「お取り計らい」はビジネスシーンで使える表現?意味や類語を徹底リサーチ!

「お取り計らい」はビジネスシーンやメールでも使える敬語表現

「お取り計らい」と言う言葉を今まで使ったことがない人も多いと思いますが、ビジネスシーンにおいて口頭やメールで使用可能な表現です。

「お取り計らい」は「取り計らい」の丁寧な表現であるため、敬語として目上の人や上司、クライアントに対して使うことができます。

「お取り計らい」は、
「お取り計らい頂きますよう、よろしくお願い申し上げます」
「お取り計らいいただき、ありがとうございました」
など”依頼”や”感謝”を表現する使い方が一般的。

「お取り計らい」の類語(言い換え表現)を知っておくことで、細かなシチュエーションに対応可能となります。

「お取り計らい」の類語(言い換え表現)
「ご配慮」
「お気遣い」
「お心遣い」

「お取り計らい」の意味

「お取り計らい」は敬語表現として目上の人や上司、クライアントに対して使える言葉です。

ビジネスシーンで使える言葉であると判明した「お取り計らい」ですが、一体どんな意味を持っているのか気になるところ。

「お取り計らい」とは、ある事柄が良い方向へと向かうよう”対応・対処”する、またはしてもらうことを意味します。

噛み砕いて説明すると、「お取り計らい」をお願いすることで、物事が上手く進むよう便宜を図ってもらうこと。または、便宜を図ったもらったことで、物事が良い方向に進んだり、滞りなく進んだ様子を表しています。

「お取り計らい」の使い方

ある事柄が良い方向へと向かうよう”対応・対処”することを意味する「お取り計らい」ですが、使い方は大きく分けて2通り存在します。

1つ目は”相手に依頼する”と言う意味合いで使われ、もう1つは”相手に感謝する”と言う意味合いで使われます。

「お取り計らい」の例文

「お取り計らい」の使い方は2通りのパターンがあるため、例文によってより詳しく見ていきましょう。

相手に依頼する際に使える「お取り計らい」の例文

相手に依頼する際に使用する「お取り計らい」は、ある事柄に対して様々な行動や手を尽くしてもらうための”手間をお詫びする”とともに”お願いします”と言う意味が込められています。

依頼する際に使える「お取り計らい」の例文は下記の通りです。

・「先日の件、お取り計らいいただければ幸いです」
・「〇〇の件、お取り計らいくださいますよう、よろしくお願い申し上げます」
・「ご検討の程、お取り計らい頂きますよう、よろしくお願いします」
・「お取り計らい頂きますよう、何卒よろしくお願い致します」
・「お取り計らい賜りますよう、何卒お願い致します」

相手に感謝する際に使える「お取り計らい」の例文

相手に感謝する際に使用する「お取り計らい」は、ある事柄に対して様々な行動や手を尽くしてくれたことに対して”手間をお詫びする”とともに”気を使ってくれてありがとう”との気持ちが込められています

感謝する際に使える「お取り計らい」の例文は下記の通りです。

・「先日はお取り計らいいただき、ありがとうございました」
・「お取り計らい頂きまして、心より感謝申し上げます」
・「取引先との打ち合わせの際、お取り計らいいただきまして誠にありがとうございます」
・「お忙しいところ恐縮ではございますがご査収の上、お取り計らいのほど宜しくお願いいたします」

「お取り計らい」の類語(言い換え表現)

「お取り計らい」はビジネスシーンにおいて、上司や目上の人、クライアントに対して”依頼”や”感謝”する際に使える便利な言葉です。

しかし、常に「お取り計らい」ばかり使用するのではなく、時には似た意味を持つ類語(言い換え表現)を使うことも大切です。

「お取り計らい」の類語は、

「ご配慮」
「お気遣い」
「お心遣い」

などが代表的。言い換えのバリエーションが増えるとシチュエーションに合わせた言葉の選択が可能となるため、しっかり押さえておくことをおすすめします。

ご配慮

「ご配慮」は「お取り計らい」と同じように、配慮してくださいと”依頼”する使い方、配慮してくれたことに対して”感謝”する使い方ができる言葉です。

「ご配慮」は敬語であるため、目上の人や上司、クライアントに対して使うことができます。

■依頼する際の例文は以下の通りです。

・「ご配慮の程お願い申し上げます」
・「〇〇の件、ご配慮いただけると幸いです」

■感謝する際の例文は以下の通りです。

・「ご配慮いただきありがとうございます」
・「温かいご配慮に感謝申し上げます」

お気遣い

「お気遣い」は相手が配慮してくれたことに対して、感謝の気持ちを表す言葉であるため、「お取り計らい」と同じ意味で使うことが可能です。

「お気遣い」も敬語であるため、目上の人や上司、クライアントに対して使うことができます。

・「お気遣いありがとうございました」
・「〇〇の件、お気遣い下さいましてありがとうございます」
・「この度は、お気遣い頂きありがとうございます」

「お気遣い」の意味や使い方をより詳しく知りたい人は下記記事を参考にしてください↓↓
〇関連記事:「お気遣い」はどんな時に使える表現?「お心遣い」との意味の違いや類語をチェック!

お心遣い

「お心遣い」は相手が心を込めて行ってくれた親切や思いやりある行動に対して使用する言葉です。「お取り計らい」と同じニュアンスで使用可能。「お心遣い」も敬語であるため、上司や目上の人、クライアントに対して使うことができます。

・「お心遣いありがとうございました」
・「〇〇の件、お心遣い下さいましてありがとうございます」
・「この度は、お心遣い頂きありがとうございます」

「お心遣い」と「お気遣い」は非常に似ている言葉ですが、「お心遣い」は思いやりなど心を使った行動、「お気遣い」は気を使った行動として使い分けることができます。

「お取り計らい」を使った英語表現

ここまで「お取り計らい」の使い方や類語での言い換え表現を解説してきました。より完璧に「お取り計らい」をマスターするのであれば英語表現も併せて覚えましょう。

「お取り計らい」を使用した英語表現はこちらになります。

・「お取り計らいのほどよろしくお願いいたします」
Please take care of the arragements.

・「お取り計らいいただきありがとうございます」
Thank you for your kindness(preparation).

何かの事柄に関して便宜を図るようお願いしたい、または便宜を図ったもらった際に使用できます。

「お取り計らい」は使い方を知っておくと便利な言葉

「お取り計らい」は”依頼”や”感謝”を意味します。少し堅い表現ではありますが、ビジネスシーンにおいて使う機会は多いです。

目上の人や上司、クライアントに対して使用可能なため、使い方を知っておくと非常に重宝するでしょう。便利な言葉である「お取り計らい」の使い方をマスターし、「お取り計らい」したいと思われるようなデキるビジネスパーソンになりましょう!