転職で後悔した人は多い!失敗しないための予防策と乗り越える方法

転職はうまく行くことばかりではなく失敗して後悔することもあるものです。人生の大きなターニングポイントであり、多くの人は慎重に進めていきますが、それでも決断や選択次第で後悔する結果になることもあります。

転職を後悔してる人は多い?

転職を後悔している人は意外に多いようです。もともと前の職場に不満があったり、もっと成長したいと思ったりして転職したのでしょうが、職場を移っても不満が解消されないばかりか、前以上に不満を持つこともあります。また、給料が理由で転職して昇給したにも関わらず、それ以外の面で不満が出て後悔するパターンも見られます。

これは辞めてから気づいたことなのですが。。
今の職場はなあなあ。
「いいよいいよそれで。それ以上は求めないから」って感じでやりがいも何もありません。
時間的余裕、休みに関しては今の方がいいのですが、やりがいとなると最悪です。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5765827.html

特に新卒入社後初めての転職の場合、このように前の職場の良さに「辞めてから気づく」ことは多いものです。他の職場を見ることでどれだけ前の職場が良かったか、改めて知るのでしょう。

出戻りを希望する人も

転職を後悔し始めると同時に前の職場が良く思えてきて、出戻りしたいと思うようになる人もいます。不満があったはずですが、前の職場の方が現状より良く思えることもあるようです。また、思い出を美化してしまい、不満があったことをなし崩しに忘れてしまうこともあります。

退職しなければ良かったかなーって言ったら、残業もあったし、会議で帰ってくるのが夜中の12時、1時はおかしい・・メニエールにもなったのだから、そんな風に思わないようにって言われましたが、なんだかすっきりしません・・
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/3611523.html

いくら環境が悪くても退職を後悔してしまう人はいるようです。

転職を繰り返すようになる人も

転職先で我慢ができなくなると、また次の転職を考える人もいます。今働いている職場がいやだという理由だけで転職する場合、次の転職先を慌てて決めたり「今の職場じゃなければいいや」と安易に選んだりして再び失敗する可能性が高くなります。このように転職を繰り返す人をジョブホッパーといい、人事担当者にあまり良い印象を与えません。

転職を後悔した理由・原因は?

破棄

仕事に期待することや楽しいと思うことが人それぞれならば、転職を後悔する理由もそれぞれに違います。しかし、転職した後で不満や不安を覚えるタイミングや内容には共通点もあります。

以下に仕事内容、待遇、人間関係の3つに分けて「後悔した理由」をまとめてみました。それぞれに細かい内容は違いますが、そこに共通するポイントや原因があることにお気づきでしょうか?

仕事内容

経験が活かせない

即戦力としてキャリアアップを目指した転職でよくある不満です。求人内容や面接での話とは違い、実際に任された仕事はこれまでの経験が活かせない仕事だったため、転職早々困ることになります。未経験でも仲間がいれば違うのでしょうが、慣れない職場で頼れる人もいません。仕事は進まず期待に応えられない不安と活かしたかった経験の持ち腐れによるストレスを感じます。

違う部署や職種に就かされた

入社前に希望していたのと違う部署などに回されたり、違う職種に就かされたりすることも不満の原因です。せっかく期待していた仕事ができると思ったのに、やりがいもやる気も沸かなくなってしまいます。

忙しさについていけない

希望の仕事はできたけど、入社前に予想していたよりも残業が多かったり仕事がきつかったりした場合も、後悔しやすくなります。オンオフがない状態で会社以外でも仕事のことを考えてしまい、気持ちが休まらないこともあります。

待遇・労働条件

面接時と条件が違っていた

待遇や労働条件が面接時の話と違っていた場合には、不満だけでなく不信感も募ります。待遇の悪さも問題ですが、会社の対応に納得がいかず「ここで頑張ろう」という気持ちも失せてしまいそうです。

休暇を取りにくい環境だった

条件として提示されたものに間違いがなくても、実際には休暇が取りにくい、定時で帰りにくいなど、環境が許さない場合もあります。せっかく良い条件であってもそれを利用できなければ後悔の原因となるでしょう。

体質が古い

入社してみたら、体質が古て男女差別が激しかったり、新しい変化を好まないため、新しい試みの提案を受け入れてもらえなかったりすることもあります。

試用期間が長くて条件が悪い

定められた試用期間が長く、その間はきつい条件で労働することになると、最初は納得していた場合でも挫折して後悔することもあります。

人間関係

即戦力として期待されすぎてプレッシャー

経験者の転職では即戦力として入社することも多いものです。キャリアを活かせて年収アップなども見込めますが、他の社員などから期待されすぎたり、高いレベルを当然のように求められたりする可能性もあります。プレッシャーを楽しめるなら良いですが、過剰なプレッシャーはストレスになります。

入社前の説明や印象と実際の職場の空気が違う

入社前の説明で人間関係が良いと聞かされていてもそうではないこともあります。外から見た印象では分からないこともあり、実際に入社してみたら働きやすい雰囲気ではなかったと落胆するケースは多いものです。

意見を受け入れてもらえない

入社間もないうちはプロパー社員との関係が浅く、前職の実績を生かしたくても意見が通らないこともあります。期待されているから頑張りたいとは思っても、仕事を任せてもらえないなどジレンマに陥りがちです。

転職での後悔の共通点とは

転職で後悔している内容を具体的に見ていくと、「こんなはずではなかった」と思っている人が多いことが分かります。面接時の話や求人内容、企業情報などから判断した内容と実際が違うと感じて後悔しているようです。また、採用担当者の話や求人情報などでは分かりにくい部分で思うように行かず、後悔している人もいます。

後悔の原因にある共通点
・面接での話と実際の働き方に齟齬がある
・自分が想像していた境遇と実際の境遇に齟齬がある
・人や意識、環境などのソフト面の不満も多い

転職で後悔しないためにやっておくこと

ハートを持つ女性

転職で後悔しないためには、安易な気持ちで転職を決めず、目的意識を持つことが第一に必要なことです。また、これまで見てきた後悔の原因に焦点を絞り、不満がないように対策する必要もあります。

転職活動前に転職の目的を明確にしておく

転職の基本として目的やキャリアの方向性を明確にすることが大切です。希望する方向が定まらず目的のない転職は、覚悟もできないため不満が出やすくなります。将来自分がどうなりたいか、キャリアのためにどんな仕事をしたいか・すべきかをはっきりと思い描けるようにしておきましょう。

社風や社内環境は多方面からチェックを

社風や社内環境は見えにくい部分ですが、十分なリサーチでチェックしておくことが重要です。一般的に誰でも見られる転職サイトの情報だけでなく、口コミサイトや掲示板なども活用します。

また、転職エージェントや転職アプリを利用するのも良いでしょう。エージェントでは担当企業に深く関わって内部状況を知っているスタッフがいることも多く、アプリには実際に働いている人にアプローチして話を聞けるサービスなどもあります。

即戦力採用も気持ちは新人のつもりで

経験や実績があって即戦力として採用された場合でも最初からでしゃばらない方が人間関係を作る上では利口な対応と言えそうです。新しい職場には、もしかしたら生え抜きで転職者をなかなか受け入れられない人もいるかも知れません。

そんな中では関係を築くまではでしゃばらず、じっと様子を伺いましょう。新人としてわきまえた態度でいれば、同僚たちも好感を持つようになり徐々に仕事も任せてもらえるようになるはずです。最初は慌てずにチャンスを待ち、出番が来たところで力を発揮すれば良いのです。

入社前に就業規則や条件は確認しておく

入社前後で待遇や条件が違っていた場合にも書面で確認していれば上司や人事に訴えることができます。残業や給料の面は聞きにくいものですが、入社前に確認するのは絶対です。内定をもらってからなら合否にも響かないので恐れずに確認しておきましょう。

どうしても自分では聞きにくいという人は、交渉しにくい給与面などのやり取りまでしてくれる転職エージェントや人材サービス会社に登録して転職活動をするのも手です。条件交渉だけでなく面接の日程調整など、採用までの過程でも役立ちます。

大手転職エージェントDODAはこちら
人材サービス「パソナ」はこちらから

転職で後悔したらやってみたいこと

転職で後悔して「また転職したいな」と思っている人もいるでしょう。今の職場に不満がある場合には次のステップとして他の職場を考えたくなりますが、次のステップは「転職」だけではありません。慎重にこれからの人生を考えて正しいステップを選びましょう。

