仕事を辞める理由を徹底分析|後悔しない判断の仕方や準備とは

相談者

仕事が辛くなってきて。辞めたいと思うんです。でも本当にこんな理由で辞めちゃっていいんでしょうか
仕事を辞める理由はさまざまだね。辛くなってというのは具体的に何が辛いのかまで考えていますか?

アドバイザー

相談者

しっかりと考える時間や気力がなくてまだです…
会社を辞める理由をみつめなおして、本当に辞めるべきかを検討してみましょう!でないと、辞めて後悔することになる場合もありますよ!

アドバイザー

この記事では、退職した人の「仕事を辞めた理由」をランキング形式で、1位から順にその内容・状況について考えていきます。

辞めたいと思った理由の中には、もう少し検討が必要な場合も。しっかりとした検討や自己分析ができないまま退職してしまうと、再就職しても同じような失敗を重ねてしまう負のループにはまってしまうことにもなりかねません。

そうならないためにも、仕事を辞める理由をみつめなおしてみましょう!

仕事を辞めることは身近なこと

仕事 辞める

厚生労働省の統計によると、年間の離職者は約437万人(退職、解雇、他企業への出向も含む)もいるということ。転職が身近になっていることを感じますね。
参考:平成 29 年雇用動向調査結果の概況

仕事を辞めたいと思うことは、変わったことではありません。昨今では終身雇用の考え方も変化してきており、キャリアアップのために転職をする人も増えている中、前向きに仕事を辞めることを検討するのもいいかもしれません。

しかし後先考えずに、とりあえず退職した!ということになると話は別です。再就職がむずかしくなってしまったり、やはり辞めなければよかったと後悔してしまうことになりかねません。

ではどのような理由で、仕事を辞めることになるのでしょうか?

仕事を辞めたいと思う理由は2パターン

仕事 辞める 2パーターン 理由

仕事を辞めたいと思う理由は大きく分けて2パターンに分かれます。自分がどちらに分類されるのかまず大枠で自己分析していきましょう。

辞めるべきかどうか考えていく第一段階目というわけです。

1)今の仕事が嫌だ

辞めるかどうか、検討が必要である理由が「もう会社をとりあえず辞めたい!」と感じている場合です。

・なんとなく、仕事に対する情熱がもてない
・仕事に朝行きたくない
・上司との折り合いが悪くて困っている
・先輩が教育してくれない

以上の理由などで、「辞めたい」場合は注意が必要!まだ退職には検討が必要だといえるでしょう。

また何もせずに、上記のような理由で悶々としているだけも良い状況とは言えません。どんどん仕事が嫌になり、仕事に対するパフォーマンスが低下➡さらに嫌にというループに陥ってしまうことも。

【重要】辞めたくなっときの検討の仕方(自己分析)

①自分の中でお金、やりがいなど優先順位を決める

譲れないものがOKなら、譲歩できる条件がみえてくる

 

②現状の仕事に対する不満を書き出す

なぜ辞めたいのかを”見える化”

 

③解決策を考えてみる➡実行
同僚や先輩に相談するだけで解決する場合も。自分に原因がみつかり改善できる場合も。

 

④実行しても解決しない、耐えがたいなら退職を検討する

退職理由を見直してみると、「自己解決ができる悩み」も実は多かったりします。さらに気持ちが沈んで、退職へ傾いている場合は、冷静に自己分析ができていないこともしばしば。

客観的な視点で、解決策を考え実行したうえで、「会社を辞めるのに妥当な理由だ」と結論を出すことが重要です。

注意
体調に異変をきたしている場合(手前の状態)は、検討は不要です。心の状態が崩れているなど、無理をしている状況であるなら、なるべく早めに休職を願い出ましょう。その上で「受け入れられない場合」には会社を辞めるようにしましょう。

