OKRとはどんな意味?特徴や効果、MBOとの違いも解説

OKRとは『目標管理手法の一つ』

新人

うちの会社のいよいよOKRを導入するんですね!ところで、『OKR』って何ですか?
ちょっとちょっと、デジタル世代なら知っておいてよ……。最近話題になっている『目標管理手法の一つ』よ。

先輩

シリコンバレーの大企業などが意欲的に取り入れて注目を集めているOKR。革新的な目標管理ツールとして話題のOKRですが、いまいちピンとこない人も多いことでしょう。

ここでは、OKRの持つ意味合いや特徴、そして種類についてできるだけわかりやすく解説するので、しっかりと覚えていってください。

OKRの意味をチェック

OKRは「Objectives and Key Results」のことです。「Objectives」=『目標』、 「Key Results」=『主要な成果』を表しています。すなわち、言葉の意味は『達成したい目標とその目標を達成するための成果』となりますが、ビジネスシーンで使われているOKRは目標管理手法のことを指します。

OKRの3つの特徴

OKRには特徴が3つあります。1つめは目標設定方法です。最初にチームとしての目標を決めます。チームの各メンバーは、チーム目標に連動した個々の目標を設定します。

2つめは、その他の目標管理ツールに比べて、パフォーマンスをレビューする頻度が多いことです。

3つめは、目的は個人目標の達成でなく、チーム目標の達成という点です。あくまでもチーム目標の達成に向けて、各人が努力するという意識を持たせることがOKRの最大のねらいなのです。

目標はムーンショットとルーフショットの2種類

OKRには2つの種類があります。ムーンショットならびにルーフショットです。ムーンショットとは月に到達するほどのショットの意味で、非常に高い目標です。100%でなくとも60〜70%でも評価されます。

ルーフショットとは屋根に届くショットであり、難しくても実現できそうなレベルの目標です。評価は100%いってこそで、それ未満は失敗と認識されます。

上司

ムーンショットが基本だけど、もしまだOKRに慣れていない段階なら、ルーフショットから始めるのがよいかもしれませんね。

OKRの英語は『Objective and Key Result』

OKRは英語で『Objective and Key Result』と表記されます。使い方は日本語と同様であり、OKRという単語も英語で使われます。

以下のように使われます。

例文1
Objectives and key results (OKR) is a goal-setting framework for defining and tracking objectives and their outcomes.
OKRは目標とその成果を定義あるいは追跡するための、目標設定フレームワークです。
例文2
The goal of OKR is to define how to achieve objectives through concrete, specific and measurable actions.
OKRのねらいは、具体的かつ測定可能なパフォーマンスによって、目標の達成方法を定義することです。

OKRとMBOの違い

MBO(Management By Objectives)はピーター・ドラッカーが提唱した目標管理方法です。MBOを採用している企業は年に1回、社員のパフォーマンスを評価します。年間目標を設定し、年末に結果を分析して評価するのです。

OKRはより高い頻度でレビューを行います。四半期以内の短期間で見直しを行い、パフォーマンスのきめ細かい軌道修正をするのです。

OKRの使い方・例文

経営幹部の間ではよく話題に上がるOKRですが、ビジネスシーンの会話ではどんな使い方があるのでしょうか。例文で見てみましょう

例文1

上司

OKRは組織全体の目標達成のために、各スタッフがどのような成果を目指すべきかという具体的な基準を決めて行うということだよ。
例文2

先輩

OKRの歴史は、ドラッガーのMBOの提唱に始まる目標管理制度の歴史ともいえるようね。

[おまけ]OKRの画期的さを示す6つの効果とは?

OKRには従来にはなかった画期的さを表す6つの特徴があります。それは以下の通りです。

大胆な目標を設定できる
社員が目標を納得し、それに集中できる
全社的な相互連携が見込める
目標設定にかかる時間を短縮できる
迅速にパフォーマンスが展開できる
従業員の愛社精神、チームワークを向上させる

上司

確かに従来の目標管理にはないダイナミックさがありますね!

世界的企業群が利用する有効性を理解して使おう

シリコンバレーの企業をはじめ、世界的なリーダー企業がこぞって採用するOKR。彼らが利用するその有効性をよく理解して、OKRという言葉を使いましょう