キャリアカーバーの特徴を紹介!ハイクラス転職を目指す人にオススメ

キャリアカーバーはどんな転職サービスなんだろ?
ハイクラスな転職を求める人にはピッタリだよ!

キャリアカーバーは求職者に向けてハイクラスの求人を提案する「ヘッドハンティング型」の転職サービスを提供しています。

転職はどんな人でも不安になるものです。成功させるにはどのサービスを利用して転職するのかも重要になります。

当記事では、キャリアカーバーを利用してみたいけど、どんなサービスなのか知識のない人に向けて特徴を徹底解説していきます。

ハイクラス向けの転職サービスとしておなじみのビズリーチとの比較もしているので、どちらを使えばいいのか悩んでいる人も参考にしてください。

キャリアカーバーに関する疑問が当記事によって解決することを祈っています!

キャリアカーバーの特徴

ヘッドハンター

キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営するハイクラス求人を専門に扱う会員制の転職サイトです。

「CAREER CARVER(キャリア カーバー)」は、リクルートキャリアが提携する経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターの中から、ビジネスパーソンが、自ら自分に合うヘッドハンターを見つけられる次世代リーダー向けのサイトです。

引用元:リクルートキャリア

会員登録するとヘッドハンティングのほか、自らヘッドハンターをみつけて転職活動を進めることも可能です。次世代リーダーやキャリアアップを目指したい人を対象にしています。

キャリアカーバーのサービスや紹介求人の特徴を表にまとめました。

キャリアカーバー
サービスの特徴ヘッドハンターからスカウトが届く
自分でヘッドハンターを選択できる
ハイクラス求人を検索できる
年齢制限なし
すべてのサービスは無料で利用できる
紹介求人の特徴経営者・CEO・COO / CFO / CTO・CIO / ヴァイスプレジデント・執行役員 / 管理職候補 / マネージャーなど、経営ボードから責任者まで幅広い
成約数不明
取り扱う求人の年収1,550万円(中央値)

キャリアカーバーの特徴を詳しく確認していきましょう。

ヘッドハンターからスカウトが届く

キャリアカーバーは、「ヘッドハンティング型」の転職サイトです。そのため、会員登録をした後は、ヘッドハンターからスカウトされるのを待つことになります。

ヘッドハンターは求職者のレジュメ(職務経歴概要)を閲覧してスカウトメッセージを送ってきます。

スカウトされたい人は、レジュメ(職務経歴概要)の登録が必須です。これまでに行ってきた業務での経験や実績、スキルなどのアピールポイントを事細かく書くことでヘッドハンターの目に留まりやすくなります。

ヘッドハンターの数は1,000人以上

キャリアカーバーは、1,000人以上のヘッドハンターと提携しています。

ヘッドハンター

大企業の経営幹部やマネージャーなどの転職を実現させている実績豊富なヘッドハンターのみを厳選し、サービスの質を高めています。

自分でヘッドハンターを選択できる

キャリアカーバーでは、ヘッドハンターからのスカウトを待つ使い方のほかに、自らヘッドハンターを指名して転職先を探し出してもらう使い方もできます。

一般的な転職エージェントの場合、担当者は初めから決まっています。そのため、能力が低い、業界の知識をもち合せていないなど、担当者の質によっては満足のいく転職サポートを受けられないこともあるようです。

転職は今後の人生を左右する大きなイベントなので、能力の高い担当者が好まれるのは当然です。

キャリアカーバーでは、ヘッドハンターのプロフィールや経歴を閲覧でき、担当してもらいたい人を決められます。「〇〇業界に強いヘッドハンターがいい」「経験豊富な人がいい」などの要望にも対応でき、ミスマッチを事前に防ぐことが可能です。

ハイクラス求人を検索できる

キャリアカーバーはヘッドハンターのスカウトによって求人を紹介してもらう、ヘッドハンターを自ら指名して求人を探し出してもらう以外に、自らハイクラス求人を検索・閲覧できます。

閲覧した求人の中で気になるものがあった場合、「応募を依頼する」と書かれたボタンをクリックすれば、担当のヘッドハンターに応募依頼のメッセージを送ることができます。

業種はWeb・インターネット、金融、商社、メディカルなど多岐にわたります。

キャリアカーバーが扱う業種
Web・インターネット
メーカー
商社
流通・小売り・サービス
コンサルティング
マスコミ・メディア
エンターテイメント
金融
建設
不動産
メディカル
インフラ
人材・研修・教育
その他(官公庁・非営利団体)

