30代の転職は厳しい?有利に進めるための注意点

30代は転職を考える人も多い世代です。ちょうど仕事も分かってきて、脂が乗り始めた30代。引く手あまたともいわれており、期待感も高まります。実際に良い求人も多く転職市場で人気の世代ですが、実際に転職するにあたっては注意も必要です。

転職を考える30代は多い

30代になると、仕事にも慣れて心の余裕もでき、新卒入社した会社に疑問や不満をふと抱くことがあります。20代までは考える暇もなくがむしゃらに走ってきましたが、将来のことも考えはじめ、自分の生き方に不安を抱く人も多くなるようです。

30代で転職を考える主な理由

仕事を覚えてくると、ふと飽きたと感じる余裕も出てきます。わき目もふらずにやってきたこれまでの仕事を冷静に分析するようになり、自分のキャリアや今の仕事との相性、ずっと続けていくことに疑問が沸くこともあります。さらに結婚などライフイベントを迎える人も増え、ライフスタイルと勤務状況が現実的に合わなくなる人も出てきます。

30代の転職が多い主な理由

30代で転職する人が増えるのは、採用する企業側も積極的になっていることが多いためです。経験を積み、スキルアップのための転職も期待できるちょうど良い時期で、売り手と買い手の双方が転職に前向きになります。また、30代を過ぎると一部の管理職やハイクラス層以外は転職が難しくなることもあるため、「これでラストチャンス」と思って転職する人も増えるのです。

30代の転職で注意したいこと

警告表示

30代の転職は良い印象が多いのですが、リスクゼロというわけではありません。あらかじめリスクと難しさを理解してから始めないと後悔することもあります。また、すべての転職がうまく行くわけではありません。転職すべきではない30代もいるので注意が必要です。

転職活動前に考えておきたいこと

30代で転職しようと思い立った人はまず冷静に「本当に必要か」考えてみましょう。転職活動を始めると考える暇がなくなってしまうため、活動前に一度、気持ちを整理しておく必要があります。また、軽い気持ちではもしも転職がうまく進まない時に、焦って間違った選択をする可能性が高くなります。

そもそも転職が必要か冷静に判断を

30代は周りの友人に流されて転職を始めることもあります。同窓会などで会った昔の仲間が生き生きと働いていたり、転職して成功を収めたりしていると、それに惑わされて転職を考えるものです。自分が不満を抱えている場合には、特に惑わされやすいものです。周りに流されていないか、転職理由を冷静に振り返ってみましょう。

忙しくて転職活動が進みにくい

30代は仕事で中心的な働きを担い、業務の幅も広がり忙しくなる年代です。並行しての転職活動ははかどらず長引くこともあります。それを理解した上で、計画的に根気よく進めることが必要です。

30代前半と後半で考えておきたいこと

30代前半と後半では求められることが違います。30代でひとくくりにせず、自分の年齢で起こりえる困難や求められることを把握したうえで転職活動を始めましょう。年齢と自分の希望する仕事やポストに差があると大変です。

30代前半は転職先での期待が大きい

30代前半はもっとも需要が高い年代ですが、その分即戦力としてプレッシャーも大きくなります。何でもできると思われたりライバル視されたり、なじむまで人間関係も難しいかも知れません。

30代後半は採用企業が慎重になりがち

30代でも後半になると転職先で扱いにくい、伸びしろが少ないと思われて採用に消極的な企業も出てきます。マネジメントの力も期待され、管理職候補の求人はあるものの経験やスキルのある限られた人に人気が集まりそうです。

また、人件費が高くなるため「ほしい」と思われるには年齢以上のスキルが欲しいところです。

男女別に考えておきたいこと

同じ年代でも男女で求人傾向や難しさに違いがあります。もちろん雇用環境は男女平等ですが、採用側の気持ちとして男女それぞれの求職者について求めることは違い、場合によっては敬遠されることもあります。

30代男性の転職は未経験に厳しい

30代は即戦力として期待されることが多く、反対に未経験転職は厳しくなります。男女限らずですが、どちらかというと男性の未経験転職は敬遠されることが多く、女性の方がしやすい傾向です。

キャリア狙いの多い男性にとっては出世の上で社歴がハンデとなる恐れもあります。30代で転職したとなると、新卒者と10年程度の差が生まれるため、社歴で昇進や査定が行われる企業への転職は注意が必要です。

30代女性の転職は結婚や出産で難易度が変わることも

30代の女性といえば、ちょうど結婚や出産などのタイミングに当たります。出産予定の人や子育て中も増える30代女性。その人が結婚や出産を考えていなくても、企業側では念頭に置いて採用を判断しているものです。そのため、産休を避けたい企業では採用が厳しくなるかも知れません。また、採用後1年未満で出産すると育休が取れないこともあります。

・「タイプ女性の転職エージェント」
女性のキャリア形成を助けるエージェントです。女性に特化しており、女性ならではの不安に寄り添います。

「タイプ女性の転職エージェント」はこちらからチェック

30代転職に必要なこと

成功

30代の転職では、せっかくの好条件を無駄にしないように準備を行い、良い求人に出会える場を探しましょう。準備段階で慎重に振舞えば、本気で転職したい30代に勝利の女神も微笑んでくれそうです。

即戦力としてのスキルをフル活用する

即戦力として輝ける転職を目指すなら、自分のスキルや実績を活かせる職場を探すことが大切です。総合的な求人を扱う転職サイトやエージェントなら求人件数が多くて選ぶ範囲が広いものを、特化型なら自分の目指すキャリアや実力に適したものを選びましょう。

・「DODA」
大手転職サイトで、非公開求人、経験者優遇求人も充実しています。求人サイトの利用も転職エージェントとしての利用も可能です。女性の柔軟な働き方にも対応しており、企業情報の提供と転職相談の2人のコンサルタントが手厚くサポートしてくれます。
DODAのエージェントはこちらからチェック

・「JAC Recruitment」
ハイクラス、上昇志向の高い人のための転職エージェントです。
国内企業の課長・マネージャークラス以上への転職や外資系企業への転職に特化した求人があります。30代後半からのさらなるキャリアアップを目指す転職におすすめです。

「JAC Recruitment」はこちらからチェック

未経験転職を目指すなら条件を下げる

30代でキャリアを振り返り、「自分の目指す道は他にある」と思うなら、厳しいことを覚悟で未経験転職にチャレンジするのも良いでしょう。30代であれば、最後の未経験転職のチャンスも残されています。ただし、給料や待遇などの条件は下がる覚悟も必要です。また条件にこだわると当てはまる未経験求人が少なくなり、長期化の恐れもあります。

自己分析を怠らない

30代ではそれなりに仕事にも自信を持ち、キャリアのことも真剣に考えだすものです。そのため、自己分析をした気になって、自分のことは分かってるつもりの人も多くなります。そのまま勤め続けるのとは違い、転職では大きな変化を伴うため、新卒時と同じように十分時間をかけて自己分析をすることが必要です。

いざ面接をしてみると、久しぶり過ぎて自己表現がうまく行かなかったり、これまでのキャリアについて歯切れの良い答えを出せなかったりすることもあります。これでは自分の過去と今を把握していないのと同じことであり、将来を託す応募先企業の選択にも不安を覚えます。

・「リクルートエージェント」
自己分析のサポートとしても使える転職エージェントです。丁寧な相談が魅力で、自分のキャリアの棚卸がうまくできない人や面接に自信がない人までサポートしてもらえます。30代はキャリアがない訳ではありません。持ってる良いものをうまく引き出してくれるエージェントを利用することが大切です。

リクルートエージェントはこちらからチェック

内定から入社までの期間はさらにスキルを磨く

転職活動がうまくいって採用が決まったら、入社までの期間も無駄にはできません。期待に応えられるように最善の努力が必要です。実用書でより具体的に学習したり、これまでの経験を見直すなど、スキルアップに力を注ぎましょう。また、入社する企業の分析をより詳しく行い、早く溶け込み即戦力として活躍できるように備えます。

ただし、現職の退職準備で忙しくなるため、体調を崩すことのないように計画的に無理せず行いましょう。

30代は転職のチャンスとリスクが隣り合わせ

将来設計

30代の転職は、チャンスも多いものですが、未経験転職がしにくい、同じ30代でも後半では採用側が渋るなど、リスクもあります。30代の転職は有利であることは間違いないので、本気で転職したい気持ちがある人は十分な準備と覚悟をもって活動しましょう。あいまいな気持ちや思い付きでの転職は、有利な30代でもおすすめできません。