センチメンタルの意味は?使い方や英語、類語からセンチメンタルトレインまで徹底解説!

センチメンタルは「切なくて涙が出ちゃう」

センチメンタルという言葉を使ったことはなくても、曲名や歌詞に使われているのを見聞きしたことはあるはず。センチメンタルは「感傷的」な心情を表した言葉です。今回はセンチメンタルの使い方、類語、関連語などを詳しく見ていきましょう。

センチメンタルの意味

センチメンタルは感傷的、切ない気持ちを表した言葉。どんな人でも、たまには泣きたいような気持ちになることはありますよね。そう、それがセンチメンタルです。悲しい気持ちとも少しニュアンスの違う、心が弱っている状態のこと

センチメンタルは英語でなんて言う?

センチメンタルの英語の綴りは「sentimental」。sentimentalは形容詞なので、「sentimental song(センチメンタルな歌)」や「sentimental reason(センチメンタルな理由)」というような使い方をします。古くは「風流」という意味もあり、後述する「sentimental journey」はこの意味で使用されています。

センチメンタルの類語

感傷的や涙もろいという表現をセンチメンタルに言い換えができることは分かりましたが、その他の言葉でも表現できるものがあるのか見ていきましょう

おセンチ

1970年代後半に流行ったセンチメンタルを意味する言葉。いわゆる死語(もう使われなくなった言葉)ですね。

ガラスのハート

傷つきやすい精神状態をガラスに例えた表現。これも古いような気がします。

豆腐メンタル

豆腐のようにもろいメンタル(精神状態)という意味。豆腐メンタルや「メンタル弱い」は現代でも使いますよね。

センチメンタルの関連語

おセンチは完全なる死語ですが、センチメンタルもその傾向があります。もっぱら曲名や歌詞の中で見聞きするのが多いのではないでしょうか。センチメンタルを使った作品をいくつかご紹介していきます。

日本の名曲「センチメンタル・ジャーニー」

往年のアイドル松本伊代の代表曲。世代ではない人でも聞いたことがある人は多いはず。

多くの作品に登場する「センチメンタル・ジャーニー」

「Sentimental Journey」は古今東西、様々な作品名に使用されています。古くは18世紀のイギリスの作家Laurence Sterneの紀行文に確認することができます。心の動きに焦点を当てた名作です。

1945年にアメリカで発売され大ヒットした曲も忘れることはできません。曲名やアルバム名に使われることは多く、リンゴ・スターやYUKIも作品名に使用しています。他にはアニメやゲームのタイトルにもなっています。

センチメンタルトレイン

2018年9月にリリースされたAKB48のシングル。センターに選ばれた松井珠理奈が急遽活動休止したため、センター不在でパフォーマンスやMV制作が行われました。活動休止理由は公表されていませんが、センチメンタルな問題かもと噂されています。

ゆずの名曲「センチメンタル」

2人組ユニット”ゆず”の曲にも「センチメンタル」はあります。1999年にリリースされた作品。メジャーデビュー後に作られた初めての曲として話題になりました。他にも「センチメンタル」は岩崎宏美や平井堅も曲名に使用しています。

センチメンタルの使い方

センチメンタルはあまり使われることはありませんが、あえて使うとしたらどんな感じでしょうか。参考までに例文を見ていきましょう。

センチメンタルを使った2つの例文

例文①:失恋したせいでセンチメンタルになっている

失恋とセンチメンタルは相性がいいですよね。前述したセンチメンタルジャーニーも「失恋を癒すための旅行」という意味で使う人もいます。

例文②:社会人になったらセンチメンタルに浸ってはいられない

プライベートで悲しいことがあっても仕事では切り替えるのが一流のビジネスパーソン。

時にはセンチメンタルもいいけど

センチメンタルは切ない気持ちや心が弱くなっている状態のことを指します。生きていれば誰でもセンチメンタルな気分になることはありますよね。センチメンタルはダメなものではありませんが、いつまでもその状態だったら仕事も遊びも本気で楽しめません。思う存分センチメンタルに浸ったら切り替えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください