【短編小説】2回目のスタートライン☆第9話

2回目のスタートライン_9話

チエの場合②~いろいろな幸せの形

トラブル?

電話する男性

「す、すみません。シバサキさんは今日、お休みなんです…」

無期雇用派遣社員として派遣された営業部。

サポート役のシバサキさんがお休みの時に限って、突発的なトラブル発生! どうしよ、ヤバくない?

どうやら前から依頼されていた書類があって、取引先の都合で約束していた日よりも早く必要になったらしい。

…って、今日中にほしいってこと? え、ムリムリ。だって、シバサキさんお休みだし。

「どうしようかな。困ったな、今日中にほしいって言われちゃったんだよな、先方から…」

電話口で困っているのは、シバサキさんに仕事を頼んでいた営業部員。

取引先ってことは、契約の成否に関わっちゃうかもしれない。タイヘンだ!!

「私にできるなら、やります! 申し訳ありませんが、シバサキさん以外でこの件を把握している方を教えてください!」

「え…君、新人さんのチエちゃんだよね? …大丈夫かなぁ…」

…さあ、どうでしょう? でも、お子さんが病気のシバサキさんにSOSするわけいかないし、取引先に迷惑かけることもできないじゃん!!

「大丈夫です! ピンチに強いんです、私!」

あ~あ、言っちゃったよ。チエ、そんなに熱血漢じゃないんだけどな~…。

まだまだ


それから3時間半あまり、営業部内にいる人を片っ端から捕まえて、聞いてはデータ打ち込んで、また聞いて…。

仕事に関するファイルは部内で共有されているから、シバサキさん以外にも聞くことはできるんだけど…みんな忙しいから、なかなか進まない!

時々催促の電話が入って、「まだ? 何時までにできそう…?」と不安げに聞かれ、不甲斐なさを感じた…。

シバサキさんなら、他の社員さんなら、もっとスムーズにできたはずなのに…。

慣れない仕事だし、孤独で不安だし、文字打ち遅くてまどろっこしいし、オフィスソフトの機能使いこなせなくて効率悪いし…。

え~ん…もっと仕事できるようになりたいよ!

「どう? 進んでる?」と再三にわたる催促の電話。

電話口なのに伝わる焦燥感と「あーあ、シバサキさんいたらな~」という無言のガッカリ感が伝わってくるみたい。

ダメだ、被害妄想じゃん。精神的に追い詰められている。これじゃ、いつものチエじゃない!

落ち着こう、大丈夫、チエはやればできるマンなんだから。

今、3分の2以上出来てきて、後は同じような内容だし…うん、今までよりはきっと早いペースで行けるはず。

「はい! あと大体1時間くらいで終わります! お待たせして申し訳ありません!」

「あ、ホントに? 分かった、じゃあ、頼むよ」

目安時間を伝えたら、電話の声がちょっと明るくなったような気がする。…よかった、さっさと片づけよう!

「チエちゃん、私も手が空いたから手伝うよ。分担しよう、どこをやればいい?」

「私もいいよ~、がんばろう!」

「ありがとうございます! じゃあ…」

他の人も手伝いに来てくれて、結局1時間かからずに完了、書類は無事に届けられた。

なんだかワケが分からないうちに過ぎた1日。でも…なんだろうな、楽しかったような気がする。

働くのって楽しい…かも?

手をつなぐ

1日の業務を終えて、デスク周りを整理整頓。

女子力高いチエとしては、忙しくても手を抜かないのだ、エッヘン。

さて、帰ろうかな、と立ち上がったら、営業の人たちが次々と帰還してきた。

「チエちゃ~ん! 今日はありがとう! ほんッとうに助かったよ!!

あ、間に合ったんだ。よかった。

「あ…いえいえ、シバサキさんみたいに素早くできなくて、すみませんでした…

「なに言ってるの! すごく助かったよ~。」

大声で言うから、周りの社員さんも集まってきちゃったよ。

「本当だよね、新人さんにしては手際良かったし、これでシバサキさんも安心してお休み取れるよね」

みんなが口々に褒めてくれる。

多少は盛ってくれてるんだろうけど、ねぎらいの言葉がうれしい。

人の役に立つのって楽しいな。

「今日はゆっくり休んで、また明日ね」

「はい!」

疲れたけど、それも気持ちいい。きっとご飯がおいしいよ。

でも、同時に自分ができないことが多いと分かって、悔しくもあった

あ~もう、明日、分からなかったところシバサキさんに聞こう、勉強しよう。

明日は今日よりももっとできるようになる!