2)新しくやりたいことができた

辞めるべき理由に当てはまるのが「新しくやりたいことができた」という理由の場合です。

やりたいことがあり、この会社ではそれが実現できないということになれば、会社を辞めることを迷う必要はありませんね。

ただ、何も先の展望がなく辞めてしまうのは危険です。転職のためのスキルアップなどの準備、転職先を決めておくなど準備してからの退職がいいでしょう。

退職準備に関しては、以降にまとめがあります。

「辞めたくなる理由」を検証

仕事 辞める 理由

ここからは先述の1)今の仕事が嫌だ の理由を細かく分けて、ランキング形式で解説していきます。自分はどの理由で会社を辞めたいと思っているのか、照らし合わせて考えてみましょう。

自分以外の人がどんなことで悩んで退職を決意したのか知ることで、安心できるかもしれませんね。

退職した理由ランキングをもとに辞めるべきか検証

このランキングは【『エン転職』の会員に対するアンケート結果をもとにしています/アンケート手法:WEBアンケート/アンケート期間:2016年1月9日~1月15日 有効回答数1515名】を参考にしています。

具体的にどんな理由なのか?や退職オススメ度(3つの星の数)、対応策例などを紹介していきます。

1位 人間関係

退職オススメ度:★☆☆

退職理由をさまざまな場所で調べていると「人間関係」で仕事を辞める人が多いことがわかります。

仕事場という狭い空間で働く場合は特に顕著です。女性ばかりの職場や、変えられない環境の中での降り積もる人間関係によるストレスは耐えがたいものになってしまいます。

残業が多い会社などでは、一日のうちの大半を一緒に過ごすことになるため、精神的に追い詰められてしまうことも。体調を崩す前に辞めたいと感じることもあるでしょう。

【解決策例】
異動願など上司に相談したり、休職して心を休めることも一つの方法です。相のことは自分では変えられないので、悩まずに変えられることを変えてみましょう。

 

仕事としてはやりたいことができている場合など、辞めることがもったいない場合は特に、退職前にできることをしてみるのがおすすめです。

相談者

自分が動いて、環境を変えることもできるんですね!

2位 評価・人事制度に不満

退職オススメ度:★☆☆

正当な評価を受けられないと感じた場合は、将来の自分に期待がもてずにやる気をなくしてしまうでしょう。

例)業務中に休んでばかりの人と同じ給与額である、上司に取り入っている人が評価される風潮、社長主導の休日ボランティアや社内ベースボール大会に参加した人の評価が高くなる、美人にひいきする、パワハラ気味の上司が多いなど

【解決策例】
評価の方法や社風は、自分一人が動いたからといって簡単には変えられませんよね。特に新人のうちは不満があったとしても相談もしにくい状況でしょう。

 

自分で動くことで解決ができるかどうかは会社によって異なります。部署異動で解決できるのか?それとも企業全体でのことなので変えようがないのかを判断してから、解決策を講じてみましょう。

 

ただ、職について短期間の場合は、評価について判断するのは早計な場合があります。先輩にそれとなく話を聞くなどして判断材料を集めてから検討しましょう。

3位 給与が低い

退職オススメ度:★★☆

給与の低さは仕事に対する大きなモチベーションにつながります。仕事がいくら好きでもお金が伴わなければ、モチベーションを維持するのはむずかしいでしょう。

例)働きが給与に「見合っていない」と感じる、自分以外の要因で「給与カット」された、「昇給の見込み」がない、「サービス残業」が常態化している、「通勤手当が足りていない」など

【解決策例】
自分が望む給与がいくらなのか?それはいつまでに達成したいものなのか?など実際に必要になる金額、目標とする金額について考えてみましょう。そして、その金額が現在の企業で達成可能なのか?(資格所得や昇進など)を検討します。

 

そのうえで、どうしても今の企業にいては自分の目指す給与が得られそうにない場合には転職を検討してみましょう。給与について目標がある場合は、「給与いくら以上の企業を探してほしい」などの要望を伝えられる転職エージェントの利用がおすすめです。

サポート充実の転職エージェントが今すぐ知りたい人はこちら!

4位 社風・風土が合わない

退職オススメ度:★☆☆

社風・風土は基本的に根強いものなので、自分では変えられるものはありませんね。そういった部分で不満があると、この先続けていくことに気持ちがなくなっていきます。

例)毎朝、謎の朗読がある朝礼をさせられる、企業で「宗教」に入っている人が多い、上司に意見できる雰囲気がない、「新しいものに消極的」など

【解決策例】
基本的には「社風や風土に何も不満がない・特徴がない会社」はあまりありません。どの会社にも疑問に思う部分があるということです。そのため、社風・風土のみの不満で会社を辞めたいと感じている場合は、検討が必要だといわざるを得ません。

 

複合的な理由としてなら考えられますが、社風・風土が合わないということで、精神的に追い詰められているなどの理由がない場合は退社を踏みとどまるのがおすすめです。

5位 残業・休日出勤などの拘束時間が長い

退職オススメ度:★★☆

企業として、残業が常態化している場合も多くありますよね。残業せずに帰ると、責められるような言葉を投げかけられる場合も。他にも、始業時刻前からの掃除や出勤時間以外での仕事があるなど、「長時間勤務・連泊、連勤」が当たり前という場合もあるようです。

もちろん記者など、職種によっては、当たり前といったこともちろんあります。

自分の仕事に対する情熱が不満を上回っているときや、体調が万全であればこなすことができますが、そうでない場合は体調に異変が出るなど、問題も起こってしまいます。

自分の生活が仕事のみになってしまい、心身ともにバランスが崩れしてしまうこともあります。自分の体調・精神面などで不調が出てしまう前に解決に向けて動きましょう。

【解決策例】
一旦休職してみるというのもいいでしょう。拘束時間が長いため、余裕がなくなってしまい仕事に気持ちが入らず、冷静な判断ができない場合もあります。

 

また、異動届を出すなど、自分が無理をせずに続けられる「やりたい仕事」があるなら、部署を変えてもらえるようにお願いすることもいいでしょう。

 

以上のことが、かなわない場合は同業他社への転職などを考えるなど、仕事を辞めることを視野に入れたほうがですね。

6位 やりたい仕事ではなかった

退職オススメ度:★★☆

働いてみたらこんな仕事だと思っていなかった、やってみたら苦手だったということもあるでしょう。しっかりと企業分析したつもりでも、隠れてみえていなかった部分はあるものです。

例)自分が思っていたよりも「責任が重すぎ」、「無理なノルマ」などに耐えられなくなる、販売の仕事では顧客に対して「良心の呵責」にさいなまれる、そもそもその職種の業務に「興味がもてない」など

【解決策例】
どうしてやりたい仕事ではないと感じているのかを、よく考えてみましょう。辛い現状を解決できるかどうか(仕事に慣れれば感じ方が変わる・上司が変われば変わるなど)を検討したうえで、辞めるかを決めましょう。

 

働くには楽しいことばかりではないと思いながらも、そもそも自分の性格と合っていないや、長時間耐えることでのストレスに押しつぶされてしまうなど、退職するべき理由になる場合も

7位 福利厚生が悪かった

退職オススメ度:★☆☆

福利厚生といえば、介護休暇制度や育児休暇制度、時間短縮勤務制度からはじまり、交通費や社員食堂、住宅手当・家賃補助、健康診断などさまざまなものがあります。

全てがあって当たり前というわけではありませんが、自分のライフスタイルと見合わせて、損が大きくなってしまう場合は仕事に対するモチベーションの維持がむずかしいでしょう。

【解決策例】
福利厚生は、会社側が社員のために行うものなので、社員側からの働きかけで変わるようなものではありません。あればいいなと思うものから、この福利厚生がないから仕事を続けていくのが困難・不利益を被るという場合までさまざまです。

 

例でいうと、結婚・妊娠・出産で退職を迫られてしまう会社もまだ残念ながら存在します。結婚しても仕事が続けやすい福利厚生の整った会社への転職など、必要な場合は退社を考えてもいいでしょう。

