経理の転職ならエージェントがおすすめ!選び方と人気のエージェント会社を教えます

転職エージェントは、経理のような専門職に就きたい人の転職にはピッタリのパートナーです。専門的な部署や職種に就きたい人や自分の経験や実績を高く買ってほしい時には、転職エージェントの丁寧なアシストや企業との太いパイプが役立ちます。経理の転職を考えている人も、転職エージェントを使うとより有利に効果的に転職できそうです。

転職エージェントで経理職に就く方法

転職エージェントは、細やかなサービス内容が特徴です。転職サイトのように自分で企業探しや面接日などの調整をする必要もありません。就きたい職種が決まっていて狭い条件から職探しをしなければいけないケースでも、エージェントが企業を絞り込んでおすすめしてくれます。

そのため、経理に就きたいと考えて転職活動している人も、エージェントを利用すると効率よく企業探しができます。また、日程調整などの手間を省けるため、自分は企業研究や自己分析などに精を出せそうです。ただし、エージェントにもそれぞれに特徴や個性があり、自分の求める方向性に合ったエージェントを選ばなければいけません。

口コミ評判の良いエージェントを探す

転職エージェントを探すなら、実際に使ってみた評判で使い勝手を知るのが効率的です。まずは口コミで評判を確認し、評判の良い転職エージェントをピックアップしましょう。口コミを見れば、「○○職に強い」や「面接対策が丁寧だった」「あまり紹介してもらえなかった」などのサービスの傾向や質も大体分かります。

未経験者は未経験求人が多いエージェントを探す

未経験で経理に転職する人には、未経験転職に強いエージェントがおすすめです。転職エージェントには未経験OKの応募企業をたくさん持っているところやキャリア転職に強いところなど、転職者層が偏っていることがあります。未経験で転職するなら未経験者OKの経理募集が多いエージェントに登録することが大切です。

経験者はハイクラス求人でキャリアも目指す

経理経験者のキャリアアップのための転職には、ハイクラス求人の多い転職エージェントを選びましょう。実績のある経験者の転職は、普通の転職サイトや幅広い転職者層を持つエージェントでも対応可能ですが、ハイクラス求人の多いエージェントを選ぶことでより高みを目指した転職が叶うかも知れません。高いポストや大企業など、ステップアップのチャンスを紹介してもらえる可能性があります。

経理の転職にエージェントを使うメリット

書面で交渉

経理の転職でエージェントを使うメリットを確認しておきましょう。「転職にはエージェントがよさそう」と漠然と選ぶのではなく、メリットを知っておき、それを使いこなして転職に活かすのが賢いやり方です。転職情報や企業へのアプローチのテクニックの伝授など、細やかなサポートが得られます。

より踏み込んだ詳しい情報が得られる

経理の転職にエージェントを使うメリットは、専門分野に特化したノウハウやパイプを活用できる点です。転職エージェントは、転職サイトよりも応募企業の事情に踏み込んでいることが多く、内部の詳しい情報を知るチャンスが多いものです。

そのため、通常では知りえない業界情報や企業内情報などを聞けて、転職先選びに活かせることがあります。希望が決まっていないなら広く浅い転職情報も大切ですが、狙いがピンポイントに「経理職」なのですから、狭くても濃い「経理職に関する」転職情報が必要なのです。

書類の添削や面接講習が受けられる

経理職は長く同じ企業に勤めてキャリアを積むことも多い職種です。そのため、転職経験の少ない人も多く、キャリア自体は長くても転職経験の少なさから有利に立ち回れないことがあります。そんな時でもエージェントならば書類の添削から面接講習まで受けられ、初めての転職でもしっかりアピールして自分の実績やスキルを伝えられるノウハウを身につけられます

日程の調整をしてくれる

転職は前の職場を退職せずに準備を始めることが多く、その場合、限られた時間の中たくさんのことを平行して進める必要があります。エージェントなら面接の日程調整の連絡を代わりにしてもらえて、しかも応募先企業にはなかなか言えない「電話は〇時以降にしてほしい」といったお願いまでできます。また、電話での交渉が下手の人も「面接日を週末にしてほしい」「時間外で対応してほしい」などの要望を伝えて交渉してもらえます。

