エグゼクティブの意味は?ビジネス・婚活・ホテルでも使える?仕事で役立つ例文や使い方を解説

エグゼクティブとは「エライ人」

新人

頂いた名刺に『エグゼクティブプロデューサー』ってあったんですけど…彼は何者でしょうかね?

エグゼクティブがエライ人だから…、プロデューサーの中でもエライ人ってかんじかな?

先輩

新人

へぇ!ただのカタカナ語かと思ったら、エライ人だったんですね!

横文字の職業が増える中、エグゼクティブ名のつく人は、簡単にいえば「エライ人」。役職や肩書きに限らず、いろいろなシーンでエグゼクティブという言葉を耳にすることが増えてきました。

エグゼクティブの意味をチェック

まずは、エグゼクティブの英語の意味、日本のビジネスにおける意味を確認していきましょう!

エグゼクティブの英語は

エグゼクティブは英語の「excecutive:実行する、執行する」という動詞、または「実行力のある、行政上の、行政的な」という副詞、「執行人、役員、重役、行政官」という名詞の意味を持ちます。文脈によってどの使われ方がされてるか判断する必要がありますね。

ビジネスにおけるエグゼクティブ

ビジネスにおけるエグゼクティブとは、一般に企業における上級管理職、それらの職に就く人または、それらの職に似合う高級な雰囲気を形容する言葉として使用されます。ビジネスエグゼクティブ、チーフエグゼクティブなどは企業の上級管理職を指します。略称として「エグゼ」を使う場合もあります。

エグゼクティブは管理職を管理する立場なので広い決定裁量権を持ちます。エグゼクティブより上の言葉はその会社の線引きにもよりますが、社長もCEO(チーフエグゼクティブオフィサー)と呼ぶことからすると、エグゼクティブといったら最も上層部と考えて良いでしょう。

経営者や経営幹部がエグゼクティブにあたりますね

先輩

シニアエグゼクティブの意味

「シニア(senior)」とは、「年配」の意味でなく、「上級」という意味。シニアエグゼクティブとは、エグゼクティブの中でも上位の階級を指します

ヤングエグゼクティブの意味

これに対し「ヤング(young)」は、「若い」という意味のまま。ヤングエグゼクティブとは、若くして重役職などを任される人を指します

ビジネスシーンでの使い方・例文

例文1
「プロジェクトの進行にはエグゼクティブの全員一致が必要だ。」
例文2
「この業界のエグゼクティブの考え方は、以上のようだと考えられます。」
例文3
「この前シニアエグゼクティブと会食があってさ…。」

「え、お前みたいな平社員がなんでそんな?」

「まあ、俺エグゼクティブ平社員だからさっ。」

婚活やホテルでも!エグゼクティブの使用シーン

エグゼクティブは、おエライ人を表す以外でも、さまざまな分野で使われる言葉です

婚活業界

婚活パーティーなどを検索すると「エグゼクティブパーティー」なるものがヒットすることがあります。これは、男性または男女の職業別や年収などで参加資格を制限したパーティーのこと。男女共働きも珍しくない世の中ではありますが、まだまだ婚活市場で高収入の男性は需要が高い傾向にあります。

ぼくも知人女性に婚活おすすめされたことありました…

新人

ホテル業界

ホテル業界でエグゼクティブといえば高い、ラグジュアリーということです。エグゼクティブルームやエグゼクティブフロアなど、他とは異なる豪華な空間でゲストをエグゼクティブ扱いしてくれます

広告業界

広告業界では、広告代理店を代表する営業マンをアカウントエグゼクティブと呼びます。アカウントエグゼクティブは、大手など特定のクライアントのマーケティング活動全体を担当する責任者です

ダイエット業界

エグゼクティブダイエットという本がダイエット業界で話題になっています。「どんなに忙しい人も必ずやせるビジネスマンの最強ダイエット」とうたっており、忙しく過ごすエグゼクティブにぴったりなダイエット本です。

航空業界

航空業界では、航空会社によってはビジネスクラスをエグゼクティブクラスと呼んでエコノミーと区別します。JALやANAなども、かつてはビジネスクラスにエグゼクティブクラスという名称が付けられていました。

エグゼクティブの関連用語

エグゼクティブは、だいたいがポジティブな意味合いで使われます。エグゼクティブの関連語を見ていきましょう。

エグゼクティブサマリー

エグゼクティブサマリーとは、ビジネスプランの要点をまとめたページもの。「重要な」という意味合いからエグゼクティブがつきます。

スーパーエグゼクティブ

スーパーエグゼクティブとは、言葉として意味を持つものではなく、階級がエグゼクティブを超えるといった意味合いで使われます。例えば、野球ドームのスーパーエグゼクティブシートは、非常に上級でなかなか手に入らないような観戦シートです。

エグゼクティブ層

エグゼクティブ層とは、エグゼクティブな人々の層。例えば、「エグゼクティブ層の転職」のように使われます。

エグゼクティブ感

エグゼクティブ感は、「エグゼクティブ感漂うデザイン」のように、高級感や高貴な印象を与える言葉です

エグゼクティブの類語

エグゼクティブには以下のような似た言葉が存在します。違いとあわせて意味を見ていきましょう

VIP

VIPは、very important personの略。直訳すると「とっても重要な人」となります。会社の中のVIPといえば、エグゼクティブと同じでしょう。ホテルやレストランなどでは、特別客という意味を持ちます。

ステータス

ステータスとは、社会的地位や身分のこと。エグゼクティブという階級がステータスですね。

フロントランナー

フロントランナーとは、先頭を走って道を切り開く人。パイオニアのことです。エグゼクティブになりうる人は、フロントランナーかもしれませんね。

プライオリティ

プライオリティとは、何かを優先すること、または優先順位。優先席がプライオリティシートなら、エグゼクティブシートは特別階級席となるため、少し意味が異なりますね。
プライオリティとは?意味・例文からビジネスシーンでの使い方を解説します

エグゼクティブの肩書きを理解しておこう!

エグゼクティブは、よりエライ人たちを優雅に装飾する言葉です。意味を知っておけば、「えっ!あの人そんなエライ人だったの!?やばい!!」ということにもならないでしょう。ここで確認した意味を覚えておきましょうね!