デジタルトランスフォーメーションの意味とは?略称の由来も紹介

デジタルトランスフォーメーションとは『ITであらゆる分野を革新するという概念』

新人

今日、得意先との会話で『デジタルトランスフォーメーション』って言葉が出てきて、ポカンとしていたら「君、そいつぁ理解しないと時代に取り残されるぞ!」ってハッパをかけられました……。
またしてもやっちゃったのね。君自身ももっとトランスフォーム(変容)しなくちゃ!

先輩

デジタルテクノロジーの飛躍的な技術革新によって、続々と新しい製品やサービスが生まれ、私たちの生活様式や価値観に変化を与えるほどに影響を与えています。これをもたらすものが『デジタルトランスフォーメーション(DX)』なのです。

私たちの生活にも大きな変化が生まれる中で、デジタルトランスフォーメーションはビジネスシーンでは必要不可欠なものになりましたが、その意味について正しく理解している人は案外少ないのかもしれません。

ここでは、デジタルトランスフォーメーションの定義やデジタライゼーションとの違い、略称がDXである理由などについてわかりやすく解説しますので、しっかり覚えていってください。

デジタルトランスフォーメーションの意味をチェック

『デジタルトランスフォーメーション』とは、『ITを生活に浸透させることであらゆる事柄をより良く変化させるという概念』のことです。『DX』と略されます。

2018年に経済産業省は、「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」を有識者によって設置しました。さらに、DXレポートやガイドラインが発表され、国家規模で注目されています。さて、この定義とは何でしょうか?

デジタルトランスフォーメーションとビジネスの関係性とは

経済産業省が定義する『デジタルトランスフォーメーション』とは、『企業が市場環境の変化に対応するためにデジタル技術とデータを活用し、ビジネスモデルやスキームを革新し、優位性を確立する』ということです。

ちなみに、トランスフォームは「変容」という意味になります。つまり、デジタルトランスフォーメーションは製品やサービスに変革をもたらすだけでなく、人びとの価値観や企業風土さえも変えてしまうのです。

略称がDTにならない理由

『デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)』は英語の頭文字をとると「DT」です。

英語の接頭語「trans-」は通常「X」と略されます。そのルールに従って『デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)』は「DX」と略されます。

Trans-は「横切る」イメージです。線と線がクロスするイメージで「X」が「Trans-」を象徴しているのです。

先輩

転送する意味の「transmit」も「Xmit」と略されるのよ!

デジタルトランスフォーメーションの英語は『digital transformation』

デジタルトランスフォーメーションは英語で『digital transformation』と表記し、日本語で使われる意味と同じです。

以下のように使われます。

例文1
Digital transformation is imperative for all businesses, from the small to the enterprise.
小さい会社から大企業まで、ありとあらゆるビジネスにデジタルトランスフォーメーションは欠かせません。
例文2
What are the key trends in Digital transformation in 2020?
2020年のデジタルトランスフォーメーションの主な傾向はどういうものですか?

デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーションの違い

デジタライゼーションとはデジタルトランスフォーメーションという大きい流れの中にあるひとつの段階です。

デジタル情報とビジネスサービスの結びつきは3段階の進化を遂げてきました。

当初はアナログの情報をデジタルに変換することが大きい進歩で、これがデジタイゼーションと呼ばれるもの。

次に来たのは、デジタル化されて取り扱い扱いやすくなったさまざまな情報を多様なビジネスやサービスに活用することでした。これがデジタライゼーションと呼ばれるものです。

最後に、デジタライゼーションを最大限に活用することで革新的なサービスが生まれ、ビジネスそのもののスケールが根底から覆えされる状況が生まれました。これこそがデジタルトランスフォーメーションです。

デジタルトランスフォーメーションの使い方・例文

日常的にはあまり耳にしないデジタルトランスフォーメーションという言葉ですが、ビジネスシーンの会話ではどんな使い方がされるのでしょうか。例文で見てみましょう

例文1

上司

トップ企業は積極的なデジタルトランスフォーメーションによって、社会のトレンドを生み出していますね。
例文2
デジタル技術の間違った使い方は、デジタルトランスフォーメーションをミスリードをしかねないから要注意ね。

先輩

[おまけ]製造業に与える影響とは?

デジタルトランスフォーメーションは製造業にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

これまで、製造業の現場である工場では、商品の製造から出荷までのクオリティの担保だけを行うのが一般的でした。しかし、デジタルトランスフォーメーションの施策として工場にロボットやセンサーなどの技術を導入すれば、製造から出荷まではもちろん、出荷以降のデータも集めることができます。

これにより、たとえば商品の販売後に不備が見つかった場合、その商品に紐付いたデータをたどれば、どの製造ラインに問題があったのか、なぜ不良品が出来てしまったのかなどの原因が特定できるため、今後の品質向上に役立つのです。

新しい技術やサービスが次々に生まれる現代では消費者の情報リテラシーが高まっており、よりよいものを求めるむきが強いため、悪いものは自然に淘汰されてゆくさだめにあります。

商品販売後のアフターフォローに対応しなかったり、フィードバックを反映しない企業からは良い商品が生まれにくく、既存商品のブラッシュアップにも期待できません。また、企業としての評判にも影を落とすでしょう。

つまり、製造業が生き残ってゆくためにはデジタルトランスフォーメーションによって従来のビジネスフローに変革をもたらし、クライアントや消費者のニーズにあう商品の生産を実現することが重要なのです。

IoTやAIと合わせて理解し使いこなそう

経済や社会のあらゆる分野を、大きく変えていくのがデジタルトランスフォーメーションです。関連性が強いIoTやAIとあわせてしっかり理解し、使いこなしていきましょう
IoTとは何か?家電だけにとどまらない次世代の必須用語