前職に戻りたい人がやりたいこと

現職に後悔して前職に戻りたいと思っても、安直に行動してはいけません。前の職場に戻るのを諦める必要もありませんが、非常に難しいと考えておいた方が良いでしょう。

前職を辞めた理由を振り返る

前職に戻りたいと思った人は、まずはそこを辞めた理由を振り返ってみましょう。きっと何らかの不満や不安「もう続けられない」という理由があったはずです。前職に戻りたいという思いが単なる感傷や過去の思い出の美化に由来するなら、戻るのはお勧めできません。戻れたとしても、その不満などの原因が残ったままでは再び転職したくなる可能性が高くなります。

反対に会社か自分に前職を離れる原因がなくなっている場合には戻ってもうまく行きそうです。また、前職場に戻る理由として正当性が認められ、スムーズに戻れる可能性も高くなります。

復職を頼み込んでみることも

前職への思いが単なる感傷でないなら、復職を頼み込んでみるのも一つの手です。信頼できる上司などに相談して、ポストに空きがないか確認してみましょう。企業の規模にもよりますが、過去の実績の評価が高ければ戻れるチャンスを作ってもらえる可能性はあります。

ただし、場合によっては門前払いにあうこともありますし、戻れても配属が変わったり人間関係がぎくしゃくしたりすることもあるため、かなりの覚悟が必要です。

仕事内容に不満がある人がやりたいこと

転職先で仕事に不満がある人は自分の不満は一旦横に置いておいて、「一からスタートする」気持ちで新しい職場でいろいろな礎を築く必要があります。確かに最初が肝心と飛ばしたい気持ちはあるでしょうが、反発に遭ってしまっては元も子もありません。

まずはコツコツと実績作りから

いきなりでしゃばると反発される恐れがあると前述した通り、最初はアピールよりも地道な実績作りから行うことをおすすめします。回りの人には転職者が過去にどんな素晴らしい仕事をしてきたか知りません。そのため、最初は新人よろしく控えめに行動し、任された仕事では全力を尽くし実力を見せるようにしましょう。また、「前職ではこうだった」などの言動はプロパー社員から特に嫌がられます。

人間関係に不満がある人がやりたいこと

人間関係は一朝一夕で出来上がるものではありません。腰を据えて長いスパンで改善していくことが必要となります。確かに仲良くなるまではキツイものですが、こちらの意識を変えれば割り切って関係を築くことに力を注げるかもしれません。

慌てて仲良くなろうとしない

基本的に、焦って仲良くなろうとしても仲良くなれるわけではありません。そのため、急に距離を詰めることはせず大人として節度をもって近づくようにしましょう。根本的に「人間関係の形成は時間がかかる」と考え、「今日は作業の連携がうまくいった」「今日は○○さんと協力できた」と低いレベルでも積み重ねができたことに満足して過ごすとストレスも軽減されます。

待遇面に不満がある人がやりたいこと

待遇面の不満や不安は本来入社前の書類などで解消できるものですが、それがない場合には自ら動いて解決に当たる必要があります。

上司や人事に相談を

書面での確認を怠った場合には自分にも責任がありますが、まずは相談して解決を目指します。上司や人事に相談をして、齟齬を指摘してみましょう。

解決できなかったら再転職も

話し合いで解決できなくて、条件に納得できなければ再転職も視野に入れます。給料などの条件は生活に関わるため、我慢して済む問題ではありません。

ただ、最初に上司などに掛け合った事実があれば、問題解決の実績が残せて次の転職で「解決しようとしなかったのか」と突っ込まれにくくなります。そのためにもまずは相談、ダメなら転職、の順序は守ることが大切です。

こうした条件面の交渉や相談が苦手で、後悔しそうだと不安な人は紹介予定派遣でじっくりと見極めるチャンスを持つのも一つの選択肢です。紹介予定派遣なら、条件面の交渉は派遣元がやってくれますし、直接雇用になる前に会社で実際に働いてみることもできます。

派遣の「パソナ」公式サイトはこちら

準備万端で後悔しない転職を

やじるし

転職では後悔する人が多いものですが、その多くが準備や対策を怠っていたり、やっておくべきことを知らなかったりします。後悔しない転職を目指すには転職準備を慎重に行い、必要な知識を備えておくことが大切です。また自分でできない場合には転職エージェントや人材サービスの会社を活用することも考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください