30代未経験でも転職したい!成功のためのポイント

30代になると仕事での経験や実績が蓄積され、転職活動においても経験者として有利な立場となります。しかし、20代を振り返って自分の仕事を冷静に見つめ直すことで、これまでとは違う未経験の仕事に就きたいと考える人もいるようです。経験も実績もない未経験転職を30代で成功させるには、どんなことが必要なのでしょうか?

先輩

新しいことにチャレンジしたくなることってあるよね~
えっ、いきなりどうしたんですか!

後輩

先輩

ずっと考えていたんだけどね、未経験の仕事に就くなら最後のチャンスかなと思って。
そうか、先輩もそろそろ○○歳だからな…(怒られそう…)

後輩

30代で転職したくなる理由

30代 未経験 転職

30代で転職したくなる理由は人それぞれです。給料や待遇、請け負っている仕事内容など具体的な内容はそれぞれ違いますが、30代は年齢的に最後の転職チャンスとして転職したいと考える人が多い世代となります。

30代は現状を見返して将来への不安を感じる時期でもあります。将来や家族のために転職を考える人も増える年代です。より有利な転職を望むならば、経験者として採用されるのが望ましいところです。しかし、仕事内容や業界の就業環境が生活と合わない、給料が頭打ちで将来に期待が持てないなどの場合には、未経験転職が必要なケースも見られます。

ライフスタイルを変えたい

結婚やわが子の誕生などで、ライフスタイルを変えたいというケースでは未経験転職が必要なこともあります。労働時間やワークバランスの合う新しい業種や職種へ転職することで、家族との時間を増やすなどの希望を叶えます。

業種と職種のどちらを選ぶかは現状に応じて考えることが必要です。今の業種が不規則勤務や土日出勤の業界ならば別の業種を目指す、今の職種が長時間労働や残業の多い職種なら別の職種を探す、など検討しても良いでしょう。

新しい仕事を経験したい

新しい仕事をしてみたい、新天地で1からスタートしたいという人も未経験転職が必要になるでしょう。今の仕事内容に不満がある人も現状とは違った仕事を目指してみると良いかもしれません。未経験転職には不安もありますが、自分のやりたい仕事を選ぶことでやりがいを得られます。

将来への不安がある

将来への不安がある場合にも転職を考えますが、この場合には未経験の業種や職種を選ぶ必要性はありません。未経験の仕事を選ぶよりも、経験者として良い条件で転職した方が将来の安定を得られる場合もあります。

給料アップ・キャリアアップを図りたい

給料アップやキャリアアップを図りたい場合にも、未経験転職ではない方が安心です。これまでの実績や経験を元により高い条件やポスト、より難易度の高い仕事内容を目指せます。

今は独身だし彼女もいないから(泣)土日出勤も平気だけど…家族や恋人が出来たらどうなるかな?

後輩

30代未経験での転職成功の可能性

20代と違って、年齢がネックになって難しいケースもある30代の未経験転職。ただし、キャリアを引き継げるような仕事内容もある業種や職種への転職なら成功するケースもあります。

業種未経験と職種未経験で変わる成功率

未経験転職といっても、業種未経験と職種未経験があります。どちらが未経験かによって難易度が違うようです。専門知識や業界知識が必要となる業種や職種では特に、同じく未経験でも若い20代を雇う傾向にあります。

■業種未経験での転職

業種未経験での転職は、比較的キャリアを引き継ぎやすいものです。業種を変えても、職種が同じなら業務内容に共通点も多く、転職後も即戦力として働くことができます。

■職種未経験での転職

職種が変わると、これまでのキャリアが使えないことも多くなります。入社後は経験のない仕事内容となり、給料や待遇が下がる恐れもあるでしょう。このように条件への妥協も必要ですが、職種次第では転職成功の可能性はあります。ただし、年齢は30代前半までがどちらかというと有利です。

転職活動のやり方で変わる成功率

30代の転職は、転職活動のやり方によっても差が付きます。30代で転職したいなら、事前準備をしっかりと行なうことが必要です。まだまだ若いからとノリや勢いで退職したり、転職したりしないようにしましょう。

■転職準備の方法

30代の転職では、職務経歴書が重要となります。これまでの経歴を十分に見直し、自分の適正や能力をアピールできる職務経歴書を作成しましょう。また、面接でも伝えたいことを過不足なく述べられるように内容をまとめておくことが大切です。

特に未経験で転職するなら、適正や能力の中から汎用性の高いベーシックスキルを抽出し、アピールするのが効果的です。

■退職が先か転職活動が先か

今の仕事に限界や嫌気を感じると、すぐにでも行動したくなりますが、転職先を決める前に退職してはいけません。収入が絶えて金銭的に困ったり、職歴に空白ができたり退職してから転職活動を始めるのはリスキーです。家族がいて生活がかかっている30代の転職は、働きながら活動するのが基本となります。

業界によって違う成功率

未経験での転職は、業界や企業のタイプによって難易度が違います。基本的には研究職や専門職は難しい傾向です。

また、メーカーや銀行は求人事態が少なく転職しにくくなっています。IT関連は知識ゼロでは難しくなりますが、資格取得でチャンスもあります。人手不足ではあるため、覚悟と根気を示せれば可能性は高くなりそうです。不動産・介護は求人は多いのですが、ハードな職場も多く、体力面で不安がある人は注意が必要です。

30代未経験の転職で考えておきたいリスク

転職は、基本的に年齢が上がるにつれてハードルが高くなります。30代はまだまだ若い世代ではありますが、人材を1から育てたい企業や育成に時間がかかる業種や職種は辛くなるかも知れません。特に30代後半からは自分の持っているスキルや希望する転職先によってはきつくなることも多くなります。

30代をターゲットにした求人が少ない

30代未経験で転職を希望する場合、求人探しで大変な思いをすることも多いものです。業界や職種によってはそもそも30代は求人のターゲット層から除外され、書類審査で落とされて面接にも進めないこともあります。

■求人情報のコメントや写真に注意

求人情報ではどの年代を求めているか、ひそかにヒントを与えていることがあります。「若さ溢れる職場」や「20代が活躍している」などの文言を広告に載せている企業は若い人にターゲットを絞っている可能性が高いようです。若いスタッフばかりの写真を載せている企業も同様の意図を感じます。

■企業の本音

採用する企業としては、30代の転職者は諸刃の剣です。30代は即戦力として欲しい反面、人件費が高くなるので、給料の安い20代の方が選ばれやすくなります。そこで、未経験転職をするとなると、戦力としてある程度人事担当者を納得させる関連スキル・資格がないと難しくなります。また、30代で未経験者を雇うなら、かなりの覚悟や根気を感じさせるだけの動機が知りたいと思っています。

忙しくて準備に時間をかけられない

30代の転職の難しさとしては、現職の仕事も家族や恋人との時間などプライベートも忙しくなりがちなことがあります。30代は充実している反面、忙しさが原因となり、思うような転職準備や情報収集ができないという人も多く見られます。

■情報不足で見切り発車

時間がないため、見切り発車でとりあえず転職活動を始めると、求人数が少ない、未経験転職がないといった憂き目にあう可能性もあります。情報が不十分なため、初期段階の基本的なところで躓くのです。

■準備不足で面接に失敗

準備不足は、希望の企業が見つかってからも大きなリスクになりかねません。企業や業種の研究が十分でないため、志望理由や使えるスキル、実績を伝えきれず、面接に失敗することもあります。未経験転職の場合にはこれまでのスキルや実績の中から少しでも使えるものをアピールしたいのに、時間がなく本人もそれを十分に把握し切れていないこともあります。

先輩

未経験の仕事に就くためにはリスクもあるのね。なんとか対策できないかしら?

30代未経験で転職に失敗しないために

30代転職では、準備から本格的な転職活動まで慎重に一歩一歩進めることが大切です。年齢がデメリットになりえることは認識して転職活動を行い、入社してからも1からスタートする気持ちを持ちましょう。

志望動機の掘り下げ

志望動機は、未経験なら必ず聞かれるものです。今の仕事の不満だけでなく、前向きと思われる希望や将来像を全部書き出して、転職したい理由を見極めましょう。面接対策というだけでなく、自分の転職の道すじも見えてくる大切な行程です。

キャリアの棚卸

キャリアの中から使えるスキルや経験も抽出します。これまでやってきた仕事の内容を振り返り、どんな業種や職種でも使えるスキル、今後の転職先で活かせる実績を見つけましょう。面接対策としても必要ですが、転職先を絞り込むための自分の適性判断にも役立ちます。

資格取得

未経験での転職では、基本知識の習得の証明として資格が役立つこともあります。経験者には負けることもありますが、同じ未経験者と競う場合にはアピールに使えることは確かです。独学が難しい人はスクールや通信講座を利用しても良いでしょう。

先輩

ユーキャンは大手スクールで資格の種類も多いし、ランキングや相性診断などのコンテンツも便利ね

資料を取り寄せたい人はこちらから!

ユーキャン(資料請求)

今すぐお申し込みをしたい人はこちらをご覧ください!

ユーキャン(申込み)

未経験でも成功しやすい職種選び

30代で未経験転職を考えるなら、未経験でも入りやすい職種を選ぶことも大切です。基本的に、汎用性の高いベーシックスキルを活用できる営業職、事務職、販売職は未経験でも転職しやすい傾向となります。
営業や販売なら資格も特に重視されず、人物重視の採用がメインです。

転職エージェントに相談しても〇

一人での転職活動は行き詰まることも多くなりますが、転職エージェントならキャリア相談や面接、書類対策もあり、難しい未経験転職も安心感を持って進めることができます。30代転職は実績のアピールがモノを言うので、未経験転職でも使える実績をアピールする方法をアドバイスして、自分に変わって企業に売り込んでくれるエージェントは強い味方です。登録しただけに紹介される非公開求人も期待できます。

先輩

リクルートエージェントは、転職相談とか、面接対策も丁寧に行っているみたいね

丁寧な対応のリクルートエージェントはこちら

30代未経験でも転職は成功できる

30代 未経験 転職

30代でも未経験転職できるケースもあります。
ただし、30代になると採用企業が躊躇したり、求人数が少なくなることもあるため、有利に進められるかどうか慎重に判断し、十分な準備をすることが大切です。これまでの実績や経験を振り返り、使えそうなものは全て使って、より有利な転職を目指しましょう。