転職はタイミングが成功のカギ!有利に進めるための見定め方

転職したい人にとってベストなタイミングを選ぶことは大切です。タイミングによっては転職しやすく良い条件で新たな活躍の場を得られることもありますし、反対に良い仕事に出会えず、再び転職を考えることになる可能性もあります。さまざまな面から転職のタイミングを検証し、転職を成功させやすいタイミングを探ってみました。

転職のタイミングが分からない人のために

転職は、前職場の人たちや自分の家族、転職先など、さまざまなことが関係しており、タイミングによっては良い職場との出会いがなかったり、まわりに迷惑をかけたりといったことが起こります。趣味や習い事であれば、「辞めたい時や辞め時」ということもありますが、仕事では退職するのも新しい仕事を探すのもそんな簡単にはいきません。

良いタイミングの転職は、自分もキャリアやお給料、仕事内容などで満足しやすく、まわりの人にも迷惑かけることがありません。転職を成功させやすいタイミングを探している人のために、年齢や置かれている状況などに応じた転職タイミングの決め方を紹介します。

転職タイミングとなりやすい節目

変化を成功に変える

多くの人が転職を考え始めるさまざまなタイミングを検証していきます。転職は現状に不満を感じた時だけでなく、人生を振り返る節目のようなタイミングでもふと考えることが多いものです。

年齢

年齢は転職を考える上で重要なポイントであり、年齢によって求められるスキルや条件が変わります。そのため、「20代のうちに」「30代前半で・・・」などと転職のタイミングを計っている人も多いものです。若い世代ではポテンシャル重視で未経験でも枠がありますが、徐々に即戦力や管理職としてのキャリアや実績などを求められるようになっていきます。

ライフイベント

それぞれの人生のライフイベントを控えて、もしくは迎えての転職も多いものです。結婚、出産などで働き方の希望や人生設計が変化し、より良い条件を求めたくなります。たとえば、結婚して家族との時間を確保したいために残業の少ない業界へ転職したい、マイホームや子育てにお金がかかるため収入アップを目指して転職したい、などのケースです。

キャリアと資格取得

キャリアアップやキャリアチェンジを考えている人も、そのちょうど良いタイミングを狙って転職を考え始めます。

キャリアアップしたい場合には、現職ではもうやることがなくなったと感じるほど力を出し切り、自分の目指すキャリア形成のために新しい場が必要となったタイミングが良いでしょう。転職先の採用担当者も前向きで建設的な転職理由に納得し、前職の実績を評価してくれそうです。

キャリアチェンジの場合には、新しい環境に馴染みやすい30代までが良いタイミングとさえています。ただし、汎用性のあるスキルやマネジメントの実績などがある場合には、年齢問わず高評価され、受け入れられることもあります。

興味のある分野やスキルアップにつながる資格を取得できた時も転職の良いタイミングとなりそうです。キャリアアップでもキャリアチェンジでも、実績を補ったり、未経験であっても知識の証明となるため、転職前に資格取得しておくのは良い方法です。

求人時期

自分の人生や年齢とは関係なく、外的な理由で転職のタイミングが現れることもあります。それが求人数が増える時期です。企業全体でも多い時期、少ない時期はありますが、業界ごとにも年間通して増減があります。多いタイミングを見て転職をすれば、それだけ選択肢が増えると言えるでしょう。

ライフステージ別の転職タイミング

心機一転

さまざまな目論見や必然性によって転職のタイミングは変わりますが、特にライフステージの変化によって転職を考える場合には、そのタイミングを慎重に見定めることが必要です。タイミングを外してしまうと、転職がうまく行かないこともあります。

結婚・出産と転職タイミング

結婚や出産を控えて、家族で過ごす時間を増やしたい・収入を増やしたいと思い、転職を考えることは多いものです。その場合には、残業や休日、給料などの条件が転職先探しのポイントとなってきます。ただし、残業をしたくない、休日を増やしたいという転職理由は逃げの印象を与えるため、この場合、仕事に対する前向きな理由を考えておくことが必要です。

給料アップを目指す場合にもお金以外の理由が欲しいところです。また、実際に入ってから給料が上がるまでには時間がかかることもあり、お金が必要になる時期から逆算して余裕を持った転職準備を進める必要があります。転職と出産の時期が重なってしまい、収入は安定しないし子育て費用が増えて家計は火の車、という事態も考えられます。

女性は出産と転職のタイミングを重視

特に女性の転職では、出産のタイミングを考えることが重要になります。出産予定(希望)を控えた女性が転職する場合には、育児休暇をしっかりもらえるように動くのが大切です。

育児介護休業法では勤続1年未満の場合、労使協定の書面に基づいて育休を拒否できると決められています。そのため、出産までは転職しない、もしくは転職先の企業がどのようなルールで育休を定めているか確認することが必要です。

マイホーム取得と転職タイミング

結婚や妊娠で子供が増えると、マイホームを考え始めます。住宅ローンを組む予定の場合、転職してしまうと勤続年数がローンの条件に合わなくなる恐れがあります。転職して1、2年の間は、ローン審査通過は難しいでしょう。

マイホーム購入と転職の2つを考えている人は、まず勤続年数が長い前職の間に住宅ローン審査を受けてから、転職準備を始めましょう。また、会社の制度を使って住宅資金を借入した場合には、退職のタイミングで全額精算となるため、注意が必要です。

前職に迷惑をかけない転職タイミング

ここまで見てきた転職タイミングは、自分自身や家族など、個人の都合に合わせたものでしたが、転職は前職の同僚や上司などのことも十分に配慮して決めることが大切です。転職はやむを得ないとしても、それによってこれまでお世話になった会社に迷惑をかけないようにすることは、社会人として基本です。

プロジェクトが完了してから

自分が転職することによって前職に迷惑をかけないためには、今やっている業務は区切りの良いところまで完了させることが必要です。基本的には退職の意思は2週間前までに伝えれば良いのですが、多くの企業では1か月前には申し出るように決められています。また、繁忙期は避けて退職するのもマナーです。

昇進してすぐの退職は悪印象

昇進は社会人としてはうれしいことですが、これから辞めるタイミングでの昇進は要注意です。昇進してからすぐに転職するのは前職に迷惑になるだけでなく、面接で「責任感がない」と思われることもあります。そのため、昇進の可能性が出てきたら、その前に退職するか、あと数年は新しいポストで頑張るか、選びましょう。

転職を急ぎたいならば、昇進前に退職の意思を伝えることで、会社側は人事計画を立て直すことができ、迷惑を最小限にとどめられます。また、もう一つの方法として、昇進を受け入れ、そのポストで管理職としてのキャリアを積んでから転職するという選択肢もあります。今後管理職として活躍したいならば、昇進してからの転職が役立ちます。ただしその場合には、数年間は新しいポストで実績を積むことが必要です。

求人マーケットによる転職タイミング

求人マーケットが活発なタイミングで転職するのも、一般的に言えば選択肢も増え、企業との出会いのチャンスも多くなる良い方法です。反対に減る時期もあるので、タイミングによっては求人数のせいで転職しにくいこともあります。

求人数が増えるのは2月と9月

一般的には、世間の企業の求人が増える時期は2月~3月と9月の2回と言われています。どちらも上半期と下半期のスタートに合わせた求人です。このように求人の多い時期に転職活動を行うことで自分に合う企業と出会える確率が上がります。

冬のボーナス時期である12月以降にも退職者が増えて欠員を埋める求人が出やすくなりますが、年末年始になると転職活動でのアポ取りなどがうまく進まない可能性もあります。また、反対に求人数が少ないのは4~8月です。

各業界ごとの繁忙期前

繁忙期のある業種はその数か月前に求人が増える傾向があります。それぞれの業界ごとに忙しい時期は違っているため、転職を考えるにあたっては、自分の進みたい業界の繁忙期もチェックしておきましょう。

年齢別の転職タイミングと企業の期待すること

ステップをのぼる人

転職する人の年齢ごとに、企業がその人に求めることは違います。年齢別のそれぞれのタイミングの転職市場の状況や企業の期待することをチェックしておきましょう。それに合わせて転職準備をすることで転職をより有利に進められます。

引く手あまたの第二新卒

20代半ばまでの若手は、第二新卒と呼ばれており、転職市場では有利になります。社会人としての基礎と若さによる柔軟性を兼ね備え、キャリアアップも未経験のキャリアチェンジも可能で、転職に希望が持てる年代です。ただし、転職理由や転職回数によっては面接官から経験が短い、根気が足りないと思われることもあります。

即戦力として見られる30代前半

30代前半は、キャリアとして過去の経験を認められ始める時期です。即戦力としても活躍が期待され、20代よりも実績重視となってきます。未経験で入れる業種もありますが、資格やスキル、経験がないと難しいことも多くなります。

管理職求人を目指せる30代後半

30代後半からは、実績があって当然と思われ、基本的に即戦力の求人が多くなります。また、一歩進んで、プレーヤーからマネジメント、教育、管理職もできる人材を求める求人も増え始めます。求められるレベルが上がるため、厳しい転職になりますが、あらかじめポストありきで求人する企業も多く、入社後のビジョンが見えやすいというメリットもあります。

・効率の良い転職活動の第一歩

リクナビNEXTは、社会人の転職に必要な効率の良さや選択肢の多さが魅力の転職サイトです。転職の第一歩として、転職市場の状況を見定めるも良し、実際に企業からのスカウトを受けるも良し。働きながらでも自分に合う企業を探しやすい環境があります。

社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」をチェック

・20代の転職に寄り添う求人サイト

マイナビジョブズ20’sは、大手求人サイト「マイナビ」の20代向けサイト。ネットでの求人検索や紹介だけでなく、徹底したカウンセリングや書類添削、面接対策も行い、丁寧に転職をサポートしてくれるサービスが魅力です。経験の少ない20代の転職でも安心して進んでいけます。

20代向け転職サイト「マイナビジョブ20’s」をチェック

・高収入・管理職の求人も

「en ミドルの転職」は文字通りミドル世代の転職を応援する転職サイトです。スペシャリスト求人や管理職求人も多く、30代~40代の転職のチャンスを広げます。コンサルタントから求人情報を受け取ったり、自分のキャリアに興味を持った企業からのアプローチを受け取ることでスムーズな転職活動が可能に。

ミドル世代の転職サイト「en ミドルの転職」をチェック

転職前のタイミングでやっておきたい準備

転職のために具体的に活動をする前にもやっておきたいことはあります。いきなり転職活動を始めるのではなく、転職の前段階でやるべきことから進めていきましょう。基本的に、転職活動は収入面で安定を図るために在職中に始めることがおすすめですが、時間は限られるため、よりスムーズに進められるように準備を入念に行います。

自分のキャリアと希望の整理

転職を考える上で大切になるのが、自分のキャリアと今後の仕事に求めることの整理です。この二つがあいまいになっていると、方向性が定まらず転職がうまく進みません。これまでやってきた経験と実績をピックアップして、自分の強みやスキルを探しましょう。また、それとともに次の職場で何を求めるか、仕事を探す上で重視したいことを絞りこんでいきます。

情報収集

自分の強みとそれを生かしてやりたいことができる環境はあるのか、情報収集してみることも大切です。本気で求人を探すのではなく、楽な気持ちで自分の需要や給料の相場などをチェックしていきます。業種や職種によっては正社員の求人が少ないケースもあるため、正社員求人の有無、量なども見ておくと良いでしょう。

求人応募と面接

ここから本格的な転職活動になります。キャリアとやりたいことの整理、求人マーケットの傾向を前提に、企業を絞って応募していきます。面接では準備段階でまとめたキャリアの整理が役立ちます。求人サイトのスカウトサービスなども利用して、企業からのアプローチをもらうことで応募から面接までがよりスムーズに行くこともあります。

内定と退職準備

内定を頂いたら、応募会社には入社の希望を伝えて、今の職場では退職の手続きを進めることになります。退職のタイミングを鑑みて入社時期を調整し、できるだけキャリアに空白の時間を作らないようにしたいものです。退職までは、事務手続きと引継ぎに追われることになります。スケジュールを組んで、最低でも退社日の数日前までにはすべてが終わるようにしましょう。

転職をより有利に進める資格取得

転職までに余裕があれば、準備とともに希望の仕事に必要な資格取得を目指しても良いでしょう。通信講座であれば、働きながらでも学習しやすく、資格取得のタイミングで転職活動を始められます。

・ビジネス系10講座・語学や専門職系講座も

キャリアカレッジジャパンは、「キャリカレ」の愛称で呼ばれる通信教育のスクール。ビジネス全般で役立つ10資格講座をはじめ、食や医療系、ブライダルと言った専門職に使える講座も豊富です。

↓↓詳細はこちらをご覧ください!
通信講座・通信教育のキャリアカレッジジャパンをチェック

・全142種類の講座

ユーキャンは通信教育大手であり、ビジネス系をはじめ、趣味やマナー、コミュニケーションスキルなど、幅広い分野の講座が開講されているスクールです。簡単な質問に答えるだけで資格の絞り込みができるコーナーもあります。

↓↓資料が欲しいという人はこちらからお取り寄せできます!
ユーキャン(資料請求)

↓↓今すぐ申込みがしたい人はこちらから!
ユーキャン(申込み)

自分に合うタイミングを掴んで転職成功へ

颯爽と階段を上る

転職は自分のタイミングで行いたいものですが、それ以外の事情が絡むこともあり、思うようにいかないこともあります。いろいろな面から考えて、自分にとって有利、かつ、まわりに迷惑が掛からないタイミングを選びましょう。自分にもまわりにも良い状態で退職することで、より気持ち良く心機一転、新しいステップへと進んでいけそうです。