「相違」の意味とは?「相違ない」は?使い方から類語、英語表現まで解説

「相違」とは「違い」という意味

会議で使う資料はこれで合ってる?

多分そうです

大事な会議なんだから、「多分」じゃダメでしょ!

その資料で相違ありません…きっと

相違ない」は100%の自信があるときに使うことが多いって知ってる?

意見に相違があるようなので結論は次回ということで…

「相違」は少々お堅い表現なので日常会話では使いませんが、ビジネスシーンではよく使う表現です。

「相違(そうい)」の意味は「互いに違いがある」。「相」は「互いに」という意味で、2つの事物に違いがあることを意味しています。

「相違」に否定語を付けた「相違ない」という表現もよく見聞きします。

「相違ない」とは「間違いない」という意味

「相違ない」には単純に違いがないという意味以上のニュアンスがあります。

「相違ない」の意味は「間違いない」。断定的に肯定する際に使用されることが多いです。「間違いない」も同様ですが、『「相違」がない』とわざわざ強調することで、単純に「そうだ」と肯定するよりも確信した表現。

単純に「違いがない」という意味で使われることもあるので、文脈からの判断が必要です。

「相違」「相違ない」の使い方・例文

「相違」「相違ない」の詳しい使い方を例文で見ていきましょう。

「相違」「相違ない」の例文

・双方の考えに相違があったため、結論は先送りされた

相違があれば教えてください

・A社とB社の相違点について考えを述べる

相違ないようであればサインをお願いします

・私が作成したもので相違ございません

「意見の相違」「考えの相違」といった使い方をよくされます。

「相違点」は「違いがあるポイント」のこと。

「相違ない」の敬語表現である「相違ありません」「相違ございません」もあわせて覚えておきましょう。実際に使う機会はこれらの方が多いはず。

「相違」の類語

「相違」と似ているようで違う表現に「差違(さい)」「齟齬(そご)」があります。

・話に相違がある

・話に差違がある

・話に齟齬がある

同じように使っても違和感がありませんが、それぞれ違う意味の言葉です。

相違⇒違い

差違⇒差

齟齬⇒ズレ

一言で説明するならこのようになります。どれを使うかでニュアンスに違いが出てきますよね。「相違」とあわせて確認しておきましょう。

「相違」「相違ない」の英語表現

「相違」は英語ではどのように表現できるのでしょうか。

「相違」を英語で

It’s natural to have different opinions

⇒意見の相違があるのは当たり前です

「different」で「相違」を表しています。

「相違ない」と返答する際は「It is true」「It is correct」で表すことが可能。

「相違ない」で自信たっぷりに

「相違ない」と断言した方が自信たっぷりに聞こえます。使い方によっては、商談や説得で有利に話を進められるかも。「相違」「相違ない」を効果的に使っていきましょう。