30代女性の転職はムリ?リスクと成功のヒントを紹介

30代女性で転職を考えている場合、まず最初に「ムリかな?」と不安を持つことが多くなります。30代女性では、確かに転職で不利になるリスクもいくつかあります。しかし、将来を見据えてしっかり対策すれば、成功につなげることも可能なのです。

転職したいけど、今からでは無理かしら?

30代女性の転職は大変だとは言われるけど、採用企業が持つ不安を解消するアピールができればうまく行くこともあるみたいだよ。

結婚で退職してしまったり、出産や育児でお休みをもらったりするからですね?

それだけではないけど、そういった面を気にする企業もあるから注意が必要なんだ。

30代女性の転職は厳しい!結婚や妊娠を気にする企業

握手

30代女性の転職は厳しいと言われることが多くなります。男性でも30代後半からは厳しいと言われることもありますが、女性の場合には「転職は30歳が限界」といった噂話や通説もあるようです。

実際に30代女性を積極的に欲しがらない企業もあります。その原因となるのは、やはり、結婚や出産のこと。30代は結婚や出産の時期に当たり、さらに女性の場合にはいわゆる「寿退社」や産休、育休の可能性もあります。そのため、長く働き続けてくれるか分からない30代女性の応募者は避けられることがあるのです。

また、育休は転職してから1年以上働いた実績など一定の条件がないと申請できない場合があります。そのため、妊娠希望がある女性は、転職したために育休が取れないなど、自分にとっても不利になる可能性も考えられます。

30代前半と後半の違いも

30代女性でも、30代前半と後半では難しさが違います。どちらかというと、30代前半までは未経験者の求人も多く、有利に進められそうです。

30代後半になると、特に即戦力での採用を希望する企業も多くなり、専門性の高さや指導経験などが求められます。それまで自分のキャリアプランをよく考えずに働いてきた人には大変になることもありそうです。

30代を過ぎると非正規雇用が増える

女性の働き方として特徴的なのは、30代を過ぎると非正規雇用で働く人が増える点です。厚生労働省の調査の中の「年齢階級別にみた 15 歳以上の者の就業の状況」では、女性の正規雇用は「25~29歳」をピークに数を減らし、30代後半からは非正規雇用者の方が正規雇用者よりも多くなっています。

「正規の職員・従業員」の割合は「20~24 歳」から「30~34 歳」までが「非正規の職員・従業員」を上回っているが、それ以外の年齢階級では、「非正規の職員・従業員」が「正規の職員・従業員」を上回っている。

参照元:厚生労働省「平成27年国民生活基礎調査の概況」

30代以降では家族やライフスタイルによって、派遣などの非正規雇用を希望する人や選ばざる得ない人も増えるのかもしれません。

転職をした(したい)30代女性の本音

悩む女性

転職をするのは誰でも不安、その中でも厳しいと言われてしまう30代女性にとってはことさら不安も大きいことでしょう。不利と言われて自信を失う前に、まずは同じ境遇の女性の意見を聞いてみましょう。意外と成功者もいますし、大変な人でもそれぞれに転職を頑張っています。

良い口コミも多い

転職中の女性を安心させてくれる良い口コミを紹介します。厳しいと考えられる30代後半の女性からの口コミで、どちらも転職活動をうまく進められたようです。

36歳の時です。
ニッチすぎる専門職だったので転職先が見つからず、結局未経験のサービス業の会社で勤務しています。
お給料は600万から480万に下がりましたが、福利厚生のきちんとした上場企業なので退職金や残業がほとんどないことを考えると得したなあと思っています。
参照元:発言小町

何を「成功」と呼ぶかは人それぞれ。お給料は下がっても、本人の満足度が高くなったら成功なのね。

職務経歴書は、職種毎にどのような仕事をしていたか、パソコンでどのような機能を使っていたか、纏めて記載するようにされてはいかがでしょう?正社員での10年間で、後輩の指導等もされていましたか?そのようなことも記載されると良いと思います。
合わせて、私は、自己PR等も記載していました。
これで8割ぐらい書類選考を突破できました。

参照元:yahoo知恵袋

この人は30代後半の同世代の女性に対してアドバイスを送っているよ。職務経歴書の書き方次第で書類選考の成功確率も変わるようだね。

大変という声も

転職の厳しさを物語る大変だったという口コミもチェックしておきましょう。成功者ばかりではないことも、また現実です。

30歳になり、経験した一般事務ですら採用されにくくなり、慌てて直接雇用を受け始めました。
そこで、愕然としました。今まで自分がやってきた仕事内容のレベルがあまりにも低く。社員の応募条件にも引っかからない。

参照元:yahoo知恵袋

30歳になった途端に厳しくなることもあるのね。悔しいけど、現実は受け止めなければ…

面接を行ってくれたところですと、わりと相手先の方に「感じがよいですね・・・」と言って頂いた事が何回かあったり、
2次面接など最終選考にも残ったりした所も数社あるのですが、採用には至りません><

37歳という年齢がネックという事も十分承知しておりますし、事務職を希望しておりますのでこのご時世大変競争率が激しいのも承知しております。淡々と応募し続けていくしかないのでしょうか?

