20代の転職を成功させるには?求人事情と注意ポイントをチェック

20代は、仕事もプライベートも楽しくなり始めた人も増える半面、転職を考える人も出始める頃です。「20代で転職は早いのではないか?」「次の仕事はあるのか?」などの悩みから実際の活動方法まで、20代の転職を成功させるために知っておきたい情報を紹介します。

20代の転職の理由と実態

20代の転職で多い理由としては、人間関係や仕事の内容、勤務時間や残業などいろいろありますが、根底に見えてくるのは「こんなはずではなかった」という入社前の希望や理想とのギャップです。

また、20代半ばくらいになると、ちょうど仕事に慣れてきて、自分の仕事や働き方などを振り返る余裕も出てきます。そんな時、ふと「このままで良いのか」「この先どうなるのか」と漠然とした不安に襲われ、転職を考えることもあるようです。

今まさにそんな悩みを抱えている人に、20代の転職市場の実態をお伝えします。ケースによっては転職を思いとどまった方が良いこともあるため、やむを得ない事情がある人以外はできるだけフラットな気持ちで読み進んでみてください。

20代の転職率

転職を考えている若い世代にとっては、まわりの人の考えや動向も気になるところです。自分以外にも転職を考えている人はいるのか、成功者はいるのか、今後の参考のために、20代の転職の傾向についてチェックしてみましょう。

離職状況が分かる情報としては、厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」という調査があります。各卒業年ごとの1年~3年目までの離職率が分かるのですが、平成26年大卒就職者では1年目までの離職率が12.2%、2年目までが22.8%、3年目までが32.2%という結果でした。

転職した方が良いのかどうかはともかくとして、少なくない数の人が20代で就職した企業を辞めている実態が分かります。

20代での転職は有利?不利?

大きな一歩を踏み出す

20代で転職を考える人、実際に会社を辞めてしまう人がいることは分かりましたが、20代の転職は有利なのでしょうか?速すぎる転職を問題視されて、新しい仕事が探しにくいことはないのでしょうか?企業から見た20代の応募者観や求人の傾向についてチェックしてみましょう。

第二新卒としてウェルカム

20代のうち、新卒~3年以内の人は第二新卒と呼ばれており、求人にも第二新卒向け求人というものがあります。第二新卒は、まだ即戦力ではないものの一応の社会人経験があり、ビジネスマナーは身についています。そのため、育成コストをかけずに若い人材を得られるという雇用する企業に大きなメリットがあるのです。また、前職の会社の色に染まり過ぎていないため、転職先に馴染みやすく、入社してから多くのことを吸収できるという点も評価されます。

未経験歓迎・ポテンシャル求人がある

20代では、それ以降の年代では少ない未経験歓迎の求人が数多くあります。やったことはないけど興味のある分野にチャレンジしやすく、前職とは違った業界や職種でも入りやすい環境です。20代後半になると実績や経験も必要になってきますが、それでもポテンシャルを重視した採用もまだまだ見込めます。

忍耐力や社会人の自覚をチェックされる

とても有利そうに見える20代の転職市場ですが、それに甘んじ、安易に転職するのはお勧めできません。履歴書や面接などでは、前職での勤続年数や転職回数、離職理由などをしっかりと見られ、忍耐力や社会人としての自覚を問われます。短期間で複数の転職をしていたり、転職理由が自分勝手だったりすると、採用しても続かないのではないかと思われて不採用になってしまうでしょう。

20代が退職したくなった時に考えてほしいこと

悩む

仕事でいろいろな悩みも出てくる20代、ふと辞めてしまいたいと思うこともあるでしょう。でも、そんな時には退職を決めてしまう前に、立ち止まって以下の点について考えてみましょう。辞めてから後悔しても遅いので、辞める決定は冷静に、そして慎重にすることが必要です。

3年未満で辞めるなら離職理由を明確に

あまりにも短すぎる勤続年数は、一般的に企業から「うちに来ても続かないのでは?」と思われて、敬遠されがちです。ただ、我慢し過ぎて心身を壊すことがあってはいけません。もしも、短い期間で退職せざるを得ない場合には、応募先企業の面接では、理由をきちんと説明しましょう。明確に話すことができ、面接担当者が納得できる内容であれば、短い勤続年数も問題視されにくくなります。

転職回数は少ない方が望ましい

20代の若さであまりにも多い転職はこらえ性のなさと見られがちです。辞めたいと思った時にすぐに行動してしまうと、退職後に就職活動するようになり、焦って合わない会社に決めてしまうこともあります。そうなるとさらに転職回数が増えてしまうので、転職を繰り返さないようにしっかりと準備をしてから退職することが大切です。

ただ、回数が多くても、勤続年数同様に、転職理由がしっかりしていれば問題視されないこともあります。特に3回以上の転職歴がある人は、理由を明確に言えるかどうかによって結果が変わるかも知れません。

20代後半女性の転職は慎重に

20代の求人市場は引く手あまたではありますが、性別によって若干の違いがあり、女性は注意が必要です。20代後半になると女性は採用が厳しくなり、転職がうまく行かないこともあります。これは、結婚や出産の適齢期であることが原因で、20代後半女性を採用してもすぐに辞めてしまうのではないかという企業側の不安の表れです。

また、女性側の懸念としては、転職先ですぐに妊娠した場合、育児休暇取得の可否があります。育児休業は原則的に企業がその申し出を断ることはできませんが、労使協定によって勤続1年未満の労働者を適用除外とすることは可能です。すぐに妊娠を希望している場合には、転職を踏みとどまるか、育休の取れる企業に再就職することを目指す必要があるかもしれません。

女性に特化した転職サイトもチェックを!

