転職で成功するには?必要な準備とうまくいく秘訣

転職は、成功させないと一大事。生活や人生がかかった問題なので、成功は絶対条件です。ところが、なかなかうまく行かずに転職活動が長引いたり、転職を繰り返したりしてしまう人もいます。

これからの人生をより楽しく、豊かなものにするために、成功のポイントを見つけましょう。

転職で成功したいなら成功者から学ぼう

転職で成功するためには、やみくもに活動するだけではいけません。成功のためのポイントを効率よく見つけ、それを実行することが大切です。転職の成功とはその人にとって満足できる職場を見つけ、能力を活かして快適に働けるということ。人によって一生の仕事になる場合もありますが、そうではなくキャリアの一歩として役立てたいという人もいます。

いずれにせよ、「今の会社が嫌なだけ」「どこでもいいから」と転職するのでは成功しません。成功を導く方法が分からない場合には、実際に成功した人をお手本にして学んでみてはいかがでしょうか。成功者のルールを真似ることで自分も成功を引き寄せることができそうです。

成功者の傾向を読み取る

成功者から学ぶのは、その人たちの行動の傾向です。転職のために実際に何をしたか、どんな風にしたか、やり方や転職の流れを学び、自分の活動に取り入れましょう。

成功者の考え方を真似る

転職で成功する人は考え方も違います。気持ちは前向きで自分のキャリアをしっかりと見つめ、企業の求めているものを探ろうとしています。考え方を真似することで、より自信を持って転職活動を進めることができ、応募先企業からも魅力的な人間に見られるかも知れません。

転職で成功する人と失敗する人の違いは何?

分岐点

転職の成功者から学ぶには、転職で失敗する人との比較をしてみるのも良いでしょう。成功と失敗の分かれ道は、小さいことや目につきにくい部分が大きく関係しています。

広い視野を持っているかどうか

転職で成功するためには、広い視野やこだわりのない姿勢が必要です。成功する人はやりたい仕事内容や将来のキャリア形成の目標を大局的に見定め、目先の年収などの条件はこだわり過ぎず柔軟に考えています。

失敗する人は、些細なことまでこだわったり、優先度の低い条件も切り捨てられなかったりと選択肢を自分で狭めてしまいます。視野が狭いため思わぬ業種や職種にキャリアを活かせる場があった時に見逃すこともあります。成功者は転職の手段もさまざまな選択肢を考えます。

転職理由と心構えが明確かどうか

転職では柔軟性も必要ですが、心構えだけは明確にしておきたいものです。自分の転職の理由や目的、転職でかなえたいことはしっかりと見えていますか?進む道があいまいでは迷子になるのと同じで、転職でも成功は難しいでしょう。「なんとなく転職したいな」という考えでは、面接でも転職理由に明瞭な回答ができず不利になります。

書類と面接準備が入念かどうか

転職で重要となるのは応募書類と面接です。応募書類は最初に応募先企業の目に触れるものであり、自分の代理人のようなものです。成功者は企業の求める情報を過不足なく与えて、採用したいと思わせる内容を準備します。

書類や面接準備がいい加減では企業の採用担当者の目にも止まらず、面接では本当にこの会社で働きたいのか疑われます。未経験で書類作成方法や面接での答え方が分からない場合には、転職エージェントでのアドバイスなどを積極的に活用します。

転職の成功者がやっていたこと3つ

転職を成功させた人が具体的にやっていた3つのことを紹介します。転職活動を成功させるための基本ともいうべき重要なポイントであり、転職を考える人にぜひ実践してほしいことです。

退職せずに転職活動

転職を成功させる上で重要なのは落ち着いて活動できる環境です。退職せずに転職活動をスタートさせることは、金銭的な余裕やキャリアを積みながら次の仕事を探せる安心感につながります。

また、退職しないで転職活動すれば、活動を通して現職の良さを再確認した場合にも安心です。転職活動を通して今の職場の良さを知り、転職を思いとどまる人も多いため、慌てて退職することだけは避けましょう。