参照元:yahoo知恵袋

事務職という狭き門では、面接まで行っても、そこから採用までが難しいこともあるようだね。

30代女性が転職したくなる理由とリスク

30代女性が転職を考える理由と、それぞれの理由ごとに考えられるリスクや注意点を紹介します。転職理由によっては転職しても思っていたように状況が改善されないことも。また、転職理由によっては正直に言い過ぎると面接で不利になることもあります。

年収と待遇

男女限らず年収アップのために転職する人は多いものです。ところが実際には、転職でこうした希望を叶えようとしてもあまり期待できないかも知れません。転職してすぐに高い年収を得るのは難しく、成功したケースでも一時的には収入減になることが多いものです。

また、転職活動を頑張っても、次の職場では正社員にすらなれず、派遣で働くこととなり、さらに待遇が悪くなることも考えられます。

ワークバランスの改善

30代は結婚や出産、子育てなどでライフスタイルが変わりますし、女性は特にその影響を大きく受けやすい立場の人が多いものです。

共働き夫婦でも、女性の家事や育児の負担が大きくなり、労働時間と家庭で過ごす時間のバランスが重要になってきます。また、30代後半ともなると、性別に限らず体力面でつらくなることもあるでしょう。

ただし、この点は採用面接などで正直に主張すると不利になることもあります。仕事へのやる気を疑われたり、「残業できない人はちょっと…」「子供の病気で休むことが多いかな…」などと思われたり、採用に二の足を踏む企業も出るのです。

本音は本音として、求人を探す際にその条件で絞り込み、面接などでは業務内容への貢献の可能性を伝えましょう。

30代女性が転職で成功するための3つのコツ!

30代女性にとって転職の道は厳しいことも多いけれど、慎重に対策することでリスクは防げることも。失敗すると次の転職はさらに難しくなるため、正しい方法を選び丁寧にポイントを押さえた転職活動を行いましょう。

働きながら転職活動を

採用が難しいと言われる年齢や条件の転職活動は、「働きながら」が基本です。長期化の恐れがあるため、今の仕事は辞めずに、収入を得ながら落ち着いて転職活動をしましょう。

時間は限られますが、もし仮に転職先が決まらなくても無職にはなりません。長期間の無職期間は書類選考でネックとなることもあるため、無職期間はなるべく少なくしたいところです。

将来像・キャリアプランを描いてみる

転職をするなら、なりたい自分の将来像を描き、それに到達するための計画を立ててみましょう。今後のキャリアの道筋を描き、そのためにはどんな仕事をしていく必要があるか具体的に書き出します。そのためには転職しか方法がないのか、今の会社ではできないのかも確認しましょう。

出産を考えている人は、1年以内に休職・出産を希望するなら転職をそれまで待つこともひとつの選択です。最低でも仕事を覚えるまでの2年間は働く覚悟で応募しないと、企業に採用を躊躇されてしまうかも。

情報収集とキャリアの棚卸をしっかりと

後がない、転職を繰り返したくない30代の転職では、自分の希望や適性にできるだけ合った企業を探すことが大切です。企業情報の収集はマッチングミスを減らすために重要となります。求人情報だけでなく、企業の情報を独自に調査して、風土や求める人材像などを考えてみましょう。SNSを使って社員から本音をリサーチする人もいます。

キャリアの棚卸で自分のスキルや適性を見極めることも必要です。自分のこれまでの経験と実績、そこから得たスキルと応募先企業で自分がどのように役立つかはっきりと言えるようにすることで、面接も上手く行きやすくなります。

■ひとりでできない時は転職のプロに相談を

転職エージェントなら、転職相談からマッチングまで丁寧なサービスを利用できます。キャリア相談もできるため、一人で適性やスキルを掘り下げられない人にも安心です。

マイナビエージェント」をは女性の転職に強く、女性特有の悩みやライフスタイルの変化まで、親身に相談に乗ってくれるらしいわ。

マイナビエージェントはこちらから

キャリアアップを目指す女性には、「ビズリーチ」に登録して一般に公開されていない優良な企業からのスカウトを待つのもおすすめだね。

ビズリーチはこちらから

30代女性の転職は厳しいけど「無理」じゃない

オフィスの女性たち

30代女性の転職は、成功のハードルは高くなりますが、方法によってはうまく進めることも決して無理ではありません。ただし、軽い気持ちや自分の希望を一歩も譲らない自分本意な転職は、採用後にうまく行かなかったり、面接に受からなかったりするリスクを高めるでしょう。

これまでの実績や自分の将来のキャリアプランを見つめ直して、丁寧に自分に合う仕事内容や職場を探していくことが大切です。