コミットメントとはどんな意味のビジネス用語?日本語と英語の使い方、関連

コミットメントとは「責任を持って関わる」ということ!

先輩

頼んだ資料まだ??コミットメントできないならプロジェクトメンバーから外すわよっ!
あの…コミットメントとは…。約束って意味のコミットと同じですか?

新人

先輩

私が言ったコミットメントは『責任を持って関わる』ってこと。いろんな意味のある言葉だから確かに解釈が難しいわね。資料ができたら『コミットメント』についても調べてみてね。

コミットメントはビジネスシーンだけでなく、ニュースを見ていてもよく目にする言葉です。しかし、正しく意味を説明できる人は少ないのではないでしょうか。また、上の会話の新人くんのように『コミットって言葉もあるよね?』と思う人もいるはず。

コミットメントとはどんな意味の言葉なのかわかりやすく解説するので、この機会にしっかり学んでいってください!

コミットメントの意味をチェック

今は日本の企業でもカタカナ語が多く使われるようになり、意味がわからないと仕事が進みません。コミットメントもその一つ。また、企業においては海外の人とのやり取りも増えつつあるので、英語でも同じように使えるのかも含めてチェックしておきましょう。

日本語のコミットメントとは?

コミットメントの意味を端的に表すと『責任をもって関わること』『責任をともなう約束』となりますが、ほかにもこんな意味合いをもつビジネス用語です。

コミットメントの意味
■関わり合い
■深い関与
■委任
■委託
■言質(げんち)
■公約
■(責任をもった)約束
■責任 など

表現はさまざまですが、『責任』が関わってくることに違いはありません

英語のコミットメントとは?

コミットメントは英語で『commitment』と表記します。英語の場合、こんな意味をもった単語として使われています。

■委託
■公約
■拘留
■約束
■責任
■義務
■誓約 など

カタカナ語の意味とほぼ同じであることがわかりますよね?そして、熟語としては次のような表現があります。

■commitment fee(約定手数料)
■commitment form(誓約書)
■commitment to quality(品質へのこだわり)
■I want commitment.(私は確約が欲しい)など

コミットメントの使い方・例文

『コミットメント』は、違ったニュアンスの意味合いをいくつも持つビジネス用語なので、使い方に迷う人もいるでしょう。そこで、いくつかの例文を用意しました。実際の場面を想像しながらぜひ読んでみてください。

ビジネスシーン

一般的なビジネスシーンで使われる『コミットメント』は、『深い関与』『約束』『公約』などの意味合いで使われることが多いです。

例文1
この内容で進めたいなら役員のコミットメントが必要だね。
例文2

上司

A社の要求を受けるなら、書面によるコミットメントが必要だね。

金融業界

金融業界では、融資、借り入れなど、主に契約書が必要な場面で『コミットメント』が使われます。

例文1
メインバンクに依頼していた融資について、今朝コミットメントを得ることができた。
例文2
B社へ融資するにあたって調査結果を提出したところ、問題なしということでコミットメントをもらえた。

恋愛

ビジネス用語として解説している中で『恋愛』が登場すると、ちょっと変な感じがしますよね?しかし、『責任のある約束』は、恋愛をするうえでも必要でしょう。そう考えると恋愛上の『コミットメント』も納得できますね。

「付き合いたい」もしくは「付き合いたい」相手と一緒に過ごすことを『決意』した場合には『コミットメント』が使えるわけです。

例文
私は彼にコミットメントしてもらいたいと思っている。

「コミットメントが」「コミットメントを」のように、名詞形で使われることが多いみたいね。

コミットメントとコミットの違い

ここまで『コミットメント』について解説してきましたが、「あれ?コミットって言葉もあるよね?」と気づいた人は多いのではないでしょうか。

■コミット(commit)⇒委託する
■コミットメント(commitment)⇒委託

つまり、動詞と名詞の違いがあります。動詞的に使う場合は『コミットする』となり、名詞的に使う場合は『コミットメントを引き出す』といった形になります。

動詞と名詞の違いはあるけど、基本的な意味合いは同じだと覚えておこう!
コミットについては次の記事でもくわしく解説しているので、こちらもあわせて読んでみてください。
コミットするの意味とは?ビジネス用語?使い方や英語、言い換え、類語まで徹底解説

コミットメントの関連用語

コミットメントを理解するうえで、一緒に覚えておきたいカタカナ語があります。いくつかピックアップしたので、コミットメント本来の意味と比較してみましょう。

コミットメントフィー

あるプロジェクトに必要なお金を融資する場合、一括で実行することはほとんどありません。貸し手となる金融機関は、一定期間約定金額を維持しておくために手数料を設けています。この手数料のことをコミットメントフィーといいます。

コミットメントライン

日本語にすると『銀行融資枠』。金融機関は顧客の請求に基づいて審査をし、融資実行の契約をします。そのため、『コミットメントライン契約』といわれることもあります。

事業を行ううえでは必然的に大きなお金が必要で、金融機関からの融資を検討する必要性がでてくることもあります。しかし、コミットライン契約には金利のほかに手数料も必要になるため、「融資してもらえることが決まった!」と喜ぶ前に、総額が提示された時点で手数料がいくらになるかをきちんと確認しましょう。

コミットメントレター

顧客が融資依頼をした場合、金融機関はさまざまな審査をします。そして、正式に締結する前に「この内容で本当に契約する意思がありますか?」という内容の書面が提示されます。この書面のことを『コミットメントレター』といいます。

コミットメントホールディングス

テレアポ代行、営業代行など、業務委託を事業とする『株式会社コミットメントホールディングス』があります。ホールディングスとは『大株主の企業』を指す言葉。コミットメントホールディングスも『コミットメントΣ(シグマ)』『コミットメントα(アルファ)』などのグループ会社をもつ企業です。

ホールディングスについては、次の記事でくわしく解説しているので、あわせて読んでみてください。
ホールディングスとはどんな意味?ビジネスでよく聞く持株会社のメリット・デメリットを解説

コミットメントの持つ意味合いを理解して正しく使おう!

コミットメントは、カタカナ語も英語も多くの意味をもつ言葉で、文脈によって解釈が異なります。広い意味では『責任を持って関わる』ことなので、言葉が持つ意味を正しく理解し、上手に会話に取り入れてください。