『笑止千万』の意味は?会話での使い方・類語・英語表現もわかりやすく紹介

『笑止千万』とは『非常にばかばかしくて、おかしい』いう意味

新人

先輩、1週間も休んですみませんでした。
あれ?少し太った?ダイエットために体動かして怪我して、逆に太ったって笑止千万な話ね。

先輩

新人

それは言わないでください…

『笑止千万』は『しょうしせんばん』と読み、『とてもばかばかしく思わず笑ってしまう』といった状況を表す四字熟語です。現代では、「笑える」「ウケる」といった言葉を使うほうが馴染みがあるかもしれません。

しかし、社会人であるなら、若者言葉や現代用語だけでは過ごせません。そこで、ここでは『笑止千万』の意味や使い方だけでなく、類語・英語表現についても紹介します。

『笑止千万』の由来・意味

四字熟語は、二つの言葉をあわせて作られているものが多く、『笑止千万』もそのひとつです。それでは『笑止』と『千万』それぞれの意味を確認してみましょう。

『笑止』の意味

・ばかばかしくおかしいこと。
・奇怪なこと。
・恥ずかしいこと。
・気の毒なこと。

『千万』の意味

・いろいろ
・はなはだ
・さまざま
・万が一にも

また、『千万』は、前に性質や状態を表す言葉がつくと、『その程度がはななだしい』という意味になります。

そのため、『千万』の前に『笑止』をつけることで、『非常にばかばかしくて、おかしい』の意味になるわけです。

上司

ちなみに、迷惑な程度がはななだしいことを『迷惑千万』、卑怯な程度がはなはだしいことを『卑怯千万』というよ。

『笑止千万』の使い方・例文

『笑止千万』は、ばかげていて思わず笑えてしまう状況のときに使います。

目の前で誰かが失敗したことがおかしかった、バラエティー番組が面白かったという場面では使わないので覚えておきましょう。

例文

■部内みんなに嫌われ、仕事もミスばかりなのに、本人は主任に抜擢されると信じているらしい。まったく笑止千万な話だ。
■「僕は将来ここの社長になる」なんて笑止千万なことを言っていたけど、入社3年で課長になった今となっては実現しそうな気がしている。
■あれだけ自信をもって説明していたのに、翌日すぐに「間違いだった」とあっさり認めるとは…。笑止千万としか言いようがない。
笑止千万だといわれた企画だったが、あっという間に実現し、大成功に終わったことは、笑ったみんなも驚いていた。

Aくん、英語まったく話せないのにアメリカ支社勤務希望出したらしいわよ。笑止千万だけど、はりきってるからサポートはするつもり。

今日の企画会議は笑止千万な発案ばかりで楽しかったですよね。でもどれも無理じゃないですか?

『笑止千万』の類語

『笑止千万』に似た意味をもつ言葉にはこのようなものがあります。

【臍が茶を沸かす(へそがちゃをわかす)】
非常にばかばかしくて笑わずにはいられないさま。
【噴飯物(ふんぱんもの)】
口の中にある飯を噴き出してしまうほどにおかしくてたまらない事柄。
【ちゃんちゃらおかしい】
あまりにもばかげていて思わず笑ってしまうさま。

『笑止千万』の英語表現

『ばかげた、ばかばかしい、おかしい』の意味をもつ『ridiculous』や、『ばかげた、こっけいな、道理に反した』の意味の『absurd』に、『きわめて、非常に』を表す単語である『highly』をつけます。

■highly ridiculous
■highly absurd

『笑止千万』は状況を見極めたうえで使おう

『笑止千万』は、『非常にばかばかしく…』の意味でもあるように、少し皮肉が含まれている言葉です。そのため、面と向かって言われると、「ばかにされている」と捉え、気分を害してしまう場合もあります

会話で口にする際は、「ばかばかしいこと言うよね」と本音で言ってもいい相手かどうか、しっかり見極めるようにしましょう。