【体験談】エンエージェントはしつこいと評判?登録から面談、求人探しまでのすべてを公開!

エンエージェントを実際に使って、転職活動をしていた筆者が、リアルな体験談をお伝えします。エンエージェントといえば、「エン転職」や「ミドルの転職」などで有名な「エン・ジャパン」の系列サービス。

求人や人材サービスでは実績もあるので、期待したくなりますが、実は口コミ評価では「しつこい」「求人の質が悪い」といった悪いものも見かけます。今回は転職活動をしながらも、それらの口コミが本当か嘘か、厳しくチェックしてみました。

エンエージェントって口コミがあまりよくないわね。

そうだね、でも口コミだけではわからないこともあるから、とりあえず試してみるのも手だよ。

どうせ、いろいろなサイトを利用するつもりだし、エンエージェントも登録してみようっと!

30代の私がエンエージェントを利用してみた!

筆者は30代女性、都内在住、副業でライターをしながら会社員として過ごしていました。これまではずっと事務として働いており、経理経験もあります。本業の会社が倒産したため、やむなく転職活動することになりました。もう一度正社員で事務職を探したいのは本音ですが、オフィスワークは難しいという噂だしなぁ、と先行き不安です。

資格なし・経験値低レベルでも転職できる?

これまでの私の会社員生活は、あまりにも低レベルで、キャリアなんてものについて真面目に考えたこともありませんでした。30代まで事務・経理畑でしたから、一通りの事務経験は一応あります。しかし、だからといって特別な資格を持っているわけでもPCスキルが高いわけでもありません。いよいよ事務職での転職など不可能ではないかと暗い気持ちになっていました。

【わがまま承知】事務職で正社員になりたい

いくら事務職が不可能とはいっても、他に特技もないし、これから新しい技術を身につけるのも難しそう…。そのため、一応「日商簿記3級」はあるからまだ希望がありそうな経理事務経験で正社員を目指そうと思いました。オフィスワークの正社員も減少をはじめている今の時代、転職エージェントを利用すれば多少は有利なのではないかと思い立ち、エンエージェントを見つけました。

エン転職はよく見かけるし、エンエージェントも親しみがあるわね。

エンエージェントに登録「え、ちょっと面倒くさいかも」

他の転職エージェントなども探しつつ、エンエージェントに登録してみました。登録したときは初めてのエージェントなので「こんなもんか」と思いましたが、他の転職エージェントも試すにつれて、「エンエージェントの登録って書くこと多いし、ちょっと面倒かも?」と思うようになりました。

個人情報登録

スクリーンショット2

 
まずは、どんな求人サービスでも必須の個人情報登録から。名前、住所、メルアドはもちろん、最終学歴や簡単な履歴も書きます。ここまでは一般的な転職エージェントなどでも当たり前のボリュームです。

まさかの職歴入力

スクリーンショット3

 
個人情報を書き終えて、これで終わりかと思ったら、次に職務経歴書の添付、もしくは記入欄がありました。登録の段階でもここまでがワンセットで記入すべきもののようです。他の転職エージェントは、履歴書や職務経歴書は後でもいいことが多かったので、エンエージェントは書くことが多いと理解した上で、心して登録作業に挑んだ方がよさそうです。

面接予約のお知らせメール

なんとか登録を終えると、メールが到着します。メールに書かれているのは登録完了と面接予約のお願いの内容です。添付されているURLのフォームから面接の予約を入れてくださいとのことでした。「いつにしようかな」と1日考えていると、翌日にも同じような面談予約のお願いメールが再度送られてきました。

電話で面談日時の調整

2回のメールの後、間髪入れずに今度は、受付担当から電話が入ります。「フォームで希望日をいくつか答えましたが」と伝えましたが、このまま予約を入れれば一発完了するといわれたので、そのまま予約しました。その後、準備するものや次のアクションの指示が出されて電話は終了です。

■ 面談までにやること一覧

  • 予約OKメール返信
  • 送られた性格診断テストを受ける
  • アンケートに答える
  • 履歴書、職務経歴書の送付

職務経歴書に関しては、「あれ、登録時に入力したはず?」と思いましたが、すぐに企業に送れるようにワードかエクセル形式で必要といわれました。

だったら登録時にワードかエクセルの職歴書を作って添付したのに…。せっかく慌てて書いたのに…。

利用前にこんなにやることがあるの~?面倒だわ!

履歴書などはいずれ必要になるから、無駄ではないんだけどね…。もし、もっと簡単に利用を始めたいなら、マイナビエージェントがおすすめだよ。

↓↓かんたん登録と大手求人が魅力のマイナビエージェントの記事をチェック

【体験談】マイナビエージェント評判の真相は?登録から面談、求人探しまでのすべてを公開!

エンエージェントの面談「親切だけどしつこいかも」

いろいろ大変でしたが、いわれていた全ての準備をやっと終えて、面談を待つだけになりました。そして、面談に際しても悪くはないけどちょっと…という点がいくつかみられました。

速攻で担当者から挨拶コールが

面談の日程が決まったら、すぐに担当者から挨拶の電話がありました。非常に丁寧な印象ですが、「ご挨拶」といいながら意外と長い電話になりました。当日知りたいことや履歴書の内容の確認、希望職種など質問があります。さらには「いつまでに転職したいか」といったスケジュールまで聞かれました。

あまりにも本格的な聞き取りだったので、気分的には「もうこのまま面談しようよ」という感じでした。

いざ面談へ~電話か来社か自分の都合で選べる

いろいろありましたが、やっと面談になります。エンエージェントでは、面談方法を電話か来社か、自分の都合で選ぶことが可能です。転職エージェントによっては住所が近ければ来社のみ、そもそも電話面談しかないというところもあったので、この点は高評価でした。私は電話面談を希望しました。

■ 面談はガッツリ1時間

面談では、事前のあいさつコールでもなんとなく予想した通り、じっくりガッツリという感じでした。職務経歴書をもとにかなり詳しく聞き取りがあり、転職歴も会社ごとの特徴ややっていた業務内容などを聞かれました。職務経歴書に至らない点があればそれも指摘され、早めの修正対応を求められます。

■ 濃い内容の聞き取りとアドバイス

面談では、かなり込み入った内容の質問もされました。まるで新卒採用の面接官のような印象です。

こんな質問もありました。

  • 転職の相談は誰にする?
  • 大学で力を入れていたことは?
  • アルバイトはしていた?

また、私は事務希望だったので、事務スキルも細かく聞かれました。エクセルの関数は何ができるか、電話対応は得意か、など資格がないことでも漏らさずに職務経歴書に書くようにと指導を受けました。しつこいといえばしつこいかも知れませんが、この対応によってざっくりとし過ぎていた私の応募書類が充実しそうです。

■ 希望の正社員経理事務もあった!

最後には、ここまでの情報を踏まえた求人の紹介があります。あまり期待はしていなかったのですが、意外にも人気職種の事務正社員を多数紹介してもらえました。求人内容については好印象、高評価です。ただし人気職種なので、倍率は厳しいとのことでした。

事務で正社員は厳しいとはいわれましたが、特に他の職種を無理に進めるでもなく、しっかりと応援体制を示してくれました。もちろん、受かるには根気も努力も必要で、十何社受けて受かったところから選ぶようになるとはいわれました。内定率は2割程度。不可能とばっさり切られなかったので一安心です。

エンエージェントってよいところもあるじゃない。

そうだね、口コミではよくも悪くも書かれているけど、相性次第で使いやすいと感じる人もいそうだね。

性格診断テスト結果はメールでサラッと

性格診断テストを元に、今回の求人を紹介してくれたようですが、面談ではテストについてそれ以上触れることはありませんでした。テスト結果については、メールに添付されていたのを自分でみておしまいです。

診断テストに基づいてアドバイスをしてくれるわけではないのね。結構ボリュームのあるテストだったし、もう少し触れてほしかった…

とはいえ、テストの質はなかなか高そうだよ。受けるチャンスはあまりないから、診断テストだけでも受けてみたらどうかな?

エンエージェントで転職活動をスタート!

