課長の年収はいくら?昇進と昇給の実態をチェック

課長は中間管理職として、出世の最初のステップになります。課長クラスになったら年収も期待したいところですが、実は企業の状況によって差が大きく、誰もが満足できる金額をもらっているとはいえないようです。

当記事でわかること
●課長の平均年収
●大企業と中小企業の課長の年収の違い
●「課長になると年収は下がる」の真実
●課長昇進できる年齢や必要なスキル
●大企業の課長を目指す方法

課長昇進を考えている人の疑問が当記事で解決することを祈っています!

部長にあれを報告して、課内の皆にコレを通達して…ああ忙しい。

うわ~。課長って大変そう…。でも、お給料をたくさんもらえるのかな?

課長の年収は企業規模や業種などによって差が大きいから、一概には言えないんだ。

…でも、僕より少ないことはないよね…?

課長の年収ってどれくらい?

金額不明

課長の平均年収
男性・・・526.4
女性・・・471.2
※単位は(千円)
データ元:厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」(10) 役職別にみた賃金

課長の年収はどれくらいなのかを確認しましょう。上記で示した課長の平均年収は100人以上の常用労働者が属している企業の数値です。平均なので課長の時点で年収1,000万円を超える企業もあれば、平均を下回ることもあります。

課長の年収は大企業と中小企業の差、金融や製造、サービスといった業種の差などによっても、大きく変わるようです。

企業の規模の違いと年収の差

大企業と中小企業の年収は大企業が高く、中小企業は低い傾向です。一般財団法人 労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」では、平均的な課長昇進の年齢は大卒入社の人で約39歳と想定されています。

「平成29年 賃金構造基本統計調査の概況」(厚生労働省)で、その年代の賃金をみると以下のようになっています。

男性の年代別賃金(35~49歳)
35~39歳男性40~44歳男性45~49歳男性
大企業364.0408.8458.0
中企業307.6341.5372.2
小企業292.8317.0331.0
女性の年代別賃金(35~49歳)
35~39歳女性40~44歳女性45~49歳女性
大企業280.7290.8299.8
中企業247.7258.3263.6
小企業228.7232.2235.4
※単位は(千円)
データ元:厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」

このデータは役職をもっている人からそうではない人までの平均の数値ですが、会社規模によって課長昇進後に当たる世代で50~120.0千円程度の差が出ていることになります。

やはり、大企業は年収が高いため、課長になった際にも冒頭で紹介した男性526.4千円、女性471.2千円の平均に近い、または超える数値になるといえます。ちなみに、大企業の課長の場合は平均して年収800万円を超えるといわれています。中小企業の場合は500万円ほどが一般的な年収のようです。

自分の市場価値が知りたい人はMIIDAS(ミイダス)でチェック!

 
大企業と中小企業の課長の年収を比較すると300万円ほどの差があります。300万円を12か月で割ると25万円…。これはかなり大きな金額の差といえるでしょう。

 
今もらっている年収に納得がいかない人は”会社の査定”と”自己評価”がズレている可能性も。そもそも自分はどれくらいの年収がもらえるのか疑問に思う人は、MIIDAS(ミイダス)というサイトで自分の市場価値を調べてみましょう。

 
MIIDAS(ミイダス)で市場価値を調べるのは簡単!あなたの経歴やスキルを選択・回答するだけで、年収を予測し、提示してくれます

 
同業種で働く人の年収も確認できるので、自分のもらっている年収が高いのか低いのかが一目でわかります。もらっている年収が同業種の中でも低いのであれば、今後のキャリアを考えるきっかけにもなるでしょう。今のあなたの市場価値を一度確かめましょう!
 

業種の違いと年収の差

課長の平均年収は把握できましたが、あくまでも平均なので、業種ごとにこの数値を割り込むケースと上回るケースがあります。

大卒入社で課長昇進する年代の平均的な年収をみると、高い業種と低い業種が確認できます。

業種の違いと年収の差

データ元:厚生労働省「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」

男性では金融業・保険業、女性は情報通信業で年収がもっとも高くなっています

一方で宿泊業・飲食サービス業は男女ともに年収が低く、45~49歳の男性で比較すると、その差は281.1千円にもなりました。

業種と年齢によっては281.1千円も年収に差が出るのは驚き!

ここにあるデータは役職のない人の分も入っているから厳密ではないけど、入った企業によって待遇に違いが出ることは分かるね。

大企業で金融業・保険業がねらい目…?でも、課長になって年収が下がったって聞いたこともあるぞ!年収が下がるなら…課長になんてならなくていいのかな?

良く知っているね。確かに昔は課長になって収入が下がるという現象もあったけど、今はちょっと変わってきたようだよ。

「課長になると年収下がる」は本当?

ミーティング

課長は管理職の中でも、あまりなりたいと思われない役職でした。その理由の一つとして「課長になると年収が下がる」という噂があったからです。

管理職になると残業代が出なくなります。その代わりに役職手当がつきますが、過去には課長の年収アップ率ではこれまでもらっていた残業代がカバーできず、係長時代よりも年収が下がるという逆転現象が起きることもあったようです。

課長になる前に一番残業代が多くなることが原因

課長になってから年収が減ってしまう現象は、課長になる直前が一番残業も多くなるために起こりやすかったようです。

課長になる前は多くの人が働き盛りで仕事量も多いため、自然と残業も多くなりました。そのため、課長の役職手当以上に稼いでしまい、いざ昇進したら年収が低くなる状況に陥っていたようです。

働き方改革で「年収下がる」噂も過去の話に

近年では働き方改革によって、この現象も起こりにくくなり、過去の話になりつつあります。そもそも残業が減ってしまったため、残業代を稼げなくなりました。たくさんの給料を稼ぎたいなら、昇進による昇給を目指すしかありません。この変化は、これまで昇進せずに高い給料だけ稼げばいいという人達を昇給のために昇進したいと思える流れへといざなっています。

課長昇進の年齢は?必要なスキルはある?

会社によって多少の違いはありますが、課長は主任、係長を経て就く役職です。「課長になると年収が下がる」との噂も過去のものになりそうな昨今、キャリアアップを考えるなら課長を目指すのは当然の流れです。

社会人になれば目指す人も多い課長ですが、何歳で昇進できるのかは気になるものです。主任や係長時代と働き方に変化はあるのか?また、課長に昇進したい人が身につけておくと有利なスキルはあるのでしょうか?

課長昇進の年齢は会社によって異なる

日本企業の課長昇進の平均年齢は先述のとおり”39歳”です。しかし、所属している会社の規模や社員数によっても昇進の年齢は異なります。そのため、今後のキャリアを考えると課長昇進がいつになるのかは気になるところ…。

自分がいつごろ課長になれるか簡単に知る方法は、自分の上司に「何歳で課長に昇進しましたか?」と聞いてみることです。課長になるおおよその年齢が分かれば、自分が昇進するタイミングもイメージできます。

もう一つは入社から課長になるまでの等級の数がどれくらい必要になるのかを知ることです。昇進に必要な等級の数は人事のマニュアルに書かれていたり、人事部に確認すればわかるはずです。

何歳で課長になれるのか気になる人は、上記の方法で悩みをすっきりさせましょう。

課長は経営側の一員

係長までは勤続年数を重ねることで誰でもなれたり、与えられた仕事をこなしていれば昇進できる場合も多いです。しかし、課長に昇進できるのは一部の人のみです。

課長は係長と違い、部下をもつ管理職の立場です。課長は経営側の一員となる役職のため、部下を育てる能力とともに、課として成果を上げる能力も要求されます。

課長はマネジメントスキルが必要

課長になると自分の仕事に全力を傾けていた係長時代とは違い、プレイヤーとして成果を上げることに加え、部下やチームをマネジメントする能力が必要不可欠です。

課長を目指すなら仕事と人のマネジメントスキルを事前に身につけておくと、昇進後にあたふたと焦らなくても済みます。

マネジメントスキルを身につけるには、リーダーシップを高めることや問題の解決能力を高める、部下をもつことを考えコミュニケーション能力を高めるなど、管理職としての立場を意識しながら働きましょう。これは日ごろの業務の中で実践・訓練する以外に、マネジメント関連の書籍、ビジネス関連のメディアなどからも学べます。

課長になるには、今の会社で昇進を狙う方法のほか、ライバルが多い場合には転職して課長昇進を狙う方法も。給与のより高い大企業の課長を目指したい人も転職を考えてみてもいいかも。

主任のボクもできれば大企業の課長を目指したい!おすすめの転職サービスがあれば知りたいな!

大企業の課長を目指したい人は?

課長に昇進した際には年収も高いほうがいいと考える人は、所属している会社で昇進の機会をうかがいながらも、大企業への転職を考えたほうがいいです。

大企業は社員数が多いため、中小企業より課長になれる確率は低くなります。そのため、大企業の課長を狙うなら年齢が若いうちに転職するか、所属する会社で経験を積み、ヘッドハンティングされるくらいの実績を残しましょう。

忙しく働く社会人にとって業務と並行して転職活動を充実させるのは至難の業です。転職も視野に入れながら課長昇進を目指したい人は、企業選びから面接の日程調整、給与の交渉などを請け負ってくれる”転職エージェントサービス”の利用がおすすめ

キャリアアップしたい人にこそ使ってほしい転職エージェントをCHEWYが厳選しました。サービスは無料で利用できるので気になる人は会員登録して使ってみてください。

BIZREACH
 

BIZREACHは年収600万円を超える人に高い支持を得ている転職エージェントです。登録すると大企業を含む求人が閲覧できます。また、ヘッドハンターからのスカウトが届く可能性もあるため、仕事で忙しい人も時間を無駄にすることなく優良案件と出会えます。BIZREACHで転職に成功した35歳以上の平均年収は850万円!ハイクラスの転職を得意としています。
 

ランスタッド
 
ハイクラスの転職が得意なエージェントです。30代で年収800万円以上の求人を探している人におすすめ。コンサルタントは気さくで話しやすく、対応がとてもいいと評価が高いです。コンサルタントや求人の質を重視するならランスタッドも利用してみてください。
 

課長から部長昇進への道

気が早い話になりますが、課長昇進後のキャリアアップとして次に目指すのは部長の椅子です。しかし、課長から部長になるのはなかなか難しいようです。課長の役割は現場のまとめ役と部下と上司のつなぎ役ですが、上司である部長は課長とは全く違った仕事内容となります。

課長から部長になれるのは一握り

課長は、仕事内容ごとに分けられた部門内のさらに細かい部署を取りまとめる役割です。大企業になればなるほど、課長は部門内に何人もいることになります。一方で部門全体を管理している部長は各部門に一人だけ。

企業のピラミッドは上へ行くほど小さくなるのと同じように、昇進も上に行くほど厳しくなるものです。大企業では社員数が多いためたくさんの課長がいても、部長になれるのはその中の一握りだけなのです。

経営者としてのビジョンが必要

部長は課長のような中間管理職ではなく、さらに一歩踏み込んだ経営陣としての働きが求められます。経営者と同等の視野の広い考え方が必要となり、課長をしていた頃のスキルだけでは追いつかない可能性も…。部長を目指すには新たにスキルを身につけたり、研修などを受けて自身の能力を高める意識が必要です。

課長昇進すれば年収アップが目指せる!

オフィスに一人たたずむ

課長になったら年収がダウンしたというのは過去の話。課長に昇進すれば、年収アップが目指せます。係長の人は全員が課長になれるわけではないので、昇進を考えるなら今のうちにマネジメントスキルを磨きましょう。

今いる会社にライバルが多い、課長に昇進しても大企業ほど高い年収が望めないと悩んでいるなら、転職の道もあります。実績やスキルを積み、課長昇進を狙いましょう