出てきたら、まずは登録をしてみましょう。簡単に登録できて、面談などもオンラインで行えるので、気軽に始められそうです。

会員登録

会員登録は、アドレス、電話番号、生年月日、名前のみで終わります。その際に、スキルシートを添付することもできますが、必須ではありません。その後、スキルや経歴などのプロフィール登録を求められますが、まずはここまでで登録終了です。

プロフィールを登録するなら、エンジニアとクリエイターのどちらかを選び、それぞれに希望職種や経験などを入力していきます。

 

こちらエンジニア用登録画面。質問は、経験言語や仕事開始の希望日などへ続きます。

こちらはデザイナー用登録画面。希望職種、スキルシート、ポートフォリオと続きます。

カウンセリング

プロフィール登録を終えると、レバテックフリーランスから連絡があり、カウンセリングへと進みます。カウンセリングはオンラインカウンセリングが基本です。また、一部の企業では、商談などもオンラインで可能となっています。スキルシートが不十分でも、カウンセリングでアドバイスを受けながら作成することもできます。

調整、準備

希望する案件があったら、クライアント先への訪問、派遣契約の場合には職場見学などを行い、契約をします。現場の情報や商談当日の流れなどは担当者から説明があり、参画までのスケジュール調整も行ってくれます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による案件の減少などは発生していないそうです。(2020年5月18日現在)

参画後フォロー

レバテックフリーランスでは、案件参画後の相談など、アフターフォローも行っています。不安や疑問があれば、担当者に連絡して解消してもらえます。更新の契約、条件交渉なども対応可能です。

常駐型フリーランスエンジニア向けのエージェント

レバテックフリーランスは、IT・Web系専門のエージェントサービスとして、優良案件が多く、フリーランスとしての安定的な働き方をサポートしてくれます。ただし、経験者向けの常駐案件がメインなので、未経験者や在宅希望者、副業には不向きです。基本的には、実績のあるエンジニアやデザイナーなどが経験を生かして独立するのに使えるエージェントとなります。