年収は600万円から5,000万円まで指定して検索できます。大企業の幹部・管理職候補、マネージャーなど、ハイクラス向け転職サイトの名に恥じないの質の高い求人を扱っています。

キャリアカーバーなら、年収をアップさせたい人、ハイクラス求人しか必要としていない人のニーズをしっかりと満たしてくれます

掲載求人数は50,000件以上

キャリアカーバーの求人掲載件数は54,000件以上(2019年7月26日時点)です。そのなかでも「メーカー」「Web・インターネット」「建設」の求人が多い傾向です。

キャリアカーバーが扱う求人数ランキング
順位業種求人数
1位メーカー12,447件
2位Web・インターネット12,322件
3位建設7,784件
4位コンサルティング5,271件
5位金融3,517件
6位メディカル3,126件
7位不動産3,079件
8位流通・小売り・サービス2,808件
9位マスコミ・メディア2,248件
10位エンターテイメント1,532件
11位人材・研修・教育1,230件
12位インフラ1,126件
13位商社1,082件
14位その他(官公庁・非営利団体)216件

※求人数は2019年7月26日時点
※非公開求人は含まれていません

国内企業以外に、外資系企業も多く取り扱っています。海外を拠点に活躍できるポジションも多く、勤務地を海外で選択すると702件(2019年7月26日時点)の求人が検索できます。

年齢制限なし

キャリアカーバーはハイクラスの転職に特化しているので、重視されるのはこれまでの経験やスキルです。

一般的に転職は20代が有利で、年齢が高くなるにつれ難しくなるといわれていますが、キャリアカーバーには当てはまりません。経験や高いスキルを有していれば年齢に関係なくサービスが受けられます

すべてのサービスは無料で利用できる

キャリアカーバーはすべてのサービスを無料で提供しています。

スカウトやヘッドハンターを自ら選んで転職活動を進める場合でも料金は無料です。

「ハイクラス求人をみてみたい」
「経験やスキルをいかして転職をしたい」
「ヘッドハンティングによって転職したい」

上記のように考えている人は、一度キャリアカーバーの利用をオススメします。レジュメを登録しておけばヘッドハンターからのスカウトも期待できます!

キャリアカーバーとビズリーチの違い

ヘッドハンター

ハイクラス転職を目的とするサービスはキャリアカーバー以外にもあります。テレビCMでもお馴染みのビズリーチも、ハイクラスの転職サービスを提供する企業の一つです。

キャリアカーバーとビズリーチはどちらも似たようなサービスですが、保有する求人件数やヘッドハンターの人数、料金に違いがあります

両社の特徴を比較していきますので、どちらのサービスを利用すべきか悩んでいる人は参考にしてください。

ビズリーチのサービスは一部有料

先述したとおり、キャリアカーバーはすべてのサービスが無料で利用できます。一方で、ビズリーチは、一部のサービスが有料になっています。

ヘッドハンターヘッドハンター
料金すべてのサービスが無料無料(一部有料

【有料】
・タレント会員(30日)/2.980円(税抜き)
・ハイクラス会員(30日)/4.980円(税抜き)

主なサービス【無料】
・ヘッドハンターからのスカウト
・ヘッドハンターを選択できる
・求人を検索できる
【無料】
・求人の検索、閲覧(企業名は閲覧できない)
・一部の求人のみに応募可能
・スキルが高い人に送られる特別なスカウトの受信、返信

【有料】
・すべての求人の検索、閲覧、応募
・すべてのスカウトへの返信
・ヘッドハンターへの相談

公開求人数
(2019年7月時点)
約54,600件約114,000件
ヘッドハンターの数1,000人以上3,000人以上

ビズリーチの場合、有料のプランを利用しなければ、求人を閲覧できても企業名までは知ることができません。また、ハイクラス求人への応募が一部のみに限られ、スカウトもスキルの高い特別な人のみ。ヘッドハンターへの相談もできません。

ビズリーチもハイクラス転職の実績があるため、お金に余裕のある人は利用したいところですが、まずはキャリアカーバーで転職活動を体験してからでも遅くはありません。

ビズリーチより求人数やヘッドハンターの数は劣りますが、キャリアカーバーはすべて無料で利用できるので、費用をかけたくない人にはオススメです。

キャリアカーバーを利用してみて、求人やヘッドハンターの質に納得できなかったら、ビズリーチの有料プランの利用も考えるとよいでしょう。

キャリアカーバーの評判・口コミ

ヘッドハンター

キャリアカーバーが世間でどんな評価を受けているのか気になる人もいるかと思います。利用者の口コミをまとめてご紹介しますので、使うべきサービスなのか判断の材料にしてください。

評価の高い口コミ

エグゼクティブ層の転職サイトといえば限られていますが、かたや有料でこちらのキャリカーバーは無料。まずは無料であるこちらを使ってみて、あまり質が良くないようであれば有料サイトも視野に入れて考えてみようと思っていました。

ところがこのキャリアカーバー、驚くほど質のいいサービスでした。高年収のみの求人ということを考えれば求人数は多く、さすがリクルート系列です。スカウトメールも興味をひく求人が多数あり、思い切ってヘッドハンターに連絡を取ってみることにしました。担当いただいたヘッドハンターの方にはとても親身に相談に乗っていただけました。

しっかりと時間をかけたヒアリング、転職に関する幅広い情報、まるで我が事のように私のキャリア形成について熱く語ってくださいました。そして、私の希望を把握した上で年収アップとキャリアアップ双方を叶えることが出来る求人を紹介してくれました。

引用元:ランクルー

キャリアカーバーのヘッドハンターは評判も良く、ハイキャリアで転職をしようと考えている人にとっては外せない転職サイトだと思います。

引用元:ランクルー

ヘッドハンターからのメールは、他の転職サイトと比べてもキャリアカーバーがダントツで多いです。自分を売り込むのが上手な人で、スペックも見合う人はとてもいいサイトだと思います。
引用元:ランクルー

直接のやり取りができるのがキャリアカーバーのメリットのひとつです。

転職サイトのほとんどは面接に行くまでの間のやり取りは、さほど重点を置いていないように思います。結局求めている人、求められている人の両方が合致するまでがサイトの仕事なので、
その後やその間のことはあまり重要視されていないしそういった場を用意していません。

でもキャリアカーバーはその後も重要でヘッドハンターから連絡があった際も、給料面や休み、勤務地などかなり詳しく話してくれます。

引用元:ランクルー

某大手転職エージェントに面談に行った際には、「40代での転職は思っている以上に慎重にならざるを得ない」ことを厳しく指摘されていたのですが、キャリアカーバーのヘッドハンターからは「楽観視はできないけれど能力があれば逆に40代だからこそ雇いたいと考える企業もある」と言ってもらえ、非常に心が軽くなったことを覚えています。

引用元:ランクルー

評価の高い口コミまとめ
●年収アップとキャリアアップの両方が実現できた!
●ヘッドハンターの評判がいいとの噂は本当!
●ヘッドハンターからの連絡が多い!
●ヘッドハンターと直接やり取りができる!
●求人の質が高い!
●年齢を気にせず利用できる!

評価の低い口コミ

登録は無料なので他の転職サイトと同様、キャリアカーバーにもとりあえず登録しました。
お高そうなサイトの作りで、自分には場違いな転職サイトだろうかとは思っていたけど、思っていた以上に自分にとっては利用できない転職サイトでした。

自分は営業なんで、売れば売るだけ収入は増えるし、売れなければ当然少ないまま。過去最高額なら年収制限クリアできていたので、少しばかり期待してしまった訳だけど、やみくもに登録してもダメってことですねー。

引用元:ランクルー

優良求人が多いということでキャリアカーバーに登録しました。蓋を開けてみたらやはり一般非公開の求人が多く、その内容(主に年収)をみると感嘆の声を上げてしまいそうですが、その分求職者に求められるレベルも高いです。

引用元:ランクルー

評価の低い口コミまとめ
●求人がハイクラス過ぎて、自分には合わない
●現在の年収が低いため、スカウトが届かない
●転職者に求めるレベルが高すぎる

こんな人にキャリアカーバーはオススメ!

ヘッドハンター

キャリアカーバーは「求人がハイクラス過ぎて合わない」など、評価の低い口コミもありますが、高い評価の口コミにあるとおり、使うといい結果が得られる人も存在します。

ここではキャリアカーバーをオススメできる人をご紹介。以下の項目に当てはまる人はぜひ利用してみてください。

キャリアカーバーをオススメできる人
●年収600万円以上を求める人
●キャリアアップしたい人
●ヘッドハンターのスカウトで転職したい人

年収600万円以上を求める人

キャリアカーバーは、年収600万円以上で、なおかつハイクラスな求人を希望する人に向いています。

取り扱う求人の年収は600万円が最低ラインとなっているので、現在の年収が600万円に近い人から、それ以上の年収を求める人にピッタリです。

年収1,000万円の求人も14,500件以上(2019年7月26日時点)閲覧できます。

キャリアアップしたい人

ハイクラス求人を54,000件以上(2019年7月26日時点)保有するキャリアカーバーで活動すれば、転職希望している企業や、キャリアアップして就きたいポジションを見つけられるかもしれません。

求人は、即戦力として期待される大企業の幹部や管理職候補、マネージャーなどの案件が多い傾向です。キャリアアカーバーの求人の質の高さは、今後のキャリアを考えて転職したい人にうってつけです。

キャリアカーバーの紹介求人の特徴
経営者・CEO・COO / CFO / CTO・CIO / ヴァイスプレジデント・執行役員 / 管理職候補 / マネージャーなど

キャリアカーバーは、「幹部や管理職の求人だけを探したい」など、キャリアアップを見据えて転職したい人のニーズをしっかりと満たしてくれます。

ヘッドハンターのスカウトで転職したい人

レジュメ(職務経歴概要)を閲覧した経験豊富なヘッドハンターが条件に合った企業を探し出し、引き合わせてくれます

どの企業が合っているのか決めきれない、新たな業種にチャレンジしたいけど不安があるなど、転職に関する問題に対して、ヘッドハンターは力になってくれます。

忙しくて求人を検索する時間のない人も、キャリアカーバーを利用してレジュメ(職務経歴概要)を登録すれば、あとはヘッドハンターからのスカウトを待つだけです。現在の業務に集中しながら転職活動を進められます。

こんな人にはキャリアカーバーはオススメできない!

ヘッドハンター

キャリアカーバーをオススメできる人もいれば、オススメできない人もいます。

どんな人がキャリアカーバーに向いていないのか、利用する前に確認しておきましょう。

キャリアカーバーをオススメできない人
●現在の年収が低い人
●経歴やスキルに自信のない人
●何度も転職を繰り返している人
●ハイクラス求人を求めていない人

現在の年収が低い人

現在の年収が低い人は、キャリアカーバーが保有する年収600万円以上の求人を紹介してもらえない可能性があります。

高い年収を提示している求人の場合、企業もそれに見合った高い能力を求めています。現在の年収が500万円を大幅に下回っている場合、年収アップを目指してキャリアカーバーを利用しても、ヘッドハンターの目に留まる機会が少ないため、いい結果にはつながりません。

経歴やスキルに自信のない人

キャリアカーバーが紹介する求人は、幹部や管理職候補、マネージャーなど重要なポジションが多いです。そのため、これまでに課長やプロジェクトリーダーなどを経験してきた人に、いい求人が集まりやすくなります。

これまでの経歴やもっているスキルに特筆すべきものがある人は別ですが、レジュメ(職務経歴概要)に書くことが見当たらない人は、ヘッドハンターから一向にスカウトが来ない可能性もあります

何回も転職を繰り返している人

転職歴は少ないほうが次の会社に就職しやすいといわれています。業務内容が合わない、雰囲気に馴染めないなどの理由によって転職を何回も繰り返している人は、キャリアカーバーの利用はもちろん、これ以上、転職することもあまりオススメできません

一方で、キャリアアップを目的とした転職を何回か繰り返しながら、実績をあげている人は、ヘッドハンターや企業から評価される対象になります。キャリアカーバーを利用すればいい結果が得られるでしょう。

ハイクラス求人を求めていない人

そもそもハイクラス求人を求めていない人は、キャリアカーバーを利用しても意味がありません

先述のとおりキャリアカーバーは年収600万円以上の幹部や管理職候補、マネージャーなどの求人が中心です。

キャリアカーバーが保有する求人とは異なる企業やポジションを求めている人は、これから紹介するエージェントの利用を検討してみてください。

オススメの大手転職エージェント
キャリアカーバーが保有する求人とは異なる企業やポジションを求めている人は、下記の大手総合転職エージェントがオススメです。
①リクルートエージェント
リクルートエージェントは、転職者支援の実績でNo.1を誇る最大手の転職エージェントです。業界や職種ごとの専門アドバイザーが転職をサポートしてくれます。公開求人以外に、10万件以上の非公開求人を保有しています。

リクルートエージェントで転職

②パソナキャリア
扱う求人の業界・職種ごとに専門のキャリアアドバイザーを配置。転職が初めての人もしっかりとサポートしてくれるので安心できます。公開求人は約6,000件、非公開求人は約15,000件。

パソナキャリアで転職

③DODA
DODAは、求人数の多さとアドバイザーのサポートで高評価を獲得しています。公開求人は全体の20%程度で、非公開求人は80%の割合となっています。よい転職先がみつけたい人はアドバイザーに相談して非公開求人を提供してもらいましょう。

DODAで転職

キャリアカーバーの登録方法と活用術

ヘッドハンター

キャリアカーバーをオススメできる人
●年収600万円以上を求める人
●キャリアアップしたい人
●ヘッドハンターのスカウトで転職したい人

上記に該当する人は、キャリアカーバーを利用すると希望の転職をかなえられる可能性があります

ここからはキャリアカーバーの登録方法とともに、活用方法について解説します。

登録方法

STEP.1
新規会員登録
メールアドレスまたはFacebookで登録
STEP.2
情報の入力
氏名・生年月日・年齢などの入力
STEP.3
レジュメ登録①
学歴や語学スキルなどを入力
STEP.4
レジュメ登録②
これまでの経験社数、直近の勤務経歴について入力すると、キャリアカーバーが利用可能に!
STEP.5
レジュメ登録③
さらに詳しい内容を入力するとスカウトが届きやすくなります

レジュメ登録

キャリアカーバーの新規会員登録は、氏名・生年月日・年齢・学歴・語学スキルなどを入力します。

レジュメ(職務経歴概要)には氏名や生年月日などの個人情報を入力しますが、以下の情報については、ヘッドハンターや企業には非公開となります。

「氏名」、「メールアドレス」、「生年月日」、「住所(市区町村以降)」、「電話番号」欄に記載された個人を特定する情報

引用元:キャリアカーバー(ヘルプ)

以下の条件に当てはまると非公開情報は公開されるので、あらかじめ確認しておいてください。

スカウトへの返信、ヘッドハンターへの相談、求人情報への応募依頼を行うと、担当のヘッドハンターに実名状態のレジュメが公開されます。

引用元:キャリアカーバー(ヘルプ)

STEP3まで進むとサービスが利用できる

キャリアカーバーの新規会員登録はSTEP1~4にわかれています。STEP3の入力が完了以降、キャリアカーバーの利用が可能になります。

スカウトを利用したいならレジュメは必須!

ヘッドハンターからスカウトを受けたい人は、レジュメの作成が必須です。

新規会員登録のSTEP4に職歴や保有している資格の情報を入力すると、希望条件により近いスカウトが届きやすくなります。

転職は在職中に始めよう

キャリアカーバーは、ヘッドハンティング型のサービスが主となるため、求職者はスカウトを待つスタンスです。そのため、スピーディーに転職したい人には向いていません。

ヘッドハンターからのスカウトはいつ来るかわからないため、退職してから利用を開始すると、次の会社がいつ決まるのかと焦りを感じてしまう可能性もあります。

キャリアカーバーを利用する際は、現在の会社に在籍したまま開始したほうがよさそうです。ヘッドハンターからスカウトが届いた時点で、転職するかしないかを考えても遅くはありません。

ハイクラスの転職を狙うならキャリアカーバーはオススメ

ヘッドハンター

キャリアカーバーはハイクラスの転職を狙いたい人にオススメのサービスです。

ヘッドハンティングによるスカウトに加えて、自らヘッドハンターを選択し、求人を探し出してもらうほか、自分で検索した求人の応募も依頼できます。

幹部や管理職候補、マネージャーなど、重要なポジションの求人が多いため、転職に成功すれば大きなやりがいを手にでき、年収アップも期待できます。

社会人として着実にステップアップしたい人は、ヘッドハンターからどんなスカウトが届くのか待ってみるのもいいでしょう。

キャリアカーバーをオススメできる人
●年収600万円以上を求める人
●キャリアアップしたい人
●ヘッドハンターのスカウトで転職したい人

キャリアカーバーへの登録はこちらからできます。