【体験談】人材バンクネットの評判は正しい?登録から求人探しまでのすべてを公開!

さあ、転職活動スタートだ!転職エージェントに登録だ~!

やる気だね~。転職エージェントはどこを使うのかな?

え、え~と…まだ、どんな転職エージェントがあるか調べていなくて…

やれやれ、本当に「スタート地点」に立ったばかりなんだね。それなら人材バンクネットを使ってみたらどうかな?

人材バンクネットの概要

スクリーンショット1
人材バンクネットは、人材サービスの一端を担っているサイトです。一般的な求人サイトや転職サイト、転職エージェントなどとは少し異なる特徴を持っています。あまり聞いたことがないかも知れませんが、転職活動を始めたばかりの人やこれまでの転職活動で成果が出なかった人などには良さそうなサービス内容です。

転職エージェントを探すためのサイト

人材バンクネットは、転職エージェントの情報を幅広く集めて紹介しているサイトです。転職サイトでも転職エージェントでもないので、こうした人材サービスのような直接紹介や求人応募の窓口もありません。

転職したい人は人材バンクネットに登録して、そこから転職エージェントに申し込んだり、反対にスカウトされたりします。また、転職エージェントを企業単位でなく、担当してほしいコンサルタントで選ぶことも可能です。

求人情報を幅広く探せる

人材バンクネットでは、転職エージェントなどの人材紹介会社がそれぞれに扱っている求人情報もみることができます。多数の人材紹介会社の求人情報を横断的に検索できるので、各人材紹介会社の求人の種類やレベルを予測しながら使う会社を選べそうです。

転職エージェントを個別に利用すると、そこで扱っていない求人を紹介してもらうことはできません。ところが、人材バンクネットなら求人をみながら転職エージェントを選べて、自分の希望に合った求人情報を逃さずキャッチできます。

いろいろな人材紹介会社が集まっているから、より広い範囲から求人情報を探せるね。

お給料が高くて休日がいっぱいの超優良求人を探せるかな。

もちろん、書類審査や面接に受からないと入社はできないからね!自分に合った企業を探そうね…。

人材バンクネットに登録しよう!

人材バンクネットの利用をスタートするには、まず登録が必要です。人材バンクネットでは登録時の入力項目が職務経歴書の代わりのようなものなので、最初の登録が肝心。ちょっと大変ですが、がんばって登録しましょう。

会員登録

スクリーンショット2
 
はじめに基本情報を入力して、仮登録を行います。最初に入力するのは以下の項目です。

  • メールアドレス
  • パスワード(半角英数字8~20文字で作成)
  • 名前
  • 生年月日
  • 利用規約に同意して会員登録

終わった!簡単じゃん!

まだまだ、これからだよ!

プロフィール・経験

スクリーンショット3
仮登録すると登録したアドレスにメールが届きます。そのメールに添付されたURLから登録画面に飛び、さらに詳しく情報を登録していきます。ここから、プロフィール、経験、資格…と段階ごとに分かれている項目をそれぞれ入力します。まずは、プロフィールと経験で項目は以下の通りです。

  • 性別
  • 家族環境
  • 就業状況
  • 住所
  • 最終学歴
  • おおざっぱな経験

ココで求められる「経験」は、経験した職種と年数です。
 

スクリーンショット4
選んだ職種について、この後で詳しく記入する項目があるため、漏れや抜けなく選択して整合性が取れるようにしておきましょう。

資格・語学

スクリーンショット5
自分の持っている資格や英語などの語学スキルを登録します。選択肢から選んでいく方法ですが、詳しく資格の種類ごとに分類されていて分かりやすい選択肢です。

就業状況

スクリーンショット6
 
経験した業界やマネジメント経験の有無、直近の就業状況、詳しい経験などを記入していきます。上記のような選択肢もありますが、徐々に記述式が多くなり、この段階が一番大変でした。
 
スクリーンショット7
 
上の書式に沿って職務内容を詳しく記入し、保存すれば・・・
 
スクリーンショット8
 
やっと登録完了、同時にキャリアシートができあがりです。
 

【追記】利用には項目を全て埋めることが必須

人材バンクネットでは、一部、手を抜いて簡単に入力して終えられる部分もありますが、真剣に転職のパートナーとなる会社を探しているならば、手抜きをしてはいけません。

情報が不足していると以下のようなポップアップが出てきて記入を促されます

スクリーンショット9
 
転職エージェントに利用相談したり、スカウトされたりしますが、その元となる情報はこの登録情報です。そのため、利用前に全て入力しておかないと、きちんと転職エージェントに自分を分かってもらえず、スカウトも来にくくなります。

人材バンクネットで転職活動してみよう!

スクリーンショット10
 
人材バンクネットのマイページでは、さまざまな検索方法で転職エージェントを選べます。自分と相性のよい転職エージェントに出会うことで、転職活動をよりスムーズに進めましょう。

転職エージェントを検索

スクリーンショット11
 
一つ目の検索方法は、転職エージェントの絞り込みです。転職エージェントを条件で絞り込んで、サポートをメッセージで依頼します。マイページを通して申し込みできるため、いきなり直接やり取りせずに好みの転職エージェントにアプローチできて安心です。
 
スクリーンショット12
 

■ コンサルタントで転職エージェントを選ぶ

スクリーンショット13
 
人材バンクネットでは、自分に合うコンサルタントのいる転職エージェントを探せます。得意分野やサポートの仕方で気に入ったキャリアコンサルタントがいたら、指名して申し込むことができます。気に入った転職エージェントでも、担当者が合わないと不満が出るものです。そういったコンサルタントとのマッチングミスを防ぐことができ、快適なサポートを受けられます。

■ 求人情報から転職エージェントを選ぶ

スクリーンショット14
 
人材バンクネットでは、求人検索からエージェントの選択もできます。自分の気になる求人を検索して、それを紹介してくれるエージェントに依頼する方法です。目指す求人を見つけた上で転職エージェントに申し込めるので、スピーディな転職活動ができそうです。ただし、場合によってはすでに希望する求人が締め切られていることはあります。

転職エージェントからスカウトを待つ

自分から転職エージェントを探すほかに、転職エージェントからのアプローチを待つ方法もあります。人材バンクネットでは、自分の登録した職務経歴や資格などを閲覧した転職エージェントからスカウトメールが届く仕組みになっています。こちらもマイページ上でやり取り可能です。

人材バンクネット利用で感じた点

人材バンクネットは、一般的な転職情報サイトやサービスとは違うため、戸惑う点もありますが、その違いを生かすことができたら便利に使えるかもしれません。いい点も悪い点も併せて、人材バンクネットを使って感じた点をまとめました。

直接紹介がないため応募が面倒

普通の転職サイトなどでは、気に入った求人があったら直接サイトや担当者に申し込みができます。ところが人材バンクネットでは、まずはその求人を扱う転職エージェントに利用を申し出なければいけません。そのため、タイムロスが出て転職活動がスムーズにいかないこともあります。急いで転職したい人や手間をかけたくない人にはあまり向かなそうです。

急いでいる人は、以下の転職サイトや転職エージェントもみてみよう!

【体験談】@typeに登録して評判を確かめてみた!デメリットも率直に告白します! 【体験談】マイナビエージェント評判の真相は?登録から面談、求人探しまでのすべてを公開!

転職エージェントを絞り込めるのは便利

転職エージェントの利用を考えているならば、人材バンクネットは転職エージェントの絞り込みや比較ができて便利なサイトです。最初の連絡はマイページを通して行うため、エージェントからぐいぐい連絡されたくない人はワンクッション置ける安心感もあります。

ボク、人材バンクネットで転職エージェントを選びます!!

希望に合うスカウトが来てから登録すれば無駄足を防げる

人材バンクネットは転職エージェントの情報を横断的にみられ、複数のエージェントからのスカウトを待てるため、いくつものエージェントに登録する必要がありません

じっくり腰を据えて転職を考えたいならば、まずはここに登録だけしておいて、のんびりとスカウトを待つ方法もあります。自分のレジュメや希望に合うエージェントから声をかけてもらってから、本格的にスタートするのもよさそうです。

人材バンクネットは情報収集や転職エージェント選びにおすすめ

人材バンクネットは転職エージェントの情報提供と仲介をメインに行っているサイトです。直接求人紹介などは行っていません。そのため、急いで転職したい人には進みが遅く感じられることもあります。

それでも転職エージェントの求人情報を一度に幅広く検索できたり、コンサルタントを指名できたりするサービスは、転職エージェントを探している人に有益といえるでしょう。転職エージェント選びに困ったら、人材バンクネットに登録してみるとよいかも知れません。