「いきさつ」はどんな意味で使われる言葉?漢字表現やビジネスでの使用方法を徹底解説

「いきさつ」は物事がたどった経過を意味する言葉

「いきさつ」は物事がたどった経過を意味し、これまでの成行きを表す言葉です。

「いきさつ」は日常会話でも使われる言葉ですが、「これまでのいきさつを説明します」などビジネスシーンにおいても使用されることが多い表現と言えるでしょう。

「いきさつ」自体は言葉として良く耳にしたり、使用する機会もあるかと思いますが、似たような意味を持つ類語も覚えておくことで、ビジネスパーソンとしての表現の幅がより一層広がります。

「いきさつ」の類語(言い換え表現)
  • 経緯(けいい)
  • 粗筋
  • 成り立ち
  • 事情
  • プロセス

「いきさつ」の漢字や語源

「いきさつ」は漢字で書くと「経緯」となります。

「経緯」は、織物の経糸(たて糸)を表す「経」と、織物の緯糸(よこ糸)を表す「緯」から成り立っています。糸が縦と横に絡み合う様子から、物事がたどった経過やこれまでの成行きを意味する言葉として使用されています。

「経緯」という漢字は「いきさつ」以外にも「けいい」と読むことができます。「経緯」の漢字を見せて読みを聞くと「いきさつ」と同様に「けいい」と答える人は多いかと思います。

「けいい」以外に「たてぬき」や「たてよこ」と読む場合もありますが、主に使われるのは「いきさつ」と「けいい」の2つなので覚えておきましょう。

「いきさつ」と「けいい」による意味の違いは?

「経緯」は、主に「いきさつ」「けいい」と読むことができますが、読みの違いによって意味にも違いが生じるのか気になるところです。

まず、「いきさつ」はこれまでにも説明したとおり、物事の経過や成行きを表す意味を持っています。

一方の「けいい」は、”物事の事情”を意味する言葉として使用できるため、「いきさつ」と同じ意味合いで使用可能です。

「けいい」について一歩踏み込んで説明すると、”物事の事情”以外に「縦糸と横糸」「縦・横」を意味したり、「東西・南北」という方向を示す言葉としても使われます。

「いきさつ」と「けいい」は物事の経過や成行きという同じ意味を持つ言葉ではありますが、「けいい」に関しては、文脈によって違う意味としても使用可能な言葉であると認識しておきましょう。

「いきさつ」の使い方

「いきさつ」の言葉の意味や読み方による違いがわかったところで、次は正しい使い方について見ていきましょう。ここで、「いきさつ」の使い方をマスターしてください

「いきさつ」の例文

「いきさつ」は物事の経過や成行きを表す言葉であるため、それに合った文章の中で使用する必要があります。

・この結果が出たいきさつをお話します。
・このような事態になったいきさつを教えてください。
・売り上げアップのいきさつを教えてください。
・これまでのいきさつをお聞かせください。

ビジネスにおいて”物事の経過”や”成行き”という意味合いで使用する際には、多くの意味を持つ「けいい」よりも「いきさつ」を使ったほうが相手に伝わりやすいでしょう。

「経緯(いきさつ)」の類語

「いきさつ」自体、よく使われる言葉ではありますが、言い換えできる類語も覚えておくことが大切です。「経緯(いきさつ)」の主な類語をまとめてご紹介します。

経緯(けいい)

・入社するまでの経緯(けいい)をお聞かせください。
・契約までの経緯(けいい)をまとめました。

「経緯(けいい)」は”いきさつ”と同じ意味合いの言葉なので、入れ替えるだけでそのまま同じ意味として使用できます。

粗筋

・そこに至るまでの粗筋をお聞かせください。
・これまでお話したことの粗筋をまとめました。

「粗筋」はそこに至るまでの道筋を表す言葉です。劇や物語についての”ある程度(おおまか)の内容”という意味としても使うことができます。

成り立ち

・商品ができるまでの成り立ちをお話しします。
・これまでの成り立ちを教えてください。

「成り立ち」は、ものができあがるまでの事情や経過を表す言葉です。できあがるまでの過程やこれまでの歴史などについて話す際に使用できます。

事情

・それには事情がございまして
・結果が得られた事情をお聞かせください。

「事情」は、あることが現在の状態にたどり着くまでの理由や結果を表す言葉です。これまでの経緯を話す際、「いきさつ」の代わりに使用できます。

プロセス

・この結果が得られたプロセスをお話します。
・そこに至るまでのプロセスをお聞かせください。

カタカナ語である「プロセス」はビジネスシーンでもよく使われる言葉です。「プロセス」は物事がそこに至るまでの手順や過程を表す際に使用できます

カタカナ語を使う人は多いため、日本語以外の類語についても積極的に覚えましょう。

「経緯(いきさつ)」の英語表現

「経緯(いきさつ)」の英語表現も知識として蓄えておきましょう。英語での表現方法を学んでおくことで万一の時にも安心です。

「経緯(いきさつ)」は、”どのように”を意味する「How」や、”全ての話”を意味する「The whole story」を使用することで表現できます。

「How」を使った例文
Tell me how did the matters turn out to lead to such results?

この結果が出たいきさつを教えてくれませんか?

「The whole story」を使った例文
Let me hear the whole story.

・これまでのいきさつをお聞かせください。

「いきさつ」はビジネスシーンで使われることが多い言葉

「いきさつ」は物事の経過や成行きを意味する言葉です。ビジネスシーンでも使われることが多いため、正しい使い方や言い換え表現をしっかり覚えておくことが大切です。

ベテラン社員になった際、部下や後輩から「参考にしたいのでこれまでの”いきさつ”を教えてください」と尋ねられるような立派なビジネスパーソンを目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください