30代男性の転職は不安?リスクと成功のヒントを紹介

30代男性の転職は、有利といわれることがあったり、思わぬリスクによって失敗したりする恐れもあります。30代で転職を考えるなら、リスクと成功のための対策を理解しておきましょう。男性によって30代はチャンスの年代かも知れませんが、安易な転職は危険です。

ぼくはこの会社に一生を捧げるぞ!

今はそう思っていても、30代になって仕事ができるようになると転職したくなるかもね。30代は転職のビッグチャンスなんていわれることもあるんだよ

そういわれると迷うなぁ…

30代男性の転職のチャンスは?

転職 30代 男性
30代男性は会社で主戦力となる存在です。責任のある仕事も増え、やりがいも出てくる年代となります。しかし、そんな忙しくも充実したビジネスライフを送っているにも関わらず、ふと転職を考える人もいるでしょう。

また、同世代の出世や将来の不安などが気になる年代でもありますよね。順風満帆な人ばかりとはいえない現代では、こうした理由から転職をする30代男性が増えているようです。

成功している人も多い30代男性の転職

30代男性の転職は、ベストタイミングといわれることも多いものです。ビジネスマンとしての知識や常識、専門知識も豊富で、まさに「脂がのった」状態。転職でもそういったビジネスマンとしてのスキルが認められ、成功するケースも多くなります。

未経験と経験者の違いも

30代男性の転職では、次の仕事に未経験のものを選ぶかどうかで大きな違いが出てきます。未経験転職では転職成功のハードルは上がり、年収は下がりやすい傾向にあります。

このことから、30代の男性としての良さを生かすには、経験のある即戦力として転職するのが望ましいでしょう。

30代男性の転職は難しい?前半と後半での違いは?

いわゆる30代でも、35歳までの30代前半と36歳以上の30代後半では企業が求める人材も違い、需要も変わります。そのため、転職のしやすさや求人のタイプもそれぞれ異なるようです。

即戦力需要の高い30代前半

30代前半は転職市場で最も需要が高いといって良いでしょう。若くエネルギーにあふれ、即戦力としての実力も兼ね備えています。経験者としてはもちろんのこと、未経転職への最後のチャンスとされている年齢です。

管理職メインの30代後半

30代でも後半に差し掛かるとそれまでとは需要や求人内容も変わってきます。30代後半は、即戦力のプレーヤーを目指すというよりは、キャリアを元に管理職を目指す方向にシフトしましょう。

注意したいのは、お給料も高くなり、柔軟性が減って転職先に馴染めないのではないかと思うことで企業が敬遠しがちだという点です。転職をするなら、年齢以上の価値をアピールする必要があります。

転職をした(したい)30代男性の本音

成功していることも多い30代男性の転職ですが、誰でもどんなやり方でも成功するとはいえません。30代で転職したいなら、同じ境遇の人の声からコツを学んで、活かしましょう。意外と苦労もあるようなので、リスクを知るため、厳しい声も知っておくと良いでしょう。

良い口コミも多い

30代男性の転職活動はうまく行くことも多く、転職先や条件も選べることまであるようです。

何社か採用通知はもらいましたが、「二度と転職しないだろう職場」を探し求めた結果、3ヶ月後に
「給料は前職より高い」「通勤が非常に便利」「完全週休二日」「残業あまりない」「退職金や福利厚生の条件が良い」
などといった、夢のような会社と運良く出会う事が出来、3回の面接を通過して採用を頂く事が出来ました。(別業界ですが営業職です)

参照元:教えてgoo

いくつも内定をもらえて、転職先を選べるなんてすごい!

2カ月くらいですかね。 同僚たちは半年くらいで決まってましたよ。

人によると思いますが、複数の求人情報をりようする必要がある場合が多いと思います。

年に3回程求人が増える時期があるみたいです。

5月~7月、 9月~11月、2月~3月です。 目安ですけどね。

欠員や、業務拡大等のタイミングがチャンスなので根気よく転職活動をつづけるのがよいですよ。

参照元:yahoo知恵袋

「30代後半で成功した人」への質問のベストアンサーだよ。やり方によっては、30代後半でも意外とあっさりと決まる人もいるようだね。

大変という声も

30代の転職は大変だという意見も多いものです。

転職市場においては、
30代前半であれば、何らかの職業経験があるとみなされます。
今まで培ってきた経験をもとに転職するのが普通です。

30歳前半の方が、
>将来社会で戦っていける技術を身に付けていけるようなところに転職がしたい
なんていうって、?????です。

参照元:yahoo知恵袋

転職したい人へ向けた回答だね。なかなか厳しい物いいだけど、30代を迎えて「これから技術を身に着けたい」というのでは甘いと思われることもあるようだ。

転職する前は人間関係にも恵まれていて、また従事していた仕事も自分に合っていたので、現職の採用が決まった際も、転職するかどうかをとても悩みました。しかし家族を支える者なので、好きなことだけをやって生きていくのは止め、家族の将来のためにと思い転職に踏み切りました。
しかし、転職してみると、休日は増え労働時間は大きく減ったものの、収入も大きく減り、生活がままならなくなってしまいました

参照元:教えてgoo

家族のために転職したのに、裏目に出てしまうなんて…。30代の転職って難しいんだな。

30代は好きなことをしたいだけでなく、家族の生活が懸かっていることもある。だからこそ、成功するためには慎重に行動しなければいけないね。

30代男性が転職で成功するためには

転職 30代 男性
30代男性が転職で成功するためには、30代の良さをしっかりとアピールし、企業から欲しいと思われる人材になる必要があります。また、転職に良い時期ではありますが、自分の条件を全て叶えようとしてはいけません。成功のためには、ある程度の取捨選択が必要なこともあります。

スキルの棚卸と志望動機の整理を

30代なら、自分のスキルや適性が明確になっており、将来のキャリアも描けるようになっていて欲しいもの。自分がこれから伸ばしていきたいスキルをこれまでの実績や適性から抽出しましょう。

また、自分がなぜ転職したいかを明確にすることも大切です。目的がはっきりすると、転職の方向性も決まりますし、面接でも転職理由として答えやすくなります。

即戦力と協調性が必要

30代男性の転職では、企業は即戦力を求めつつも、自社に馴染む柔軟性や協調性を求める傾向があります。自分の実績やスキルを活かして業務を能動的に進められる推進力は必要ですが、それだけでは社内で浮いてしまうかも知れません。そのため、まずは他の社員から学ぶ姿勢を持って自ら歩み寄り、誰からでも知識や、やり方を吸収することも大切です。

譲れない条件は絞り込む

即戦力や管理職として自信を持って転職活動に臨むのは良いですが、条件にこだわり過ぎると決まらない可能性もあります。条件をすべてかなえようとせず、絞り込んで外せないものだけを仕事探しに反映させましょう。

仕事内容や年収、勤務時間、休日、福利厚生など、全ての条件を書き出し、自分が絶対に外れないもの、妥協しても良いと思うものに分けてみましょう。30代後半で未経験転職の場合には特に条件が厳しくなり、年収ダウンは避けることが難しいかもしれません。

ひとりでできない時は転職のプロに相談を

スキルの棚卸や自分の適性、志望動機の整理、条件の絞り込みなど、1人でうまくできない場合には、転職のプロに相談するのも良いでしょう。転職エージェントなら、転職相談から求人紹介、面接や入社日の調整までやってくれます。キャリア相談もできて、棚卸もしやすく、忙しい中での転職も効率的に進められそうです。

20代~30代向けの転職エージェントなら、マイナビエージェントがいいな。二人三脚で転職活動ができて、転職相談も丁寧に対応してもらえるらしい。

マイナビエージェントはこちらから

リクルートエージェントは最大手の転職エージェント。

その中には「ハイキャリア・グローバルコンサルティングサービス」という管理職特化型の転職支援サービスもあるんだ。

リクルートエージェントはこちらから

30代男性が転職したくなる理由とリスク

30代男性が転職したくなる原因は色々ありますが、転職でそれが解消できるかどうかは分かりません。ましてや、そんな理由で転職したらうまく行かないのでは?というケースもあります。まずはリスクを把握して、場合によっては転職が本当に必要かどうかも振り返りましょう。

年収と待遇

30代の男性の中には年収アップのために転職する人は多いものです。ところが、実際には今までよりも高い年収で雇用されることばかりではなく、ダウンすることもあります。30代後半では特に、自分の実績や目指す道次第では良い条件の転職先がなく、転職活動が長期化するリスクも高くなるかも知れません。

ワークバランスの改善

仕事と家庭の両立は30代男性にとっては重要な問題です。30代は結婚や出産の時期と重なり、家族で過ごす時間も大切にしたいと思うタイミングでもあります。何を大切にするかにもよりますが、重視する条件によっては年収など他の条件を譲歩する必要もあるでしょう。

また、家族での時間を増やしたいという希望は、志望動機としてはやる気がないと思われるリスクもあります。志望理由をいう時は、仕事を減らして家族の時間を増やしたいとダイレクトに伝えるのではなく、仕事の効率化を目指したいなど、言葉を置き換える工夫も必要です。

最後のチャンスとして

多くの男性が「最後の転職のチャンス!」と感じている30代。これまで、転職をずっと考えてきたのであれば、確かに良いタイミングであり、最後のチャンスかも知れません。しかし、ただ単に「最後だから」という焦りや確固たる理由がないままに転職するのはおすすめできません

これまでの集大成として満を持しての転職以外の人は、もう一度転職の必要性から考え直してみましょう。本当はしなくても良い転職をすれば、後で後悔する可能性も高くなります。踏みとどまるのも自分の将来のために必要なことです。

君のように「チャンス」といわれて浮足立ってしまうのは危険なんだね。

失敗したくないので、ずっと先輩に付いていきます~

…(自分自身で冷静に目指すべき道を考えて転職するかどうか決めようね、という意味なんだが…)

30代男性の転職はやり方次第でチャンスに

30代男性は、転職をするのにちょうど良い「脂ののった」状態です。そのため有利な条件の転職もあり、ついその気になってしまうこともあるでしょう。転職準備を一人でするのが不安な人には転職エージェントが役立つのでおすすめ。エージェントも条件の良い30代男性の転職には特に積極的に取り組む傾向です。

ただし、安易な転職は失敗のリスクにもなりかねません。本気で転職をしたいなら、自分の適性や将来像を見極めて、準備をした上で転職活動を始めましょう。