退職前の転職活動では有給休暇を利用して面接を受けることもあります。時間外に面接をしてくれる企業もありますが、基本的には勤務時間中に休暇や早退で対応することが必要です。

有給休暇も早退もできない状況で、退職できるのかと心配になりますのは、採用担当者も同じです。
タイムマネジメントを上手にすることができる人としての、アピールも必要かもしれません。

出典:https://oshiete.goo.ne.jp/

仕事を理由に面接を断っていたら話が進みませんし、このように思わぬところで技量を測られてしまうこともあります。

一日くらいならほかの人がフォローしてくれるものです。
その代わりではないですが、ほかの人のフォローもしっかりやることです。

(略)

転職のことばかり考えて現在の仕事がおろそかにならないようにすることも大事です。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

面接に限らず休暇や早退くらい、同僚同士でカバーし合えるような関係を普段から作っておくことも大切です。また、転職活動中だからこそ、浮つかずに現職の仕事もしっかりとやっておきましょう。

自己分析の徹底

自己分析は転職の場だけでなく自分が働き続ける上でも大切なことです。自分が社会において果たしたい役割や自分の現在のスキルと適性を考えることで転職の方向性が決まります。

自己分析ではまず、どんな仕事をした結果、会社に貢献ができたのか、自分はどのように成長したのか、を明確にします。それにより自分の経験や実績と合わせてより具体的なスキルの構築を示せるようになります。また、自分が身に着けたスキルの転職先での役立て方も必要です。自己分析で得た結果を企業の目線で見直して、応募する社ごとに使えるスキルを当てはめてみましょう。

自己分析は新卒での就職活動でも行うものです。もしその時の資料が残っていれば、再び目を通すことで自分の根本的な職業観や仕事への思いが見えてくるかも知れません。

企業研究を徹底

希望の転職先が決まったら、相手のことを知る企業研究を行うことになります。成功者は企業HPや求人サイトの情報など誰でも知りえるものだけでなく、もう一歩踏み込んだ情報収集も行います。そこで働いている社員にSNSを通じてアプローチしたり、商品を実際に試したりといった行動でより深く企業を知ることを目指します。

企業研究を行うことで、自分と企業の相性とマッチする点を明確にすることが可能となります。成長性や業績、商品・サービスの対象(BtoB、BtoC)、採用条件などは企業を選ぶ際に重要な役割をする部分です。また、ビジネスモデルに着目し、「その方向性に共感できる」「自分の希望に合っている」と思えるものを選ぶことで、応募先とのミスマッチを防ぎます。

また、扱う商品・サービスと売り方、それに際して行う自分の仕事内容などは企業選びにも必要ですが、面接などで自分をアピールする際も「ここが自分に合う!」とアピールするために役立つ部分です。さらにその事業の市場規模を知ることでも「大きな市場で大きな仕事がしたい」「小さい市場で新しいニーズを作りたい」など、自分の目的に合った企業を絞りこむことができ、アピールにも役立てられます。

また、企業理念や社風なども働きやすさのために知っておきたいものです。自己分析と企業研究によってミスマッチを予防して長く勤められる企業を見つけ、面接での自己アピールも具体的にできるようになります。

成功例から学ぶ30代の転職のポイント

30

30代はまだまだ伸びしろもあり、即戦力として期待値の高い属性でもあります。ただし、やり方次第では転職を成功させられないこともあるため、成功させるには慎重な行動が必要です。

即戦力として見てもらえるように

30代の転職は、実践力をアピールできた人が勝利を掴むケースが多くなっています。職務経歴書では職場で果たした役割を具体的に書くことが大切です。企画立案やリーダー経験、外部との交渉、調整役の経験など、自主的に行動できる力とマネジメント力を印象付けることも忘れてはいけません。

未経験転職でも使える経験とスキルを抽出

30代の転職ではポテンシャル採用枠は厳しくなります。そのため未経験の業界や職種を選ぶなら、前職でやってきた仕事との共通点や現在のスキルや資格を抽出することが大切です。「全く仕事はできないけど頑張ります」ではなく「前職のコレを活かして役立てます」という方向性を作ることが成功を引き寄せます。