スマホ

 
エンエージェントでは、アプリを使った転職活動が中心になります。パソコンからでもスマホでも、好きな方法で利用可能です。

アプリを使って活動開始

エンエージェントのアプリの登録や使い方説明は面談の最後にありました。電話の指示の通りに、送られてきたメールにあるURLからアプリをダウンロードします。パスワードなどの登録をし終わると、マイページに入れます。

担当者と直接やり取りできる

専用アプリには、チャット機能や紹介求人の閲覧、応募機能があります。専用アプリをスマホにダウンロードしておけば、出先などからもエンエージェントの情報が受け取れて、応募のチャンスを逃しません
スマホスクショ1

 
メッセージと求人紹介のタブがあり、求人紹介の方には「応募する」「気になる」「応募しない」などもらった求人紹介を振り分ける機能がついています。右上のカレンダーのようなアイコンは、スケジュール管理機能です。
 
スマホスクショ2
 
面接などのスケジュールをここで管理できます。

書類添削は面談当日からスタート

書類は面談時に最初のチェック、修正依頼があり、その後も修正とアドバイスを繰り返すことになります。面接指導や聞かれやすい質問などの情報は面接が決まってから提供されるようです。

人気職種は早い者勝ち

エンエージェントには人気の事務系オフィスワークの求人もありました。ただし、人気の求人は他の利用者も狙っているため、募集終了も早めです。そのため気になるものがあったら応募は早めにする必要があります。

書類審査が通ったら、面接は必ず受けなければいけません。面接後に相性や条件を考えて断る分には問題ないそうです。

エンエージェントを利用して感じた注意点

エンエージェントは、親切で丁寧な転職エージェントという印象でした。しかし、やや不便なところや不安を感じるところもあります。

登録情報が多すぎる

面談までに履歴書、職歴書までしっかり提出するのがエンエージェントのやり方。書類提出や診断テストなど、利用スタートまでに手間が多く、面倒に感じる人もいそうです。

ただ、考えようによっては、準備万端整えてから楽に転職活動をスタートできるともいえます。ここは相性の問題かも知れません。

性格診断テストは本当に役立っているか

性格診断テストは、エンエージェント独自のサービスであり、特徴でもありますが、あまり役立ったのか分からない状態でした。面談の際にさらっと「テストを元に求人を選んだ」とはいわれましたが、特に詳しい説明や診断結果についてのコメントはありません。テストから仕事の向き不向きを分析して、話し合いをすると思ってたのに、それもなく、何のためにやったのかよく分からないで終わりました。

スケジュール管理がこまかい

紹介求人への応募は、相手企業の都合もあるし早めにしてほしいことは分かります。しかし、初日から「いつ回答できますか」「書類修正はいつできますか」、など面談の段階から詳しく予定を立てられ、慌ただしかったです。いわれないと動けない人やすぐに転職したい人にはよいですが、ややうっとおしく感じる人もいるかも知れません。

あまりグイグイ次の行動を求められたくない人は、相談だけでもしやすいパソナキャリアもおすすめだよ。信頼できるアドバイザーがそれぞれのペースに合った対応をしてくれるんだ。

↓↓求職者に合わせた対応とかんたん登録が魅力のパソナキャリアの記事をチェック

【パソナキャリアの体験談】デメリットも公開!登録してわかった真実とは?

書類通過後の面接辞退はNG

これは企業側のことを思えば当然ですが、書類通過後の面接辞退NGは、かなり強くクギを刺されました。面接を受けて合わないときは断ってもいいけど、書類通過したらとりあえず面接まで受けることが必須です。面接を受ける気もないのに応募だけするのは避けましょう。

どんどん応募をして、面接で相手企業を知り、相性をみて最終的に決めるのがエンエージェントのスタンスのようでした。紹介も次々に来て、回答を迫られるため、積極的にガンガン動きたい人にはよさそうです。

エンエージェントはまじめに転職したい人におすすめ

スクリーンショット1

 
エンエージェントは、しつこいという口コミもありましたが、まじめに転職活動をしたい人にはちょうどよい積極的な転職エージェントだと感じられました。確かに若干しつこいと感じることはあり、自分のペースでのんびり進めたい場合など、人によっては合わない可能性もあります。しかし、独自にやっていた転職活動に停滞を感じたら、常にお尻を叩いてくれるようなスタイルや、しつこいくらいのサポートが役に立つかも知れません。