ホールディングスとはどんな意味?ビジネスでよく聞く持株会社のメリット・デメリットを解説

ホールディングスは、大株主の企業のこと!

新人

株式会社◯◯ホールディングスってあのグループ会社の……
実はホールディングスとグループ会社は少し違うんだよ。

上司

新人

えっ、そうなんですか?

〇〇ホールディングスという社名を一昔前より目にする、耳にすることが多くなってきたのではないでしょうか。良く聞く言葉ですが、ただのグループ会社ではなく、「大株主の企業」という意味があるのです。

このホールディングスとは具体的にどのようなものなのか、わかりやすく解説していきます。

ホールディングスの意味をチェック

社名で聞く機会の多いホールディングス。意味を知らないと少し恥ずかしいビジネス用語ですね。

ホールディングスとは

ホールディングスは、英語の「holdings:保持、手持ち」がもとになっているビジネス用語。日本語では「持株会社」や「持株会社制度」という意味があります。

つまり株式会社〇〇ホールディングスは、大株主であり、傘下の株式を一定以上保有している会社のことです。持株会社制は1997年に解禁された新しい企業の形態で、企業が親会社兼大株主となる姿のことです。

持株会社の種類って?

持株会社は以下の3種類に分けられます。

純粋持株会社

自ら事業活動を行わず、傘下にある会社の運営を目的とする持株会社。

事業持株会社

自らも事業活動を営み、かつ、傘下の会社を運営する持株会社

金融持株会社

銀行、証券会社などの金融機関を支配することを目的とする持株会社

ホールディングスのメリット・デメリット

ホールディングスであることのメリットとデメリットとはどのようなものでしょうか。

メリット

メリットはいくつもありますが、まず、連結決済納税ができるので節税になります。連結決済納税とは、グループをひとつの単位とみなして、所得と欠損金額を一緒に処理することで、親法人がまとめて納税できるしくみを指します。

また、ホールディングスだと買収、合併が簡単にできますが、「傘下の会社が他社に買収される!」なんていう事態は防ぎやすくなります。

さらに、グループ内の会社で各事業の採算が明確になるので、経営の意思決定がスピーディになります。これらのように、運営や利益捻出の効率化がメリットとして挙げられます。

デメリット

逆にデメリットとしては、子会社間の連携が取りづらい、子会社の中に赤字があればグループ全体の信用が失われてしまう、労働条件の交渉先が子会社なのか親会社なのか不明瞭であることや、子会社親会社間の問題が多くなる点が挙げられます。

また、持株会社が上場企業でない場合、子会社は上場することができないなどの制約もつきまといます。ホールディングスはいいことだけではないのですね。

ホールディングスとグループ会社の違い

ホールディングスはグループ会社とは違うのでしょうか。グループ会社とは資本の持ち合いなどはしているものの、別会社の集合体の呼び方です。系列企業ともいいます。

[具体例]ホールディングスの会社

セブン&アイ・ホールディングスの例からホールディングスについて詳しく見ていきましょう。株式会社セブン&アイ・ホールディングスは、セブンイレブン・ジャパンやイトーヨーカドー、そごう・西武、デニーズジャパンなどを傘下に持つ大手流通持ち株会社です。このホールディングスの営業利益の8割はコンビニ事業(2015年時点)。

2005年まで、セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズはそれぞれに株主がいた形でしたが、2005年にセブン&アイ・ホールディングスが設立され、セブンイレブン・ジャパンやイトーヨーカドー、デニーズなどは傘下の会社となりました。

ホールディングスの類語・関連語

ホールディングスの類語や関連語も見ていきましょう。

ホールディングカンパニー

ホールディングカンパニーは、ホールディングスとほぼ同義。純粋持株会社と事業持株会社」の2つに区分されます。

HD

ホールディングスの略。HolDingsのHDがとられていますが、会社名以外で使う場合は、ハードディスクなどの略のこともあります。

M&A

M&Aとは、「merger and acquisition:合併と買収」の略。吸収合併、株式の取得・移管、事業譲渡、会社分割など、合併の総称。

ビジネスマンなら知っておきたいホールディングス

ビジネスマンなら絶対知っておくべき、ビジネスマンじゃなくても良く聞く言葉だから知らないと少し恥ずかしいホールディングス。最近は企業合併で大企業の名前を聞くことが多く、ホールディングスの付いた社名もテレビコマーシャルや広告塔など至る所で耳にするようになりましたね。

ホールディングスの意味と会社形態を覚えておけば、経済ニュースや株の世界が少し分かりやすくなるかもしれません。ぜひ知っておきましょう。