『狂喜乱舞する』とはどんな状態?意味、使い方、類語、英語表現も紹介

『狂喜乱舞』とは『思わず踊り出しそうなくらい大喜びする』いう意味

先輩

昨日、社長賞受賞できたって報告受けたとき、狂喜乱舞
してたわね。
先輩、すごく喜んだのは事実ですけど、踊ってませんよ!

新人

先輩

狂喜乱舞ってほんとに踊ることじゃないわよ。あなたって、四字熟語は漢字そのままの意味でとらえがちよね。

『狂喜乱舞』は、『喜ぶ』の漢字が含まれていても、気が狂ったように乱れまくる様子が思い浮かびませんか?

しかし、本当の意味は『思わず踊り出しそうなくらい大喜びすること』です。ビジネスシーンでも、プライベートでも、大喜びする場面に遭遇する可能性はあります。そんなときにスムーズに口に出せるよう、使い方、由来、類語も含めて覚えておきましょう。

『狂喜乱舞』の由来・意味

『狂喜乱舞』の読み方は『きょうきらんぶ』です。四字熟語は、二つの熟語が合わさってできたものが多く、『狂喜乱舞』もそのひとつ。まずは、『狂喜』と『乱舞』、それぞれの意味を見てみましょう。

『狂喜』の意味

気が狂いそうなほど激しく喜ぶこと。

『乱舞』の意味

入り乱れて舞う(踊る)こと。

そして、これら二つの言葉が一緒になった『狂喜乱舞』は、『思わず踊り出してしまいそうなほど大喜びすること』を意味する四字熟語となっています。

『狂喜乱舞』の使い方・例文

『狂喜乱舞』は比較的使いやすい四字熟語といえます。意味が理解できれば使い方は簡単かもしれませんが、参考までに例文をいくつか紹介します。

例文

狂喜乱舞している部下の姿を見ると、こちらもとても嬉しくなるものだ。
■社会人野球大会の優勝チームがグラウンドで狂喜乱舞している姿がテレビで放送された。
■長年研究開発をしてきた商品の特許が取得できたときは、思わず狂喜乱舞してしまった。

『狂喜乱舞』は、「狂喜乱舞する/した/している」といった使い方をすることが多いよ。

『狂喜乱舞』の類語・対義語

『狂喜乱舞』の対義語にあてはまる言葉は存在しません。しかし、類語となる四字熟語には次の言葉があてはまります。

【有頂天外】
うちょうてんがい。これ以上ないほどに夢中になり、こころを奪われたさま。『この上ないほど得意げになる』を意味する『有頂天(うちょうてん)』より、さらに程度が強い。

 

【欣喜雀躍】
きんきじゃくやく。小踊りして大喜びすること。

 

【歓喜鼓舞】
かんきこぶ。鼓(つづみ)を打ち鳴らして踊るほどに大喜びすること。

また、『狂喜乱舞』を四字熟語以外で簡単な表現に変えたい場合は、次の言葉への言い換えが可能です。

『狂喜乱舞する』の言い換え表現

・飛び上がらんばかりに喜ぶ
・心躍らせ喜ぶ
・飛んだり跳ねたりして喜ぶ
・躍り上がるように喜ぶ など

『狂喜乱舞』の英語表現

『狂喜乱舞』を英語で表現したい場合、次のような言い方ができます。

【become excited】
胸を躍らせる、感情が高まる

 

【go bananas】
熱狂する

『banana』は果物のバナナ。猿にバナナをあげると喜ぶよね?その様子にたとえ、『喜んで大喜びするさま』を『go bananas』というようになったんだよ。

なお、今現在喜んでいる様子を表す場合、現在進行形にしなければなりません。文章として使うなら『go』は『going』にする必要があります。

They are going bananas.

彼らは狂喜乱舞している。

『狂喜乱舞』する出来事に遭遇したら使ってみよう

手をたたいて喜ぶ程度の喜びは比較的多くあるでしょうが、踊りだしたくなるほどの大きな喜びは、人生の中でそれほどたくさん起こらないもの。

もし、ビジネスシーンでもプライベートでも、とてもいいことに遭遇し、大喜びすることがあったときには、ぜひ『狂喜乱舞』を使って喜びを表現してみてください。