『森羅万象』の意味は?簡単な使い方は?類語、英語も紹介

『森羅万象』とは『宇宙に存在するすべてのもの』いう意味

新人

今日の定例総会で社長が『森羅万象において無駄なことはない』って言ってましたよね。『森羅万象』ってどんな意味ですか?
『宇宙に存在するすべてのもの』ってことだけど、『やろうって思うこと、やってきたことすべて』ととらえればいいんじゃない?

先輩

新人

四字熟語やことわざを会話に入れられる人って凄いと思いますけど、わかりやすい言葉で言ってほしいなぁ。

『森羅万象』は『しんらばんしょう』と読みます。『しんらまんぞう』という読み方が掲載されていることもありますが、正しくは『しんらばんしょう』です

四字熟語の中には、文字から意味が容易に想像できるものもあります。しかし、今回紹介する『森羅万象』は、読み方も意味も想像しにくいものといえるでしょう。

ここでは、森羅万象の由来、使い方、英語表現も含め、わかりやすく解説していきます。使いこなせると知的な印象を与えられるので、ぜひ覚えておいてください。

『森羅万象』の由来・意味

『森羅万象』は、『森羅』と『万象』という二つの言葉で作られている四字熟語です。まずは、それぞれの意味をチェックしておきましょう。

『森羅』の意味

『森』は木が生い茂り並んでいるさま、『羅』はつらなっていることを意味する言葉。『森羅』とは樹木が勢いよく生い茂っている様子のこと。そこから派生し、集まっているもの、無数に並び連なっている様子も表す言葉に。

『万象』の意味

さまざまな形や、形あるものすべてを表す言葉です。

そして、この二つの言葉をあわせた『森羅万象』は、『宇宙に存在するすべてのもの、事象』を意味する四字熟語となりました。

『森羅万象』の使い方・例文

会話の中で、実際に『宇宙にあるものすべて』を指す場面は少ないでしょう。そのため、『森羅万象』を会話に取り入れるのは少し難しいはず。ここでは、会話での使い方を例文を使っていくつか紹介しておきます

例文

■うちの社長は、いつも森羅万象を知っているかの発言をしている。
森羅万象が私に力を与えてくれているように感じる。
■こんなこと、森羅万象で考えたらとても小さなことなんだね。

『森羅万象』の類語

『森羅万象』の類語としては、熟語では『万有』『万物』、四字熟語としては『有象無象』『一切合切』があげられます。それぞれの詳しい意味も紹介します。

【万有(ばんゆう)】
宇宙間のすべてのもの。

 

【万物】
宇宙にある、ありとあらゆるもの。

 

【一切合切(いっさいがっさい)】
何もかもすべて。

 

【天地万物(てんちばんぶつ)】
世の中に存在しているすべてのものや事柄。

『雑多なつまらない人たちや、くだらないもの』を意味する『有象無象(うぞうむぞう)』も類語ではあります。しかし、存在するすべてのものを表すものの、『くだらない』に限定されているので、使う際には注意が必要です。

『森羅万象』の英語表現

『森羅万象』を英語で表現する場合は、このような単語や熟語を使います。

【nature】
自然界、物質界

 

【all things in the universe】
宇宙のことすべて。天地万物。

『森羅万象』はものの例えでも使える

厳密には『宇宙に存在するすべてのもの、事象』に関わることはないかもしれません。しかし、『自然界にあるものすべて』『今いる会社のことすべて』『生活に関わることすべて』などを、広い意味で例えて『森羅万象』と表現することも多いです。

正しい意味をきちんと理解したうえで、機会があれば会話の中で使ってみてください。