30代で未経験職種への転職を目指す!転職活動のポイントは?

未経験職種への転職は30代には遅すぎる?新しい職種にチャレンジしてみたいと思ってはいても、そんな不安を感じていませんか?確かに30代で新しい世界へ飛び込むのは大変かも知れませんが、不可能なことではありません。要点を押さえた準備で、未経験なりに態勢を整えて転職活動に臨みましょう。

後輩

敬語を使えるようになったと褒められたぞ!

敬語って…(苦笑)まだ何もかもが新鮮に感じられるのね。

先輩

後輩

先輩はこの仕事のプロフェッショナルですもんね!カッコいい!

煽てても何もあげないわよ!…それに、君のような新人時代が懐かしいわ。未経験の仕事に就いたら新鮮な気持ちで働けるかしら?

先輩

30代でも未経験職種への転職はできる?

30代になってから未経験の職種に就こうと思っても、不安もあってなかなか実行しにくいかも知れません。確かに若さ溢れる20代と比べてしまえば、難しいことでしょう。しかし、難しいけど決して無理なことではありません。30代でも未経験職種への転職は可能だし、成功だと感じている人もいます。

ただし、覚悟や信念のない転職は、転職活動中も入社後も色々と上手くいかないもの。また、未経験とは言え、これまでの経験やスキルの中からビジネスパーソンとして使えるものを探すことが必要です。

職種未経験でも使えるスキルはある

職種未経験とは言えども、30代まで社会で働いてきた経験と実績はあります。その中で培った社会人スキルはあらゆる職種に共通しているものです。ビジネスマナーや事務処理、PC操作などのスキルは、未経験転職でもアピール材料になります。

また、コミュニケーションスキルも重要です。コミュニケーションスキルは転職活動から入社後まで、転職先との円滑な人間関係形成のためにも役立ちます。

意外と熱意が通じることも

30代での未経験転職が不利と言われるのは、あくまでも20代と比較した場合の話。30代ならまだまだイチからスタートするだけの若さがあります。20代に言われるポテンシャル採用は減りますが、やる気や熱意も選考材料のひとつです。面接ではスキルに併せて熱意もしっかりと伝えると良いでしょう。意外と熱意が通じて、面接官の心を捉えられることもあるものです。

とはいえ…年齢は1歳でも若い方が良い

30代は実績も活かせるし、若さもあります。とはいえ、やはり20代と比較されたり、30代後半の人が前半の人に負けたりと、年齢で割を食うこともあるのが現実です。自分に転職先でも活かせるスキルとやる気が備わっていると感じたら、できるだけ早めにスタートした方が良いでしょう。

未経験業種への転職の方がしやすい

未経験転職では一般的に、職種を変えるよりも同じ職種のまま業種を変える方がチャンスも多く、条件も良いものです。職種を変える未経験転職は、仕事自体をイチから覚えることになりますが、業種を変える場合、仕事の内容には共通点が多く、経験者として仕事ができます。

後輩

業種は「製造」「販売」「建設」などで、職種は「営業」「サービス」「事務」などのことですね!

そうよ、業種を変えるというのは例えば同じ営業の仕事で製造業から建設業に変わるということね。

先輩

後輩

確かに営業から事務とか、職種を変えるのは大変そうだなぁ。どうしたらうまく行くんだろう?

30代で未経験の職種へ転職する時の注意点とは?

30代での未経験転職は厳しいこともありますし、失敗できないため慎重に行動することが大切です。できるだけ早くスタートすることは大切ですが、見切り発車するのとは違います。まずは、自分が未経験の仕事を目指した時に起こりうるリスクの想定や転職に必要な準備を行いましょう。その結果、転職が難しそうなら断念することもひとつの道として必要な決断です。

夢見がちな転職は厳禁

未経験の仕事への憧れはやる気に繋がり、頑張るためのモチベーションになります。しかしあまりにも現実離れした夢を追いかけるのはNGです。理性的に現実を見て可能か不可能か判断しましょう。いきなりデザイナーになりたい、テレビ業界に入りたいなどの冒険はしないように

ただし全く不可能ということではなく、文系だった人がエンジニアへ転職して成功した例や経験重視の専門職に未経験者を受け入れる企業もあります。自分の適性やスキルを見極めて、判断しましょう。

長期化の恐れも

30代からの未経験職種への転職は、転職活動が思うように進まず、長期化する恐れもあります。現在職に就いている人は、そのまま退職せずに転職活動を平行して行いましょう。退職してしまうと長期化した場合に金銭面でつらくなります。

また、なかなかうまく行かない転職活動は、モチベーションダウンのリスクとなります。本当に違う職種で頑張りたいなら、うまく行かなくても途中で諦めない覚悟と信念も必要です。

キャリアの棚卸で使えるスキルを総ざらいして

30代の転職では、未経験、経験者に限らずキャリアの棚卸を十分に行うことが大切になります。全くの未経験でも、事務能力やマナー、コミュニケーション能力など、使えそうなスキルはあるはずです。使えるスキルを発見するために、徹底的にスキルの棚卸をしましょう。

これまでの経歴と経験を洗いざらい書き出し、得たスキルを拾い出します。30代ならマネジメントやプロジェクトの提案などの経験もあるかも知れません。未経験でもこうしたスキルを武器にして、より具体的に「役立つ人材」と認めてもらいましょう。

年収ダウン・企業グレードダウン

未経験で転職したいなら、年収や企業のグレードなどにある程度の割り切りも必要です。年齢はいくつであれ、未経験職種に就けば新人となります。汎用性の高いスキルがあっても、経験者よりは不利です。競争率の高い人気企業ではライバルに負けることもあるでしょう。

こうしたリスクを受け入れられない程度の覚悟なら断念する選択も必要です。また、覚悟があっても、家族のために無理できないこともあるかもしれません。

30代後半はかなり難航の恐れ

30代と言っても、前半と後半では大きな差があります。35歳を過ぎると実績や経験を求められることが多くなり、未経験転職が難しい傾向です。また、30代後半は求人数も減っており、応募先も限られるでしょう。

ただし、マネジメント経験が豊富にあれば、管理職として採用される可能性もあります。この場合、人をまとめたり部下を育てたりする仕事が中心となり、プレーヤーとして働くことはできません。

資格取得も必要

未経験職種への転職では、資格が役立つこともあります。目指す職種に資格が必要なら、資格を取ってから求人に応募しましょう。また、取得前であっても、取得のための学習をする姿勢がプラス評価されることがあります。

資格取得にはスクールに入ったり、通信講座を受けたりするのもおすすめよ!TACはビジネス系資格の講座が多いスクールだから、自分の取りたい資格を選びやすいわね。

先輩

資格の学校TACをチェックしたい人はこちら

30代で未経験転職しやすい職種は?

30代 転職 未経験 職種

30代未経験者の受け入れ環境は、職種によって違います。職種によっては未経験転職しやすく、受け入れ態勢も整っている企業が多くなります。自分の希望する職種があったならば、積極的に転職を考えてみると良いでしょう。

ただし、人には向き不向きがあるので自分の適性を考えて、いくらチャレンジしやすい職種でも安易にその職種を選ぶことがないように

営業

営業職は、とにかく未経験の方を歓迎する求人が多い職種です。採用の基準も、スキルや資格よりもポテンシャルと適性・人柄を重視する傾向があります。未経験でも社会人スキルがあれば採用されやすく、やる気次第で活躍できそうです。

ただし、営業は成績を厳しく見られ、行動力や交渉力、ライバルへの競争心も必要となります。向いていない人には精神的に辛くなることもあるため、選ぶ際は慎重に自分の適性を考えましょう。

事務・管理部門

事務・管理部門は、社会人スキルが使える職種です。未経験でも年齢が高くても需要はあり、資格があると重宝されます。ただし、中途採用は中小企業に多く、契約社員やパートの採用を考える企業もあります。そのため大手企業の正社員の道は難しいかも知れません。

サービス業

サービス業も常に求人多めの職種です。営業同様に未経験でも入りやすく、適性があれば活躍できます。ただし、平日休み・土日出勤が多いのが特徴で、家族のスケジュール次第では家族サービスに支障が出る恐れもあります。

介護

介護職は人手不足で未経験求人も多く、今後も需要が増えてくるであろう職種です。ただし、食事や排泄、入浴の介助など体を使う仕事も多いため、肉体的に辛そうと思う人は慎重に検討しましょう。経験を積めば、介護全体の指導をする介護福祉士やケアプラン作成等を行うケアマネージャーへのステップアップも可能です。

IT

IT関連の仕事も、一部で未経験者歓迎となっています。専門職ですが人手不足で未経験でも欲しいという企業は多いものです。年齢不問で1から育てる意思を持っている企業もあります。

ただし、たくさんの専門的知識の獲得が必要なため、柔軟に知識を吸収しやすいとされる30代前半が有利です。また、最初の数年間は勤務時間外でも学ぶ意欲が必要となるでしょう。

どんな職種が良いか、転職のプロである転職エージェントに相談するのもおすすめよ!リクルートエージェントは、特に丁寧な対応が評判みたい。自分の選択に不安がある人も一度相談してみるといいかも。

先輩

リクルートエージェントをチェックしたい人はこちら

入社後にも気は抜けない未経験職種への転職

30代の転職は、採用された後も気を抜けません。採用され、入社してからが正念場です。最初の一年は一時的に苦労の年になることもありますが、粘り強さと謙虚な気持ちをもって仕事に取り組みましょう。新しい仕事は戸惑いや不安もありますが、やりがいと大きな達成感を与えてくれるものです。

職場の雰囲気に馴染む

入社したら、まずは企業や職場の風土に慣れることが大切です。こちらが新人なので、これまでの自分のやり方や考え方を押し付けたりせず、職場の慣習やルールを守りましょう。

年下上司や先輩を受け入れる

30代で転職をすれば、仕事を教えてくれるのは自分よりも年下社員かも知れません。また、自分よりも年下の上司の元で働くこともあるでしょう。年齢はともかく経験や実績は未経験の自分よりも上なので、年下の人からの指示や注意も謙虚に受け入れることが必要です。

一からスタートで何でも吸収を

30代ならまだまだ頭は柔らかく、何でも覚えられる年代です。これまで経験したことのない仕事内容や新しい用語にも柔軟に対応していきましょう。プライドも捨てて、上司や先輩から教わったことは何でも吸収し、仕事を覚えます。自宅での学習も必要であれば行い、少しでも早く戦力になれるように努力しましょう。

仕事のやり方などがおかしいと感じても、最初はそれに従ってやってみる時期です。自分の意見や提案を行うのは、そこで一人前の仕事ができるようになるまで待ちましょう。

30代は未経験職種へ転職する最後のチャンス!

30代 転職 未経験 職種

新しい職種に転職したいなら30代を最後のチャンスと思って取り組みましょう。焦りや無理は禁物ですが、年齢は転職に大きな影響を与えます。未経験の職種を目指すには30代は最後のチャンスであり、これまで培った社会人スキルも活かせる絶好のチャンスかも知れません。転職したい気持ちがあるなら、まずは自分の実績や経験を見直し、未経験求人があるか探してみましょう。