証券外務員資格は履歴書・職務経歴書にどう書く?記載方法や注意点を指南

新人

素朴な疑問なんですが、証券外務員資格って履歴書や職務経歴書に書くべきなんでしょうか?
どの資格を書くべきかは、職種や業界にもよると思うけど…応募職種と関連があるなら書いておくべきだよ!

先輩

就職・転職活動で履歴書や職務経歴書作成の際に、必要になるのが保有資格の記入。うっかり書き漏れたり、誤った書き方をしていませんか?今回は証券外務員資格を含め、資格やスキルの記入例やアピールのポイントを解説します。

そもそも履歴書に書くべき資格とは?

新人

証券外務員資格って、証券会社出身なら基本的に持ってるのが当たり前なんですが、そういう資格もやっぱり記入すべきなんですかね?

資格は就職や転職でアピールできる一要素。それだけで合否を左右する可能性は低いですが、せっかく持っているなら有効活用したいものです。ここでは証券外務員に限らず、履歴書・職務経歴書に記載する資格一般について、基本的な考え方を解説します。

資格は多ければよいということではない

資格はその人が持つ知見の裏付けとなると同時に、向上心や熱意のアピールにもなります。複数保有資格がある場合は、応募職種と関連のあるものから順に記載しましょう。

ただし、資格が多ければ多いほど評価されるというものでもありません。相互につながりの薄い資格をやみくもに並べると「この人は結局何がしたいのか?」と疑問を持たれかねません。

資格を取得した理由や、希望職種で活かせる点を一貫性をもって説明できるなら記載してOKです。そうでないなら、アピールに有効と思われる資格を選別した上で記載するとよいでしょう。

業務上必要な資格はもれなく記載する

応募職種で必要になる資格は、もれなく記載しましょう。

例えば証券会社等の金融機関在籍の場合、一種外務員資格は誰もが持つ基本資格であり、必須資格でもあります。このため、同業他社へ転職を希望する場合、履歴書への記載を省略する方も少なくありませんが、これはNG。きちんと記載しておきましょう。

履歴書・職務経歴書への記載方法&注意点

先輩

履歴書・職務経歴書は、応募先企業への最初のアプローチ。内容や書き方次第で採用担当者の印象が変わるから、入念に準備しよう!

ここでは履歴書・職務経歴書の記載する上での注意点や、採用担当者にアピールするポイントを解説します。

資格の記載は正確に!

資格の記載は正確に行いましょう。資格名称や取得・合格年月日が曖昧な場合は、合格証等を確認したり、主催団体へ照会しておくと確実です。

証券外務員資格については、会員区分や種別(特別会員、一種・二種)など、誤記のないよう注意しましょう。一種・二種両方合格している場合は、一種のみの記載でOKです。一種は二種合格を含むので、併記する必要はありません。

実績やスキルは具体的に

実績やスキルは、応募先の採用担当者がイメージしやすいよう、具体的に記載しましょう。

例えば、扱ってきた商品の詳細、売上実績、金額など、客観的な事実や数値を示すことができると効果的です。PCスキルであれば使用ソフト、語学スキルであれば日常会話レベルやビジネスレベルなど、対応可能な水準を記載しましょう。

長文でだらだらと書き連ねず、読み手にわかりやすいよう簡潔にまとめることも重要です。

志望動機・自己PRは積極的に!

なぜ応募先企業で働きたいか、自分の経験をどのように活かせると考えるか、志望動機や自己PR欄で積極的にアピールしましょう。特に異業種からの転職の場合は、なぜ自分が応募職種にマッチングしていると考えるか、説得力をもって語れると効果的です。

資格やスキル、実績を効果的にアピールしよう!

就職・転職活動を成功させるには、応募先に関心を持ってもらえる履歴書・職務経歴書を作成することが第一歩。資格やスキル、実績を効果的にアピールしましょう。

履歴書・職務経歴を作成することで、自身の特性や経験を振り返り、それを応募先企業でどのように活かせるかイメージできます。面接の下準備としても有効ですので、時間をかけて丁寧に取り組むことをおすすめします。