モデレータとは?ビジネスでの役割って?facebookやyoutubeにおける意味も解説

モデレータとは「司会者」という意味

新人

モデレータって司会者のことなんですか?司会ってMCじゃないんですか?
MCは、セレモニーやイベントの司会者だね。モデレータと意味は似ているけど、使うシチュエーションが違うよ。

上司

新人

日本語なら司会者でたいがい通じるのに、カタカナ語はややこしいんですね。

モデレータとは「司会者」という意味のカタカナ語。

会議やディスカッションなどの進行をするのがモデレータの役目です。モデレータの良し悪しで話し合いの結果が変わってしまう場合もあるため、重要な役割になります。

チャンスがあったら挑戦できるように、モデレータについてしっかり学び準備しておきましょう!

モデレータの英語スペルは?意味は?

モデレータを英語表記したときのスペルは「moderator」。

「moderator」は「おだやかな」「節度のある」という意味の「moderate」から派生した言葉です

「moderator」も「おだやかな」というニュアンスをもっていて、次のような意味になります。

moderator
・仲介者
・司会者
・仲裁者
・議長

司会者など、意味に挙がっている役割の人は皆、仲裁・仲介する立場として、おだやかで節度ある態度をとることが求められます。もとになっている単語から連想すると意味を覚えやすくなりますよ。

カタカナ語のモデレータの意味は?

カタカナ語のモデレータは、語源になった英語の「moderator」と同じ意味をもっています。

モデレータ
・仲裁者
・調停者
・司会者

モデレータは、討論会や座談会などの進行役です。同じ司会者でもテレビ番組やイベントごとの進行役はモデレータとは普通いいません。

モデレータは、モデレーターと表記する場合もあるので覚えておきましょう。

ビジネスにおけるモデレータの役割とは

ビジネスにおけるモデレータは、会議や討論会などの進行役という意味で使われるケースが大半です。

①進行役を務める

モデレータは、会議の始めから終わりまでを仕切ります

タイムキーパーの役割をしながら議題も提示。参加者を指名して発言してもらったり、参加者に質問を投げかけたりしながら議論が活発になるように工夫しながら進行させます。

②参加者から意見を聞く

モデレータが仕切る会議は、参加者の本音を聞き出すことが目的。たとえば、新商品のアイディアを集めたいときなどにモデレータが活躍します。

モデレータは、なるべくたくさんの意見を収集するため、話し合いにルールや枠を設けません。モデレータは中立な立場の聞き役になって、参加者が自由に述べる意見をしっかり聞き取ります。

③意見の要点をまとめる

モデレータは、参加者の意見を分析し要点をまとめます。たとえば、次のような点から参加者の意見を整理していきます。

・その意見は客観的であるか、個人的であるか
・どんな背景からその意見が出てきたのか
・似た意見、対立する意見はあるか

・浮かび上がる疑問や課題はなにか

④参加者に質問する

意見を分析すると疑問点もみつかりますよね。モデレータは参加者に質問し、さらにくわしい話を聞き出します

モデレータは先入観を持たず、広い視野からバランスよくさまざまな質問をするように心がけなければなりません。

モデレータに思い込みがあると、収集する意見が偏ったものになってしまいます。

⑤結論は出さない

モデレータの仕切る会議は、意見を集めるのが目的なので結論を出す必要はありません。あくまでも円滑な進行に注力します。

【IT分野】モデレータの役割

IT分野では、利用するサービスによってモデレータに与えられる権限が変わってきます。ビジネスで使う機会の多いサービスのモデレータについてみてみましょう。

Microsoft Teamsのモデレータ

Microsoft Teamsは、リモートワークに必要な機能がひとつにまとめられたコラボレーションプラットフォーム。マイクロソフトが開発、提供するサービスです。

チーム所有者は、モデレーション機能を使うとモデレータを設定できます。

Microsoft Teamsのモデレータは、チーム所有者とチャネル内のコンテンツやそれを管理する責任を共有する人。次のようなことができるようになります。

・新しい投稿の開始
・モデレータの追加や削除
・チームメンバーの返信を許可するかどうかを決める
・ボットとコネクタ(外部サービスが提供するコンテンツを直接Microsoft Teamsに接続する機能)のメッセージ送信を許可するかどうかを決める

Microsoft Teamsのモデレータは、チーム所有者をサポートするのが役目で、比較的大きな権限が与えられています

Facebookのモデレータ

Facebookのモデレータには、グループ管理者から「モデレータにするメンバー」として招待された人がなります。モデレータの役割は、グループ管理者のサポートです。

モデレータは次のことができます。

・メンバーリクエストの承認、却下
・投稿を承認、却下
・コメントの応答や削除
・グループの利用者を削除、ブロック
・投稿の固定や固定の解除

モデレータは、Facebookページの投稿作成や編集、管理はできません

YouTubeのモデレータ

チャンネルを持っているユーザー(配信主)は、他のユーザーをモデレータとして選任し、追加できます。

モデレータは、配信主の配信に寄せられるコメントの管理を主に担当。不適切と判断したコメントを削除するなど迷惑行為の初期対応が仕事です。

モデレータが削除したコメントは、完全に削除されたわけではなく承認待ち状態になり、後から配信主が削除するかどうか判断します。

モデレータの対応で迷惑行為が止まないときは、配信者が迷惑行為をしているユーザーをブロックするなどして対応。モデレータには、ブロックの権限はありません。

このように、モデレータはあくまで配信者のサポートが役目になります。出しゃばりすぎないよう、配信主との打ち合わせをしっかりしておくことが重要です。

モデレータは、コメント管理のほかにチャット内のお知らせ配信も担当します。

モデレータと意味が似ている類語

モデレータは、司会者の意味をもつ言葉でしたね。しかし、司会者という意味をもつワードはほかにもあります。

それらの用語との違いを理解するために、モデレータと対比してみましょう。

モデレータとファシリテーター

モデレータとファシリテーターは、どちらも会議や討論会などの司会者という意味をもつ言葉。両者とも、指定時間内に指定された題目に関する参加者の意見をバランスよく引き出していきます。

ただ、モデレータとファシリテーターは最終的な目標が違います。

モデレータを使う話し合いは、題目についての自由な意見を収集するのが目的。モデレータは、参加者から本音の意見を聞き出すのが役目で、話し合いの結論を出す必要はありません。

ファシリテーターを使用する話し合いは、何かしらの結論を出すのが目的。ファシリテーターは、話し合いの方向性をコントロールしながらそれぞれの意見のいい部分を拾い上げ、最終的にひとつの結論にまとめていきます

モデレータとコーディネーター

司会者という意味でのモデレータとコーディネーターは同じ意味です。

しかし、コーディネーターには物事がスムーズに進行するように調整し、まとめる人という意味もあります。

モデレータとMC

モデレータは、会議や討論会などの司会者を意味します。

MCは、結婚式などのイベントやテレビ番組の司会者のこと。言葉が使われるシチュエーションが異なります。

モデレータの使い方・例文

モデレータには、会議や討論会の司会者という意味とIT分野でのサポート役という意味がありましたね。

それぞれのニュアンスでの使い方を例文でイメージしてみましょう。

司会者の例文

上司

新人君は、今度のグループインタビューにモデレータとして参加してくれ。
えぇ!?経験不足の僕には無理ですよ!

新人

上司

モデレータを務めたことがある先輩君をサポートにつけるから、挑戦してみなさい。
サポート役の例文

新人

プロジェクトメンバーの情報共有は、Microsoft Teamsを使うんですか?
そうよ。新人君をモデレータにするから、私の手が回らないときにサポートお願いね。

先輩

モデレータの意味を理解し、チャンスがあったら挑戦してみよう!

モデレータは、司会者やサポート役のこと。モデレータには、物事をおだやかに調整しながら進行する技能が求められます。

臨機応変な対応力や周囲への気配り、聞き取り能力なども必要で、ただ台本通りに進行すればいいというものではありません。

チャンスがあったら、モデレータに挑戦してみましょう。社会人として必要なさまざまな能力を磨くことができますよ。