ゆとり世代とは?いつからいつまで?特徴やその他の世代も解説!

先輩

新人君!明日のミーティング用の資料は、もうできてる?
一応、着手したんですが、データのまとめ方がよくわからなくて…まだできてません。

新人

先輩

わからないならすぐ確認する!時間がもったいないでしょ。これだからゆとり世代は…

「これだから、ゆとり世代は!」さまざまなシーンで、耳にするフレーズです。自分も言ったことがある、あるいは上司や先輩から言われたことがあるという人は案外多いのではないでしょうか。

そもそも「ゆとり世代」とは、いつからいつまでを指すのでしょう?他の世代とどうちがうの?今回はそんな素朴な疑問にお答えします。

ゆとり世代の意味

「ゆとり世代」とは、いわゆる「ゆとり教育」を受けた世代を指します。

「ゆとり教育」とは

そもそも「ゆとり世代」の語源となっている「ゆとり教育」とは、具体的にどんな教育を指すのでしょうか。

ゆとり教育
1980年度~2002年度の学習指導要領の改訂に基づく教育方針

実は文部科学省による正式名称ではありません。1980年度の学習指導要領改訂では、それまでの知識量重視型教育から、思考力を鍛える方針に転換。学習時間と内容を削減し、ゆとりあるカリキュラムが組まれたことから「ゆとり教育」と呼ばれるようになりました。

1992年度、2002年度の学習指導要領の改訂では、さらに学習内容の見直しが図られています。その後、学力低下が問題視されるようになったことから、再び2011年度には方針転換。「ゆとり教育」はここで終焉を迎え、以降は「脱ゆとり教育」と呼ばれています。

ゆとり世代はいつからいつまで?

「ゆとり世代」の定義は曖昧で、対象となる年代には諸説あります。一般的に学習指導要領の改訂のタイミングが区切りとして用いられています。

区切り対象世代の生まれ年
①1980年度~脱ゆとり教育まで1966年~2003年生まれ
②1992年度~2002年度改訂まで1979年~1986年生まれ
③2002年度~脱ゆとり教育まで1987年~2003年生まれ

①の場合は、かなり幅広い世代が対象になります。マスメディアなどで「ゆとり世代」として取り上げられるのは、主に②③の年代です。

ゆとり世代の特徴は?

新人

僕たち、あちこちで「これだからゆとり世代は…」って言われるんですけど、部長も同意見ですか?
それは人それぞれじゃないかな。世代差があれば感覚が違うのは当たり前だし…

上司

ここでは職場でよく取り上げられるゆとり世代の特徴と具体的な言動の事例をご紹介します。もちろん個人差はありますが、類型を知っておくことで、お互いに円滑なコミュニケーションがはかれることもあるでしょう。

ネガティブな特徴

「ゆとり世代」は特に年長者からはネガティブな印象で語られがち。以下のような特徴が挙げられます。

・プライベート優先
・指示待ち型で無気力
・向上心がない
・ストレス耐性が低く、打たれ弱い

ポジティブな特徴

厳しい視点で語られがちな「ゆとり世代」ですが、職場で頼もしい戦力になってくれることも。ポジティブな特徴も把握しておきましょう。

・ITリテラシーが高い
・興味のある分野は深掘りするため、高い専門性を発揮する
・発想が柔軟で新しいものを創造する能力が高い

職場でのゆとり世代の具体例

例文1

先輩

近いうちに新人君の歓迎会をやろうと思うんだけど、日程はいつがいい?
定時後はなるべく早く帰りたいんで、歓迎会とかなくても大丈夫です。

新人

先輩

ほんとゆとり世代は付き合い悪いよね…
例文2

上司

昨日作ってもらった見積書、いくつか間違いがあったから、私の方で手直ししておいたよ。時間がある時でいいから、後で自分でも見直しておいてくれるかな?
え!すいませんでした…僕、やっぱりこの仕事向いてないのかな…

新人

上司

いや、ミスは誰でもあることだし、次回から気をつけてくれればいいから!(これだからゆとり世代は…)
例文3

先輩

新サービスの社内コンペ、新人君も参加してみたら?企画が評価されると昇格が近づくよ!
いやぁ、僕は今のポジションで充分満足なんで、そういうの遠慮しておきます。

新人

先輩

覇気がないなぁ…さすが、ゆとり世代
例文4

上司

営業管理システム、アップデートしたら使いにくくなってないか?マニュアル読んでもさっぱりわからん…
え、そうですか?以前より全然使い勝手向上してますよ!ここをこうして…

新人

なるほど…(さすがゆとり世代はITに強いなぁ。)助かるよ!

上司

【おまけ】その他の世代の意味と特徴

先輩

ここ数年は「ゆとり世代」が注目されてきたけど、いつの時代も世代論は人気なんだよね。

「ゆとり世代」に限らず、これまでも時代の変遷に伴って「〇〇世代」という名称は数多く生まれては消えていきました。ここでは、現在もよく語られることの多い世代の名称と、その定義をご紹介します。

「団塊世代」

団塊世代
戦後のベビーブーム期(1947年~49年)に生まれた世代。第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。

経済が右肩上がりで成長した時期に働き盛りだったため、上昇志向や競争意欲の強い人が多いとされています。現在でも最も人口が多く、社会的な影響力を持つ世代でもあります。

「バブル世代」

バブル世代
1986頃から始まるバブル景気の時期に就職期を迎えた世代。概ね1965年~70年頃に生まれた人が該当。

売り手市場で就職活動では厚遇された世代。社交的でコミュニケーション力の高い反面、見栄っ張りで見通しが甘い人が多いといわれています。

「ロスジェネ世代」

ロスジェネ世代
バブル景気後の景気後退時に就職期を迎えた世代。概ね1970年~80年代前半生まれの人が該当。

いわゆる「就職氷河期」を経験した世代。親が「団塊世代」にあたることから「団塊ジュニア」とも呼ばれます。年代としては「ゆとり世代」とも一部重なります。

長期間、低賃金の非正規雇用で働かざるをえない人が多く、社会的な孤立が問題視されることも。一方で厳しい環境を勝ち抜いた人は、優秀な人材が多い反面、他者に厳しい傾向が強いといわれます。

「さとり世代」

さとり世代
「脱ゆとり教育」を受けた世代。1980年代半ば以降に生まれた人が該当。

「ゆとり世代」より若い世代として、最近注目されているのが「さとり世代」。「悟りを開いたような冷静沈着さ」が語源です。現実的で物事に対して過度に期待を持たないタイプが多いとされています。

世代論に振り回されないこと!

「ゆとり世代」に限らず、「〇〇世代」はどちらかというと否定的な文脈で使われることが多いもの。マスメディアなどで取り上げられる類型的なイメージから、偏見を抱いてしまう人も少なくありません。でも、自分が世代を理由に揶揄されたら、嫌な気持ちになりますよね。

同じ社会情勢や時代の影響を受ける以上、世代論はまったく無意味ともいえませんが、それにとらわれすぎるのは考えもの。あまり振り回されないように注意したいですね。