8位 業界・企業の将来性の不安

退社オススメ度:★★☆

役員が同族ばかり、設備投資に積極的でない、パワハラ・セクハラが横行している、意思決定のスピードが遅いなどの企業では将来性に不安を感じてしまいます。

ただ、業界でいうと高・低報酬が得られやすい業界というものは存在しますが、どの業界も安定しているかといわれると先のことは誰にも分りません。業界で選ぶというよりは、自分のスキルを活かして報酬として評価される企業を選ぶことがおすすめです。

【解決策例】
企業の将来性が不安な場合は、理由はさまざまありますが、自分が仕事をする上で耐え難い場合は転職を考えてもいいでしょう。

 

将来性が漠然と不安であるというレベルであり、そのほかの面では問題がないという場合は退職をするまえに検討を重ねることをおすすめします。

9位 体調を崩した

退社オススメ度:★★☆

体調を崩してしまう手前で気が付く場合もあるでしょうし、倒れてしまってから気づく場合もあります。できることなら倒れてしまう前に解決のために動きたいところです。

アドバイザー

自分では気が付かず、周囲から注意されることもあります。「これくらいは大丈夫」と無理して悪化させてしまわないようにしましょう。でなければ復帰まで時間がかかってしまうことになってしまいかねません。

【解決策例】
基本的には退社すべき理由となります。しかし、まず試しておきたいのは休職です。休んで体調を整えることで、復職できる場合もあります。また無理をしていたことが周囲にも伝わるので、配慮してもらえる場合もあるでしょう。

 

原因が体力面・精神面どちらの場合も、まずは会社に休職を願い出てみましょう。ここで却下される場合は退職を願い出ましょう

仕事を続ける/辞めるメリット・デメリットを考えておこう

仕事 辞める 続ける メリット デメリット

仕事を続けるにしても、辞めるにしても、両者のメリット・デメリットをよく確認し、ご自分に適したスタイルを選ぶようにしましょう!

【参考資料】
20代前半~50代までの「転職事情」を知っておくことで、会社を辞める判断材料にしてみてください。 転職がむずかしい年代もあるので注意が必要です。

●20代前半:転職をしても繰り返す場合も多い

 

●20代後半:実績なく転職すると、給料や待遇は下がってしまうことも。しかし、早めの転職で花開くのも20代後半の特徴

 

●30代:キャリアを積んでの転職になるので、現在の会社よりもランクアップした会社に転職も。即戦力を欲している上昇志向の高い企業が求めている人材になっておく必要がある。

 

●40代:転職がむずかしくなってくる年代・特にIT系ではスキルや経験がかなりないと厳しい場合も。給料水準も高くなっている場合が多いので、維持しての転職がむずかしくなる。転職するなら高報酬を保証してくれるエージェントを利用するか、取引先や知りあいづての転職がおすすめ

 

●50代:転職はむずかしく、独立がメイン。フリーとして個人で今までの経験を活かして働くスタイルが多い。増えてきているフリーランスの中でも高報酬を得ているゾーン。

転職先を決めずに辞める場合

メリットとしては、自由に時間が使えるとことが挙げられます。

仕事をしながらだと同時に複数の企業の採用試験を受けるのは、むずかしいこともありますが、その点では落ち着いて対策しながら転職活動を進められるでしょう。

デメリットは、収入が0になってしまうこと。長期間の転職活動になると、金銭的にも精神的にもストレスになってしまい、焦って再就職先を決めてしまうことも。また、ブランクが空きすぎると転職が不利になる場合もあります。

転職先を決めて辞める場合

メリットは、ブランクが開かないこと。ブランクが開けばあくほど再就職は難しくなるといわれています。また転職にかかる税金や年金、保険の手続きを自分でしなくてもよくなるのも助かります。

また収入があるままの転職活動になるので、良い企業がみつかるまで妥協せずに活動を続けられるという面もあります。

デメリットとしては、仕事が多忙な場合に時間や精神的余裕をもって臨むことができないことです。また、急ぎの求人には対応できないことも挙げられます。

仕事を辞めるための準備とは

仕事 辞める 準備

先にも紹介しましたが、何も考えずにとりあえず辞める!というのは無謀です。会社を辞める前にしておくべきことを知っておきましょう。とりあえず辞めたときよりも転職が有利になる場合もあります。