もっと誰かに喜んでもらえるように。

幸せの形って?

佇む女性

「昨日は大変だったんだって? 引継ぎしておけば良かったね、ごめんね」

「いえいえ、いい経験できました。それに、普段から仕事の内容は共有しているから、すぐに教えてもらえましたし」

翌日、シバサキさんにランチごちそうになって、ねぎらわれた。

お子さんは元気になったらしくお休みは1日のみで復活。働くママは大変だなぁ。

「これからも迷惑かけちゃうことがあるけど、よろしくね」

「はい!」

シバサキさんが忙しくても大変でも、他の人に迷惑をかけちゃうことがあっても仕事を続けるのは、昨日みたいな達成感や充実感があるからなのかも知れない。

確かに頼られて、感謝されて、チームワークで助け合って仕事するのは、ちょっと楽しかった…ような気がする。

変だな、仕事なんて適当に選んで、素敵なエリート見つけて結婚して、楽な暮らしがしたいだけだったのに。

大変なことの中にも楽しいことがあるなんて。

「シバサキさん。仕事って大変ですよね」

「そうね、でも楽しいよね」

「大変なのに、楽しいって変ですね」

「そうかな…頑張ってやったことが認められたり、うまく行ったりするのは最高の幸せじゃない?」

シバサキさんが笑顔で胸張って言う。

うん、確かにそういう幸せもあるんだなって素直に思う。

ビジネスウーマン爆誕?

「チエが仕事に目覚めた?」

「あ~、明日は赤い雪が降るね」

「どうせ3日坊主でしょ? いくら賭ける?」

「みんな3日坊主にかけるから、賭けにならないわ~」

みんな何よ何よ。そこまで言うことないじゃない!

だいたい、アキとカスミに(一応)感謝をこめて連絡したら、「チエが仕事に目覚めた」記念でみんなでお祝いしようということになったんだよ?

それなのに、みんな顔を合わせたら悪態ばっかり。

「でもさ、チエはエリート掴まえて悠々自適な生活するんでしょ?」ニヤニヤしながらカスミが言う。

意外にも、いつも目の敵にしてくるアキは何も言わずに、機嫌が良さそうだった。

「エリートは探すよ、もちろん。でも、共働きにしてもらうかもなぁ~」

「お金持ちと結婚したら、チエが働く必要なくない?」

「お金のためだけに働くんじゃないよ!やりがいのために働くんだ!

タクミとマサトは、不気味なものを見るような目でこちらをうかがっている。

失礼な! チエだって楽したいばかりじゃないんだからね。

「仕事って、やればやっただけ自信や充実感が返ってくるんだよね。恋愛とは違ってさ」

アキ…可愛い女の子に取られた元彼のこと、根に持ってるな。

「アキ…恋愛もやればやっただけ、返ってくるものはあると思うよ。やっぱり仕事と同じで、相性あるけど」

恐る恐るそう言うと、アキはきょとんとした後、苦笑いした。

「…アンタ、やっぱりワケ分からないわ。私たち、本当に違うタイプの人間なのねぇ」

「そ、そんなぁ」

「でも、救われることがないとも言えない」

「ん? ん~? ないとも言えない? 結局どっちだ…」

頭を抱える私を見て、満足そうに微笑むアキ。やっぱり女の友情って難しすぎる。

すると、遠巻きにしていたマサトが意を決したように近づいてきたんだ。

「アキ、悪いけど、今度時間取れないかな?」

お、いよいよ告白か?(わくわく)

でも、みんないる前でおかしくない?(ドキドキ)

「ちょっと相談したいことがあってさ「ほら! チエはこっち! 邪魔しないの~!」

ちょうどいいところでカスミが来て、アキとマサトがいるテーブルからチエを引きはがす。

え~いいとこだったのにぃ。…がんばれよ、マサト。

その後、あの二人はエラく真剣そうな顔でボソボソと話してた。

う~ん、やっぱり恋の告白って感じじゃなかったのかな?ちぇっ、残念。

最終話に続く
2回目のスタートライン_最終話【短編小説】2回目のスタートライン☆最終話

執筆:chewy編集部 みや (@miya11122258