ラインナップとは?英語や日本語の意味、類語って?分野別の使用法をわかりやすく解説!

ラインナップとは「顔ぶれ」という意味!

先輩

研修の息抜きにラインナップゲームをしようと思うの。お題を考えるの手伝ってくれない?
ラインナップゲーム?ラインナップだから・・・商品を紹介するゲームですか?

新人

先輩

ラインナップは整列とか立ち並ぶっていう意味なのよ。商品の品揃えっていう意味でよく使用されるわね。ラインナップはほかにもいろいろな意味で使われるのよ。くわしくみてみましょう!
ラインナップは「整列」「立ち並ぶ」という意味が根本にある言葉です。そこから「顔ぶれ」などの意味をもつようになり、ビジネスなどいろいろな分野で使われています。

ラインナップの意味や使い方をくわしくみていきましょう。

ちなみに、ラインナップゲームは誕生日順や名前のあいうえお順など、お題に応じて整列するレクリエーションです。

ラインナップの意味を解説

ラインナップはテレビなどでもよく耳にする言葉ですよね。日常的に用いられているため、あえてラインナップの日本語の意味を考えたことはないという方もいるかもしれませんね。

ラインナップは使用されるシチュエーションによって意味が変わってくる用語です。どのような意味でラインナップが使われているか正しく判断できるように、ラインナップの意味を確認しておきましょう。

英語のラインナップ(lineup)はどんな意味?

ラインナップは英語表記すると「lineup」。「lineup」には次のような意味があります。

lineup
・人の列
・(特定の目的で集まった人や品物の)顔ぶれ、構成、 陣容
・(試合開始時の)整列
・(野球の)打順
・(テレビの)番組表、放送スケジュール

lineupの特殊な意味

・イギリス英語:(ショーや試合に出演・出場する人の)顔ぶれ、陣容

・アメリカ英語:(警察が目撃者に面通ししてもらうために並ばせた)容疑者の列

・カナダ英語:(車や人が何かを)待っている行列

「line」+「up」で「lineup」。直訳すると「線の上に」です。そこから「一列に並ぶ」という意味になり、さらに「立ち並ぶ」「顔ぶれ」という意味で使われるようになりました。

カタカナ語のラインナップとは?

ラインナップには次のような意味があります。

ラインナップ
・(特定の目的で集まった)団体、組織、人、品物、作品などの顔ぶれ。陣容
・野球の打順。バッティングオーダー
・スポーツの試合開始時に選手が整列すること
・番組などの内容。プログラム
ラインナップは団体や組織の顔ぶれという意味をもっていますが、「役員のラインナップ」などの言い方はあまりしません。団体や組織の顔ぶれの意味になるのは、スポーツの試合に出場する選手の顔ぶれなどを指す場合です。

英語の「lineup」と違い、カタカナ語のラインナップには待ち行列のような意味はありません。

ラインナップとラインアップ

カタカナ語のラインナップは「ラインアップ」ともいわれます。「ラインアップ」は「lineup」を英語のつづりのまま読んだときの発音、「ラインナップ」は英語圏の発音に近い形でカタカナに直したものです。日常生活で使う場合はどちらを使用しても間違いではありません。

しかし、報道機関やテレビ業界ではラインアップが使われることが多いです。

また、自動車業界では、メーカーによって取り扱っている車の顔ぶれを表現するときに、ラインアップを使ったり、ラインナップを用いたりいろいろな場合があります。

このように、ビジネスでは分野によって、ラインナップとラインアップのどちらを使用するか違います。自分の業界でどちらが多く使われているか見極めてラインナップ、ラインアップを用いることをおすすめします。

【分野別】仕事で役立つ!ラインナップの使い方・例文

ラインナップは複数の意味をもつ言葉です。シチュエーションに合う使い方を正しく選べるように、それぞれの分野でのラインナップの使い方を例文で勉強しましょう。

小売業・メーカーにおけるラインナップ

例文

先輩

リニューアルに合わせてカラーやサイズを充実させ、商品ラインナップを増やす予定です。企画書の確認をお願いします。
充実したラインナップが揃ういい企画だと思うよ。企画書はこのまま会議に提出しよう!