何がしたいのか考える、何が必要なのか考える

「今の会社は○○に不満がある。だから改善できる職場に転職しよう!」と考えた時に「だから転職先の会社には何を求めるのか」をはっきりさせておきましょう。

【その他にも辞める前に考えておきたいこと】
・人生において何が大切なのかの優先順位を考える
・生活の変化を受け入れる心の準備

・現在の会社に「申し訳ない」という気持ちは捨てる➡迷惑をかけずに退社できる準備(引継ぎなど)をしておく

スキルアップ

せっかく転職活動をするなら、現在の会社の給与・待遇よりも下がってしまうのは避けたいですよね。

転職先でランクアップした仕事ができるように、転職活動の際のアピールポイントを明確に打ち出すためにも「資格取得」や「現在の会社での実績作り」は転職準備として重要です。

必要な貯金額を算出・貯蓄

転職先を決めずに辞める場合は、収入が一定期間なくなることになります。その場合に重要なのが貯金です。

参考にしたい数字が「3か月」という期間です。転職活動の平均的な期間は約3か月間といわれています。もちろん希望条件などによって期間は前後します。

目安:「3か月の生活費」+「転職活動費」の貯蓄

それ以下の貯金額の場合、すぐに会社を辞めてしまうと生活に困ってしまい、急いで転職先を決めてしまい失敗ということにもなりかねません。

余裕をもって転職活動をするためにも、「現在の1か月の生活費」を算出し、どれくらいの貯蓄が必要なのかを考えてみてください。

仕事を辞めることに迷ったら「転職エージェント」に相談

仕事 辞める エージェント 相談

転職エージェントとは

転職エージェントサイトに無料登録をして、自分の希望する転職条件を伝えると専門のエージェントが企業とマッチングしてくれるサービス。

紹介、面接のセッティングや給与の交渉などのサポートをしてくれる。

無料登録をするだけで担当のエージェントがつき、転職活動に関する色々な相談に乗ってくれます。

業界についてのアドバイスや、自分がどの程度の会社に転職できるかという「市場価値」を聞けるので、今何をすべきかがみえてきます。

ただ、エージェントがすすめるがままに転職を焦って決めることないように注意が必要です。

↓【20代の転職におすすめ】↓
「マイナビジョブ20’s」で転職

↓【30代・40代の転職におすすめ】↓

「en ミドルの転職」で転職

↓【スカウトを待ちたい人におすすめ】↓
「ビズリーチ」で転職

↓【自分の市場価値やするべき準備が知りたい人におすすめ】↓

「MIIDAS(ミイダス)」で転職

辞めたい理由を検討して、後悔のない行動を|辞める方法も紹介

仕事 辞める 後悔 選択

仕事を辞めたい!と思う理由はさまざまなものがあることがわかりました。どの理由であっても、その時の不満や思い付きで、「退職を切り出す」ということはやめましょう

辞めたい理由を、自己分析とともに検討し、後悔のない明るい転職を目指しましょう。会社に残ることになっても、自分の不満について、解決に向けて動けるようにしましょう。

仕事を辞める決断をしたら「上司に切り出そう」

仕事を辞めるときにはどのように上司に切り出したらいいのでしょう?迷ってしまいそうなときは以下のリンクでチェックしておきましょう。伝え方やタイミングについて詳しく解説しています。
退職 切り出し方退職の切り出し方マニュアル|伝えるタイミングや退職理由を考えてみた

退職願(届)を準備しよう

退職願(届)について作成方法やそのほか知りたいことをまとめてあります。以下の記事をチェックすれば円満退社のためのマナーを守った退職願(届)が作成できます。退職願と退職届の違いについても解説しています。

退職届 用紙退職届の用紙はコピー用紙?白便せん?サイズや折り方などマナーを紹介 退職届 郵送退職届の郵送方法を徹底解説|受理される送り方のマナーをチェック! 退職届・退職願の疑問を徹底解説|書き方(見本・テンプレートあり)や出し方・英語表現を解説