不採用でも落ちた原因を教えてもらえる

転職エージェントの魅力としては、不採用の際も面接経験などが無駄にならない点があります。エージェントを通して応募すると、企業のフィードバックをリアルに聞くことができるのです。「○○が足りなかった」「○○な点がわが社とマッチしなかった」などの落ちた原因がわかるため、次の対策へ活かせます

自分に合う企業を探してもらえる

転職エージェントでは、自分に合う企業を自分で探す手間がなく、的な分析によるマッチングで的確な転職先探しをしてもらえます。エージェントと企業は丁寧に打ち合わせをしているので、エージェントは企業が欲しい人材を知っています。そのため、相性の齟齬が少なく、よりピンポイントな企業を紹介してもらえるのです。

経理職と一つの括りで言われますが、その内情、仕事内容は各社全く違うこともあります。そのため、こうした丁寧に掘り下げたマッチングが非常に役立つのです。自分に合う企業の規模やカラーはもちろん、与えられる予定の仕事内容や将来のキャリア設計まで丁寧にすり合わせをしてミスマッチを防ぎます

特化型転職エージェントで経理の転職を目指すには

経理

特化型の転職エージェントの魅力は、専門分野に特化した求人やノウハウの充実です。経験者はもちろん、未経験者の求人も意外とあるので、幅広いキャリアの人が使えます。全体数は少なくなるものの、一般的な転職サイトやエージェントでは見られないコアな求人に出会える可能性があります。

たくさんの経理求人に出会える

経理特化型エージェントは当然、経理の求人情報が豊富です。未公開の掘り出しものや様々な業種の経理職に出会えるチャンスが広がります。厳しい条件を掲げている人も、母数が大きいので条件に合う会社が見つかりやすくなるでしょう。

経理の転職のノウハウに長けている

経理の転職で効果的な書類の書き方やアピール方法まで、面接に合格するためのノウハウに長けています。自己分析がまだの人も、自分の適性やスキル、経験の中からアピールした方が良い点などを一緒に考えてもらえるでしょう。

未経験転職でも経理を目指せる「ジャスネット」

経理特化型の転職エージェントで、たくさんの求人数と丁寧なカウンセリング、二人三脚で成功を目指す姿勢が魅力です。厳しいことが多い未経験者や途中で経理職を離れていた人などの転職成功例もあります。また、キャリアや公認会計士や税理士などの士業の転職も手掛けています。

ジャスネットの公式サイトはこちら

キャリアアップ向け求人「レックス」

公認会計士、税理士をはじめ、経理・財務の転職を手掛ける転職エージェントです。全体的に経理経験者や公認会計士や税理士資格取得者の求人が多く、キャリアアップを目指す人に合っています。上場企業や海外への赴任など、責任が大きくエキサイティングな仕事もあります。

レックスアドバイザーズはこちら

大手転職エージェントで経理の転職を目指すには

経理特化ではない転職エージェントで経理の転職を目指すこともできます。大手エージェントなら登録企業数や求人数はかなりの多さで、経理以外の職種もありますが経理職求人もたくさんあります。

圧倒的な企業数・求人数

大手転職エージェントの魅力は企業数、求人数の多さです。他の職種も多いけど比例して経理職の求人も多く、選べる範囲が広くなります。有名転職エージェントであれば大企業の募集も豊富で、さまざまな道を探せそうです。

未経験者に優しい柔軟な職種選びが可能

未経験の経理への転職は経験者よりも難しくなる傾向ですが、幅広いジャンルを持つ転職エージェントであれば「経理・総務」や「経理アシスタント」といった未経験でもOKとなる領域の求人も探してもらいやすくなります。特化型と比べて専門性は低くなりますが、その分応募者に高い専門性を求めない企業とも出会える可能性があるのです。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

転職市場最大手といっても過言ではないリクルート系の転職エージェントです。実績ナンバーワンで非公開求人数は10万件以上と言われています。対話を大切にしたキャリアサポートで細かい不安にも答えてもらえ、初めての転職にも安心です。

リクルートエージェントはこちら

年間18,000人以上の転職成功「DODA」

DODAも転職市場大手で、年間18,000人以上の転職サポート実績を持っています。大きな特徴は2人の担当者がいる点です。ともに寄り添い成功までサポートするキャリアアドバイザーと企業側に深く関わり企業ごとのアドバイスを適宜行う採用プロジェクト担当が、それぞれの方向から的確なアドバイスをしてくれます。