転職エージェントを利用

転職エージェントは転職サイトよりも丁寧なサービス内容が特徴です。30代の転職には特に、転職エージェントによるサービスが役立ちます。コンサルタントが自己分析をサポートし採用企業との橋渡し役となることで、経験豊富な30代がこれまでの経験やスキルを活かして転職しやすくなります。

ただし、転職を成功させるにはエージェント選びも大切です。それぞれに得意な業種や職種、企業規模などがあるため、十分吟味して自分の希望にマッチしたエージェントを選びましょう。

・人気エージェント「Spring転職エージェント」
人材派遣で有名なアデコグループの転職エージェントで、口コミ評判も良好です。各領域ごとに精通したコンサルタントを持ち、30代の未経験転職にも対応しています。

Spring転職エージェントを見る

・IT特化型「レバテックキャリア」
特化型転職エージェントで、IT・Web系エンジニア・クリエイターの転職を専門に取り扱っています。20~30代の若い層に人気があります。

レバテックキャリアを見る

成功例から学ぶ40代の転職のポイント

40

40代はキャリアアップのための転職が厳しくなることも多い世代です。しかし、これまでの実績をもとにして成功させた人も見られます。

マネジメントとしての即戦力をアピール

40代で転職を成功させた多くの人が、即戦力としてはもちろんのことマネジメント力のアピールをしていました。どの企業でも中間管理職のポストは人材が常に不足気味なので、マネジメント力のある人、経験のある人の需要は高くなります。

一方、40代で転職をして現場プレーヤーを目指すのは難しいかも知れません。企業も現場採用なら若手を選びますし、年齢が高くなるにつれて現場での人間関係なども難しくなると判断し、敬遠されてしまいます。

コミュニケーションスキルや柔軟性が必要

40代で転職を成功させる人は、コミュニケーションスキルや柔軟性も必要です。新しいフィールドで活躍するためには、まずはそのフィールドで人間関係を形成することが重要となります。

40代の転職では、ポストありきでの採用も多く、いきなりスキルを試されることもあるでしょう。その際にどれだけ成果を上げられるかは新しい仲間との連携にかかっています。コミュニケーションスキルは、採用面接で必要というより入社後の成功のために必要であると言えそうです。

キャリアを生かした管理職求人をチェック

40代はキャリア形成も十分で、それを活かして管理職を目指すことも可能です。組織マネジメント経験者は是非管理職求人にチャレンジしてみましょう。管理職求人を探すなら、専門の転職サイトやエージェントがあります。

・ハイクラス求人「ビズリーチ」
管理職やハイクラス求人が探せる特化型転職エージェントです。ヘッドハンターからのアプローチが受けられ、キャリアアップのための転職活動がはかどります。また、転職エージェントとしては珍しく有料のサービスもあります。

ビズリーチを見る

これからの転職で成功率アップのためにやっておきたいこと

これから転職する人は、成功率を高めるためにポイントを押さえた転職活動を行いましょう。

転職準備のために

本格的に転職活動をスタートする前の準備も大切です。ゆとりを持って活動するために事前に活動の環境を整えましょう。

自己分析と書類作成

分析では自分の強みややりたいことを書き出し、掘り下げていきます。経験やキャリアの中で強く印象に残っていることをピックアップすることで自分の興味や仕事に求めることが見えてくるでしょう。

自己分析ができてきたら、平行して履歴書と職務経歴書、自己PRを作成してみます。これは実際の活動中には応募先企業に合わせて書き換える必要もありますが、ベースを作っておくことで活動中の手間を最小限に抑えられます。また、転職エージェントなどで添削してもらうためにも早めの作成が良いでしょう。

複数社の転職サイト・エージェントへ登録

前職を離れずに転職するためには、効率を高めてくれる転職サイトやエージェントの利用が基本です。転職サイトやエージェントの数は多く、その特色はそれぞれに違います。

そのため、本格的に利用を始める前に登録して使い心地を試してみることが大切です。複数社を比較して自分に合うところを探しましょう。転職エージェントの面談では転職の考え方や進め方を知ることができ、話を聞くだけでもためになります。

セミナーや転職フェアに参加してみる

サイトやエージェントに登録するだけでなく、それらが開催するセミナーや転職フェアなどに参加してみるのも転職準備として役立ちます。講義で転職のノウハウを吸収したり、転職市場の現況をチェックしたりできます。また、機会があれば作成した書類を添削してもらえるセミナーに参加するのも良いでしょう。

内定をもらうために

実際に転職活動を始めるにあたっては、内定をもらうためのより実践的な行動が必要となります。ここまでの準備を踏まえて慎重に行動しましょう。

企業に合わせて書類の調整を

転職に成功した人は企業研究を十分に行い、それを応募書類作成に活かしています。職務経歴書や自己PRは企業に合わせて作成しましょう。企業分析から応募者に求めていることを明らかにし、自分のスキルや経験の中からマッチしている点を見つけて強調します。

不採用の時は面接後の反省を

転職の成功者でも、すべての採用試験に合格してるわけではありません。ただし成功する人は不採用の場合も、その経験を活かします。落ち込むのではなく、どこが悪かったのか反省点を探して、次は失敗しないように改善します。人材サービスや転職エージェントでは面接企業からのフィードバックもあるため、リアルにどこが悪かったかを知ることが可能です。

面接での注意点

採用面接は転職活動で重要なシーンですが、実際の面接だけでなく、その前後の対応にも注意したいところです。意外と面接前後の対応ができていない人が多いので注意しましょう。

基本的なマナーを守って節度ある行動を

応募先企業と接する機会では、常にマナーを守って節度ある行動を心がけましょう。面接の当日だけでなく、書類審査通過や時間調整の電話連絡などでも社会人としてのマナーを守って応対することが大切です。約束時間には余裕をもち、受付や社内で出会うすべてのスタッフに礼儀正しい態度で接するのが基本となります。

スケジュール管理と社内調整を

退職する前に転職活動をする場合、金銭面の余裕はあるものの時間の面では厳しくなることもあります。現職場に迷惑をかけることはできないので、面接日の調整は慎重に行いましょう。

退職していないことを踏まえて時間外に面接対応してくれる企業もありますが、基本は平日に行うことが多くなります。面接の予定は余裕をもって組み、平日の面接には有給休暇を利用しましょう。そのため、活動中は普段以上に現職の仕事の調整やスケジュール管理を徹底することが必要です。

面接予定は余裕をもって
・繁忙期に面接予定を入れない
・一日に何件も掛け持ちしない
・半休も活用して有給を無駄なく使う
・現職のスケジュール管理を徹底する

職務内容は詳しく確認を

面接は応募者を企業が選ぶだけでなく、応募者が企業を選ぶ場でもあります。求人情報に掲載されているだけでは分からないことは面接でしっかりと聞いて、入社後の齟齬をなくしましょう。

特に職務内容は詳しく確認しておくことが必要です。同じ職種でも企業ごとに職責の範囲が違っていることは多いものです。また、入社後のトラブルを避けるために内定をもらった際に書面を交わしておく必要もあります。

社風にも気をつけること

転職の成功と失敗を分ける理由の一つに「居心地の良さ」があります。仕事内容や福利厚生、給料がいくら良くても、肌に合わない職場はつらいものです。社風は業種に関わらず独自のものがあり、実際の居心地は入ってみなければ何とも言えないところもあります。

それでも入社後に後悔しないためには社内環境をリサーチしておくことが大切です。企業理念や社内行事をチェックしたり、転職サイトの採用ページや口コミサイト・掲示板などで雰囲気を感じ取ったりしてみましょう。

転職成功のコツを先人から学んで実行

両手を上げる女性

転職成功のためには、実際に成功させた先人の知恵を学ぶことが大切です。成功者には成功者だけのやり方や考え方があります。それを真似て自分のケースに活かすことができれば、転職を成功させて新しい職場で充実した日々を過ごせるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください