「ご尽力」は上司やお世話になった人へのメールに使おう!意味や使い方を徹底解説

ご尽力

「ご尽力」とは文字通り”力を尽くす”ということ

新人

先輩が資料作成を手伝ってくれた、プレゼン成功しました〜!
ちょと、ちょっと!私はあなたの友達じゃないのよ!「ご尽力いただきありがとうございます」くらいいえないの?

先輩

新人

すいません!ご尽力いただきありがとうございます

「ご尽力」とは、目上の人が力を尽くしてくれたことに対し、敬意をもって感謝の気持ちを表現する言葉です。
ややかしこまった言い回しになるため、日常会話というよりはビジネスメールなどで使われることも多いです。

主に上司や先輩など、目上の人に使う「ご尽力」ですが、ビジネスシーンでは感謝の気持ちを表すことは大変重要であり、場面に応じた言葉選びは必須スキルとも言えます。「ご尽力」に似た意味を持つ言葉も抑えておくことで、表現の幅も広がります。

「ご尽力」の類語(言い換え表現)
・お骨折り
・お力添え
・ご助力

「ご尽力」の詳しい意味と、「お力添え」との違いとは

「ご尽力」の詳しい意味は、言葉を分解してみるとよくわかります。
「尽力」は「力を尽くす」や「努力する」という意味ですが、目上の人に対して使う場合には、尊敬語である「ご」を接頭辞として結合させます。
そうすることで、「相手(目上の人)が自分に対して力を尽くしてくれたこと」を敬意をもって感謝する表現となるのです。

接頭辞「ご」を抜いて「尽力」のみにすると、自分自身が精一杯力を尽くすことを表します。目上の人へ使う場合には「ご尽力」を、自分の努力を表現したい場合には「尽力」と使い分けましょう。

「ご尽力」と「お力添え」使用するシーンに注意

先ほど「ご尽力」と似た意味を持つ言葉に「お力添え」があることをご紹介しましたが、使用する場合には注意が必要です。

「お力添え」は、上司など目上の敬意を払う相手に援助をしてもらいたい時や、された時に使う謙譲語です。「より一層のお力添えをお願い致します」など、こちらもビジネスシーンではよく利用される言葉です。

「尽力」は言い方によって、相手を敬う言葉にもなりますし、自分に対しても使うことが可能な一方、「お力添え」は相手からの助けを指す時だけに使用する言葉です。接頭辞「お」を抜いたとしても自分に対して使うことはできません。

そして、「ご尽力」も「お力添え」も助けてもらったことに対して使いますが、簡単に言い表すと「ご尽力」は「努力」、「お力添え」は「援助」と、助力の度合いが違い、「ご尽力」の方が重い意味を持つことがわかります。

軽い手助け程度で「ご尽力」を使ってしまうと、嫌味に捉えられてしまうこともありますから、相手にどの程度助けてもらったのかを判断して使い分けましょう。

「ご尽力」の正しい使い方

言葉の意味や使用するシーンについて理解していただいたところで、実際に例文を通して、正しい「ご尽力」の使い方を学びましょう。

目上の人に対して「ご尽力」を使う際の例文

ビジネスシーンでは、目上の人に感謝したり頼みごとをしたりする場面が必ずあります。そんな時にビジネスメールで活躍する「ご尽力」のパターンをいくつかご紹介していきましょう。

例文
・ご尽力いただきありがとうございます

上司や先輩など、目上の人が自分に対して力を尽くしてくれたことへの感謝の気持ちを、最大級に表す時に使います。
「ご尽力」に、「してもらう」を謙譲語にした「いただき」を付けることで、より丁寧に相手への敬意を表す言葉となるのです。

例文
・先輩のご尽力のおかげでコンペで勝つことができました

目上の人が力を尽くしてくれたことで勝利を掴むことができた時には、「ご尽力のおかげで」を使いましょう。
相手の功績を最大限に称えるとともに、感謝の気持ちも表すことができます。

例文
・これもひとえにあなたのご尽力の賜物です

「ご尽力の賜物」は、目上の人が力を尽くしてくれたことによって成果を挙げられた時に使います。
先ほどの「ご尽力のおかげで」と意味は似ていますが、ややかしこまった印象になるため、日常会話の中ではあまり使われません。書き言葉として、ビジネスメールや手紙などに用いられる場合が多いです。

例文
・ご尽力いただけますよう、お願い申し上げます

自分に対して「尽力」を使う際の例文

自分の行為に使う時には「尽力」を用います。努力や、やる気を表現する「尽力」のパターンを例文でご紹介していきます。

例文
・尽力させていただく所存です

「尽力させていただく」は、精一杯頑張りたい!努力したい!という気持ちを表す時に使います。「思う」の謙譲語である「所存」を付けることで、自分の決意をへりくだって伝えることができます。

例文
・このプレゼンのために尽力いたします

新しいことを始める時に抱負として使用されるのが、この「尽力いたします」です。この例文の場合には、プレゼンのメンバーとして努力していきたいという意味で用いられています。

例文
・このプロジェクトのためなら、尽力は惜しみません

「尽力を惜しまない」は、物事に一生懸命に取り組むことを表しているので、強い決意を表現する際に使います。
プロジェクトにかける意気込みがよく伝わってきますね。

「ご尽力」の類語・言い換え表現

「お力添え」以外にも、目上の人に感謝を伝える言葉や自分の努力を伝える言葉にはさまざまなものがあります。語彙力を広げ、ビジネスメールで活用する為にも、例文とともに覚えておきましょう。

相手に使う場合

・お骨折り

例文1
「お骨折りをいただき誠にありがとうございます」
自分の為に時間を割いてくれたことを骨と見立て、目上の人が努力してくれたことを「お骨折り」と表現します。

・ご支援

例文2
「これもひとえに○○様のご支援の賜物と心より感謝しております」
上司や先輩にはもちろん、取引先の相手などに感謝を伝える際に使われます。

自分に使う場合


・精進

例文
「今後も精進を重ねていきたいと思っております」
努力し続けることを意味する「精進」も、ビジネスシーンではお馴染みの言葉です。

「ご尽力」の英語表現

「ご尽力」は英語で・・・
your hard work, your effort
と表現できます。

目上の人に対して「ご尽力」を使う際の例文はこちら!

・Thank you for your hard work.
⇒ご尽力いただきありがとうございます。
・I was able to win the competition thanks to your hard work, senior.
⇒先輩のご尽力のおかげでコンペで勝つことができました。
・This is also the result of your hard work.
⇒これもひとえにあなたのご尽力の賜物です。

自分に対して「尽力」を使う際の例文はこちら!

・I put some hard work into this presentation.
⇒(私は)このプレゼンのために尽力いたします。
・When it comes to this project I will spare no effort.
⇒(私は)このプロジェクトのためなら、尽力は惜しみません。

「ご尽力」や「お力添え」はビジネスメールで目上の人に送ろう!

ビジネスマンとして円滑にコミュニケーションを取るには、正しい言葉づかいが重要です。
特に目上の人へ使用する「ご尽力」や「お力添え」に関しては、使い方を間違えることのないようにしましょう。
ビジネスメールでは、言葉の選び方ひとつで文章の伝わり方が変わってしまいます。言葉一つで印象アップも可能なので、相手と良好な関係を築いていくためにも、
目上の人とのメールでお礼を述べる際には「ご尽力」を正しく使いこなしましょう!