30代の転職の進め方とは?成功ポイントとリスク

30代は、転職に適している年代だといわれがちです。確かに即戦力としてのスキルも経験もあり、社会人としても安定感のある30代。しかし、転職に有利といわれていても進め方によっては失敗することもあります。せっかくのチャンスを逃がさないために、適切な進め方を知っておきましょう。

先輩のような経験もスキルもある人は、良い転職先もたくさんあるんでしょうね?

確かに経験もスキルも積んできたけど、こういう時こそ転職は慎重に進めることが必要なのよ。

そうか、先輩のように実績のある30代だからこそ、慎重な進め方でチャンスを逃さないようにするんですね!

…なんで、あなたが私の年齢を知ってるのよ?

はっ!!

30代の転職は進め方が重要

キャリアのパズル

30代は、せっかくスキルや実績も積んでいて良い状況なので、慎重に進めていきたいもの。進め方が大切です。20代のようにやる気アピールや熱意だけで突き進むのは、正しい評価が得られない恐れがあります。賢く自分を高く評価してもらえる適切な進め方で転職を進めましょう。

30代の転職は自分の良さを生かした進め方で

30代は、実績やスキルもあり、正しく評価をしてもらうことが出来れば、有利な転職先や条件を得ることが可能な年代です。就職してからこれまで積み上げた実績を活かせる転職を目指しましょう。どちらかといえば、経験を生かして即戦力になれるような仕事が有利です。未経験の仕事を探す人も、社会人スキルを活かした転職を目指しましょう。

30代の転職はリスクを見越した進め方で

転職は、未経験はもちろん、経験ある仕事に就く場合でも、その職場としては新人扱いとなり、一から出直すことになるものです。少なくとも、新しい環境に馴染むまでは、そういった心構えが必要ですし給料なども下がる可能性があります。

メンタルや生活にリスクをもたらすこともあることを理解した上で、転職を進めましょう。特に30代になるとプライドや生活もあるため、新人扱いが辛いことも考えられます。また金銭面で家族が困ることがないように、転職期間の生活費などをどうするか話し合うことも大切です。

え~、有利だと思ってたのに、意外とリスクもあるんだ…。

30代ならではの進め方の失敗も

30代は、職場でも家庭でも20代とは違ったことが求められます。20代ならば、まだまだチームの一員として自分の業務だけを果たすだけでOKとされやすいものです。また、まだ独身で生活の心配などをせずに暮らしている人もいるでしょう。

ところが、30代になると仕事では、後輩の面倒を見た理チームのまとめ役になったりと業務の範囲も広がります。また、家族を持ち、教育費や生活費など、自分の収入の増減が家族の生活にも影響を与えるようになります。こうした現状を踏まえずに転職活動を行なうと後で慌てたり後悔したりといったこともあるようです。

急ぎすぎ・忙しすぎ

30代は会社で中心的存在です。自分の仕事だけでなく、後輩の教育やチームリーダーなどのマネジメント業務など、忙しくなります。転職にかける時間も限られ、思うように活動できないこともあるでしょう。

そのため、30代の転職活動は現職と平行してできるよう計画的に進めることが必要となります。転職活動の時間がないからといって慌てて辞めるのも危険です。家族の生活を脅かすことなく、自分の時間を有効活用した進め方の工夫を考えましょう。

実績アピールしすぎ

30代の転職は、実績やスキルを正当に評価してもらうことで成功が近づきます。しかし、これまでの実績をアピールしすぎるのも考え物です。書類や面接で自己アピールを詰め込みすぎると、採用担当者を辟易させることになりかねません。

自己アピールでは企業が求める実績やスキルをピンポイントに伝えることが大切です。また、あまりにも語りすぎると、自慢話になることもあります。また、入社後も過去の実績に捉われて謙虚な姿勢を忘れることのないようにしましょう。

家族から不満の声も

30代は結婚して家族やパートナーがいることも多くなります。そのため、ひとりで転職を始めようとした時に、家族から不満や不安を訴えられることも多いものです。家族に協力してもらい、良い環境で転職活動するには、事前に家族の不満や不安について話し合い、納得を得ることが必要となります。

家族の合意を得られないで転職活動を始めるのは、今後の家族関係に影を落とす恐れもあるため、おすすめできません。

30代後半からは厳しいという声も

30代後半は特に、実績やスキルがないままで転職を始めると失敗しやすくなります。熱意や思い切りだけでは通用しにくくなるため、未経験の職種はおすすめできません。また、これまでのキャリアの積み方に一貫性がなく、自分の強みをアピール出来ない人も注意が必要です。

30代後半の転職の進め方としてはキャリアをベースとしたマネジメント職を中心として、自分のスキルを活かせるポストをピンポイントに狙うのが良いでしょう。

もう、僕は怖くて将来、転職なんて考えられないですぅ!

大丈夫!正しい進め方さえ知っていれば、30代は有利に転職することも可能なのよ!

30代が後悔しない転職の進め方

PC検索する女性

30代の転職で失敗しないためには、準備段階から実際の転職活動、入社後まで細やかな対策が必要です。転職活動を始める前に、それぞれの段階での進め方をチェックしておきましょう。

準備

転職活動は、準備期間に行なったことが反映し、どれだけ準備を頑張ったかで成否が決まることもあるほどです。30代はプライドや自信もあるため、準備を怠る人もいますが、スムーズな転職のためには新卒の頃のように慎重に準備をしましょう。

■スキルのたな卸し

30代になると、スキルや実績も増えて、自分の方向性やアピールポイントが見えにくくなることもあります。これまでやってきた仕事内容を掘り下げて自分の適性や本当にやりたいこと、将来のキャリアプランの計画を明確にしましょう。

■書類作成

応募書類は、自分のことを最初にアピールする重要な資料であり、自分を売り込む営業マンのようなものです。自分のアピールしたいことに絞り込み、分かりやすい書類を作りましょう。志望動機や自己PRは重視される点です。くどくならないように、要点をコンパクトにまとめて、書類をパッと見た時に担当者に内容が伝わりやすく作るのがポイントです。

リクルートエージェントは書類作成から手伝ってくれるんだ~。

面接対策もしてもらえるし、非公開求人も多いのよ。

 リクルートエージェントはこちらから

■家族とも話し合いを

家族持ちの多い30代は、まず始めに家族と話し合いをして、了解を得てから転職活動を始めましょう。生活に必要な費用や将来の計画など、不安にさせないように説明する必要があります。

また、そういった説明ができないような不安定な状態で転職活動を始めるのは、自分自身にとってもリスキーです。見通しや計画など、不安要素は消してから転職活動を始めましょう。

活動

実際に転職活動を行う際は、事前に立てた計画に沿って行ないます。転職のスケジュールは余裕を持って、入社の希望時期から逆算して決めます。入社予定日前には引継ぎも終えていられるように、今の職場での退職準備も進めておく必要があります。

■求人の絞込みと応募

求人の絞り込みは、絶対に外せない条件を中心に行います。譲れる条件では妥協も必要です。全く譲歩をしないでいると、選択肢が狭くなり自ら転職活動の厳しくしてしまう恐れがあります。

書類は、できれば1社ごとの特徴と求める人材に合わせて作成・提出を目指したいものです。1社ごと入念に企業研究を行うことで自分との相性も分かり、本当に自分を求めてくれて、自分に必要なポストや企業を見つけられるでしょう。また転職したくならないように、マッチングミスしやすい「数うちゃ当たる」のような応募は避けましょう

■面接

面接では言いたいポイントを絞って回答をまとめておきましょう。長々と語るのではなく、企業が必要としているスキルを端的に伝えます。実績や資格に自信があっても、自慢していると思われないように、謙虚な気持ちで面接を受けることも大切です。

type転職エージェントは、30代全体に対応してくれて、求人探しや面接に不安がある人も安心の丁寧なサポートが魅力よ!

type転職エージェントはこちらから

内定と入社

内定まで来たら、あとは入社を待つだけですが、ここでも気を抜かずに最後まで慎重に進めましょう。30代の転職では、むしろここからが難しいこともあります。内定から入社までの期間はおおよそ限られるため現職との調整が必要です。

ある程度入社日はこちらの希望も聞いてもらえますが、長すぎると良い顔をされないこともあります。現職で責任ある立場に就いている人も多いので、引き継ぎの期間などを十分に取って、慎重に入社日を決定しましょう。

■内定をもらったら

希望の企業から内定をもらえれば、うれしくなるのは仕方ないこと。でも、その場の勢いで入社の意思を伝えてはいけません。特に口頭のみの内定や約束事を交わすことは避けましょう。まずは書面で条件などを提示してもらい、納得した上で回答します。

■退社と入社

内定が出たら、今の会社に退職の意思を伝え、その引継ぎ・手続き等にかかる期間を踏まえて入社日を決めます。入社日の目安は内定から1ヶ月前後。在職中に内定が出ても、大抵の企業では約1か月前に退職の意思を伝えるルールになっているため1か月程度は大体の企業で待ってもらえるでしょう。

ただし、転職先によってはもっと短いことも、2~3か月ほど待ってもらえることもあります。また、面接の際に入社日を聞かれた場合には、転職先にできるだけ合わせたい旨は伝えてもOKですが、その場で具体的に答えるのは避けましょう

交渉ごとが苦手な人は条件や入社日の交渉まで代行してくれる転職エージェントを使うと安心よ!

30代の転職を成功させるポイント

転職は、在籍中の勤務先と転職先企業の意向、そもそも採用面接に通らないなど、自分の思い通りにならないことが多いものです。そのため、予定を立てることや良いタイミングを自分だけで選ぶことは難しくなりますが、できるだけ計画通りに進むように努力することが必要となります。

退職できそうなタイミングを選ぶ

転職では、長くお世話になった会社を辞めるというアクションが必ずあります。何らかの理由で嫌になった会社かも知れませんが、今までいろいろな経験を積ませてもらったのですから最後まで迷惑をかけないようにしましょう。退職のタイミングによっては、同僚や上司に迷惑をかけることもあります。基本的には、繁忙期やプロジェクトの最中、ボーナス時期を避けるのが社会人としてのルール・マナーです。

家族と人生設計をなおざりにしない

仕事のやりがいや将来のキャリアは、自分だけの問題のように思えますが、家族を持っている30代にとっては家族の問題でもあります。転職する場合には、家族が将来や生活に不安を感じないように、話し合うことが必要です。

また、将来にわたってのキャリアプランなどもしっかり考えた上で、自分のキャリアに役立つ転職を目指すことも大切になります。勢いで転職を考えたり転職を有利にするほどのキャリアが無かったりする人は、考え直すことやもう少し転職の時期をずらし、キャリア形成のために時間を使うことも必要です。

30代後半からは管理職転職も検討を

30代前半なら即戦力プレーヤーとしての転職も良いですが、30代後半からは管理職を狙った転職も検討してみましょう。また、30代前半でもマネジメント経験が豊富なら、管理職を目指してみても良いかも知れません。プレーヤーとしての経験を活かして同業同職種の管理職も良いですが、未経験業種などでもマネジメント経験さえあればチャンスはあります。

JACリクルートメントは、マネジメント経験やキャリアを積んできた30代にピッタリね。

すごい!管理職やハイクラス求人ばかりの転職エージェントですね!

JACリクルートメントはこちらから

1人で進められないなら転職エージェントを使う

転職活動をサポートしてくれて、入社日や年収などの交渉も代行してくれる転職エージェントは、30代転職におすすめのサービスです。エージェントを使った進め方なら、自分の良さをしっかりと企業に伝えてもらい、高い評価を得られたり、より良い転職先を見つけられたりすることもあります。良いチャンスであり、失敗できない転職だからこそ、積極的に便利なサービスを利用し、サポートを受けましょう。

リクルートエージェントは、求人数が多く、丁寧なサポートも受けられるから、どの転職エージェントにするか迷った時にもおすすめよ!

 リクルートエージェントはこちらから

30代の転職は丁寧な進め方を

喜ぶ女性

30代は仕事が忙しく、転職活動も効率良い進め方が必要です。また、家族や現職場への影響も考えて円満に進めなければいけません。スムーズな転職を目指すなら、十分な準備を行い、使えるサービスは積極的に活用することが必要です。