スキームの意味とは?ビジネスでの使い方や英語の意味・語源・類語との違いまで徹底解説

スキームとは、儲かる仕組みを企てること!

スキームとは、枠組みのある緻密な計画のこと。ビジネスの世界では、「いかに儲かる仕組みを作れるかプラン立てること」です。会社の中でその「やり方」「仕組み」を意味しており、その会社の未来を担う非常に重要な部分です。英語では「計画」「枠組み」の他にも「企てる」という意味もあります。単なるプランやフレームワークとは異なるので覚えておきましょう。

スキームの意味を詳しく解説

スキームとは、「枠組みを持った計画」「計画を伴った枠組み」を示すビジネス用語。日本では「計画」と「枠組み」どちらも伴うものとして使われます。また、計画するだけでなく、継続的に続けていく(経済的に、環境的に継続可能である)という意味を含むこともあります。

スキーム(scheme)の語源

もともと「スキーム(scheme)」とは「形」や「計画」という意味のギリシア語。この言葉が英語の「scheme」に変化していき、日本でも今日使われるようになりました。日本では主にビジネスのシーン、これからシステム構築を行う際に使用されます。

英語のschemeは意味が微妙に違う?

英語のschemeはさまざまな意味があるため、注意が必要です。英語では「(組織だった)計画・仕組み」または「案」を意味し、イギリスではこれに加えて「(政府や企業などの公式な)事業計画」にも使われます。また、アメリカでは「一覧表・分類表」などに使用されることもあります。

注意したいのは、「陰謀」や「企む」などのネガティブな意味でも使われる点。海外で用いる際には要らぬ疑いをかけられないようお気をつけ下さい。

政治の世界のスキームの意味

政治の世界でも、スキームは度々使用されます。このときも「計画」「仕組み」などの意味で使用され、「行政改革スキームを進める」「民主党が東電買収スキームを策定」といった形で使われます。新聞やニュースで耳にしたことがある人も多いはずです。

スキームの使い方を例文付きで解説

スキームはビジネスの場面でどのように使用されるのでしょうか。以下の例文を見てみましょう。

「決済スキームを構築して進めましょう」
「この案件についてのスキームをまとめてきて下さい」

スキームは、主に計画や枠組みがまだ決まっていない段階で使う言葉です。例のように、スキームのフレーズは、ビジネスでは「枠組み+計画作っていこう!」というときに多く使われます。枠組みを策定する必要があり、単なるプランではないことがポイントですね。

スキームの類語・言い換え

スキームを日本語で言いかえるなら、前述したように「枠組み+計画」です。無理に一語で言いかえるなら、(緻密に練られ、実行を前提とした)構想や(実効を前提としてプラン建てられた)概要でしょうか。いずれにしても、スキームと言わないなら、「枠組みと計画」を使えば相手に伝わるはずです。
また、スキームには「似た言葉」や「間違えやすい言葉」が多数存在します。ここで詳しく見ていきましょう。

スキームとプランの違い

スキームと、計画のみを表す「プラン」は厳密には異なります。スキームは、プランに比べてスキームは、より緻密な計画であり、組織によって継続的に実行されることが前提。この継続は環境の変化にも適応できる必要があります。つまり、スキームは企業など組織が存在するとき初めて使用できる言葉です。

家族や個人の場合「夏休みの旅行スキームは?」などとは言いません。それがいかに緻密な旅行計画であっても、「旅行プラン」を使用するのが正解です。

スキームとフレームワークの違い

スキームと「フレームワーク」も異なります。フレームワークとは、基本となる枠組み。枠組みのみを示す言葉であるため、計画を伴うスキームとは異なります。

金融業界用語の集団投資スキームって?

金融業界でもスキームという言葉が使われています。証券用語の集団投資スキームとは、たくさんの投資者からお金を集め、事業運営や有価証券等への投資を行い得た収益を分配する仕組みのこと。つまり投資信託のシステムや不動産投資のシステムです。この場合のスキームは、仕組み、枠組みという意味合いが強くなります。

スキーマとは

スキームと似た字体の言葉に「スキーマ(schema)」があります。これは、図式・図解・概要を示す言葉、またはデータベースの構造を指すIT用語です。概要という意味のスキーマは、スキームと異なり、緻密な計画ではなく、その前の大まかな概念を示します。

スキームが作れる人は稼げる人!

ビジネスで成功するには、集団的計画を綿密に立てる必要があります。スキームを考えられる人であれば、成功する企業で活躍できますね。様々な要因を把握できる能力を身につければ、事業責任者として企業を導くことも、独立して社長になることもできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください