転職でフリーランスがおすすめな人は?メリット・デメリットと事前準備を大公開

転職 フリーランス

フリーランスとは?

新人

そろそろ独り立ちして、フリーランスになりたいですっ!
独立する準備はできてるの?何もせずに始めると早々に失敗するわよ。

先輩

新人

えっ!?準備って何から始めたらいいんですか?


フリーランスは、企業や組織に属さず自分のスキルで仕事を請け負います。
取引先と案件毎に契約を結ぶので、会社のように直接雇用されません。契約した仕事が完了すると報酬がもらえる成果型になります。全く別の働き方になるので、何から手をつけたらいいのか分からない方もいるでしょう。

フリーランスになりたいと思ったタイミングで、確かな知識と準備を始めることが大事です。

 

会社員とフリーランスの違い

会社員とフリーランスは、働き方に違いがあります。企業と直接雇用を結んでいるのが会社員。フリーランスは取引先と契約を結び仕事を行います。仕事は自分で営業して見つける必要があります。会社員はすでに環境が整えられているので、何も無い状態から仕事を始めることは稀です。

フリーランスは一から仕事を始めるので、自由度が高い働き方です。その分、自己責任が問われることも。しかし、自分のスキルを最大限、発揮できる可能性があります。

自由度は高いですが、仕事をしなければ収入もありません。日頃の時間管理と、仕事に責任を持って締め切りを守ることが大切です。仕事の案件を選ぶことで、自分の得意なスキルを生かせるでしょう。

先輩

フリーランスは個人事業主とも言われているわよ

MEMO
フリーランスは書類上の手続きはなく、誰でも名乗れます。個人事業主は、「開業届け」が必要になります。フリーランスと個人事業主の大きな違いはありません。個人事業主は税務署に「開業届」を提出して、好きな屋号をつけれます。

フリーランスのメリット・デメリットは?

フリーランスは働き方が違うため、メリット・デメリットも大きく変わります。会社員でストレスを感じていた人は、フリーランスの働き方に憧れを持つことがあるかもしれません。メリット・デメリットをより知ることで、フリーランスのイメージをしていきましょう。

メリット

① :時間に縛られない


フリーランスは自分の意思で労働時間を決められます。
朝から夜まで働く日もあれば、午前中しか働かない日もあるでしょう。企業に勤めていると、労働時間は決められた時間で働かなければなりません。朝の通勤電車でエネルギーを消耗してから仕事にむかうことも。フリーランスはいつ働いてもいいので、余分なエネルギーを使わず仕事に集中できます。

② :仕事を選べる

会社員は、基本的に会社から与えられた仕事を行います。時には、自分が企画した案件が通ることもあるでしょう。ただ、最後の判断は会社側に決定権があります。フリーランスは、全ての仕事を自分で決定します。自分の能力を生かした仕事を選べるので、やりがいを感じられます。

③ :人間関係のストレスが減る

フリーランスになっても全ての人間関係を良くすることは難しいです。しかし、会社員は長期に渡り苦手な人とも付き合っていく必要があります。例えば、社内以外でもランチや飲みにいったりする交流がでてきます。一度や二度の断りはできるかもしれませんが、何度も断りを入れるのは心が痛みます。


フリーランスは仕事以外の付き合いは、自分で判断できます。
と言っても、取引先によっては、「合わないな‥」と感じることもあるでしょう。その時は、仕事と割り切ってプライベートの付き合いまでする必要がありません。仕事以外の付き合いがなければ、人間関係のストレスも軽減されます。

デメリット

① :収入が不安定

フリーランスは社会的信用が低く、不安定な仕事とイメージを持つかもしれません。「収入は続くのかな‥」「生活できるの?‥」と心配になることも。ですが、不安定が一概に悪いわけではありません。それだけ、収入の変動が大きく振り幅があるということです。会社員は毎月の収入が決まっています。実力があっても理想の収入を得るのは容易ではないです。フリーランスは収入の安定はなくても、能力次第で収入が上がる可能性があります。

すぐに仕事を得られるか不安な方は、会社員の時から貯金をして支払いに困らないようにしましょう。

② :業務量が増える

フリーランスは、営業から経理まで全ての仕事に携ります。「確定申告が大変そうだな‥」「人と会うのがちょっと‥」と思う人も、仕事を受けるためにはやらざる得ない場面があります。そんな時は、会計ソフトを使用したり、フリーランスのエージェントを使うなど、負担が軽減されることを導入してみるのも手です。仕事方法の工夫をすることで業務の効率化になります。

フリーランスはどんな人におすすめ?

