DYM就職の評判は?特徴やメリット・デメリットを総まとめ

DYM就職は若手に評判のよい転職エージェントとして近年、ネットなどでも話題をみつけるようになりました。DYM就職の口コミ・評判は賛否両論あるようですが、実際のところよいエージェントなのでしょうか。DYM就職を実際に使ってみた体験をもとにメリットもデメリットも余すところなく紹介します。

新卒で入社した会社を半年で辞めてフリーターになったものの…やはり正社員を目指したいなぁ

あら、やる気になったわね!じゃあ、転職エージェントに行ってみようか!私はこれから「DYM就職」の面談に行くけど、一緒に行く?
DYM就職って若手向けじゃなかったっけ…。ボクは20代だからいいけど…。

…なにかいった?

DYM就職の特徴

DYM1
DYM就職は、若い世代の就職・転職に特化し、優良な求人を確保しているエージェントです。大規模ではないにせよ、丁寧な対面での面談など、初めての転職にも安心です。

優良企業求人2,000社超え

DYM就職は関東、関西を中心に、全国に主要都市にオフィスがあります。紹介できる求人も全国規模となっており、求人取り扱いは2,000社を超えるそうです。地方に住んでいる人も、最寄りのオフィスに出向いてみるとよいでしょう。

第二新卒に強み

DYM就職は、新卒紹介事業も行っている会社が母体であり、こちらでも20代、第二新卒の求人を多く取り扱っています30代でも紹介求人はありますが、数や職種などが限られてしまい、十分な選択肢を示してもらえないかもしれません。実際に来社面談していた利用者も多くが20代前半のようでした。

対面でじっくり面談

DYM就職では登録後、最初に面談を受けることになります。基本的には、札幌・東京・大阪・名古屋・福岡の各オフィスで対面して面談を行います。広島・仙台では社外で面談を行っているようです。それ以外のエリアで最寄りのオフィスへ行けない人は、電話で面談をします。担当者とじっくり話ができる反面、来社の手間がかかります。

東京在住だから、西五反田のオフィスに行くぞ。カジュアルな服装でもいいのか。楽で助かるな!

私は仕事がお休みの日にしよう。スケジュール調整がちょっと大変ね…。

内定までの流れ

DYM2
DYM就職を利用する際の流れをみておきましょう。

STEP.1
登録
公式サイトから手順に従ってカンタンな情報を登録します
STEP.2
面談
対面式で時間は30分ほど
STEP.3
求人紹介
LINEか電話、対面で求人紹介
STEP.4
服装指導・模擬面接など
服装指導・模擬面接など事前対策をします
STEP.5
書類選考免除で面接
書類選考を飛ばしてすぐ面接できるのが売り

面談

DYM就職を利用するには、まずは面談が必要です。Web登録では個人情報や経歴などをほとんど書かないため、面談のときに履歴書を提出、またはその場で履歴書を作成します。面談の所要時間は30分くらいです。

求人紹介

DYM就職での転職・就職活動で一番意外だったのは求人紹介は来社かLINE、電話がメインだったことです。サイト上にマイページなどのログインして使うシステムはなく、自分に合う求人が見つかるまで来社やLINEでの相談と紹介を繰り返します。

LINEでやり取りするなんて、珍しいわね!変な緊張がなくていいわ。

書類添削と面接指導

DYM就職では、転職・就職経験の浅い人をサポートしてくれます。書類添削から面接指導、服装指導を受けられるので、安心して面接に挑めそうです。面接指導は、面接が決まってから相手企業に合わせた内容の模擬面接をやってくれます。

求人応募、書類選考免除で面接

DYM就職は、書類選考なしで面談できる求人が揃っています。早いと就職相談会の後すぐに面接を行い、1回の面談で内定が出ることもあるようです。

DYM就職のメリット

ニートやフリーターの就職にも前向き

DYM就職の求人は、20代向けのものが多くなっています。ニートやフリーターとして過ごしてきた社会人経験の少ない人にも前向きに対応してくれて、豊富な求人を紹介してもらえます。若くて柔軟性のある世代を求める求人が多いので、未経験職種の希望も問題ありません。

半年で会社を辞めたフリーターのボクでも大丈夫だった!

直接会って相談できる

面談は基本的に対面式で行われます。電話相談とは違い、直接来社する手間と時間はかかりますが、面談内容も充実していると評判がよいようです。初回の面談時にもいくつかの求人を紹介してもらえます。

直接話せたから、担当のリクルーターさんと仲良くなれた気がする!これから相談しやすくなったよ!

イベントに参加もできる

DYM就職では、イベントを通した転職・就職活動もできます。新卒・既卒の就職イベントが多く、お誘いメールが頻繁に送られてきます。

DYM就職のデメリット

30代の求人は少ない

DYM就職では、20代を中心とした転職を扱っており、それ以上の年齢では求人紹介できないこともあります。30代半ばになると、事前に紹介できるかどうかわからないといわれるケースも。あらかじめ断りを入れてくれる正直さは高評価ですが、求人紹介のバリエーションの少なさは気になります

アドバイザーが若くて頼りないと感じるかも

DYMはそもそも母体も転職エージェントの「DYM就職」も、若い人の多い会社です。担当者も20代っぽくみえる若い人が多く、人によっては経験や年齢に頼りなさを感じる可能性もあります。また、反対に押しが強すぎて面倒に感じることもあるようです。

30代の私からみると、全員年下の気がする…。担当がイケメンだったのはうれしいけど、ちょっと頼りにくいかも…
↓↓こんな若年層向け転職エージェントも。DYM就職と比較してみては?
ハタラクティブがオススメの人は?口コミ・評判、特徴をチェック

DYM就職の口コミ・評判

DYM就職の公式サイトとtwitterの口コミをみていきましょう。

評判が良い

DYM就職の公式サイトには、転職成功者の声が掲載されています。その中から一部を紹介します。

フリーター→上場企業エンジニア

そんな中DYM就職の面談を利用して、リクルーターの方に自己分析の部分から親身になって相談にのってもらいました。 結果、自分が本当は何をしたいのかが明確になり、内定を3社獲得しその中から満足いく会社を選ぶことが出来ました。

参考サイト:DYM就職

卒業後フリーターを続けていて、一転、自分が本気で働きたいと思える企業へ正社員入社できたケースです。

フリーター→上場企業エンジニア

入社からたった3ヶ月で退職した自分が転職活動をするのはとても大変でした。 転職サイトで応募をするも書類選考落選の毎日で、良い求人に出会えないまま時が過ぎていきました そんな中DYM就職に出会い、書類作成から面接まで詳しくやりかたを教えてもらい、無事に内定をもらうことが出来ました。

参考サイト:DYM就職

こちらは、正社員として入社した企業がブラックのため退職、その後DYM就職を利用した女性です。

契約社員→上場企業エンジニア

ちょうど契約期間が切れるタイミングだったため、スピードが早く非常に助かりました。また、しっかりと面談した上でご紹介していただいたので、企業の社風や風土が自分にとてもマッチしていて、入社後もスムーズに溶け込むことができました。

参考サイト:DYM就職

契約社員として働いていたものの正社員を希望してDYM就職を利用した男性です。スピーディーな対応とマッチングに対して高く評価しています。

しっかりと面倒を見てくれて良いサービスでした

私がここの転職支援サービスを使ったのは、なるべく早く転職をしたかったからです。その時ちょうど春の季節がやってくるキリの良い時期でもあったので、すぐに正社員になれると評判だったこの転職サービスを迷わず選びました。
DYMの良いと思った点は、担当者のサポートがしっかりしていて、私が就業するまで面倒をきちんと見てくれたことです。類似の転職サービスも並行して使ったのですが、そこはあっせん業務を手短かに済ませようとする担当者でした。
また、ここの登録企業のうち大手企業はごく一部なので、大企業を狙うなら他のもっとメジャーな転職サービスの方がおすすめです。
参考サイト:みん評

フリーターから正社員になりたい人におすすめ!

長い間フリーターをやっていましたが真面目に転職したいと思うようになり、フリーターに特化した転職サイトということで選びました。
学歴やスキルがなく他のエージェントではなかなか面接までたどり着けませんでしたが、書類選考なしで面接まで進められるのでその分チャンスも広がると思います!
エージェントの方との相性も良く転職活動をリードしてくれるのは嬉しいのですが、少し強引なところもあるのでその点は改善してほしいです!
参考サイト:みん評


twitterの口コミでは、ホワイト企業のみ紹介されると高評価。

評判が悪い

人によります

私は事務職希望でした。
事務職希望の理由を執拗に聞かれ、その理由を答えました。すると、この経歴では無理だと何回も何回も強い口調で言われ、営業職や製造職、システムエンジニアを勧められました。

最後に連絡方法として、LINEを交換するのですが、その行動すらも嫌気が差しました。一刻も早く退室したかったです。

とにかく全てが強引でした。
そして、一番驚愕したのは話を聞く態度です。
担当の方は自分のささくれをいじりながら私の話を聞いていました。
癖なのかもしれませんが、社会人としての最低限のマナーを疑いました。

結論として、自分の希望職種よりも兎に角、どこでも良いから働きたいと思っている方にはお勧めします。

参考サイト:みん評

担当者によって当たり外れがあるようです。

転職は能力次第

転職サイトを使用しての転職ですが、自分に資格と以前の会社での仕事の実績があったので、以前にしていた仕事に似たような仕事をすぐにでも用意してくれた点については良かったです。
私が見る限り、エンジニアやIT関係の仕事の募集が多い転職サイトのように思えます。私はエンジニア枠での仕事を探しました。
仕事にはありつけましたし、仕事の紹介内容もその内容のとおりでしたので、仕事の内容や給与面では問題はないです。
ただ、残念な点はスタッフのサポートが少し強引な所があり、自分には合っていない仕事でも勧めてくることがありました。
参考サイト:みん評

強引なサポートが苦手な方にはあわないことも。

面談に行きましたが…

転職相談に一度利用させて頂きました。
事前に履歴書をメールで送って欲しいとのことでしたので送付したのですが、当日面談すると履歴書などはありますか?と聞かれこちらが送ったことも知らないような雰囲気で送った驚きました。担当の方はどうなっているんでしょうか…。
ちなみに初回で10分前にはついていたのですが担当の方が来て面談が始まるまでに40分待たされました。
希望職種の求人もあまりありませんでしたが、一応応募したいことを伝えると後でメールでご連絡しますと言っていましたが1ヶ月経っても来ていません…。
もう利用することはないと思います。
参考サイト:みん評


求人数が少ないため、多くの求人の中から選択したい方には向いてないようです。

口コミからわかったこと

今回紹介したのは、公式サイトの「成功者の感謝の言葉」とtwitterの口コミ。それを総合的に分析してわかるのは、自分探しの途中の人には合うけれど、目指す方向がすでにはっきりしている人には合わないかもしれないということです。

↓↓DYM就職のリアルな体験談を知りたい人はこちらもチェック
【体験談】DYM就職評判の真相は?登録から面談、求人探しまでのすべてを公開! DYM就職は丁寧なマッチングや相談はしてくれますが、紹介できる会社が少ないため、その人の希望条件が細かく決まっていると、それに合う求人がないこともあります。また、未経験や経験の浅い人をターゲットにした求人が多く、経験者には物足りないかもしれません。

キャリアアップ転職で管理職を目指そうと思ってたのに!
ボ、ボクにはちょうどピッタリの求人でしたよ~!!

↓↓キャリアアップも期待したい人はこんなエージェントもおすすめ
ランスタッドの評判・口コミは?転職サービスの特徴からメリット・デメリットまで徹底解説!

DYM就職は20代の転職や初めての正社員におすすめ

DYM
DYM就職は、20代の転職希望者や正社員経験がない人に向いているエージェントです。書類選考免除や丁寧なサポート、LINEでのカジュアルなやり取りなど、堅苦しさはありません。ニートやフリーターの人にもやさしいので、これから正社員を目指すならおすすめです。その中でも特におすすめしたい人がいます。

初めての正社員を目指す人

DYM就職に向いているのは、フリーターやニートなどをしていて正社員になりたいと思う人です。正社員未経験から正社員を目指す人にも紹介できる実績を持っており、安心して利用できます。また、自分の向いている仕事や会社が分からない人でも、じっくり相談しながら転職先をみつけていけます。

自分に合う仕事を探している人

DYM就職は、対面式の丁寧な相談が魅力です。一人ひとりの担当者がしっかりと向き合い、相談がシステマチックになりません。親身に話を聞いて、可能性を一緒に考えてくれるため、本当に合う仕事を探したいと思っている人に向いています。

今の職種や業種が合わず、キャリアチェンジしたい人にも、未経験可求人が多いのでおすすめです。

経歴に自信がない人

DYM就職では、面接確約で転職活動が進められるため、履歴書の経歴に自信がなくても面接で挽回のチャンスが得られます。書類添削や面接対策もしてもらえるので、社会人経験の少ない人でも社会人として自信を持って面接に臨めるでしょう。

会社はすぐに辞めたし、バイト経験しかないから、面接でやる気と人柄を知ってもらおう!

DYM就職に向いていない人は?

DYM就職は、若い人向けの転職エージェントであり、未経験者向き求人多めです。そのため、DYM就職のターゲット層以外の希望や条件の人は期待する紹介が得にくくなります。

30代以上・キャリアアップを目指す人

DYM就職は若年層の未経験求人が多く、30代以上の求人は少なくなります。30代まではギリギリ紹介してもらえますが、数は少なくなり、自分の希望職種を紹介してもらえないこともあるでしょう。また、未経験求人は豊富ですが、キャリアアップのための求人はあまり期待できないかもしれません。

ネットを中心に転職活動したい人

DYM就職では、マイページがなくネット上での求人検索などができません。基本的には来社とLINE、電話が中心の転職活動となります。唯一使える現代的なアイテムはLINEだけなので、忙しくても自分のペースで探したい、一度にたくさんの求人をみたい人には向いていない可能性があります。

じっくりと検討しながら転職したい人

DYM就職は、やや体育会系で若者向けのノリがあります。その流れで、ときには強引に内定受諾や面接を勧められたと感じることもあるようです。応募後はサクサク進むためスピーディーに転職を目指す人にはよいですが、じっくりと検討したい人や長いスパンで活動したい人には向いていません。

まだ、転職の意志が固まっていないから、急かされると困るのよね~。
ボクは早めに正社員になりたいから、速い進み方がうれしい!入社までのサポートもしてくれるし、使ってよかった~!

 
↓↓じっくり進めたいならこちらのエージェントがおすすめ
【パソナキャリアの体験談】質の高いサポートが受けたい人にオススメ

転職を成功させるためにやっておきたいこと

転職の成功率を高めたいなら、DYM就職だけでなく複数の転職サービスも同時に使った方がいいです。その理由は3つ。

・求人の選択の幅が広がる。
・自分と相性の良いエージェントを見つけやすい。
・客観的に判断できる。

求人の選択の幅が広がる

複数の転職サービスに登録すれば見れる求人数が増えます。求人には公開・非公開・独占求人の3種類があります。公開求人は誰でも見れますが、非公開求人と独占求人は登録した人のみです。サービスに登録すればするほど選択の幅は広がりますが、多すぎても手間がかかります。3サイトくらい選ぶと良いです。

自分と相性の良いエージェントを見つけやすい

転職が成功するかは、どの転職サービスに登録するかではなく、極論いかに優秀なエージェントに出会えるかです。
1社だけで自分に合うエージェントを見つけられるかわかりませんし、エージェントを比較できた方が選びやすくなります。

客観的に判断できる

1社だけ登録していると「転職活動はこんなもの」と思うかもしれません。
いくつか登録をすることで、求人の質やエージェントの得意、不得意が見えてきます。様々な視点で客観的に判断できるので、自分に合った転職活動を進められますよ。

数社を比較しながら転職活動をすることで、転職の成功への可能性が高まります。

DYM就職とあわせておすすめできる転職サービス

DYM就職と同時に登録をおすすめする転職サービスを3つ紹介します。

doda


「doda」は、業界2位の求人数がある大手転職エージェントです!求人数は、公開・非公開合わせて10万件以上になります。豊富な求人数から選びたい人におすすめ。

アドバイザーから面接や職務経歴書の対策など、手厚いサポートを受けられます。

他にも、自分で求人を検索したり、企業から直接オファーがくるスカウトサービスを利用できます。
初めて転職活動をする人は、登録しておきたい1社です。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
「ハタラクティブ」は、20代転職・就職サポートに特化したエージェントです。
20代であればキャリアに関係なく求人を紹介してもらえます。

正社員未経験でも求人を紹介してもらえるので、フリーターの人も正社員になれる可能性があります。

面接では、経歴や職歴よりも人柄で選んでもらえるので、経歴が不安な人にもチャンスがありそうですね。

ただ、求人数が2,300件ほどなので、求人数が多い大手の転職エージェントを併用することをおすすめします。

リクナビネクスト

リクナビNEXT
「リクナビネクスト」は、業界最大手の転職サイトです。自分で求人を検索する、企業から直接オファーを受けるサービスになります。

エージェントのように担当者がつくことはありません。面接対策や年収の交渉などは自分で考える必要があります。

転職サイトは、自分のペースで転職活動をしていきたい人におすすめ。

エージェントに登録して、担当者から紹介された仕事が自分の希望とマッチしなければ、リクナビネクストでも探してみましょう。