JAICの評判は?無料の講座付きでおすすめです

転職希望の君におすすめのエージェントがあるよ♪JAIC(ジェイック)っていうんだけど
ホントですか?ありがとうございます!どれどれ…

検索したら関連キーワードに「やばい」って出たんですけど…⁉


(にやり)

JAICの「やばい」は数日間の講座にあり

JAICを検索してみて「やばい」って出てきたら…見なかったことにしてページを閉じたくなりますよね。ですが、閉じるのは、このまとめを見てからにしてください。

「やばい」といっても「タピオカやばい」のようにいい意味で使うこともあるじゃないですか。

じゃあ…JAICの「やばい」はタピオカ的でいい意味なんですか?

なんで無言なんですかー!
ひとまず、この口コミをご覧ください。


これはJAICが行っている数日間の講座に対する口コミ。

口コミのJAIC「やばい」は、この講座に対してがほとんど。ただし、2017年のものなのでちょっと昔です。

これだけ見ると「やばい」というのは悪い意味にしか思えませんが…

「やばい」は悪い意味でもあり、いい意味でもあるといえます。その理由をこれから見ていきましょう。

JAICは研修・教育に力を入れている

「やばい」講座について見ていく前に、まずはJAICのことを少し紹介します。

JAICは就職・転職エージェントですが、教育支援サービスも行っています

教育支援サービス

管理職へのリーダー研修や「7つの習慣」、「原田メソッド」を用いた研修などを企業からの依頼を受けて社員へ行っているようです。

「7つの習慣」や「原田メソッド」は、書籍やアスリートが練習に取り入れている話題などで、ご存知の人もいるかもしれません。

4つのカレッジ

JAICには4つの就職支援サービスがあります。

・就職カレッジ  :既卒・第二新卒向け
・女子カレッジ  :女性向け
・セカンドカレッジ:中退者向け
・新卒カレッジ  :大学4年生向け

それぞれのカレッジで対象者に特化した講座が盛り込まれているのが特徴です。既卒・第二新卒向け、就職カレッジの場合はこんな感じ↓

中退者向け、セカンドカレッジの場合はこんな感じ↓

JAICの講座

JAICはカレッジごとに就職・転職希望者に最適な講座を用意してくれています。さらに講座終了後には、20社の選考に、書類選考ナシで進むことができます。

講座内容も、公表されているのは一部とはいえ、問題ないように思えますが

恐怖の飛び込み営業研修

飛び込み営業研修とは、企業にアポなしで飛び込んで営業する実践的な研修です…苦手な人にとっては、苦痛以外の何物でもありませんよね。そんなことをしなければいけないのであれば就職・転職なんかしたくないと思ってしまうかもしれません。

しかし、ご安心を。以前は行われていたようですが、現在は廃止されているようです。

数日間に及ぶ研修期間

JAICの講座は数日間のプログラムです。その間、様々なグループ研修や個人研修が行われます。今まで引きこもっていて社会復帰を目指している人や環境の変化が苦手な人にとっては、この数日間は苦痛に感じてしまうかもしれません。

しかしながら、就職する以上、「働くこと≒人と関わること」。この時間に順応することも、社会人として身に付けるべきスキルではないでしょうか。

無料で講座が受けられる

JAICは研修を売りにしている会社でもあります。そのノウハウが詰まった講座を無料で数日間も受けられるのは魅力的です。

個人で数日間のセミナーを受けた場合、数十万円ほどかかる可能性も…

それが無料で受けられるのは、いい意味で「やばい」といえます。現在働いている人でも、受けたいと思う人がいるのではないでしょうか。

講座に対するいい口コミも紹介しておきます。

講座はいい意味でも「やばい」ことがわかったところで、どのような人にJAICはおすすめなのか見ていきましょう。

JAICをおすすめしたい人

・第二新卒・フリーター・ニート
・職歴に自信がない人
・マナーや人づきあいに自信がない人

以上に挙げた人たちは、一般的に選考で不利とされています。それが不安で就職活動を行うことを躊躇している人もいるかもしれません。

企業側が心配しているのは、すぐ辞めないだろうか、最低限のマナーを身に着けているだろうか、他の社員とうまくやれるだろうか等。

JAICの数日間の講座を終えたということは、それらの心配がいらない人材であることの証と企業はとらえます。

そのため、講座を終えた人は、書類選考ナシで面接に進むことができます。

・すぐに就職したい人

確かに数日間の講座はありますが、講座終了後すぐに約20社との面接が用意されています。前述したように書類選考はナシ。早ければ数日で就職が決まる場合もあります。

ブラック企業だったりしない・・・?

JAICは一定基準の水準を満たしている企業だけを扱っています。そのため、ブラック企業は排除されています。

JAICをおすすめしない人

逆にJAICをおすすめしないのはどのような人でしょうか。

・地方で就職を考えている人

JAICは一部都市圏にしか対応していません。東京・大阪・名古屋・福岡以外の地域で就職・転職を考えている人にはおすすめできません。

・30代以上の人

JAICの対象は20代。30代以上の人にはおすすめできません。

講座で自信を付けてから就職・転職活動をしよう

JAICの一番の特徴は数日間にも及ぶ講座。面接対策から社会人のマナー、人付き合いの仕方まで身に付けることができます。これらが苦手な人は苦痛に感じてしまうかもしれませんが、乗り越えれば大きな武器になるでしょう。

いい意味でも「やばい」JAICはおすすめです。