上司

先輩

幅広い商品をラインナップすると、売れ残りが出る可能性もあります。各種カラー、サイズの製造数について会議で検討させてください。
小売業やメーカーでのラインナップは品物の顔ぶれという意味。お菓子のような小さな商品を扱うメーカーから、住宅のように大きな商品を扱うメーカーまで、さまざまな業界でラインナップは用いられています。

映画やテレビ業界でのラインナップ

例文

テレビ局上司

夏休み期間はゴールデン枠に家族向けの番組を充実させるよ。現時点で決定済みの番組ラインナップには何がある?
去年は子ども向け映画を中心にラインナップしましたよね。今年はTVシリーズで高視聴率をとったドラマの劇場版を、地上波TV初放送する計画を立てています。

先輩

映画やテレビ業界では作品の顔ぶれや番組プログラムといった意味で、ラインナップが使われることが多いです。

スポーツにおけるラインナップ

例文

新人アナウンサー

親しくしているチーム関係者から、今夜の試合の先発11人のラインナップ情報を入手しました!速報で流しましょう!
やったわね!早く原稿書いて見せてちょうだい。あなたが番組でラインナップを紹介するのよ。

先輩

スポーツの試合中継やスポーツニュースなどで、ラインナップはよく使われます。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

スポーツでのラインナップは試合に出場する選手の顔ぶれを意味することもあれば、選手が試合前に整列していることを意味する場合もあります。野球では打順を指していることも。シチュエーションに合わせて意味を解釈してください。

上司

ラインナップは「顔ぶれ」という意味だけど、商品にも人にも使える言葉!覚えておこうね。

ラインナップの類語

さまざまな分野でよく使われるラインナップには、似た意味をもつ類語がたくさんあります。

ラインナップの類語には、カタカナ語も漢字の言葉もあります。使用される場はレストランやコンサートなどが挙げられます。バリエーション豊富な類語の中から、今回はカタカナ語を中心に紹介していきます。どのような言葉があるのかみてみましょう!

メニュー

メニューの意味は「料理の一覧」や「取り扱う項目の一覧」。予定されている事柄をわかりやすく一覧にまとめたものや、まとめられたその内容のこともメニューといいます。

IT分野でのメニューは、コンピューターのディスプレイに表示される、OSやソフトウェアで使える機能の操作項目一覧のこと。マウスやキーボードで使いたいメニューを選択して、機能を実行させます。

セットリスト

セットリストは、アーティストやバンドがコンサートで演奏する曲順を、一覧にして記載した文章のこと。コンサートのスケジュール表みたいなものですね。そこから意味が広がり、コンサートで演奏される曲順そのものもセットリストといわれます。

メンバー

メンバーは「集団を構成している人」「構成員」「一員」「参加者」「顔ぶれ」のことです。メンバーの「顔ぶれ」は、人にだけ使うのが一般的。そして、単なる顔ぶれというよりも「構成する一員」という側面が強くなります。この点がラインナップと違います。

レパートリー

レパートリーは、もともと音楽や演劇で使われる用語です。劇団や演奏家などが、いつでも観客に披露できるよう、常に準備している演目や曲目を意味します。

そこから意味が広がり、ある人が得意としていて、技量を発揮できる分野や範囲のことをレパートリーというようになりました。

先輩

ラインナップの漢字の類語には、「陣容」「構成」「布陣」「取り扱い商品」「商品目録」などがあるわ。言い換えするときには、伝えたいニュアンスに合う用語を選んで使ってね。

【番外編】サーフィンにおけるラインナップ

サーフィン用語にもラインナップは使われています。サーフィンでのラインナップは何本もの波が連続してやってくる様子のこと。「あのラインナップに挑戦しよう!」のような言い方で用います。ラインナップはサーフィンでの注意喚起にも使用される用語です。

たとえば、「自分の力量に以上のラインナップには乗らないようにしてください」といわれたとして、その意味がわからなかったらどうなると思いますか?初心者が対応できないような大きすぎる波に挑戦してしまったとしたら、重大な事故につながる危険もあります。

サーフィンをする人は、注意書きの意味が理解できないと非常に危険なので、しっかり意味を覚えておきましょう。

商品にも人にも使える「ラインナップ」を知っておこう!

ラインナップは、ビジネスでは「顔ぶれ」という意味で用いられることが多いです。この「顔ぶれ」という意味は商品にも人にも使用できるので、ラインナップはとっても使い勝手がいい言葉ですよ。

シチュエーション別に使い分けされるそのほかの意味とあわせて覚えて、ビジネス会話にラインナップをどんどん使ってみましょう!