女性の転職をサポートしてくれるおすすめ転職サイトが検索できます。自分の希望する条件に合ったサイトを探してみましょう。

20代女性の転職サイトナビ

20代の転職先選びのポイント

20代で転職を考えるなら、業種も職種も経験、未経験に限らず豊富です。ただし、新天地でしっかりと腰を落ち着けて働くためには、慎重な選択が必要となります。

自己分析と職種の絞り込みが大切

転職先を選ぶ前段階として、自己分析と業種、職種の絞り込みをしましょう。これは、新卒の時に行ったのと同じようなものですが、一度社会に出た経験も踏まえて、自分のやりたいこと、なりたい将来像を具体的にしていきます。また、これまでの経験や実績を棚卸して、今後に生かせるスキルを整理しておきましょう。

やりたい仕事が明確にならないうちに転職してしまうと失敗するリスクとなるため、自分のやりたいことを具体的に絞り込むことも大切です。やりたいことが明確であればあるほど、面接でも採用後のビジョンを具体的に語って前向きな気持ちを伝えられます。

20代におすすめの転職サイト

転職サイトをチェックするのも、転職先選びに必要です。20代の転職におすすめのサイトをピックアップしてみました。

リクナビNEXT
求人掲載数が国内No.1でありながら転職決定数もNo.1なので実績も多く安心感があります。

リクナビNEXTに登録する

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録する

BIZREACH

BIZREACHに登録する

20代の転職準備

ステップ

20代で本気の転職を考えるにあたって、必要となる準備と準備を始めるタイミングをチェックしましょう。綿密で慎重な準備は、転職の成功につながる第一歩です。

退職前に準備と転職活動を

転職する場合に、最初に考えるのは「いつ前職を辞めるか」です。退職してから転職活動をする場合には時間に余裕ができますが、20代の転職では退職前に転職活動することをおすすめします。退職せずに履歴書などの準備をしたり、面接に行ったりするのは大変ですが、経済的に安定したまま活動できますし、辞めずにいればそれだけ社会人経験を積めます。

焦りは転職の失敗につながるため、収入を得られる環境にいながらの転職活動がおすすめです。企業研究から転職活動まで、インターネットで利用できるサービスを活用することで、時短しながら必要な準備ができます。

異業種への転職は調査を入念に

新しい業種へのチャレンジは胸の躍ることですが、異業種への転職では特に入念な調査が必要となります。業種によっては正社員の採用が少ないものがあったり、自分の想像とは違っていたりすることがあるためです。転職活動をする前に、最低でも採用基準や正社員求人の件数、求人の増える時期などをチェックしておきましょう。

年齢別採用面接戦略

転職活動が進み、面接までたどり着く前に、面接の対策もしっかりと行いましょう。20代では、前半と後半で若干攻略方法が変わります。年齢に応じた対策で面接を有利に進めましょう。

20代前半はポテンシャル重視で

経験が少ないことは当たり前の20代前半では、採用する企業側も即戦力を求めてはいません。20代前半であれば、ポテンシャル重視の求人が多くなるため、人柄や仕事へのやる気、姿勢を見せることが大切です。「人柄」というと分かりにくいかも知れませんが、例えば営業ではコミュニケーション能力、明るい笑顔、ストレスに強いなど、事務なら冷静さや細やかな気遣い、柔軟性などが見られます。

前職での経験や実績をアピールするだけでなく、面接での話し方や履歴書の文字などもチェック対象です。

20代後半はポテンシャル+スキルで

20代後半の転職では、ポテンシャルも見られますが、それなりに仕事の実績や経験も積んでいるので、それらも見られます。これまでの経験で得たスキルや成し遂げたこと、知識、資格などをまとめておき、具体的にアピールできるようにしておきましょう。

転職を考えた20代の人におすすめの本

仕事や人生に悩み、転職を考えだす20代の人に手に取ってほしいおすすめの本を紹介します。哲学的な内容からリアルな転職事情、具体的なノウハウまで、手取り足取り教えてくれます。

転職先を探す前に働き方と人生を改めて考える本

「働き方の哲学 360度の視点で仕事を考える」

より良い仕事人生を歩むために読んでほしい本。仕事に感じる身近な悩みから著名な実業家の言葉など、仕事にまつわるいろいろな内容が盛りだくさんで含まれています。

Amazonで見る

「10年後、後悔しないための自分の道の選び方」

これから先の最高の人生を歩むためのビジネスパーソンのための道しるべ。タイトル通り、10年後、後悔しないように20代のうちに手に取ってほしい本です。
Amazonで見る

今すぐ転職したい人にも悩んでいる人にも手に取ってほしい本

「20代のリアル転職読本」

リアルで具体的な転職市場の情報から仕事やキャリアに対する根本的な考え方まで、転職するしないに関わらず若いビジネスマンに読んでほしい本です。
Amazonで見る

より具体的な転職の仕方を知りたい人に

「会社を辞めるときの手続き マル得 ガイド」

特に退職時に必要となる手続きを優しく丸ごと解説。損をしない、不備のないスムーズな退職手続きで、自分も職場も気持ちよく次のステップへ移ることができそうです。

Amazonで見る

20代の転職はやり方次第で有利に進められる

20代はやり方次第では転職に最も向いている有利な世代と言えます。転職を考える人も増えてくる年代で、世間を見渡せば多くの転職仲間がいることも分かるでしょう。ただし、中には転職で失敗してしまう20代もいます。20代の転職を成功させたいなら、必要な情報を集めて事前準備をしっかりしてから、慎重に一歩一歩進むことが大切です。仕事を辞めるのは簡単かも知れませんが、後悔しても引き返せないことを忘れてはいけません。