・自己管理ができる
・柔軟に動ける
・コミュニケーション能力

フリーランスは、全ての仕事を一人で遂行します。仕事量が増えるのでスケジュール管理が重要です。また、柔軟に動ける人が求められます。変化することを恐れず、置かれている環境を楽しめる人が向いています。仕事を受けるために営業も行うのでコミュニケーション能力に長けていると尚よいでしょう。

締切りを守れるよう、日々のスケジュール配分が大事です。ギリギリに締切日を設定して、「体調を崩して納品が遅れそう‥」とならないよう、日頃の体調管理にも気をつけて余裕をもった日程調整をします。


実績を積むことによって、取引先から信用されて次の仕事へと繋がりやすいです。

会社員のうちに準備すること

企業に勤めている人は、フリーランスの働き方のイメージがつきにくいかもしれません。会社が手続きを行っていた業務も、フリーランスは自己責任になります。フリーランスになって一から始めては、仕事に支障がでてきます。少しずつ準備をしていきましょう。

① :スキルの把握

自分のスキルを相手に明確に伝えることはできますか?

フリーランスは営業も仕事のうちです。これまで培ってきたスキルでどんな仕事ができるのか、把握する必要があります。手書きやパソコンで、自分の能力を書き出してまとめると客観的に振り返れるでしょう。足りない能力があればブラッシュアップすることで、スキルアップに繋がります。また、客観的に見ることによって仕事の幅が広がる可能性も。フリーランスは仕事の制限がないので、自分の能力を最大限に生かせるように、スキルの把握は大切です。

② :顧客を見つける

フリーランスですぐに仕事を受注できるか不透明です。会社で副業が認められている場合は、本業以外に仕事をみつけることがおすすめ。本業を持つことで、安定した収入があり生活に困ることはありません。心の安定にも繋がり、副業やスキルの把握を客観的に考えることができます。副業で徐々に実績を作ることで、取引先との信頼関係にも繋がります。
日頃から締め切りを守り自己管理ができると、大きな仕事を任せてもらえる可能性も⁈生活できる収入を得られるようになって、フリーランスを始めることがおすすめです。

就業規則で副業ができない場合は、社外で人脈を作りましょう。
異業種交流会やセミナーに参加することで、仕事に繋がる相手に出会うことがあります。

本業が疎かにならないようスケジュール管理は徹底しましょう。

③ :貯金

就業規則で副業が認められていない場合は、貯金をすることが大事です。目安は、一年間生活できる金額です。フリーランスになってから案件探しを始めては、仕事の受注できる時期が分かりません。貯金がなければ生活に困り必要経費も支払えないでしょう。会社員は、会社で経費を払っていましたが、フリーランスは自分で管理する必要があります。貯金があることで心の余裕が生まれ仕事に集中できます。

④ :経理の知識を身につける

フリーランスは、帳簿の記入と確定申告が必要になります。確定申告は、会社員だと税務申告にあたります。税務申告は経理の方が行っていたので、税金関係を意識しなかったかもしれません。フリーランスは、収支の把握や税金関係の手続きを全て行います。確定申告は義務付けられているので、忘れないようにしましょう。

経理に長時間とられないようにするため、会計ソフトを導入するなど効率化するのがおすすめ。仕事に集中できるよう、経理をスムーズに行えると良いです。

⑤ :クレジットカードの作成

フリーランスは実績がないと収入がないので、社会的信用が低いです。そのため、クレジットカードや借り入れの審査が厳しくなります。実績を積むまで時間がかかるので、会社員のときにクレジットカードを作成することがおすすめ。会社員は仕事が安定して社会的信用が高く評価されるので、審査が通りやすいです。

事業用のクレジットカードや銀行口座を作ると、経費がわかりやすく会計管理が円滑になります。

フリーランスに保証はあるの?

以前は、フリーランスは不安定で保証がない働き方でした。2018年10月から、お金と保険の金融サービス「フリーナンス」が始まりました。運営は、インターネット事業の大手GMOです。

 

フリーナンスとは

フリーナンス

「フリーナンス」は、フリーランス向けのお金と保険のサービスです。公式サイトからアカウント開設をすると、自動的に損害賠償保険と即日払いが付帯されます。即日払いは、「フリーナンス」が請求書を買取り、立て替えてくれるサービス。取引先の支払いが遅れたとしても、「フリーナンス」が先に自分のメインバンクに振り替えてくれます。取引先に知られることはないので安心です。

フリーランスに必要なこと

フリーランスと名乗れば明日からでもなれます。そのため、誰でもできると思うかもしれません。継続して仕事を請け負うには、日頃の信頼関係やスキルアップが大事です。小さな積み重ねが後に大きな仕事に繋がる可能性もあります。徐々に実績を作っていきましょう。

本業を持ちながら副業の実績を積み重ねていくことで、フリーランスになって生活に困るリスクが軽減されます。副業ができない方は、社外で仕事に繋がる人脈を作りましょう。人脈を増やしたり、仕事が軌道に乗ってから退社することをおすすめします。