転職先は辞めてから探す?辞める前に考えたいメリット・デメリット

転職するなら、まずは今の会社を辞めてから次の職場を探しますか?それとも転職先が決まってから辞めますか?会社を辞めたいと思ったとき、重要となるのは転職のタイミングです。今の会社を辞めてから転職先を探すにはメリットもありますが、デメリットもあり、転職活動に大きな影響を与えることもあります。

これから会社を辞めようと思っている人は、まずは立ち止まって辞めてから転職活動を行なうメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

仕事内容が合わないな・・・休みもなかなか取れないし・・・もう今の会社、すぐに辞めちゃおうかな~。

私も会社を辞めたいけど、辞めてから転職活動するのは大変そう・・・。

会社を辞めるタイミングは慎重に決めようね。まずは、金銭面や精神面、時間的余裕など、いろいろ検討してみよう!

会社を辞めてからの転職活動は不利?

出口
会社勤めをしていれば「今の会社をすぐに辞めたい!」という気持ちになることもあります。でも、そんなときは少しだけ我慢して、冷静にすぐに辞めても大丈夫か考えてみましょう。また反対に、辞めてから転職活動をしたいけど不安という人も、本当にすぐに辞めなくても大丈夫か、考える必要があります。

ブラック企業は辞めてからでもOK

ブラック企業に勤めている場合は、会社を辞めてから転職活動をしてもよいケースです。ブラック企業では、労働者を酷使して、適正な昇給や昇進もなく、勤務している分だけ心身を傷つける恐れがあります。まずはこれ以上心身に負担をかけないように、会社を辞めることが先決です。

ゲゲ!僕の会社、ブラック企業かも!やっぱり辞めてから転職活動した方がよさそうだ・・・。

まあ、慌てないで下の記事のチェックリストで確認してみるのもいいよ!

ブラック企業診断チェックリスト公開!今すぐ自分の労働環境を見直そう

行き当たりばったりで辞めるのはNG

「こんな仕事、していられるか!」「上司に怒られて、もう会社に行けない!」など、社会人にはつらいこともあるものです。でも、そんなときにそのときの思いや勢いだけで退職するのはおすすめできません。

本当に辞めたほうがよいとしても、ブラック企業や心身の不調などの問題がない場合には、1度冷静に考えてみましょう。とくに貯蓄や失業保険など、辞めてからの生活を考えることが大切です。辞めてから生活できなくなる場合には、転職先が決まってから辞めるほうが安心です。

確かに、ちょっと辞めてからの生活が心配なのよね~。でも、忙しくて転職活動と仕事を両立できるかしら?

仕事が忙しくて転職に時間を割けない人は?

仕事を辞めてから転職活動するのに不安がある人でも、実際には仕事が忙しくて在職中にできないことがあります。転職活動は、転職市場での価値を考えたり、求人探し、書類作成、求人応募、面接と手間も時間もかかるもの。しかも退職するとなれば、退職の手続きや引き継ぎなども行わなければならず、さらに現職が忙しくなります。

こうしたことを考えると、在職中に転職活動を積極的に行うのは難しいと思うかも知れません。そんなときには、適性診断や求人探しを自分の代わりにやってもらえるアプリやサービスを利用するのがおすすめです。転職系アプリやサービスを上手に活用することで、仕事の合間に転職活動をしてみましょう。

ミイダスなら、転職市場での自分の価値を知ることができるんだ。登録だけでもしておくといいよ!

@type の転職力診断テストでは、今の自分の適正年収が分かるのね。実際の年収が低過ぎたら、転職への踏ん切りがつきそう!

会社を辞めてから転職先を探すメリット

笑顔で退職
辞めてから転職活動をするのが不安な気持ちは当然です。しかし、なかには会社を辞めてから転職活動した方がよい理由やその方が有利な人もいます。ケースバイケースですが、場合によっては辞めてからの方がよい転職ができるかも知れません。

転職活動にじっくりと時間をかけられる

会社を辞めてから転職活動を行う最大のメリットは、時間を自由に使い、転職活動に専念できる点です。転職活動は自分だけの都合では進まず、相手企業とスケジュールをすり合わせながら面接の予定を立てたり入社日を決めたりします。

そのため、時間に余裕があり、相手の都合に合わせられる方が、効率よく活動できるのです。会社を辞めてからであれば、転職活動を最優先でき、よりスムーズに面接、入社日決定へと進められます。

うちの会社はなかなかのブラックでして…。転職しようにもハロワに行く暇すらありません。なので、仕方なくとりあえず退職しました。ちょっと不安はありましたけど、面接のときに「いつから来れる?」に「いつからでも!!」と即答できたからか、意外と早く次の仕事がみつかりました。

失業保険がもらえる

会社を辞めてから転職活動する際には、失業保険の給付金を受け取りながら活動を行えます。自己都合の場合、給付制限期間として3ヶ月は待たされますが、それでも経済的な大きな助けになるでしょう。自己都合退職でも、辞めた理由によっては会社都合と同じように給付制限期間なく、速やかに給付をスタートできることもあります。

↓↓自己都合退職の失業保険や給付制限期間についてはこちらもチェック!

失業保険は上手にもらう!自己都合退職時の受け取り方

資格取得やスキルアップの勉強もできる

会社を辞めてから転職活動をするならば、求人探しだけでなく、希望する職に就くための勉強もしやすくなります。転職する前に、通学や学習時間を確保することで、次の仕事に必要な資格やスキルを身に付けられて、自信を持って転職活動できそうです。

ずっと事務の仕事をしてきたのですが、経理に興味があって転職したいと思っていました。独学で簿記の資格にチャレンジしたけど、どうしても合格できず…今の会社を辞めてからスクールに通うことにしました。目標があるので、楽しく勉強でき、充実してます!

僕も何か勉強してみようかな?

いいね、その調子だ。近くにスクールがない場合には、通信講座という手もあるよ!資料請求から始めてみるのもいいね。

気分の切替ができる

在職中の会社が忙しすぎたり、人間関係などで悩む日々が続いていたりしたならば、とりあえず一旦退職して、気分をリセットしてから次の仕事のことを考えるのもよいかも知れません。特にブラック企業の場合、心を休める時間が必要です。心身が疲れた状態では、面接官にも疲れた印象を与えてしまうことがあります。まずは一休みをして、心と体を元気にしてから次のステップに移りましょう。

ずっと働きづめだったので、退職した後、家族で旅行に行きました。リフレッシュできたし、久しぶりに家族サービスもできてよかったです。これから転職活動をスタートします!

リセットしたら、次の一歩を踏み出そう!転職活動に不安がある人には、企業情報が豊富な転職エージェント「マイナビエージェント」がおすすめだよ!

会社を辞めてから探すデメリット

辛そうな男性
会社を辞めてから転職先を探すことには、デメリットもあります。転職活動しやすい反面、すぐに転職先が決まらなかったときに色々な問題が起こるかも知れません。メリットとデメリットを比較して、退職のタイミングを選びましょう。

経済的に心配がある

会社を辞めてから転職活動をスタートさせた場合、転職先が決まるまでは無職となります。当然、その間は無収入です。経済的に不安定な状態が続くと転職活動にも焦りが出て、手あたり次第に求人応募し、意にそぐわない条件でも内定に飛びついてしまい、転職に失敗することもあります。特に、失業保険がもらえない、金額が少ない、預貯金が少ないケースでありがちです。

退職してから半年…なかなか転職先が決まらない!!もう貯金もないし、失業保険も切れた!バイトでもいいから始めないと…(´;ω;`)

精神的に追い詰められる

無職期間というのは、長々と続くと精神的にきついものです。求人応募や面接を繰り返し、それでも決まらないときにはなおさらのこと。いつ決まるか分からない不安に心が追い込まれていきます。周りの人たちの目も気になりますし、やはり意にそぐわない会社の内定に飛びついて失敗することになりかねません。

時間ばかりが過ぎていって、無職の期間ばかりが増えていく…。親もうるさくなってきたし、応募しなきゃいけないのは分かるけど、落ちるたびに人格否定されてるみたいで辛い…

生活リズムが乱れがちになる

会社に勤めている間は、毎朝、早起きして出勤していたのに、無職になるとそれがなくなります。出勤しなくてよい日が続くと、つい怠惰な生活を送るようになり、生活リズムも乱れやすくなります。リズムが崩れたままの状態に慣れてしまうと、次の仕事が始まったときに体がきつくなるかも知れません。

計画性のない人だと思われかねない

退職してからの転職活動で注意したいのが、応募先の採用担当者に与える印象です。転職先を確保してから退職する人も多い中、辞めてからの転職活動は、計画性のない、後先考えられないと思われるおそれがあります。また、「先々のことを考えているのか」と家族や配偶者にも不安を感じさせてしまうかも知れません。

面接で無職期間について厳しく追及されました。やっぱり、会社辞めてから転職するのはきついのかなぁ…

「ミイダス」なら登録しておくと面接確約オファーが来るのね。忙しくても使えそうだから登録だけでもしておこうかしら?

20代は辞めてから転職先を探すべきか

20代の転職はまだまだポテンシャル入社が期待でき、求人数も多く、未経験でのチャンスも多くなります。ただし、まだ若く、働いてきた年数も少ないため、貯蓄が少なく、経済的に厳しくなることもあるようです。チャンスの多さと経済的な問題を踏まえて、退職と転職のタイミングを考えてみましょう。

チャンスを逃さないために辞めてから転職活動

転職市場でのチャンスが多いとはいえ、自分のとって魅力ある求人を逃すと大きな後悔につながります。せっかくチャンスが多い20代なら、チャンスを逃がさないために辞めてから転職活動した方がよいかも知れません。退職後であれば、入社時期を自由に設定することができ、転職活動がスムーズになります。

■第二新卒としての期待感で早期決定の可能性

20代は、第二新卒としての求人応募もまだ可能な年代です。第二新卒は浅いながらも社会人経験を持ち、若さもあるという転職市場でも人気の層となります。そのため、次の転職先も早期に決定する可能性が高く、辞めてからの転職でも焦らずに転職活動を進められるかもしれません。

辞めてしまうと経済的に大変になる可能性も

20代の辞めてからの転職活動は、経済的に大変になる可能性もあります。チャンスは多いものの、自分のスキルや適性、キャリアと合わない企業への応募を繰り返したり、高望みし過ぎると、なかなか決まらずに経済的に苦しくなってくることも。生活が苦しくなると焦って転職を失敗する恐れがあります。

■若いため貯蓄が少なく生活を維持しにくい

20代での転職は、それまでに稼いだ金額も少なく、貯蓄や失業保険の給付額、期間も少ない傾向です。そのため、無職状態では生活が維持できず、辞めてからの転職は厳しくなります。なかでも、独身で独り暮らしなどの場合、頼れる家族も支えてくれる配偶者もなく、すぐに困窮する可能性が高くなります。

20代の第二新卒に強い転職エージェント「マイナビジョブ20’s」か…。丁寧なサポートのマイナビだし、転職未経験で20代の僕に向いていそうだな…。

20代の転職についてもっと知りたい人はこちらの記事もチェックしてみよう!

20代の転職を成功させるには?求人事情と注意ポイントをチェック

30代は辞めてから転職先を探すべきか

30代は、貯蓄も実績もあるため辞めてからの転職もしやすそうにみえます。また、仕事をしながら転職活動をするには忙しすぎて、難しいこともあるでしょう。しかし、自分への期待値が高すぎて、思い通りの条件や職場がみつかりにくい可能性もあり、長期化する恐れもあります。30代では、経済的、実績面の有利さと働きながら転職できない状況、さらに場合によっては長期化の恐れがある点などがタイミング選びのポイントです。

メリットを活用して退職後に転職活動

30代は、20代と比べて貯蓄額も実績もあります。こうしたメリットを生かすことで、辞めてからのでも転職活動を有利に進められそうです。辞めてから始めることで、いつでも入社が可能となり、これまでの経験を生かして即戦力として活躍できます。

■経済的に余裕がある

30代は10年以上の社会人経験を持ち、その年数の分だけ20代と比べて貯蓄も多くなります。そのため、貯蓄を生かして辞めてから転職活動に集中することも可能です。また、勤続年数と月収も多いため、失業保険の給付額も多く、受給期間も長くなります。

■即戦力となれる

30代は社会人経験も長く、業界や職種での実践経験も積んでいます。そのため、転職市場では即戦力として高い評価を得られることも多くなります。誰かの抜けた穴を補うための求人や管理職求人もあり、高いスキルが求められることから収入や待遇面も期待できます

ただし、その求人数は少な目です。辞めてからの転職なら、すぐにでも入社できることから、急募求人にも対応でき、よい条件の数少ないポストを狙えます

30代は仕事が忙しい

30代は会社の要であり、仕事内容は多く難しいことも増えます。毎日忙しいため、在職中は転職活動もしにくくなりそうです。そのため、転職したいなら、辞めてから転職活動するしか選択肢がないこともあります。

■辞めるタイミングを選ぶ必要

責任ある立場にいる人は、引き継ぎも難しく、今の会社を辞めるのも大変です。退職のタイミング次第で今の会社とトラブルになることもあります。そのため、30代で重要なポストについている人は、じっくりと辞めるタイミングを選び、計画的に退職の準備をすることが必要です。

辞めたあと転職活動が長期化することも

30代の転職は有利な面もありますが、応募先をあまり厳選してしまうと思うとおりの職場がみつからず、転職活動が長期化することもあります。確かに年収アップを目指した転職も可能な30代ですが、謙虚さも必要です。また、30代では選ぶ仕事によっては20代よりも不利なこともあります。

■30代の転職は20代より不利な面も

30代の転職は、選べる転職先、仕事内容が限られてきます。特に、20代では可能だった未経験職種のポテンシャル転職は難しくなります。もしも未経験職にチャレンジしたいなら、給料などの条件面を維持するのは難しいと考えざるえません。

経験豊富な30代の転職なら、書類作成から面接対策までしてくれるリクルートエージェントがおすすめだ。非公開求人も多いよ!
私の経験やスキルをしっかり伝えるノウハウを教えてもらえそう!

30代の転職についてもっと詳しく知りたい人は下の記事もみてね!


30代の転職の進め方とは?成功ポイントとリスク

会社を辞めるタイミングは慎重に見極めて

届を提出
会社を辞めるタイミングは、その後の生活や転職活動に大きく響きます。会社を辞めてから転職活動するにはメリットもデメリットもあるので、冷静に判断して自分に合うタイミングを見極めましょう。もちろんブラック企業で心身が疲れ切ってしまった人は即退社もアリですが、それ以外の人は自分が動きやすく有利に転職しやすいタイミングで辞めることをおすすめします。