DODA公式サイトはこちら

派遣会社にも正社員を目指せるチャンスが

雇用契約書

転職エージェントとは少し違ったサービスと雇用形態にはなりますが、派遣会社にも経理で正社員を目指せるチャンスがあります。雇用形態や入社までの手順が通常の採用とは違います。

派遣会社とエージェントの違い

派遣会社は派遣元が雇い主、エージェントは入社先が雇い主という違いがあります。派遣会社に登録して、そこから派遣先へと働きに行くイメージです。そもそも派遣会社に雇われている立場なので派遣先が合わない時でも次へ移りやすいメリットがあります。ただし、一般的な派遣社員が派遣先の正社員になることはありません。

紹介予定派遣で正社員の道へ

派遣会社で正社員を目指せる道としては、紹介予定派遣があります。紹介予定派遣は最初の数か月を派遣社員として働き、その後派遣先と直接契約を結ぶというシステムです。将来的に正社員になれるチャンスとして人気のある働き方です。

紹介予定派遣なら働いてから道を決められる

紹介予定派遣の良さは、入社前に働いて実際の雰囲気や仕事を知ることができる点です。派遣期間は仕事や職場に慣れる期間でもあり、お互いに相性を見る期間でもあります。正式に入社したらカンタンには辞められませんし、辞めた後失業者となってしまうので、現場を肌で感じられるチャンスは非常にありがたいものです。

紹介予定派遣なら未経験でもハードルが低め

紹介予定派遣では最初の派遣期間があり、未経験でもその間に経験を積むことができます。そのため、未経験でもチャレンジできる経理求人もあります。働きながらスキルを磨いて実力がついてから入社という流れなら、求職者にも企業側にも納得のいく形で未経験者の入社を実現できそうです。

経理の転職にエージェントを使う時の注意点

転職エージェントは便利な面もありますが、上手に活かせないと弊害になることもあります。自分に合うエージェントに出会ってしっかり使いこなすための注意点を押さえておきましょう。エージェントはそれぞれに個性的なので、見極めが肝心です。

複数のエージェントを比較する

転職エージェントを利用する場合には、複数のエージェントに登録をしてみて比較することが大切です。自分との相性や使い勝手、紹介される仕事の内容などをチェックして、実際の転職活動に使えるところをピックアップします。

知識豊富なコンサルタントのいるエージェントを選ぶ

転職エージェントのスタッフは転職のプロと思われがちですが、人材サービスの世界は玉石混合、中には素人のようなスタッフもいます。知識の有無を問うために面談をした際などに少し突っ込んだ質問などをして明確な答えが返ってくるかチェックしてみましょう。

また、自分の意にそぐわない企業をごり押ししてくるようなそぶりのあるスタッフにも注意が必要となります。エージェントは採用につながらないと報酬が発生しないビジネスです。そのため、自分の成績のみを考えて転職者の意向を重視してくれない自分勝手なスタッフもいるものです。

ひどいエージェントは切り捨てたとしても、上記のような弊害が起こる可能性は残ります。活動していく中で相手の意見に流されないように自身でも注意していくことが必要です。

いくつかのエージェントを併用する

転職エージェントを絞り込むとしても、活動中は一つのエージェントにこだわらずいくつかのエージェントを平行して使うことがおすすめです。大手が多いエージェントとベンチャーの多いエージェント、大規模エージェントと特化型エージェント、というように違ったタイプを平行することで常に選択肢を広くしておけます。

担当者は変えても良い

転職エージェントでは担当のコンサルタントが付きますが、担当者が合わない場合は変更のお願いをしても良いことになっています。変えてもらうのは悪いような気がして遠慮してしまう人もいますが、担当者の変更はよくあることで問題はありません。ただし、変更のお願いをする際は前任者の悪口などは言わずに「他の方の意見も聞きたい」などとやんわり伝える配慮は必要です。

経理の転職はサービス充実のエージェントで

握手

経理のように専門性の高い職種の転職は、相手企業とのやり取りをスムーズにしてくれる転職エージェントを使うのがおすすめです。エージェントを利用することで、自分の能力を応募企業に伝えやすくなったり、スケジュール調整などの手間を省いたりと様々なメリットが得られます。ただし、転職エージェントを選ぶ際は慎重な見極めが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください