リレーションシップの意味とは?仕事・恋愛で使える?例文や関連用語をわかりやすく解説

リレーションシップとは「関係性」のこと

新人

この前アメリカ出身の友人が、僕とのリレーションシップがどうとかいってましたねぇ…リレーションシップって企業と個人の間だけの話じゃないんですね…

それが女性なら、あなたたち付き合ってるって意味かも

先輩

新人

え!?こ、告白もしてないのに!?

リレーションシップは、ビジネスで使うこともあれば、恋愛に関して使うこともある言葉です。文脈に応じて解釈していく必要があります。

リレーションシップの意味をチェック

リレーションシップにはどのような意味があるのでしょうか?英語でもビジネスでも重要な「リレーションシップ」を、ここで確認していきましょう!

リレーションシップの英語は「relationship」

英語の「relationship:信頼関係、人間関係」は、企業とユーザー間もしくは、企業間での信頼関係を示します。また、個人間にもよく使われる言葉で、個人間の場合は親密な関係や恋人関係を指します。

日本語のリレーションシップはどう使う?

日本語で「リレーションシップ」を使う場合は、企業間や企業と個人、個人間の信頼関係や関係性を示します

例えば、「A社とB社の関係性」「AさんとBさんの関係性」「A社とBさんの信頼関係」など。

分野別!リレーションシップの使い方と例文

リレーションシップは、ビジネスでもプライベートでも使われる言葉です。どのような使い方ができるのでしょうか?

①:ビジネス

ビジネスシーンでは、信頼関係を示して使われます。企業と企業が協働するための信頼関係や、顧客に信頼してもらい商品やサービスを提供する企業の関係などに用います。特に後者の信頼関係は、損ねてしまえば企業にとって大きなダメージ。リレーションシップは非常に大切にされています。

ビジネスの例
「A社とのリレーションシップを築く。」

「顧客とのリレーションシップづくりは、営業マンの基礎となるところだ。」

②:IT

IT業界でリレーションシップといえば、テーブル(表)のデータベースで、共通するものによって複数のテーブルが関連付けられること。リレーションシップにより、複数のテーブルをひとつのテーブルのように操作できます。

ITの例
「テーブルAとテーブルBをリレーションシップで結合して!」

「では、先テーブルである伝票テーブルと明細テーブルのリレーションシップはどうしましょうか。」

③:恋愛

英語では、男女の関係を表すのには「relationship」や「involve」が使われてきましたが、日本語でも「オープンリレーションシップ」などの言葉が浸透してきています。「make a relationship」で、「付き合う」と訳せます。

ちなみに、欧米諸国では日本でいう「告白してから付き合う」という感覚はそこまで一般的ではありません。個人間で「私たちのリレーションシップ」のような言葉が出てきた場合、相手はあなたと付き合っているかその前段階だと考えていることが多いです。

恋愛の例
「私たちのリレーションシップについてもう1度考え直す必要がありそうね。」

リレーションシップの関連用語

リレーションシップ〇〇という言葉には、どのようなものがあるのでしょうか。また、リレーションだけならどんな意味になるのでしょうか。関連用語を見ていきましょう

リレーションシップマネジメント

リレーションシップマネジメントとは、クライアントとの関係をマネジメントする業務またはその担当者を指します。リレーションシップマネージャー、RMとも呼ばれます。

リレーションシップマーケティング

リレーションシップ マーケティングとは、顧客とのリレーションシップを通じたマーケティング手法のこと。顧客一人ひとりの価値観などを鑑みて、リピーターをつくることが主な手法です。

リレーションシップバンキング

リレーションシップバンキングとは、金融機関と顧客とのリレーションを長く維持することで、金融サービスの提供を行うビジネスモデル。または、地域密着型の金融機関を指す場合もあります。

リレーション

リレーションとは、人と人や物と物のつながりのこと。「relate:関係させる、関係がある」の名詞形「relation」ですね。

リレーションシップと一緒に覚えたいビジネス用語

リレーションシップとあわせて覚えておきたいビジネス用語もご紹介していきます。ビジネスに役立つ用語をリレーションシップと関連付けて効率的に覚えちゃいましょう!

リレーションシップ×プライオリティ

プライオリティの意味:優先すること・優先事項

リレーションシップの構築にプライオリティを置こう

上司

リレーションシップ構築は経営にダイレクトに関わるところです。優先されるべき事項ですよね。さらに詳しい意味や使い方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

プライオリティとは?意味・例文からビジネスシーンでの使い方を解説します

リレーションシップ×アサーティブ

アサーティブの意味:相手をリスペクトしながら自分の主張も伝えること

君はアサーティブがうまいから、顧客とのリレーションシップづくりも期待してるよ

上司

アサーティブはもともと「主張の強い」という意味を持ちますが、転じて、「相手の意見を尊重しながら自分の主張を通す」という意味も持ちます。リレーションシップづくりには常に必要になるテクニックですね。さらに詳しい意味や使い方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
アサーティブとはどんな意味?仕事で役立つ会話例やトレーニングのヒントを徹底解説

リレーションシップ×エクスキューズ

エクスキューズの意味:言い訳

あの件はうまくエクスキューズしたので、リレーションシップは保たれたはずです

先輩

エクスキューズは言い訳ですが、良好なリレーションシップのためには、ときに問題の原因を明かすことも必要です。さらに詳しい意味や使い方を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
エクスキューズの意味とは?英語の使い方は?ビジネス向けの例文や注意点をわかりやすく解説

仕事ではリレーションシップを大切にしよう!

リレーションシップづくりは、企業にとって経営を左右する重要項目。それだけでなく、職場の人間関係構築にも必要になりますね。リレーションシップを大切に、働きたいものです。