ブレークスルーの意味とは?基本の使い方から知っておきたい類語・関連語までわかりやすく解説

ブレークスルーとは「現状打開」のこと!

先輩

この前の成績良かったじゃない!うちの部署でもあなたの評判がどんどん上がってるわよ!
ありがとうございます!ブレークスルーでブレークする…なんちゃって。

新人

先輩

………。

現状を打ち破るという意味の「ブレークスルー」。スポーツ選手に対して使われるシーンをテレビで見かけることが多くなりましたが、実はその対象はさまざまです。

ブレークスルーの意味をチェック

ブレークスルーとはどのような意味を持つのでしょうか。英語表現とあわせて確認していきましょう。

ブレークスルーとは?

ブレークスルーとは、「現状打破」「突破」「大きな進歩」などを表す言葉。一時期を境に頻繁に使用されるようになり、そこから定着していったカタカナ語です。辞書では「突破口」という意味が載っていることが多いです。人や会社などに対して、殻を破り停滞していた現状を大きく変え、前進する意味で使われます。

ブレークスルーの英語

ブレークスルーは英語の「breakthrough:突破、打開、大きな進歩」からきています。「break:壊す」と「through:通り抜けて」が合体した言葉だと考えると、覚えやすいですね。

ブレークスルーの使い方・例文

ブレークスルーは、スポーツやビジネスマンなどの個人や企業を対象に使用できます。ここで、ブレークスルーの使用シーンの例を見ていきましょう。

会社に使う場合
売上が伸び悩んでいたが、パッケージのデザインを変えたところ売れ行きが大きく改善したシーンで
「このブレークスルーはなんと新入社員の発した一言に起因するものだ。」
人に使う場合1
1人のビジネスマンのサクセスストーリーを語るシーン
「あの大口顧客との契約を結んでから、彼はブレークスルーを巻き起こしました。」
人に使う場合2
ケガからの2年ぶりの復帰を果たした選手のシーン
「この優勝は、まさにブレークスルーによるものですね!」
人に使う場合3
司法書士試験に合格した人のシーン
「この有名なテキスト『ブレークスルー』が私にブレークスルーを起こしました!」

ブレークスルーがつく関連語

ブレークスルーの意味と使用例をご紹介してきました。ブレークスルーが言葉の中に入る関連用語も見ていきましょう。

ブレークスルー思考

ブレークスルー思考とは、目の前の壁そのものに価値を見出し、試練として受けとめることで成長し、困難な状況を突破していく思考法。飯田史彦の著書『ブレークスルー思考』にて紹介されています。

技術的ブレークスルー

技術的ブレークスルーとは、技術の革新的進歩、飛躍的進歩のこと。ブレークスルーテクノロジーともいいます。昨今のロボット産業やIT技術に対して使われることが多い言葉ですね。

ブレークスルーセラピー

ブレイクスルーセラピーとは、重い疾患の薬剤開発と審査において、承認までの期間短縮や開発申請計画の相談などを利用できる米国の制度です。この制度により、重篤または死に関わる危険のある疾患の薬剤開発の促進が促されることが期待されています。

ブレークスルーポイント

ブレークスルーポイントとは、ブレークスルーが起こる時点。新しいことをする上で、障害を乗り越え続けることで到達できるポイントです。ブレイクスルーポイントに達したとき、一気に成果を上げる事ができるようになるとされています。

ブレークスルーの類語

ブレークスルーには似た意味を持つ類語も存在します。ブレークスルーとの違いはどのようなところでしょうか。

イノベーション

イノベーションとは、英語「Innovation」と同じく「革新」という意味。しかし、日本では「イノベーションは、技術革新ではなくて新結合的、既存技術を転用したとしても新しい市場であればそれはイノベーションだ」という科学者・研究者もおり、完全な技術革新を示す技術的ブレークスルーとは異なるようです。

ディスカバリー

ディスカバリーとは、英語「discovery」と同じく「発見、発見物」を表す言葉。間違えやすい言葉ですが、現状打破を意味するブレークスルーとは根本的に異なります。ブレークスルーの先の目的としてディスカバリーがあるというケースもありえます。

ブレークスルーとは「現状打開」のこと!

ブレークスルーとは、現状の障害を打ち破ること。ビジネスでもこの言葉は大いに役立ちます。今目の前の壁が何なのか把握し、そこを乗り越えるために何が必要なのか見出せば、あなたの仕事もこれまでよりずっと円滑に回るようになるかもしれません。壁に直面したときはブレークスルーを意識しながら仕事を進めてみましょう。